タグ別アーカイブ: Tech Cocktail

Netflixで育った子供の82%がコマーシャルとは何かを知らないという事実が判明

【出典】2017/3/15

http://tech.co/82-percent-netflix-raised-kids-dont-even-know-commercials-2017-03

Untitled

ここ10年間で起きた文化的な変遷には、目を見張るものがある。例えば、電話で「Hanging up」というと、昔は電話を壁にかけるという意味だったが、今では終話ボタンを押して電話を切るという意味に変わっている。また、パソコンで保存ボタンはフロッピーディスクの形をしているが、現在のほとんどのパソコンにはCDドライブすら搭載されていない。しかし、これよりも驚くべきなのは、テレビコマーシャルに関することである。

というのも、ストリーミング動画関連についてのニュースを扱うExstreamistのレポートによると、Netflixのみを見る家庭で育った子供の82%がコマーシャルとは何かを知らないというのだ。

調査

Exstreamistによる今回の調査規模は100名程度であり、Netflixのみを利用する家庭も50家庭と小さいものではあるが、テレビのある家庭では57%が「知っている」と回答した一方、Netflixのみを利用する家庭で「知っている」と回答したのは12%にとどまった。

また、今回の調査は「Netflixが子供達を年間150時間ものCMから救っている」という過去の調査結果を受けて行われた。同サイトでは、以下のように説明されている:

「子供と友人の家に遊びに行った際、番組の途中でおもちゃやシリアルのCMが流れ始めたことに娘が泣き始めたという読者の声を聞き、Netflixしか利用しない家庭で育ったその娘が6歳になるまでCMを見たことがなかったという事実に気づいたのです。」

これが何を意味するか

つまり、ストリーミングサービスがコマーシャルそのものの認知度を下げているのだ。広告は数百年前から存在し、現代の社会においてどこにでも存在し、そして今後も同じようにあり続けることを考えると、これは驚くべき事実である。

しかし、広告主からの収益を必要としない月額制サービスは、現在までのところ成功を収めている。Tech.Coは、2011年にこれに関する記事を発表したが、フェイスブックやGoogleがオンライン広告に進出しコンテンツの質への信用を失墜させている間にも、この業界は成長を続けている。

コンテンツマーケティング戦略の合理化と多様化の方法

【出典】2017/2/13

http://tech.co/streamline-diversity-content-marketing-2017-02

Untitled

コンテンツマーケティングは、分かりやすくシンプルである。しかし、それはより専門的になり、オーディエンスはこれまで以上に選択的で洗練されている。購入の過程で適切な人材に適切なコンテンツを適切なタイミングで提供しようとするなると、コンテンツ開発戦略を合理化するための措置を講じなければならない。これには、目標を設定し、オーディエンスを分析し、カレンダーを作成する必要があるのだ。

常にオーディエンスのトレンドを把握し、こうした情報を活用してコンテンツと拡大戦略を決めることが重要なのだ。この視聴者を中心としたコンテンツ制作に対するアプローチにより、どの段階でもバイヤーが欲するようなコンテンツを制作していると保証されるからだ。

つまり、なんとなくコンテンツを作らない方がいいということだ。

メッセージ性の弱い一般的なコンテンツは、サイトにとって利よりも害が大きいと言えるだろう。ブログを埋めるためだけにコンテンツを制作する前に、ブランドは最初になぜコンテンツを制作しなければならないかを考えるべきである。ほとんどのコンテンツは、以下の共通の目標の1つを達成するために制作されている:

– 検索ランキングを上げる

– 新しい販路を作り出す

– ブランド認知度を高める

– コンバージョン数を増やす

– 以前の購入者を呼び戻す

こうした目標を設定すると、ターゲットとなるオーディエンスがどこに存在するかによって、開発したいコンテンツのタイプを明確にすることができるだろう。ブランド認知度を高める場合は、教育用のウェブセミナーや白書、電子書籍、How To動画を検討すれば良い。ターゲットとなるオーディエンスが購入の評価段階にある場合は、デモ動画や製品ウェブセミナー、ケーススタディーを検討するべきであり、彼らが購入する準備がほぼできている場合は、ライブデモやクーポンを検討する方が効果的なのである。

