タグ別アーカイブ: The Wall Street Journal

ウォルマート:単純作業をロボットに移行

【出典】4/9/2019

https://www.theverge.com/2019/4/9/18302356/walmart-robots-labor-costs-replacing-human-tasks-floors-scanning-inventory

Picture1

アメリカ最大のスーパーチェーン、ウォルマートは人間が今までやりたがらなかった床掃除、在庫整理、売り切れ品の再充填などをロボットにやらせることにより人件費削減を考えているとウォール・ストリート・ジャーナルが報道した。

床を掃除するロボットはアメリカ1500店舗に導入予定だ。(今まで床を掃除するのに1名の従業員が毎日2〜3時間かけて行う必要があった。)約600店舗に在庫整理を行うベルトコンベアを導入予定、売り切れ商品がないか商品棚をチェックするロボット300台が投入される予定だ。(このロボットは2017年から店舗でテストを開始している。)

ロボットを導入することにより、人間がやらなければならない業務が減り人件費を削減することができる。アメリカ全土に4600店舗を展開するウォルマートにとって大きな削減だ。そして同社は今後人件費をオンラインビジネスに重点的に投入すると発表している。

Picture1

ウォルマートはオンライン・グロッサリービジネスでライバルであるアマゾン・フレッシュやアマゾン・プライムナウを明らかに意識している。もともと実店舗で始まったウォルマートはオンラインリテール会社のJet.comを買収、アマゾンは逆に実店舗をスタートしている。アマゾンが買収した高級スーパーであるホールフーズは野菜と果物の価格を値下げ、全米各地に店舗を増やしていく予定だ。

 

ゴールドマンサックス、新しい世界を探検:ビットコイン取引へ

https://www.wsj.com/articles/goldman-sachs-explores-a-new-world-trading-bitcoin-1506959128

Picture1

関係者によれば、Goldman Sachs社(ゴールドマン社)は新たにビットコイン及びその他の仮想通貨取引の取り扱いを検討中である。

ゴールドマン社の取り組みは初期段階にあり、進展しないかもしれないと言われている。しかし、同社のデジタル通貨への関心は、投資家の間でのビットコインのへの注目を高め、また本来不法行為の温床と見なされていたが、 今や投資世界の主流へと押し上げられているデジタル通貨に関する議論を活発化させる可能性がある。ここ数週間、中国では仮想通貨が資本流出を引き起こす可能性があることを懸念して、取引されているビットコインの両替を禁止している。

国際通貨の最大の取引量を誇るJ.P. モルガン・チェース銀行のジェームス・ディモン最高経営責任者(CEO)は先月、ビットコインを“詐欺”と呼び、ビットコインの取引をした社員はクビにすると発言した。しかし、日本政府は貿易を合法化するための規定を作成し、ビットコインを取り入れている。インドとスウェーデンは独自の仮想通貨の作成に夢中になっており、米連邦準備理事会(FRB)はビットコインとそれを支える技術を研究している。

インターネット史上最高の生産性を上げるアプリ:If This Then That 恐らく史上最強のスマホサービスである

【出典】2016/6/1

http://www.wsj.com/articles/meet-the-internets-best-productivity-tool-if-this-then-that-1464793511

Untitled

「このアプリとあのアプリと連動したらいい」と思ったことはないだろうか。そんな方には朗報だ。あるサービスがそれを既に可能にしている。その名はIFTTT。The Wall Street JournalのGeoffrey A. Fowler氏が、このシンプルかつ強力なサービスの活用法を説明した。

コンピューターに詳しい人々は、様々なことを思いつく。昔でいうと、ボタンを押さずとも車が動き出すだけで車のエアコンが点くようにシたりというものだったが、ITが普及した今なら、休暇を過ごすのに適した部屋がコミュニティサイトCraigslistで見つかり次第携帯に通知が入るようにしたり、本来なら連動しないはずのInstagramとTwitterを連動させるようにしたり、といった具合である。

彼らがこういった裏技を使えるのは、プログラミングに精通しているからだと考える読者は多いと思う。しかし、それは違う。彼らが一般のユーザーと違うのは、彼らがIFTTTを知っているということだ。プログラムの知識は全く不要であり、簡単に使いこなせるようになる。

