タグ別アーカイブ: Snapchat

スナップチャットが独自のゲームプラットフォームを6つのゲームタイトルと共に配信開始

【出典】2019/4/4

https://variety.com/2019/gaming/news/snapchat-games-bitmoji-party-1203180205/Picture1

Snapchatを開発したSnapはゲームプラットフォームを立ち上げたことを発表した。さらに、ZyngaやZeptoLabsなどの企業らがそれぞれ手がける6つのゲームタイトルも発表、これにより、同社がソーシャルゲームに以前よりもまして重点を置くこととなった。

 

「昨年、モバイルゲームは770億ドル規模の産業であった」と、SnapchatのプロダクトディレクターであるWill Wu氏は述べた。しかしWu氏は、これらのゲームのほとんどは簡単に他のユーザーとシェアできないと主張し、「みんなが同じゲームをインストールし、一緒にゲームをプレイする友達をさがすことはむずかしいし、チャットをするのも難しい。」と述べた。「そこには、あまりにも多くの問題点がある。」

 

Snap社としての回答は、Snapchat内でゲームを楽しむことを可能にするHTML5ベースのゲームプラットフォームである。ゲームはアプリのグループチャット内に新たに追加されたロケットボタンからアクセスでき、それ以上のダウンロードや登録を必要とせずにアプリで直接起動できる。プレイヤーはテキストチャットを介してリアルタイムで互いにチャットができ、また音声を介して互いに直接会話することも可能である。

Snapchatでゲームの配信を開始するため、プラットフォームの機能を実証するために、Snapは独自のタイトル『Bitmoji Party』を作成した。これは、スナップチャットユーザーのBitmojisをアバターとして使用する一連のミニゲームである。プレスのために披露されたビデオプレビューは、Bitmojiが『American Ninja Warrior』(アメリカ版『SASUKE』のオンラインゲーム)のようなスタイルのチャレンジに挑んでいくゲームであった。

 

Bitmoji Partyは最大8人のスナップチャットユーザーで同時にプレイでき、ユーザーはゲームに参加する友達を招待することができる。このゲームは観客モードもサポートしており、最大24人の追加ユーザーがグループチャットでゲームの様子を見たり、プレイヤーを応援する事も可能である。

 

その他に配信が開始されたゲーム

  • 『Words With Friends』を共同制作したSpry Foxによる『Alphabear Hustle』

 

 

  • マルチプレイヤー・レーシングゲームである、ZeptoLabによる『A.T.S. (Crash Arena Turbo Stars) Drift Race』

 

  • マルチプレイヤー・バトルロイヤルゲームとして紹介されている、Game Closureの『Snake Squad』
  • Zyngaによるシューティング・アンド・ルート・バトルロイヤルゲーム、『Tiny Royale』
  • スナップチャットユーザーがゾンビ世界から生き残ることを目指し戦う、のPikPokの「Zombie Rescue Squad」

Snapの幹部らは記者団に対し、ゲームの量より品質を重視することを目標に、同社のゲームプラットフォームのローンチパートナーは非常に厳密に選考したものであると語った。同社は、すべての開発者にゲームプラットフォームを公開する予定は全くないとのこと 。

アプリ内の課金、購入がない分、Snapchatは収益を得るために広告をつかっているが、その広告にもひねり、工夫を加えている。同社の役員達によると、広告を無理矢理押し込むのではなく、オプトイン方式で広告を載せているとのことだ。

例えば、プレイヤーはゲームを一時中断し広告を観る事によって、ブースト、またはゲーム内通貨を手に入れることができる。

Snapchat on Gamesは世界各地でローンチされたが、同社はスナップチャットユーザーがお互いのBitmojiとの戦いを開始してもサーバーがダウンしないように段階的に展開することを検討している。Snapが同社のゲームプラットフォームを立ち上げる計画がCheddarによって初めて報告されたのは先月のことであった。

口コミ評価の高いアリアナ・グランデ新MV『thank u, next』より、マーケターが学べること

彼女は人々から郷愁の念(ノスタルジア) を引き出し、ファンの心を掴んで放さない

【出典】2018/12/06

https://www.adweek.com/brand-marketing/heres-what-marketers-can-learn-from-ariana-grandes-viral-thank-u-next-video/Picture1

ポップスターのアリアナ・グランデがヒットチャート入りを果たした 『thank u, next』 のミュージック・ビデオ (以下MVに統一) を公開し、世界ではMTV全盛期以来と見られるほどの盛り上がりを見せている。2000年代に公開された人気ガールズ・ムービーの幾つかをオマージュしているMVは、直ぐさまYoutube内における公開後24時間の再生回数記録を更新、過去最高記録を破る形となった。現在もその記録を伸ばしている。

 

25歳の歌姫は今まで脚光を浴びてこなかった訳ではないが、『thank u, next』のMVは入念に練られたマーケティング・ストラテジーがいかに大きな結果を生み出し、どのようなカテゴリーにも対応する指針とベストプラクティスを持っているかをマーケーター達に示した。