目的の定義付けが完了したら、ユーザー属性と彼らが関心を持つデータを表示するようにGoogle Analyticsを設定する。Googleは、次のような様々な場所からこのデータを取得できる:

– 第三者企業DoubleClickブラウザのクッキー

– Android広告ID

– Appleの広告についてのiOS識別子

このリソースは、年齢や性別、市場セグメント、類似性、メインカテゴリ内のサブフォルダからなる「その他」の5つのカテゴリからの豊富な情報を提供することができる。この情報によって、前のセクションで設定した目標を満たすようなコンテンツに調整することができるのだ。

カレンダーの作成と配布なしで、合理化されたコンテンツ開発戦略であるとは言えない。組織化された戦略には、責任者をアサインし、誰がどのコンテンツをいつまでの作るのかといった具体的なタイムラインが含まれていなければならないのだ。

個人のブロガーや小規模オフィスを運営する企業にとって、これはホワイトボードに書くのと同じぐらい簡単かもしれない。大規模な組織、遠く離れた在宅勤務者やフリーランスのコンテンツクリエイターの場合、はTrelloやPodioのようなコラボレーション型のオンラインプラットフォームによりこの問題が解決できるだろう。

どんな素晴らしいコンテンツ制作カレンダーにも、ソーシャルメディアのカレンダーが付いている。編集者のカレンダーと同じ様に、ソーシャルカレンダーは、どのコンテンツが、どのソーシャルチャンネルに、いつ、誰によって配信されるのかを決定づけるのだ。

Content Marketing Instituteによると、「組織内の誰でもコンテンツマーケティング戦略へアクセスできる環境が、企業にとっては望ましい」ようだ。これは、コンテンツ制作や開発に関与していない部分も含んでいる。

個々のチームが独立したサイロで作業している場合は、コンテンツ戦略を合理化することができていない。全ての部署とチームを統一することで、コンテンツ制作プロセスからどれだけ離れていても、会社の規模に関わらず全ての社員がビジネスの目標を理解し、同じ目標に向かって努力することができる。さらに、無駄を減らし、重複した作業を避け、知恵を結束させることができるため、より良いコンテンツが作れるのだ。

不動産業にテクノロジーが新しい風を吹き込む

【出典】2017/1/10

http://tech.co/real-estate-tech-new-markets-2017-01

Untitled

伝統的に不動産業が重視してきたのはファイナンスと需要の有無で、テクノロジーは浸透してこなかった。しかし、最近になって、多くのハイテク技術が不動産界に姿を見せるようになり、新たな旋風を巻き起こそうとしている。

CB Insights によると、2016年の第2四半期でテクノロジーは13.7億ドルの売り上げ貢献を見せた。この数字は不動産業界におけるテクノロジーの重要さを物語っている。不動産仲介業者や投資家が、ターゲットとなる場所や建物を審査する新たな方法としてハイテク技術を利用しはじめている。

この進歩によって、これまで実現困難だったことが可能になってきている。投資家に理想の物件を案内する検索エンジンRevestorの創業者でCEOのBill Lyons氏は、「テクノロジーの介入により、不動産業界は綱引き状態にあります。消費者がリサーチをしている間に、仲介業者は実際の物件を獲得しなければいけません。仲介業者はテクノロジーを利用して投資家と利益になる物件の確保を急ぐ必要があるのです」と述べる。

ビッグデータを不動産業界に

テクノロジーは仲介業者以外にも大きな影響を与えている。

「P2Pシェアは大きなトレンドです。Airbnbは、ハイエンドマーケットで大きな利益を生む仕組みをこれまでにない形で投資家に提案することに成功しました」とLyons氏は述べる。

より多くの人がAirbnbやVRBOのような短期レンタル物件の価値を高め、より多くの人々が投資しているが、これにはターゲットとなる物件のデータが必要になる。しかし、データを多くのソースから集めようとするのは困難であるため、専門家達はテクノロジーを利用してそれらのデータを一つに集約しようと動き出しているのだ。

