タグ別アーカイブ: WhatsApp

Spotifyがテストを進める新機能Storylineとは?

【出典】2019/05/14

https://techcrunch.com/2019/05/13/spotify-is-testing-its-own-version-of-stories-called-storyline/

image51

Spotifyが、SnapchatやInstagramに実装された後にFacebookやYoutube,WhatsAppなどのアプリにまで普及した機能であるストーリーのテストを行っていることが判明した。

Storylineは、制作過程のインサイトやインスピレーション、ディテールなど音楽の背景に注目した機能になると言う。

本機能は既存のBehind the Lyricsに非常に近いが、楽曲再生中にポップアップカードが表示されることはなく、先述したストーリーの体験に近い。ユーザーが自分のペースでスクリーンをタップし、画面トップでいくつのStorylineが視聴可能かを確認することができる。

image52

Behind the Lyricsでは提携先のGeniusから情報を引用しているが、全てが正しい情報とは限らない。過去には 歌手のHayley Williams氏がTwitterでBehind the Lyricsでの情報が最新ではないと投稿し問題になっている。彼女のツイートが拡散された後にGeniusは彼女に謝罪している。その他にも21 Pilotの『Jumpsuit』やTravis Scottの『Yosemite』のBehind the Lyricsでも間違いがあったことを指摘されている。

image53

これらの解決策の1つとしてアーティスト側で内容に制限を加えながら、ストーリーのフォーマットを採用することが考えられる。テストはiOSとAndroid版のみであり、PC版では行われていない。アメリカやその他の市場でテスト中であるが、テスト対象者に関しては非公表。

テストユーザーであれば、ディスプレイ下部の表示をスワイプアップすることでStorylineが現れ、タップすればスタートする。Storylineでは歌詞やテキスト、画像コンテンツが含まれる。

image54

当面の間は、アーティストやマネジメントサイドでStorylineを直接作成/編集する権限はなく、Spotifyによって行われている。しかしながら、将来的には機能としての有用性が実証されればアーティスト側のダッシュボードで操作することも可能となるだろう。

権限の付与は、Spotifyに対してのオリジナルコンテンツの提供を意味する。Spotifyでオリジナルビデオの作成を行っていた過去もあるが、期待した結果に至っていない。日頃、ストーリーを利用している若いユーザーに利用してもらうのが最善だろう。

FacebookがWhatsApp買収を発表したことに対し、EUが1億2,200万ドルの罰金を請求

【出典】2017/5/18

https://www.nytimes.com/2017/05/18/technology/facebook-european-union-fine-whatsapp.html

名称未設定

Facebookとのヨーロッパの恋愛情事は終わりに近づいているかもしれない。

木曜日に、欧州連合(EU)の強力な独占禁止法違反責任者が、2014年のインターネットメッセージングサービスWhatsAppの190億ドルの買収で、誤解を招く情報を発表したことにより、Facebookを

110万ユーロ(約122万ドル)の罰金刑に掛けた。

オランダとフランスのプライバシー保護団体が厳格なデータ保護法を犯したとの判決が下された数日後に、フェイスブックに対する最大の規制違反の罰金が科せられた。他のヨーロッパ諸国、特にドイツは、差別的表現や誤報の警戒に反した場合、多額の罰金を科すなど、ソーシャルメディア企業を取り締まるようになっている。

Facebookは 、同社のデータと10億人以上のユーザーを持つWhatsAppのデータを組み合わせないと欧州委員会や幹部に対し報告したとEUの独占禁止法審査のチーフであるマルグレーテ・ヴェスタ氏は述べた。

しかし、昨年8月、FacebookはWhatsAppのデータを他の企業と共有することを発表した。オンライン広告事業を支援するために、より多くのデータにアクセスできるようにすることで、ライバルよりも不公平な利点を得られるためである。