様々な便利なアプリケーションが日々、誕生している。だが、それらは厳密に仕切られている為、融通が利かないことも多い。インターネットが初めて出てきたときに感じた都合の良さを感じなかった原因はまさにここにある。

IFTTTとは「If This Then That(もし〜なら、こうなる、の意)」の略である。ネットで公開されている無料サービスで、通常であれば連動しないアプリや端末を連動させることができるのだ。現段階では300以上のサービスで対応可能で、その中にはApple PhotosやDropbox(文書保存用のクラウドサービス)、Evernote(クラウド仕様のメモ帳アプリ)やNest thermostat(Google傘下のNest社が製造するネットに接続可能な室温調整機)そしてPhilips Hue bulbs(Philips社が製造するネットに接続可能な電灯)といったものがある。こうしたバラバラに存在するサービスを結びつけるテープの役割をIFTTTが請け負っているのだ。

IFTTTのもう一つの特徴は、そのシステムのシンプルさにある。IFTTTを使うにあたりユーザーがしなくてはならないことは、ただ2つのサービスを選ぶだけだ。面倒な手続きなどは一切要らず、ユーザーはどのサービスとどのサービスを接続すれば使いやすくなるのか、ということだけを考えればいい。連動する2つのサービスの組み合わせは「レシピ」と呼ばれ、幾つかのボタンを押せばオンラインで公開することもできる。ではそのレシピの細かい作り方を見ていこう。

Untitled

【画像】図解 レシピの使い方

「毎月28日に、フェイスブックに猫の写真が投稿させるようにするには」

  1. 「レシピ」を作成→2つ目のサービスを起動させる日時を設定(ここでは毎月28日)
  2. 2つ目のサービスとしてフェイスブックを選択→1.で設定した日時に自動的に猫の画像が投稿されるよう設定する

※これでレシピは完成。毎月28日に、フェイスブックに猫の画像が投稿されるようになる

ステップ1

「きっかけ」(サービス名の「もし〜なら」に当たる部分)となるサービス(「チャンネル」と呼ばれる)を選択する。これは2つ目に選ぶサービスが起動する条件を規定するもので、時計やカレンダーアプリ(時刻や出来事)、天気アプリ(天気予報)やTwitter(新しいツイートが来ているかどうか)、もしくはSpace Channel(人工衛星が送ってくる宇宙の写真を配信するNASAが運営するサービス)などがそれに該当する。GPS機能なども選択することもでき、自分の行動を「きっかけ」に設定することもできる(写真を撮る、ボタンを押すなど)。

ステップ2

「結果」(サービス名の「こうなる」に当たる部分)となるサービスを選択し、その1で決めた条件で自動的に発動するサービスを規定する。メールを送る、フェイスブックに投稿するといったオンライン上のものから、家(スマートホーム)の電気が点灯するなどの現実空間で効果を表すものが含まれる。

ステップ3

レシピの制作が完了すれば、IFTTTが自動的にサービスを連動し、設定した通りにメールが送られたり、投稿が為されたり、家の電気が点くようになる。

レシピは、IFTTTのアプリをダウンロードするか、公式ページにアクセスすることで作成することができる。

例えば28日を「ニャンの日」(くだらないが)とし、28日になれば自動的にフェイスブックに猫の画像が投稿させるようにするとする。「きっかけ」で28日に条件付けをし、「結果」の部分で猫画像の投稿を選択する。初めての際にはIFTTTがフェイスブックへアクセスするのを承認する必要があるが、その後からは自動で行われるようになる(上に図解あり)。

以上で示したのは、IFTTTの非常にくだらない使い方だ。ただし使い方によってIFTTTは未だ見たことがないような強力なツールとなるだろう。現にサービスが実装された2010年以降、ユーザーは確実に増えていき、現在では1200万人が毎日IFTTTを使用している。筆者も花粉状況と連動させて、薬を飲むようメッセージを携帯に送るようにしたり、家を出るときに電灯が自動的に消えるようにしたりする時にIFTTTを活用している。

知り合いの読者にも、彼らが愛好するReddit(掲示板サイト)やInstagram、さらにはスマートカーを連動させ、IFTTTを活用している人々がいる。中には人間関係の整理に使う人もいるそうだ。そんな読者の一人であるCarol Margolis氏は、IFTTTを使って、帰宅する際には(GPS情報を使って)その旨を夫の携帯にメールするように設定しているという。