VRの影響

VRも大きな影響を及ぼしている。MatterPortやFlooredは、投資家に、実際に物件に足を踏み入れる前に、そのロケーションを360度見渡せるテクノロジーを提供している。

VRは、既存の慣習を置き換えるのではなく、それらを強化する点において強みがある。Property Portal WatchのMike DelPrete氏は、「VRは既存の効果的なプロセスを置き換えるのではなく、向上させるのです」と話す。

ソーシャルメディアの可能性

実装が進んでいない領域に、物件やサービスのプロモーションのためのソーシャルメディアの利用がある。Instagramやフェイスブック、Twitterなどを仲介業者はいるものの、それらのプラットフォーム自体が進化を続けているので、今後のポテンシャルは未知数だといえるだろう。

ミレニアル世代へのアプローチ

テクノロジーとサービスに精通した世代こそ、不動産業界のカギを握っている。以前は不動産業界への関与に積極的でなかったミレニアル世代も、最近の調査によると、意見を変えているようだ。

テクノロジーに敏感なミレニアル世代と密接に繋がることが、今後の不動産業でのビジネスの成功に必要になってくる。ビッグデータの利用がこの世代のニーズに答える術となるだろう。National Association of Realtors はミレニアル世代が購入する物件トップ10を公表している。

Lyons氏は、「予測的な分析が不動産に関与するテクノロジーにおいてとても重要になってきています。歴史的なデータに加え、未来のトレンドや予測が、投資家に新たな市場をもたらすでしょう」と述べる。

ビッグデータ、モバイルテクノロジー、そして分析が、不動作業界に今後さらなる飛躍をもたらすだろう。

スタートアップ企業、IoTで何ができるか?

【出典】2016/9/7

http://tech.co/what-can-startups-do-with-iot-2016-09

untitled

IoTをもとにしたソフトウェアは、ITから他のビジネスに渡って、多くの買い手がいる成長市場だ。IoTの買い手たちは、みんな違った目標、プロジェクト、成功基準を持っている。売り手にとってその多様性があるため、自分たちの商品の基準を単純化し、普遍的なものにしづらくなっている。

IoTプラットフォームの急速な発展は、企業側がテクノロジーとビジネスの向上を求めたことにより進んだ。IoTプラットフォームは、今後も成長し続け、産業や地域、新たな規格によって違う様を見せてくれるだろう。サービス提供者にとっては、その産業や地域による異なる要求に応えていくことがとても大きな課題となるだろう。

IoTが解決するものと提案するもの

IoTサービスの提供者として顧客にサービスを提案する前に、理解しておかなければならない点がいくつかある。

untitled

成長するモデル

成長するモデルは、企業に目に見える発展を提供しなければならない。前述のように、一つのIoTプラットフォームが、全ての企業の要求基準を満たすということはまずない話だ。しかし、最低限よりよく監視が行き届く入り口とデバイスのコントロールを提供する必要がある。

例えば、BC Hydroは180万台ものスマートメーターとスマートグリッドをカナダの7つの州に展開した。それによって、窃盗を75%(金額に換算すると、メーターリーディングシステムだと3.3億ドル、セルフサービスツールだ2.24億ドル減らすことができた。

第三者のハードウェアやソフトウェアを結合

企業は、違った種類のプラットフォームにて様々な装置やソフトウェアを所有している。それらの大半のものを結合し、整えることができるような一つのIoTを企業は求めている。そうすることにより、企業は第三者のモデルやサービスが必要ではなくなるのだ。

業界への専門性

一つの会社は種類の異なる全ての製品を生産できないのと同様に、一つのIoTが全ての会社に当てはめて使えるとはいえない。IoTの販売業社として、もしあなたがある業界に働いたことのある、もしくは働いている経験を持っているのならば、それは強みになるだろう。同じ業界内、または同じプロジェクトを行う組織は、仕事やインフラに対する知識を持っているあなたのことをきっと気にいるだろう。その能力を認められることで、企業はその問題をよりよく解決できるあなたを重宝するはずだ。