「今日の決定は、企業にEUのすべての合併規則に従わなければならないという明確な警告です。」と、ヴェスタ氏は公言した。 さらに、「Facebookには、抑止力のため今回の代償に比例した 罰金を請求します。我々委員会は、合併の競争への影響について正確な事実を十分に把握できるよう 決定を下さなければいけません。」と語った。

それに対し、フェイスブックは EUの独占禁止法の審議において誠意を持って行動し、罰金請求に対して法的訴えには出ないとしている。

「2014年に提出した書類の誤りは意図的なものではなかった。欧州委員会は合併審査の結果に影響を与えないことを確認していた。」とFacebookは主張している。

全体的な罰金額は軽く、その金額は大よそFacebookが毎年オンライン広告で稼ぐ数十億ドルと比較すると大したことはなく、 EU委員会はその金額で納得している。

しかし、 EUの関係者は、地球上 で最も大きなテクノロジー企業の1つとなっているFacebookに対する精査を強化して いるという噂もある。

精査を厳しくすることによって、ヨーロッパで活動している米国の技術企業が通過しなければならない洗礼の様なものになってきている。

過去20年の間に、Amazon、Apple、Google、Microsoftなどは、長い間、EU当局による独占禁止法の審査の対象となっている。この事において、技術会社の幹部は反米的偏見だと主張しているが、EUの政策者は否定している。

専門家によると、Facebookは、シリコンバレー企業の中で前々から唯一、EUの規制に触れ怒りをかっている企業であり、今回は、第三者のウェブサイトを通して、フェイスブックがサイト利用者や利用者でない人の膨大な個人情報を集めたとしてEU委員会の反発を呼んだ。

フランスの当局者は、火曜日、同国のユーザーのデータを収集し使用する方法を十分に制御できなかったため、ソーシャルネットワークに15万ユーロ(比較的小さな違約金)の罰金を科した。オランダの規制局も、同社がプライバシーに関する規則を守っていないと判断したが、これまでのところ罰金は科していない。

Facebookは米国で始まって以来、発展途上の国にもサービスを積極的に広めているが、ヨーロッパでの行動と、地元の役人によるその行動への対応は、グローバルな事業に影響を与える可能性がある。

同社の国際本部はダブリンにある。これは主に税務上の目的で置かれているが、ヨーロッパのデータ保護と独占禁止当局は、北米以外の15億人以上のユーザーを含むFacebookの活動を監視し警戒しやすくする為でもある。

これまで、ヨーロッパのプライバシー保護団体は、ソーシャルネットワークが人々のデータをどのように収集し、使用してきたかを法的問題として提起し、Facebookはその措置として世界中のすべてのユーザーのプライバシー設定を変更することを余儀なくされた。

このような変化は、世界中の人が デジタルサービスをどのように利用するかに影響を及ぼし、Facebookなどの企業がインターネット上で何らかの制限をかける動きも出てくるだろう。

ウィキペディアの創設者であるJimmy Wales氏は、「この種の闘いは避けられないだろう。インターネットは国境に慣れていない」と昨年のインタビューで語った。

火曜日、タイ政府は、君主制を軽視する数十ページのコンテンツが不適切だとし、それらを サーバーから削除するようFacebookに要求した。ベトナムでは、Facebookは先月、政府の高官の誤解を招く記事や誤ったアカウントなど、一部のローカルコンテンツを取り下げることに同意した。インドネシアやフィリピンなどの国々も、誤報の可能性を減らす対策を同社に求めている。

Facebookがネットに誤ったニュースを流したと懸念されているなか、米連邦議会議員や政策立案者は、今年11月の大統領選挙前など、警戒する姿勢を見せた。

Facebookは昨年、WhatsAppのデータを使って広告ビジネスを拡大すると発表した後、連邦取引委員会に苦情を申し立て、EUのパートナーシップに対して同様の議論を行った。

しかし、EUのプライバシー規制局は、契約が公開されたわずか数ヶ月後にFacebookがWhatsAppのデータを広範な目的で収集するのをやめさせるのに対し、アメリカのプライバシー保護団体は連邦取引委員会からその懸念についてまだ回答を得ていないと言う。そのため、 Facebookはアメリカのサービス利用者からWhatsAppデータを収集し使用し続けている。