IFTTTは、熱心なユーザーのコミュニティーを形成している。43.2万人もの人々が登録し、互いに独創的な組み合わせを共有し合っており、これがIFTTT最大の強みとも言えるだろう。ちなみに筆者は以前、誰かがTwitterにハッシュタグ「#ChristmassSpirit」をつけた投稿をするたびに、家のライトアップが赤くなるレシピを投稿した。誰の役に立つのかはともかくとして、だ。

さて、ここまではIFTTTで何をできるのかを述べてきた。筆者の中には、「こういった使い方をするのがせいぜいだろう」と思われる方がいるかもしれないが、油断してはいけない。中には到底思いつかないような使い方を提案するものがたくさんある。次からは筆者が驚かされた組み合わせの数々を見ていこう(カッコはレシピのURLである)。

Untitled

こんな通知がでるようにするには?:通知機能応用レシピ集

メールが届いた時や、自分の投稿に「いいね」がついた時など、たくさんのアプリが通知をしてくれる。だが、IFTTTを使えば、より多くの情報を通知として受けることができるようになる。以下がその例だ。

「明日の天気が雨の時に、通知が出るようにするには」

https://ifttt.com/recipes/165139-rain-tomorrow-get-a-mobile-notification

「応援しているチームの試合が終了した時に、通知が出るようにするには」

https://ifttt.com/recipes/196939-get-notified-with-your-favorite-team-s-final-score

「Craigslistで探しているもの(アパートの部屋等)が投稿された時に、通知が出るようにするには(注:要多少の追加設定)」

https://ifttt.com/recipes/90257-2br-apartment-in-sf

Untitled

SNSで手間を省くには

IFTTTを使えばSNSの投稿にいる作業も自動化できる。IFTTTを使って、常に最新の「今何してる?」を発信し続けることができるのだ。

「Instagramで投稿した写真を、Twitterでも投稿できるようにするには」

https://ifttt.com/recipes/103249-share-your-instagram-photos-as-native-twitter-photos

「フェイスブックで投稿した写真を、Dropboxに保存できるようにするには」

https://ifttt.com/recipes/15-save-photos-you-re-tagged-in-on-facebook-to-dropbox

「大晦日に寝落ちしても、あけおめメールを送信できるようにするためには」

https://ifttt.com/recipes/6165-tweet-happy-new-year

Untitled

スマホをアップグレードするには

IFTTTが可能にするのは、サービス間の連携だけに留まらない。使い方によっては、本来あなたのスマホにはない機能を追加することができる。なおiPhoneユーザーには残念なことに、IFTTTは現在Androidのみにしか対応していない。恐らくはアクセスできる範囲の広さが原因だろう。

「職場でスマホが自動的にマナーモードになり、同僚が着メロ(アニソン)を聞くことがないようにするには」

https://ifttt.com/recipes/164966-mute-your-android-phone-when-you-arrive-at-work

「Amazon Echoに聞くだけで、自動的に買い物カゴのリストがメールで送られるようにするには」

https://ifttt.com/recipes/284243-have-alexa-email-you-your-shopping-list

「携帯が盗まれた直後、自動的に携帯が映画「96時間」のリーアム・ニーソンの声で脅迫文を読んでくれるようにするには」

https://ifttt.com/recipes/77218-use-liam-neeson-s-badass-quote-from-taken-to-scare-someone-into-returning-your-phone

Untitled

自宅をより賢くするには

映画「オースティン・パワーズ」のタッチするだけでなんでも操作できるコントローラーに憧れたことはないだろうか?IFTTTとIoT対応家電が、その憧れを現実にする。

「活動量計Fitbitが目覚めを察知したと同時に、コーヒーメーカーが起動するようにするには」

https://ifttt.com/recipes/368586-start-brewing-coffee-when-your-fitbit-registers-you-re-awake

「誰かが玄関ブザーを鳴らした時に、家の電気が点滅するようにするには」

https://ifttt.com/recipes/352303-blink-your-lights-when-your-doorbell-rings

「帰宅寸前にエアコンがつき、快適な状態の部屋に帰れるようにするには」

(https://ifttt.com/recipes/190141-when-you-re-near-home-your-thermostat-will-automatically-set