サポートの範囲

大企業は、ビジネスを地理的に広げ、サポートを必要としている。IoTサービス提供者が、その企業の全てのエリアでシステムのサポートができたら、企業にとっては大変助かることだ。その一方で、小さな企業は広範囲にわたるサポートは不必要で、IoTサービス提供者がそのエリア分のコストを削減した方が利益になる。賢く選んだ方がいいだろう。

大規模に展開可能かどうか

IoTはそのビジネス領域を定める必要がある。そうしなければ、テクノロジーにおける移行の段階にて、その拡大に対応できないという事態が生まれてしまうからだ。

多くのIoTサービス提供者は、テクノロジーが多くの買い手を見つけるにつれて、ここ最近急激に成長をしているスタートアップ企業である。その分野は競争が激しく、明日を担っていくリーダーは企業に提供するためにその基準を知り生み出していくことが必要だと言えるだろう。

調査:ブランドの透明性が消費者のハートをつかむ

【出典】 2016/8/30

http://tech.co/brand-transparency-important-consumers-2016-08

untitled

スキャンダルや陰謀が横行する世界の中で、情報の透明性は信頼を勝ち取るには欠かせない。政治家であっても、Tinderでデート相手を見つけようとする人であっても、正直でいることはとても重要なのだ。そして、もしあなたがこれから事業を展開しようと思っていて、カスタマーに対して嘘の情報を与えていいと考えているなら、それは間違いである。

Label Insight が行った実験では、94%の消費者が情報において透明性のあるブランドはより好感を持てる、と答えた。消費者を騙すようなマーケティング・スキーム、説明の無い商品の返品要求、むやみやたらに財布の紐を緩めようとする行為は、信頼性の喪失につながる。そしてもしあなたがそれら無しではビジネスが成り立たないと思っているのであれば、その考えは捨てるべきなのだ。

「簡単に言うと、情報の透明性はブランドにプラスの印象を与えます。商品とブランド両方にどれだけ忠実かを示し、消費者意識におけるプロダクト価値を高める役割を果たすのです。我々は商品の中身を特に気にする消費者に向けてビジネスをしなければならない時代を生きています。彼らが求める情報を開示することで、利益を得ることができるのです」とLabel Insightの実験を行った著者は語っている。

ビジネスにおける情報の透明性の重要性は、消費者が実際に商品に対してお金を払いたいという意思に直結している。下のデータによると、情報に信用性がある場合に一銭も落とさない人が27%である一方で、その要因によって1%から10%多くお金を払うだろうと考える人は37%となっている。さらに、アンケートを受けた26%の人が商品の情報がクリアであるなら11%から50%多くお金を落としたくなると解答している。

untitled

情報の透明性が消費者にとって重要であるということが明らかになった一方で、その定義については多くの意見がある。それを商品に何が入っているかを詳細に提示することである、という人もいれば、それ以上の説明、例えば、全体としてどのような効果が保証されているのか、製造の過程はどうなっているのか、アレルギー表示はなされているか、を求める人もいる。

多くの消費者にとってこのようなデータはごく自然に見えることだろう。しかし、会社側の視点にたつとこれを実現するのは難しいとの声があがるのもおかしくない。税や商品不備の問題を始め、ビジネスにおいて資本を生み出すのはいかに消費者をだますかである、という声は未だに根強い。情報の透明化の実現には、その要因が消費者の購買欲を高める事実をよりビジネスに普及させる必要がある。