“アメリカの独占禁止法はデジタル経済と独占サービスの登場に追いついていない。有力プロバイダーとはあまりにも多くの決まりがあり、個人データの統合はあまりにも多い。」とワシントンの支持団体である電子プライバシー情報センターのMarc Rotenberg社長はメールで述べた。

WhatsAppが加工写真共有のStatusをローンチ 暗号化されたSnapchatのクローン

【出典】2017/2/20

https://techcrunch.com/2017/02/20/whatsapp-status/

Untitled

フェイスブックのグループ関連会社であるWhatsAppは、Snapchatの国際的な勢力拡大を大幅に後退させることができるかもしれない。WhatsApp Statusという新しい機能は、デコ写真(および動画、GIF)を24時間に限って共有する。もちろんSnapchat Storiesの「そっくり」だが、StatusはWhatsApp本体やショートメッセージと同様暗号化されておりセキュリティが強固である。

WhatsAppでは、昨年11月から一部のユーザーを対象にStatus機能のベータ版をテスト していた。今回はいよいよ正式なタブとしてiOS版とAndroid版、Windows Phone版がリリースされる。WhatsAppのユーザーは絵や文字を手描きしたり、スタンプなど貼ってデコレーションをした写真を友達との間でプライベートに共有したりできるようになった。共有範囲やプライバシー設定は本体アプリの設定通りだという。特定の友達に写真、動画を添付してメッセージを送ることも従来通りできるようだ。

Statusはまた、WhatsAppに新しい広告掲載スペースを提供するようだ。Snap、Instagramの前例が参考になるなら、フェイスブックはフルスクリーン広告をStatus投稿の合間に表示することになるだろう。

Untitled

Untitled

「友人や連絡先リストに載っている人に何をしているのかを知らせることを目的として、このアプリは開発されました」とCEOを務めるJan Koum氏は述べる。現在はチャット機能の方が幅広いユーザーに利用されているが、主にチャット機能を使っているユーザーもStatusで自分の情報を常日頃更新しているのだという。

WhatsAppは、今や月間ユーザー12億人の巨大サービスに成長した。投稿されるメッセージ数は毎日600億通に上る。これには33億枚の写真や7億6000万本の動画、8000万本のGIFが含まれるという。WhatsAppの機能拡張はSnapchatにとってトラブルを意味することになるかもしれない。WhatsApp Statusが順調にユーザーを獲得するようなら、Snapchatのリッチメディアのサポートをセールスポイントとする国際展開は減速し、同社の収入源は既存のユーザー、ハードウェア、プロフェッショナルによるコンテンツなどに限られることになるかもしれない。

Untitled

Instagram Storiesの1日あたりユーザーも今や1億5000万人を記録しているという事実からも明らかなように、Snapchatのクローンであっても膨大なユーザーを抱えるアプリに適切に付加されるなら成功する。TechCrunchはこの記事でSnapchatがユーザーの注意を奪われていることを最初に報じた。 アナリストやセレブのSNSマネージャーも、Snapchatの閲覧カウントが低下していることを認めている。Snapchatの運営会社Snapの株式上場申請書にはユーザー成長率が82%もダウンしたことが報告されていた。申請書によれば、2016年の第2四半期に17.2%だった成長率が、Instagram Storiesがローンチされた第4四半期に3.2%に急減しているという。

Instagramは大胆にもSnapchatクローンのStoriesを堂々とメインタブに位置づけたのに対し、 WhatsAppはStatusをかなり深い場所に埋め込んでいる。しかし、StatusはStoriesのスライドショーのフォーマットを、この機能がまだ浸透していない地域、南アメリカ、東欧、途上国などへの普及を加速する可能性がある。こういう地域ではSnapchatもまだ広く利用されていないのでユーザーはクローンだというイメージを持ちにくいだろう。

