タグ別アーカイブ: Tech

Samsung折りたたみ式スマートフォンの全貌明かさず

https://mashable.com/article/why-wont-samsung-show-us-the-galaxy-fold/?utm_campaign=hp-h-1&utm_source=internal&utm_medium=onsite#esgBvogn3sqxPicture1

大手スマホメーカーSamusungは折りたたみ式の新型スマートフォンを発表した。ここ数年で最も刺激的な新型スマートフォンの発表となるか、はたまた大きな失望をもたらすかは誰にも分からない。同社は詳細の公開を差し控えているが、Galaxy Foldという名称で売り出すことを明らかにした。

 

今回の発表はエンジニアリング分野の発展を意味しており、ステージ上で行われた簡素なデモは11月に見たデモに比べて大きな印象を私たちに与えたことは間違いないだろう。デモでは、スマートフォンを実際に折り畳む様子や1画面で複数のアプリケーションを立ち上げられるマルチタスキングに対応している事が確認できた。

 

短いデモではあったが、ほとんどのことを理解するには十分であった。その後すぐにSamsung CEOのKJ Koh氏のポケットに戻された。ヒンジやディズプレイなどデザインについての情報は得られたが手に取ってみる事は出来ず、ステージ上には3分20秒ほどしか登場していなかった。

 

その後のGalaxy S10やGalaxy Buds、Galaxy Watch Activeが展示されていたデモエリアでも登場していない。(2019年4月発売予定)徹底して詳細を公開しないのにはSamsungとしても意図があるのだろう。

 

しかし、今回のように発売まで詳細を明かさないことにより製品のクオリティへの疑問が尽きることはなく、なぜここまで執拗に隠すのか?という記者からの質問に対して公式の回答は得られてない。ディスプレイを広げた時にディスプレイの中央付近に皺が生じている事は、デモを注意深く見ればはっきりと目に見えて分かるだろう。折り目はスタイリッシュさを欠くものであり、その皺から高い耐久性を連想することは出来ない。

 

しかし、それ以上に大きな懸念はアプリケーションのサポート環境についてである。アプリ開発者たちに新たなフォームファクターに対応することを求めているが、対応完了までには時間がかかるだろう。歴史から我々が何かを学んでいるのであれば、1つの画面で同時に3つのアプリを使用する必要性について考慮しておかないと、アーリーアダプターにとっては使い心地の悪い製品となってしまう。

 

実際にGoogleがAndroid7.0でスプリットスクリーンでのマルチタスク機能を実装したが、ユーザーが使いやすいと感じるまでには長い時間がかかっている。サイズの異なるディスプレイ間でのアプリのシームレスな操作についても同じ事が言えるだろう。

 

Samsungは発売までに著名な開発者からの協力を得る事ができるかもしれないが、スムーズなアプリの操作感を期待して購入を決めてしまえば失望してしまう可能性が高いと感じている。

次世代モバイル通信5Gが変える未来

【出典】1/29/2019

https://mashable.com/ad/article/5g-breakthroughs-2019/?utm_source=feedly&utm_medium=webfeeds#1F2QfJ7wnPq5

Picture 4

5Gの時代がようやく訪れた。回線速度の高速化、タイムラグが解消されることにより我々のコミュニケーション、コラボレーション、仕事、遊びまでも変化するだろう。では5Gが導入されることにより具体的にどのような変化あるのか見ていこう。

Picture 3

リアルタイム・コラボレーション

5Gにより延滞なくリアルタイムなコラボレーションが可能となる。例えば医者と患者のリハビリも遠隔でリアルタイムに行うことができる。

医療の現場だけでなくビジネスシーンでも、クラウドベースのアプリに複数のユーザーが参加しプロジェクトをリアルタイムで作ることができる。

ソーシャルメディアはどうだろう?人々は毎日の私生活を「ストーリーズ」という機能を使って共有しているが、1つのイベントに対し複数の人々が動画を一斉にアップすることができる。例えば、ロードトリップやコンサートに行った時、それぞれが撮影したビデオをアプリ上でリアルタイムに編集することが可能になる。

このようなコラボレーションは大容量のファイルをアップしたりする必要があるため4Gでは実現不可能だった。

Picture 2

ARの進化

5GネットワークによりARは大きく変化、我々が見ている世界が大きく変わることになる。

5GとARが組み合わさればレンズを通して普通のクラスルームがイエローストーン国立公園や万里の長城にトランスフォームすることができる。カメラで取り込まれた動画情報をリアルタイム&タイムラグなしで3D空間をバーチャルに作り出すことができるようになるのだ。

Picture 1

他にもARを使った新しい機能が生まれるだろう。例えばあなたが友達と外出しており近くにあるバーを探しているとしよう。レストランサイトで近くのバー情報を検索しても現在の混雑状況や騒音レベルはわからない。AR機能があれば各バーの店内状況がARを通しても駆使することができる。

コネクテッドワールドにおける5G

今後全てのスマートカーに5Gが装備されるだろう。車両同士がネットワーク上でコネクトされることにより、どの車が車線変更を行おうとしているか周辺の車もリアルタイムに感知できるので車の安全性は向上するだろう。

 

インテル社ARスマートグラス発表

https://www.engadget.com/2018/02/02/intel-augmented-reality-smart-glasses-superlite/Picture1