Google、ユーザーのネットサーフィンをより便利なものへ

【出典】 2016/7/26

https://tech.co/google-looking-transform-surf-web-2016-07

Untitled

Googleは、設立されて以来一般の人々のインターネット利用の障壁を低くすることで、IT業界を牽引し続けてきた。

そんな同社は先日モバイルアプリでの有用性を向上する為、新たな2段階認証システムを開発したことを開発者ブログ上で発表した。2段階認証とは、あるアカウントが普段とは異なる端末でログインした際に行うセキュリティー上の手続きである。その端末でログインした人物が、ユーザー本人であるかを確認する為に行うもので、ログインをする際にアカウントが持つユーザー名とパスワードとは別に、その場でしか使用できないトークンと呼ばれるパスワードを入力することで認証を行う。このトークン入力を伴う2段階入力の煩わしさが、ユーザーを他の端末でアプリを使用することから妨げてきた。同社の今回の取り組みはそれを改善しようとするものだ。

この新しい2段階認証は、トークンを必要としない。「認証しますか」などの質問に、「はい」のボタンを押せばよいだけなのである。この最新の認証法には、同社のChromeやFirefox、近々リリース予定のEdgeなどといったブラウザでも使用されている、service workerと呼ばれるシステムが利用されている。このシステムが自動的にトークン発行・入力を行うことで、ユーザーは入力の手間をかける必要がなくなるのだ。

アプリケーションのバージョンアップや、SNSのデザインリニューアルに比べれば、この改善は本当に些細なものである。だからといって、これによる影響が本当に小さいと言うことは、いささか尚早だろう。

会社員は仕事でフェイスブックを多用している

【出典】2016/6/23

http://tech.co/study-employees-use-facebook-work-lot-2016-06

Untitled

ここ10年、社会の相互関係は一つのアプリケーションによって形作られている。それは、フェイスブックである。このソーシャルネットワークは友達作りや家族とのコミュニケーションだけでなく、ニュースを見るためにも使われている。そしてここ最近、このプラットフォームはコミュニケーション環境を改革し、世界中の雇用主が、フェイスブックを使わない重役会議や全社員参加の会議、そしてパーソナルコンピュータは時間の無駄であるということに気づかせてくれた。しかし、フェイスブックを使うことによって、それらが停滞する恐れは無いのだろうか。

Pew Research Centerの最新の調査が興味深い発見をした。フェイスブックは全くもって会議を邪魔してはいないということだ。聞くところによると、会社のルールなどの異説を除けば、75%の世界中の会社員はフェイスブックまたは他のソーシャルメディアを仕事で用いているというのだ。それはまさに、4分の3の人口が場合によれば解雇になるような罰を顧みずに人々が週末に何をしたかチェックしたいということを示している。会社員たちはフェイスブックをそのように日常的に使う理由として、仕事からの気分転換の必要性と日中も友達や家族と繋がっていたいという欲求を挙げた。

「これらのソーシャルメディアの成長を示すデータは、多くの会社員のために、仕事からの気分転換と同様に、仕事に関係したアクティビティという新しい機能を付け加えました」とPew Research Centerの準調査員でその報告書の著者でもあるKenneth Olmstead氏は述べる。

このソーシャルメディアの妄想は、あまり世界のビジネスの前兆とはならないだろう。そのレポートは、フェイスブックや他の機能が今後すぐ落ち着いていくとは思えないため、会社が数10億ドルもの生産過程における価値を失っていると指摘した。幸運にも、変化していく展望は、会社員たちとソーシャルメディアの相互作用によって変わっていくと考えられる。フェイスブックは会社員や雇用主のために娯楽要素を少なくし、よりツールとして機能するように、会社員が勤務中にアクセスしやすくなるプラットフォームの開発をしている。そして彼らは、仕事をより良くするために自信をもって「仕事場でのフェイスブック」を利用することを打ち出している。

「ソーシャルネットワークプラットフォームは、会社員に仕事に関するスキルを身につける新しい方法と、仕事中でも社会生活を送る新しい方法を提供しています。その効果として、ソーシャルメディアは仕事と娯楽の境界線を低くし他のです」とOlmstead氏は述べる。