WhatsAppは当初、シンプルな実用本位のテキストチャットのプラットフォームと位置づけられていた(多機能性を求めるならFacebook Messengerを利用することができる)。しかし、昨年WhatsAppはリッチメディア時代にふさわしく、カメラ機能を導入した。StatusがWhatsAppはシンプルさを損なうことがなければ、世界各地でSnapchatに対抗できる存在になるかもしれない。

BBCチーム、ViberとWhatsAppと共同でコンテンツを配信

【出典】2016/3/2
http://adage.com/article/digital/bbc-teams-viber-whatsapp-distribute-content/302906/Untitled

より若く捉えどころのない客層に届かせるための努力として、BBCはメッセンジャーアプリViberとWhatsAppを通してコンテンツを配信するという新しい契約を結んでいる。

BBCは、Viber上で「Our World」というプログラムから人々にコンテンツを提供し、「Our World:メキシコでの誘拐」のテレビ放送前の6日間を通してメキシコでの誘拐についてのコンテンツを投稿した。

そして、BBC Africaは「コンゴ民主共和国に住むオンラインに精通し自国に変化をもたらそうと奮闘する若者の声をストーリーとして伝える」ためWhatsAppを使用すると声明で述べている。

こうしたドキュメンタリー動画のクリップ「Young, Angry and Connected」が5日間にわたって掲載されるのだ。

コンテンツの前後や最中に広告はない。

同社によると、BBCはすでにWeChatやLine、Snapchat、YikYakを含むメッセージサービスと協力してきた。

途上国の人々が携帯電話を通じてはじめてオンライン上に登場しているため、BBCは部分的にメッセンジャーアプリを導入している。プロジェクトで「BBCのインスタントメッセンジャープラットフォームを拡大させる大きな一歩を踏み出した」と同社は述べている。「放送局は、モバイル端末がデスクトップより利用されている国で、必ずしも従来の方法でジャーナリズムに接することができない人々によるチャットアプリを用いた実験をしているのだ」と。

BBCは、2014年のインド選挙中とエボラ危機中にメッセンジャーアプリでエンゲージメントをテストした。「西アフリカの何千人もの人々が最新のニュースや救命情報を受信するためにサインアップした」という。BCCは「ドキュメンタリーを配信するこういったプラットフォームを使うことで、新たな境地を開拓し、テレビコンテンツのリーチも視野も改善することができる」とものべている

メッセンジャーアプリは、今後数年間で使用量が劇的に増加すると予想されている。アメリカにユーザーがいたとしても、海外のユーザーの方が圧倒的に多いのだ。それを裏付けるかのように、Viberは11月にアメリカ本土でのメッセンジャーアプリの人気が成長する様子をより多くのユーザーに見せるために、米国で初めてのマーケティングキャンペーンを行った。

Viberは600万人ものユニークユーザーを抱えているが、その内どのくらいがアクティブユーザーなのか、またどのような地域にユーザーがいるのかは明確ではない(更新:Viberは現在世界で7億1100万人のユニークユーザーを抱えていることがこの記事を公開した後に発表された)。

Forresterによると、少なくとも月に一度アプリにアクセスする米国のスマートフォン所有者の中で、米国において2014年に独立したアプリとなったFacebook Messengerは使用回数が1位を記録している。GoogleHangoutsは2位にランクインし、3位はSnapchatであった。そして、2014年に190億ドルでフェイスブックに買収されたWhatsAppは4位である。

“Social Professional” ネットワークの台頭

【出典】2014/06/28

http://techcrunch.com/2014/06/28/the-rise-of-the-social-professional-networks/

rise-soc-net

2000年中頃、異なる世界の人々による様々なソーシャルネットワークが出現するという仮説が多くの人に支持されていた。これはFacebookがソーシャルネットワークを支配している今の時代からすると考えられないような仮説であるが、当時、この仮説に従ったNingのような会社を創設したMarc Andreessen氏などの知識人が存在した。私は、現存しないWhole FoodsにおけるFacebook兼MySpaceのようなソーシャルネットワークZaadzの創設者の一人であった。 我々はZynga Mark Pincus氏によって運営されている会社Tribeのような企業と競っていたが、2007年に吸収合併された。