Untitled

よりよい自分になるには

IFTTTは活動量計やその他フィットネスアプリにも対応済み。IFTTTを使って、より楽しいダイエットをしたり、文化人になったりもできるのだ。

「目標を達成しなかった時、電気ショックで自分を戒めるようにするには(鞭)」

https://ifttt.com/recipes/391040-if-i-don-t-hit-my-goals-on-my-fitbit-for-steps-zap-me

鞭が苦手なあなたには以下かもしれない:

「目標を達成した時に、妻(あるいは夫)に『褒めて』メールを送信できるようにするには」

https://ifttt.com/recipes/180913-text-my-spouse-that-i-deserve-a-treat

「Pocketに保存しておいた記事を読むたびに、貯金ができるようにするには」

https://ifttt.com/recipes/291078-pay-yourself-for-time-spent-reading

さてIFTTTの万能さを見てきたところで、その問題点にも目を向けてみたい。

IFTTTへのアクセス承認でパスワードが漏洩してしまうことはないが、設定によっては重大な(しかもしばしば恥ずかしい)結果をもたらしてしまうこともある。実際に重宝し始める前に、作ったレシピをテストする必要があることを忘れてはならない。筆者がこれを怠った際、友人のTwitterに何度も同じメッセージを(さもスパムメールのように)送ってしまうトラブルが発生してしまった。

また悪質なハッカーにアカウントを登用されないよう、IFTTTには分かりにくいパスワードを設定し、二重のロックをかけることをおすすめする。

IFTTTで想像力を刺激され様々なことをしようと挑戦しだすと、壁にぶつかるかもしれない。レシピによっては起動に数分を要する場合があり、複雑で同時にいくつもの機能を発揮するようなプログラムを作ることは残念ながらできない。もし、より発展的なものを作るのに関心が出た読者には、iOSで3ドルで販売されているWorkflowをお勧めしたい。より複雑なプログラムを設定することができ、2つ以上のプログラムを同時に使うことができるようだ。

IFTTTが対応するサービスも、開設時から格段に増えてきた。だが、Whatsapp(無料メールアプリ)やUber、AirbnbやSonos(スピーカーをネットに接続させるアプリ)などのフェイスブックやInstagramと同様に人気のある一部のアプリケーションは未だに対応しておらず、より詳細な「きっかけ」として使うことができる政府の統計(レストランでの栄養表)などにもアクセスすることができない。そしてなにより、繰り返しになってしまうが、まだiPhoneやiPadで使うことはできないのだ。

またIFTTTで作ることのできる組み合わせが、対応しているアプリの事情で大きく変わってきてしまうこともまた事実だ。

今年5月、Instagramは写真に「いいね」がついた時と決まった種類の写真を「きっかけ」の条件と出来ないよう規定を改定した。これによって、「結婚」に関する写真を集めるという筆者の趣味は断念することを強いられた。まことに残念である。

だが何がともあれ、IFTTTが我々のインターネット生活をより便利なものにしてくれたのも紛れもない事実である。こうしてサービスを統合する以上に、よりネットを楽しくするようなアイデアなどどうして思い付くだろうか?会議がそれに寄与しないのは確実だろう。退屈な会議で時間も労力も無駄にするぐらいなら、IFTTTを使ってそんな会議から抜け出す方法を考える方が、より刺激的であるに違いない。

Appleの電気自動車、5年以内に発売される可能性も 

【出典】2015/9/21

http://gizmodo.com/apples-electric-car-could-ship-by-2019-according-to-th-1732115160

Untitled

Appleの電気自動車プロジェクトの詳しい情報が、徐々に明らかになってきている。Wall Street Journalのスクープ記事が、自動車開発のチームと製造工程、2019年の出荷日を公表した。

Wall Street JournalのDaisuke Wakabayashi氏が書いた記事のソースは不明だが、公表された情報が情報源の持つ情報のすべてであるようだ。Appleは自動車開発を急速に進歩させているため、現在のところ2019年に発売される予定である。Appleから、Project Titanチームの人員を現在の600人から3倍の1800人にすると発表された 。