我々全員の中にある怠慢な気持ちから逃れる術はない。フェイスブックは会社員たちが退屈な仕事から彼らの意識を遠ざける、何千もある気晴らしの役割のひとつに過ぎない。それはフェイスブックでなくても、新聞や本、ゲームやじゃんけん等、代わりになるものはいくらでもある。媒体が何であるかは問題ではない。面白く刺激的な仕事が不足していることが問題なのである。雇用主はなぜ社員がデータ入力やクーポンの記入をなぜ切望せずに彼らの机に座りながら、もっと想像力を刺激するようなやりがいのある仕事を求めるのだろうかと考えている。しかし、仕事がより生産性があり、つまらない職場でなくなるようになるまで、フェイスブックなどのソーシャルメディアがそれらを補うために役に立つだろうと考えられている。

調査:ミレニアル世代は会話よりもショートメッセージを好む(インフォグラフィック)

【出典】2016/6/22

http://tech.co/millennials-rather-text-talk-2016-06

Untitled

ミレニアル世代はスマートフォンが大好きなのは周知の事実だ。17歳の遠足では、クラスみんながティラノサウルスの骨よりも携帯を見ているように、いかに「この世代がひどいか」を表す写真や画像、インターネットミームを見てきたことだろう。スマートデバイスへの執着は嵐のように世界を巻き込み、この人気の程は正直正体が不明だ。しかし、一つの質問がミレニアル世代を困らせ、その結論はまあ予想通りだった。

会話かショートメッセージか

明らかに、ミレニアル世代の大部分はスマートフォンで会話するよりもショートメッセージをするのを好むようだ。OpenMarketの新しい調査によると、ミレニアル世代の75%はショートメッセージが送れるのなら電話の使用を控えるらしい。この結論を出すため、この調査ではミレニアル世代の500人に世論調査をしたが、皆が感じているように決して驚ことではない。ショートメッセージ世代は歓喜あふれる誕生日ショートメッセージから心を砕くような別れ話まで全てのコミュニケーションをショートメッセージという媒体で行われている。

この世代のショートメッセージ人気の理由は3つある。この調査から、被験者の76%は電話するより便利で、スケジュールに合わせやすいという理由でショートメッセージの方が好きだという。同様に、彼らの63%は電話よりショートメッセージの方が日常生活の妨げになりにくいと考えていて、53%は一般的に電話よりショートメッセージを好み、19%はボイスメールを確認したことがないという結果が得られた。この場合もやはり、ミレニアル世代は電話よりもショートメッセージを評価するので、驚くことはないだろう。

ビジネスとの関係

驚くべきことに、ミレニアル世代の30%だけがショートメッセージを通じて商品を購入したというデータが得られた。さらに考え難いことに、この世代の75%がショートメッセージの警告や通知が取引を探したり、予約を思い出したりするのに役立つと感じているというのだ。

「この調査結果が明らかにしたように、企業は携帯のショートメッセージを通じてコミュニケーションをとることでミレニアル世代と接触する大きな機会があります」とOpenMarketの総責任者Jay Emeet氏は述べる。「電話ではなく、ショートメッセージによる荷物到着の通知の送信においても、カスタマーサポートの提供においても、ショートメッセージサービス(SMS)の利用はミレニアル世代が好む手段で会社がコミュニケーションをとることを可能にするのです」と。

これは、市場の需要と市場の実行方法との大きなギャップである。ベビーブーム世代やX世代は電子通信の手段が増えることを嫌がるが、ミレニアル世代は送られてくる刺激の量に明らかに退屈をしているようだ。広告とマーケティングの白色雑音を切り抜けようと奮闘する中、この単純な一歩が20年間も扉の前で待っていたのだ。新しいソフトウェアに大金を払うことなく、あなたの産業で波を起こしたいと思っているのなら、誰よりも先にミレニアル世代の顧客にショートメッセージを送り始めよう。

Untitled

ビジネスにおける成功の本当の意味

【出典】 2016/6/6

http://tech.co/problematic-ideas-success-2016-06

Untitled

経験や仕事をしてきた年数に関係なく、ビジネスにおいて成功するのは難しいことだ。ここにおける「成功」の定義は、非常に狭義である。結局、物的価値が判断基準になってしまうからだ。そのせいで、リーダーシップやパフォーマンス能力、それにより得られる達成感に執着してしまうのだ。