10年ほど時間を進めると、パーソナルソーシャルネットワークの活用がFacebookに統一されていることがわかる。SnapchatやTumblrのように、注目に値する急成長を遂げているサイトもあるが、スケールをFacebookと比較すると雲泥の差である。(この差はInstagramやWhatsAppをFacebookの一部と考えるとひらく一方である。)

しかし、「異なる世界の人々を対象とした異なるネットワーク」の出現は兆しを見せている。それがプロフェッショナルネットワークである。LinkedInはこのプロフェッショナルソーシャルネットワークの中で最も大きいサイトである。このサイトは専門分野の人々の中でオンラインの履歴書システムとして確立している。LinkedInの成長は過小評価されるべきではない。

これを踏まえると、 “X用のLinkedIn”(各種プロフェッショナル別Linked in) と呼ばれる最近の企業投資は興味深い。アメリカにおいて医者人口の40%がDoximityに加入しており、会社は最近5000万ドルの投資が発表された。Semo やHealth Tapもこの分野で機能しており、これらのネットワークはLinkedInとそっくりである。どのような医者が必要なのか(HIPAA コンプライアンスを遵守している医者か)はその他の職種の人々が欲している情報とは異なり、DoximityがLinkedInよりもSemoやHealth Tapと協力する可能性の方が強い理由である。

その他の職種についても同様である。軍務経験のある人々用のLinkedInであるRallyPointは近年530万ドルも資金を調達している。Hirepurposeのように、スタートアップ企業としてこの業界で競争に参入するサイトは数多く存在する。LinkedInが退役軍人用の雇用サイトをサポートする一方、このような職業別のネットワークの需要が高まっている。

また、LinkedInは大学生向けのソーシャルネットワークサービスの開発に数年を要した。このサービスはPiazzaと呼ばれ、Khosla Venturesから800万ドルの資金調達に成功した。Piazzaは QuoraスタイルのQ&Aを主体にして現在約100万人の大学生に利用されており、説得力の高い指標を提供している。

しかし「それぞれの分野で役立つソーシャルネットワークを」という観念は不自然なのかもしれない。例えるならコーヒーのバリスタがその他のコーヒーのバリスタ内のネッドワークに参加しなければキャリアの存続に関わるという訳ではないのだ。職業内の縦の繋がりは高い技術を有する者ほど優先される。ソフトウェアエンジニア(GitHub)やメカニカルエンジニア(GrabCad)、データサイエンティスト(Kaggle)や研究職(Academia.eduやResearchGate)の人々を想像してみれば、それは一目瞭然である。

このようなネットワークをふさわしいと呼ぶにはまだほど遠い。GitHubは600万人以上が加入しているし、Academia.eduに至っては1000万人以上が加入している。多くの投資がこの類のネットワークの成長を物語っており、この成長を加速させるサポートに使用されるべきである。Doximityの成功に加えて、ITのプロフェッショナル用コミュニティーSpiceworksは昨年2月に5700万ドルの資金調達に、GitHubは2012年にAndreessen Horowitzから1億ドルの資金調達に成功している。

ソーシャルプロフェッショナルネットワークサービスは、他のネットワークでは触れない情報を提供しユーザーの利益に繋げている。例えば、GitHubはコードをコミットすることができるし、Academia.eduは研究レポートを共有することができる。コンテンツの作成や共有はこの類のネットワークの軸とは異なる機能である。市場で売買する人用のGitHubというものはまだ存在しないが、Inbound.orgやYouMozの様なウェブサイトがこの計画を温めているのかもしれない。

しかし、この流行はジャーナリスト用のネットワークが開発され、記事を書く人間が直に経験することができるようになるまで大成功に至ることはないだろう。…え?MuckRackというネットワークが既に存在する?そのことは気にしないで…。