タグ別アーカイブ: Translation

テキストを介さない翻訳技術の開発にGoogleが注力

【出典】2019/05/16

https://techcrunch.com/2019/05/15/googles-translatotron-converts-one-spoken-language-to-another-no-text-involved/

image50

Douglas Adamasの小説で登場した万能翻訳機バベルフィッシュの誕生もそう遠くないのかもしれない。Googleの新プロジェクトは従来の翻訳技術とは異なりテキストを用いず、音だけで翻訳を機能させようと試みる。開発が上手くいけば翻訳速度の向上、話者の抑揚やトーンの反映が容易となる。

プロジェクト名はTranslatotron。非常に実験的な内容であり、ここ数年で行われた関連研究の集大成と位置付けられている。Googleの研究者達は、長年に渡って言語の違った人同士の対話について研究を続けてきたが、つい最近になって努力が結果として現れ始めた。

通常、音声翻訳は音声を幾つもの要素に分解することで行われる。元になる音声をテキスト化し(STT)、そこから機械翻訳で別の言語のテキストへと変換する。そして、別言語へと変換されたテキストを音声データに戻す(TTS)というのが一連の流れである。非常に上手く機能はするが完璧ではなく、ステップ毎に起きやすいエラーが存在しているため複雑性が高まっていく。

マルチリンガルが証言している通り、彼/彼女らの頭の中の実態は分かっていない。どのように機能するかは不明瞭であるが、テキストを分解し別言語への変換を視覚化したと言う人はいないだろう。

人間の認識が、機械学習のアルゴリズム改善の補助線になる事例は多い。

正確性に関しては、今までのシステムよりも劣ることは研究者も認めている事実である。しかしながら、翻訳結果の多くは(少なくとも部分的には)とても優れており、話者の表現が含められる点はあまりにも恩恵として大きすぎるため看過できない。最後に研究チームは、今回の研究をあらゆるアプローチの可能性を検証するスタート地点と控えめに形容しているが、重要な領域の大きな一歩になるという見方で間違いないだろう。

オンライン語学サイトのDuolingoがGoogle Capital他から4500万ドルを調達―評価額4億7000万ドルに

【出典】2015/6/10

http://techcrunch.com/2015/06/10/duolingo-raises-45-million-series-d-round-led-by-google-ventures-now-valued-at-470m/Untitled

 

reCAPTCHAの開発者Luis von Ahn氏が共同設立した無料のオンライン語学学習サービスDuolingoは、Google Capitalのリードにより今回のラウンドで4500万ドルの資金を調達したことを発表した。Union Square VenturesやNEA、Kleiner Perkins Caufield & Byersに加えて、Tim Ferrisや俳優でベンチャーキャピタリストのAshton Kutcherなど前回のラウンドの参加者も今回加わっている。今回のラウンドでDuolingoの調達した資金総額は8330万ドルとなり、同社によれば会社評価額は4億7000万ドル程度だという。

Duolingoの発表によれば、無料語学学習コースのユーザー数は世界で1億人に達し、アメリカにおけるDuolingoのユーザー数は全ての公立学校の生徒数より多いという。学校向け無料プログラム、platform for schoolsに登録している教師の数も10万人となっている。

「Duolingoのモバイル版に重点を置き、ゲーム化されたプラットフォームは世界中で言語学習の方法に革命を起こしている。Duolingoの成長率、利用時間は我々を驚かせた。この会社と共に、教育の未来を変えていく手助けができるのは喜ばしい」とGoogle CapitalのパートナーであるLaela Sturdyは述べた。

実はvon Ahn氏はGoogleと縁が深い。彼は2009年にreCAPTCHAをGoogleに売却しており、またそれ以前にも彼のESPゲームがGoogleのImage Labelerに2006年に採用され、2011年まで用いられている。

ところで、Duolingoの翻訳事業はどうなったのだろう?

オンラインで無料の学習コースを提供することだけでビジネス、それも4億7000万ドルに評価されるビジネスを運営していくことはできない。複雑な文章も翻訳できるようになった上級課程の終了者による翻訳サービスによって収入を得るというのがDuolingoの当初のビジネスモデルだった。CNN等もDuolingoの翻訳サービスをここしばらく利用している。

しかし奇妙なことに、Duolingoは今回の発表で翻訳サービス事業について全く触れなかった。私の取材に対して広報担当者は「我々は1年半ほど前に翻訳事業を棚上げし、以来新規顧客の受付を中止している(ただしCNNの翻訳は続けている)」と語った。Duolingoは収益事業として 語学能力の検定を行うTest Center をTOEFLに取って代る存在にしようと努力を続けている(テスト料金は20ドル)。広報担当者は「それ以外にも利益を得る手段を検討している」と述べた。

広報担当者は今回の方針変更の理由を次のように説明した。「翻訳事業によって実際に収益を上げてみると、品質管理や営業のために多くの人を採用しなければならず、Duoingo自体が翻訳サービス会社になっていく危険を感じたからだ。企業は収益を上げている部門により力を入れてしまうものだ。我々はあくまで教育企業であり、世界の人々により効率的な学習手段を届けるのが使命なのである」と締めくくった。

グーグル社、翻訳機能の向上のためWord Lens社を買収

【出典】2014/5/16

http://www.engadget.com/2014/05/16/google-acquires-quest-visual-word-lens/

glass-wordlens

Quest VisualがリリースしているWorld Lensというモバイルアプリを聞いたことあるだろうか?メニューや道路標識を一瞬で翻訳してくれる優れたアプリがグーグルによって買収された。

ただしグーグルとQuest Visualはこれまでも良好な関係性を築いていた。グーグルがWorld Lensと同じような翻訳アプリを発表した数ヶ月後にWorld Lensアプリが発表され、両社はより良質で途切れのない翻訳ソフトの開発を目指して協業を始めたのだ。両社の地道な姿勢が実を結び、グーグルグラスにWorld Lesnアプリが搭載されることが決まった。しかし両社のコラボレーションはそこで終らない。Quest Visualのリリース時には「Quest Visualが開発した技術はグーグル翻訳機能の様々な面で今後もサポートを行う」と発表している。

World Lensアプリは全言語を無料で提供していたため今後マネタイズ戦略を構築する上で苦しい面もあったのだと想像する。それはそうと、グーグルはQVチームの技術を確信し、賞賛しているが、更なる詳細は語られていない。私たちはQVの創設者、Otavio Goodに話を聞こうとしている。