しかし、もし成功の鍵が今のアプローチを改善することにではなく、成功を計る基準を変えることにあるとしたらどうだろう。2016年に開催されたColgate Universityの卒業式にて、Omid Safi教授は過去に成功に導かれた例を基にどのように卒業生が成功へと漕ぎつくことができるかについて話した。

「リーダーシップという概念について、私は疑問があります。皆が率いる側の人間になるとすると、誰がそれに従うのでしょうか。いつ、『リーダーシップ』ではなく『フォローシップ』を学ぶのでしょう。同僚との関係をどう築き上げるのか、またリーダーとしてチームを統率していない時にどうチームと関わり合うかといったスキルを磨くのでしょうか。こういった話をする前に、問題があると考えられる成功の概念についてお話ししたいと思います。我々は、恋愛で成功、信念で成功、投資で成功というように、人生において成功したいと考えています。実際はこんなにうまくはいきません。逆に、こんなにうまくいくことの方が少ないともいえるでしょう。成功というのは、目的や時間に左右されるものではありません。また、『結果と同じくらい過程が大事である』というおきまりのセリフで片付く話でもありません。人生とは、もっと面倒で複雑なものです。どんな成功者でも、挫折と苦節を何度も経験しています」と彼は述べる。

成功の新しい概念

従来の「成功」という概念を取り除いた時、何が残るだろう。Safi教授のスピーチに登場した成功が業界トレンドによって変わることを研究した記事によると、成功の見方は業界や個人によって大きく異なるようだ。

そろそろ、成功という概念を人生の他の出来事のように個人的に捉えるようになってもいいだろう。これを叶えるには、個人の成功や忍耐強さ、長期的な計画といったことを受け入れなければならないだろう。成功の意味を知らない人が、成功できるわけがないのだ。

Approdeal で広告キャンペーンを効率的にマネジメント

【出典】 2016/5/31

http://tech.co/online-advertising-campaign-management-appodeal-2016-05

Untitled

ウェブサイトやブログを持っている多くの人が、一度はどのようにすれば効率的にお金を稼ぎ、オンライン上で目立つことができるか考えたことがあるだろう。インターネット上でお金を稼ぐメジャーで有用な方法の1つに、オンライン広告がある。

オンライン広告キャンペーンは、ウェブ上で製品やサービスを売り出す手法である。他の方法と比較した際に強みになるのが、ターゲットを絞ることで迅速で低価格に成果を無駄無くあげることが可能な点である。

他の良い点としては、データにアクセスしてローンチ中の広告キャンペーンが成功しているかどうか確認できるので、いつでも訂正等のコントロールがきくところだ。

広告キャンペーンを始めるには、いくつかの条件が必要になる。まず広告主を持つことだ。彼らはあなたのマーケティング図全体の中で、1つもしくはそれ以上のオンライン広告におけるキャンペーンを提供する。そこにはバナーが含まれており、それらはあなたのウェブサイトのどこかに配置される。

このオンライン広告ビジネスにおけるマネジメントはどうするべきだろう。規模の小さいキャンペーンであれば簡単であるが、例えば複数のキャンペーンでバナーをそれぞれ異なる形で展開したい場合、仕事がとても複雑になる。

複数のキャンペーンにおいて迅速かつプロ並みのマネジメントを手がけたいのなら、Appodealがおすすめである。このスマートアプリは、オンライン広告ビジネスにおける予算等のソリューションやマネジメントを全面的にサポートしてくれる。

開発者と広告主のために開発され、競争の激しい広告市場の中で成果をあげてきた。Appodealを使えば、何かしらの制約や課金なしで市場における全てのビジネスチャンスにアクセス可能な透明性のあるサービスを利用できる。

複雑で手間のかかるオンライン広告におけるキャンペーンも、適切なツールを使い、正確なマネジメントを行えば、ウェブサイトやブログでのビジネスに大きな成功をもたらすことは可能なのだ。