Appleが自社内で自動車を製造するかに関してはまだ不明であるが、このプロジェクトが企業の経営方針等に大きな影響を与えることは間違いないだろう 。

Appleの自動車開発プロジェクトに関して明確でない点はいくつか存在する。例えば、Foxconnのトレードネームで知られる台湾産のiPhone製造社Hon Hai Precision Industry Co.のような製造パートナーが存在するのかは未だわかっていない。ほとんどの自動車製造会社は、普通自動車メーカーは製造工場も所有しているが、これはAppleのiPhoneやiPadの戦略とは大きく異なる。自動車産業では、このように製造期間を契約で決めるという事例は、ごく少数のモデルにしか適応されていない。

しかし、Wakabayashi氏はAppleが世界で唯一これをお金で実現できる会社であることを指摘した。

初めに発売される自動車は、完全な自動運転車にはならないかもしれない。2019年という出荷日を考えると分かるかもしれないが、この点についてWall Street Journalも言葉遣いに気をつけていた。Appleの出荷日に関して、これは発売される日ではなく商品が完成させる日を指しているかもしれない。また、開発チームも「2019年のターゲットに達成できるかどうか分からない」と考えているようだ。

Appleのプロジェクトに関する証言は、Wakabayashi氏の報告だけではない。この数ヶ月間、Project Titanの大きな動きも証拠となっているし、数日前カリフォルニア州の車両管理局がAppleのプロジェクトについてミーティングを行ったこともわかっている。Apple自動車が開発されていることに間違いはないが、これがいつ完成しいつ発売となるかは未だ不明である。

Google、保険のスタートアップ企業Oscar Healthに投資

【出典】2015/9/15

http://blogs.wsj.com/digits/2015/09/15/google-bets-on-insurance-startup-oscar-health/

Untitled

保険のスタートアップ企業Oscar Health Insurance Corp.は、UnitedHealth Group Inc.やAnthem Inc.のような強豪の保険会社から顧客を引っ張ってくるために、強力な味方を見つけた。

Oscarは、インターネット会社から派生したGoogle CapitalがOscarに3250万ドルの投資を行ったとインタビューにて述べた。この取引で、Oscarは4月に報じられた企業価値15億ドルから、創立2年で17.5億ドルの価値を持つ企業へと成長したことになる。

Oscarはデータと保険ビジネスをインターネットサービスのようにするテクノロジーで3.5億ドルを調達した。ニューヨークやニュージャージーで4万人以上の患者が登録しており、翌年の初めにはカリフォルニアとテキサスでもサービスを開始させるという。

2012年にOscarを共同設立したMario Schlosser氏は、他企業によって開発されたヘルスケアのテクノロジーを採用することが目標の一つであると述べた。Life Sciencesが涙からグルコースレベルを検出する製薬会社Novartis AGと共にコンタクトレンズを開発しているGoogleが、将来Oscarと共同で医薬品を患者に届けるシステムを開発することもできる、とSchlosser氏は述べた。

「Googleはコンタクトレンズを患者に届ける会社を必要としており、その企業は経済に刺激を与えることが好ましい」とSchlosser氏は述べた。「これらのニーズを考えると、自然と答えは見つかるだろう」と。

Oscarは2010年のAffordable Care Actによって開発されたオンライン取引によってカスタマーを募っている。他の保険会社と違い、Oscarは個人の登録に焦点を当てており、従業員や会社単位の登録を狙っていない。カスタマーは年間平均5000ドルを支払うことになる。

企業ではなく個人を狙う戦略は、スタートアップ企業が巨大な保険会社と同じくらいの値段を提供できることを証明しなければならないため費用もかかりリスクも高い、とKaiser Family Foundationの副社長を務めるGary Klaxton氏は述べる。

「カスタマーを多く持つ保険会社は、カスタマーに提供できる割引も大きいが、スタートアップ企業にはそのカスタマーがいないのだ」とKlaxton氏は述べる。「これはつまり、保険のスタートアップ企業がマーケットシェアを確保するには赤字を覚悟しなければならないことを意味する」と。

Oscarが調達した資金の一部は、こういった損失に当てられており、2014年には合計2750万ドルが費やされたと言われている。ちなみに、昨年の企業売り上げは5690万ドルである。