インテル社が現在、コードネーム「スーパーライト」と呼ばれるARスマートグラスの開発を行っていると、ブルームバーグ社が報じた。この端末は、インテル社が新しく設立したハードウェア部門によるもので商品名はVaunt2018年末までに登場するかもしれない。インテル社は新たな資金獲得のため3.5億ドル近くの株式を売りたいようだ。デバイスはスマホとブルートゥースを通じて繋がり、メガネについているプロジェクターから出されるレーザーがレンズに反射しイメージを映し出す。

同社は2015年にRecon社というスポーツ・BtoB向けに特化したスマートグラスを開発するスタートアップを買収した。メガネ自体はオシャレではなかったが、文脈情報をタイムリーに表示することは可能だった。しかし2017年10月に同商品の開発部門を閉鎖してしまった。どう部門で働いていた従業員複数はインテル社に残り、Vauntの開発に携わった。

消費者向けのスマートグラス開発は今に始まった話ではない。グーグルグラスは消費者向けでは失敗したが、現在エンタープライズ向けとして方向性を変えた。アマゾン社もAIアシスタント、アレクサを使用したスマートグラスを開発中だ。アップル社は、VRからARグラスまで全て開発中だと噂されている。そして大手企業がスマートグラスを発売する前に、Vuzix社、Rokid社、ThirdEye社などのスタートアップがCESなどでスマートグラスを次々と発表している。しかしそれらの製品は大きく、高価でソフトウェアを内蔵していない。しかしアップル社のARKitやグーグル社のARCoreなどAPIが普及している中、スマホと連動したスマートグラスは今後増えるかもしれない。

ソニー、ハプティック・フィードバックと指フィンガー・トラッキングを使ったVRモーションコントローラーの特許申請

https://www.engadget.com/2018/01/29/sony-patents-detail-vr-motion-controller-concepts/Picture1

ソニー・インタラクティブ・エンターテイメントが2種類の特許申請を行った。新しいモーションコントローラーの可能性もあるが、新しいPlayStation VR向けだと考えるのはまだ判断が早いかもしれない。だがMoveコントローラの発売からもう8年が経ったことを考えると、ソニーが将来的に考えているVR向けのコントローラーのコンセプトなのかもしれない。

1つ目の特許申請の図を見ると、垂直型の棒型コントローラーで、サムスティックが上部、その周りにボタンが配置されている。そしてトリガーボタンは人指し部分に位置しており、ハンドストラップも記載されている。しかしこのコントローラーで特筆すべきなのは、コントローラーを握る「グリップ部分」にタプティック(触覚)・センサーが内蔵されており、申請書には「ユーザー触覚を感じることができる」と記載されている。

もう一つの申請内容にはヘッドマウントディスプレイ(HMD)を使って、一本一本の指の動きをトラックする技術について記載されている。現在のプレイステーションVRではカメラを使ってMoveコントローラーをトラックしているので、この技術を使用するためには新しいHMDが必要となるだろう。

これらの技術がソニーの将来のVRに採用されるかはわからない。しかしPSVRはすでに200万台以上も販売されており、同社がVR市場を主導している。

ネスト社が家庭用監視カメラ Dropcam を五億五千万ドルで買収

【出典】 2014/06/20

http://mashable.com/2014/06/20/nest-acquires-dropcam/

nest-pepcom-ces-2014-1

 

金曜日にネスト社がDropcamを約五億五千万ドルで買収すると発表した。

両社ともインターネット家電(connected home)業界内でのトップ2の製造社である。ネスト・ラブによってプロデュースされたインターネットと連結した温度自動調節機と縁探知機はグーグルによって今年始めに30億ドルで買収された。

Dropcamはwifi可能な家庭用監視カメラである。

この5億5千万ドルの契約は全額キャッシュにて買収されたとウォール・ストリート・ジャーナルがリポートしている。

「Dropcamにオファーをする前に、私たちは世界中のカメラ会社とその技術に多くのんの時間を費やしました。」とネストの創設者のマット・ロジャース氏がブログ記事での発表にて述べた。

「そのうち、私たちが共同で製品を再開発し、意識された家の未来を形付け、私たちが共有するビジョンをもっと世界中のたくさんの人たちに届けるつもりだ。」と。

噂によるとグーグル傘下のネストはDropcamの買収についての考えを先月The Informationにおいて「グーグルに近い複数の人々」と発表し、この買収が進んでいることを対外的に表した。

現在のところ、この買収に少し変化がある。 最低でも利用者側に関係する変化だ。。ロジャース氏によるとDropcam製品はDropcamのサイトによって売られ、消費者は引き続きDropcamのアカウントを利用できる。

だが両ロジャース氏とDropcam創立者のグレッグ・ダフィ氏がほのめかすところ、彼らはどちらもの会社から出ていないすぐれた商品を作る大望を抱く。

「ネストとDropcamは類似した精神を持っている」とダフィー氏が彼のブログ記事にて述べた。「両社とも人生を豊かにするためとは正反対の時代遅れの小難しい製品に対しての要求不満によって生まれた。私たちの製品と技術は自然にフィットし、ネストとの合併により私たちのビジョンを完全に現実化できる」と。