企業の最高責任者であるSchlosser氏は、こういった損失は新しいテクノロジーの開発に投資しているからでもあると述べた。

「実際、核となるヘルスケアサービスビジネスでは黒字となっている」と。

Oscarは45名のエンジニアを雇い患者と医者を繋ぐ、より良いツールの開発に尽力していると述べた。企業は、カスタマーに無料でフィットネストラッキングデバイスと無制限のテレメディスンサービスを提供しており、企業は10分以内に電話で患者と医者を繋げることができる。

Google Capitalの社長を務めるDavid Lawee氏は、Oscarが安めの医療費やその他の費用をもサポートする可能性があることから、ヘルスケアスタートアップ企業の中で一際輝いており、今回の投資に踏み切ったと述べた。

「テクノロジーでコストを削減できるというのは、とても興味深い。Oscarはこれができる立場にいる」と。

Oscarは、Googleがシステム上Google CapitalとGoogle Venturesの二つの投資ファンドに分けると発表して以来、Google Capitalによって投資された最初の会社である。

「我々のビジネスはGoogleの法律顧問を務めるDavid Drummond氏とCEOのLarry Page氏に報告する独立型ビシネスとして確立している」とLawee氏は述べた。「過去、これらの報告や運営に変更はない」と。

Googleはまた、National Institutes of National Healthの元取締役であるThomas Insel医師を起用することで、生命科学により力を入れようとしている。Insel医師は13年勤めたこの機関を11月1日付で離れることを発表した。「このミッションが精神病にどのように役立てられるのかを研究するチームに参加することになる」と、Insel医師はNIMHのホームページでこうコメントを残した。「Googleの生命科学チームはメンタルヘルスにも力を入れているのだ」と。

データを提供してくれたDow Jones VentureSourceによると、Oscarはアメリカに存在する幾つかの医療関連のスタートアップ企業の一つで、今年の第一四半期に39億ドルという驚異的な額を調達したようだ。これは、2014年の第二四半期に記録した34.2億ドルという調達額を上回っている。

AlibabaのJack Ma氏がハリウッドに馳せる思い

【出典】2014/10/29

http://blogs.wsj.com/digits/2014/10/29/alibabas-jack-ma-romances-hollywood/

57

Jack Ma氏は今週ハリウッドを視察し、ハリウッドスタジオやNBAの試合を観戦したが、彼はもちろん観光に来ていたわけではない。

 

情報によると、映画やビデオオンデマンドのビジネスをも有する中国の巨大eコマースAlibaba Group Holdings Ltd.の会長は、Sony pictures Entertainmentや、Universal Pictures、Twentieth Cenury Fox、Paramount Pictures、Lions Gate Entertainmentのようなハリウッドスタジオと話し合いをするようである。

 

Alibaba社のスポークスパーソンはそれについてコメントを控えている。

 

火曜日に行われたSonyのエグゼクティブとの話し合いで、Ma氏は中国国内で教養的に重要な映画を製作したいと考えていると述べた。情報に詳しい人物はまた、今後の公開を2社の合同融資で行う可能性を示唆した。

 

Ma氏は彼の会社の所有するVODプラットフォームを含めた同じような話し合いを他のスタジオエグゼクティブと行う予定だ。中国の映画館で検閲の関係で上映されない映画でもAlibabaのVODサービスでは視聴することができる。7月に中国にてAlibabaのセットトップボックスサービスを介した新たな視聴サービスによる映画の取引が行われたとLions Gateが発表した。

 

Lions GateとAlibabaのベンチャーは中国で、すでにハリウッド映画やアメリカのテレビ番組を放送しているVODビジネスの内の一つにすぎない。

 

Ma氏は火曜日に三大タレントエージェンシーの一つWilliam Morris Endeavor Entertainmentの共同最高経営責任者であるAri Emmanuel氏とPatrick Whitesell氏とLos Angeles Lakersの野球ナイター観戦に姿を現した。三人はWMEのクライアントに対するAlibabaとの仕事や中国でのビジネスの機会について話しあった。

 

Laguna Beachにて月曜日の夕方に行われたWSJ.D Liveの会議で、Ma氏はアメリカを超える世界最大の興行市場を持つ中国を代表して映画業界とのパートナー契約を結びたいと考えていると述べた。