文化的共鳴 (※Cultural resonance )は、たった一つの関連性より大きな成功をもたらす

 

『thank u, next』 の成功は著名人アリアナ・グランデへの文化的関心、そして彼女がしばしばゴシップ雑誌に掲載される人物であることからの世間的関心、その二点からもたらされている。浮き沈みのある彼女の私生活は過去何度も世間に話題を提供し、ニュースのヘッドラインからサタデー・ナイト・ライブの寸劇に至るまでがアリアナを取り上げた。

 

しかしながら、 『thank u, next』 のMV制作のみでは満足しないのがアリアナのチームだ。彼らは、アリアナを「世界にいるセレブリティーの一人」、というありふれたステータスには留めておかない。それどころか、彼らは今日のカルチャーに絶大な力を持つものを武器に、MVを作った。その武器とは、ノスタルジアである。

 

『thank u, next』 は2000年代に制作された 『チアーズ!』 や 『ミーン・ガールズ』 などの人気映画へオマージュを捧げただけでなく、現代のポップ・カルチャーを代表するような人物に出演してもらうことにより、視聴者が文化的共鳴 (cultural resonance)を覚えるような驚くべきほど意味のあるMVとなった。Picture1

ブランドのマーケター達はこれを参考にすると良いだろう。

製品選択にしろ、有名人のキャスティングにしろ、何が消費者の共感を最も呼ぶのか。また、それらをどのように活用すべきなのか。それらを理解する努力がマーケターにとって不可欠となる。

ブランドにとって重要な瞬間をイベントにすることで、人々の期待感を超えることができる。

グランデのチームはMVの公開をあたかもライブイベントのように演出した。MV公開の数日前になると、撮影の舞台裏写真やティーザー動画を小出しに世界へと発信し始めた。

彼らはMV公開へのキーとなるインフルエンサーをプロダクション・スタッフとして採用し、米映像監督Hannah Lux Davis (ハナー・ラックス・デイビス) 氏の力も借りた。この(上記)ストラテジーが効果的なのは、何もミュージック・ビデオのプレミアに限った話ではない。

新商品の発表準備をしている時も、新しいマーケティング・キャンペーンの発表が控えている時も、貴重な時間を無駄にはしていないか、それが重要なのだ。

ティーザー・コンテンツ、ソーシャル上の話題作り、その他のテクニックなどをキャンペーンが始まるまでに活用しておくのは、一早い口コミを得るためにも、オーディエンスの期待値を上げるためにも、効果的な方法となる。

あなたが消費者に正しいツールを提供すれば、彼らはクリエイターとなる

アリアナの新曲公開そのものがポップ・カルチャーの話題に盛り込まれていたが、ファンが一役買ったことは言うまでもない。

単にMVを公開するだけでなく、アリアナを支えるチームは動画配信の瞬間と同時に『thank u, next』に合わせて作られたSnap Chat用フィルター、Instagram用ステッカーの使用を可能にした。MVが公開された瞬間を祝えるようなツールをファンに提供したのだ。このようなストラテジーは、マーケターにとって価値あるケーススタディとなる。

プロジェクトの成否を決める瞬間が近付く中、ここで重要となるのは、どのようにオーディエンスを巻き込むべきか、というブランドの視点だ。マーケターが消費者に正しいツールを供給すれば、単に彼らの関心を引くだけでなく、共に話題を作ることができる。

これにより、今度はよりリアルな口コミが人々の間に広まり、ブランドと消費者の間には今まで以上の強い繋がりが生まれるだろう。

しかし、それだけではない。

『thank u, next』のプレミア以来、アリアナのチームは長期間にわたりコンテンツが生き残るよう様々な施策を行っており、一旦掴んだファンの心を離さないよう特典映像 やボーナス・コンテンツの公開を続けている。

Google ニュースの最新検索結果を見る限り、『thank u, next』と入力すれば、この曲のMVが未だにヘッドラインニュースになっていること、人々の話題に上がっていることが分かる。

以上より、アリアナの優秀なチームが今回掴んだチャンスを最大限に利用していることは傍目にも明らかだ。

ユーチューブのテレビでの再生、1日1.8億時間以上

https://variety.com/2018/digital/news/youtube-stats-wojcicki-1202879824/Picture24

人々はスマートテレビでユーチューブを1日に1.8億時間以上も見ていることをユーチューブCEO、Susan Wojcickiは明かした。彼女はブログ記事にこの情報を記載し、クリエーターが動画を投稿することで収入を得られるよう、より良いサービスを提供する努力をしていると記した。

6月のVidconにてユーチューブの商品開発幹部Neal Mohanは、現在19億ものユーザーが毎月ログインしていると発表した。

Wojcicki氏は、視聴者とクリエーター間のインタラクションである、ライクやコメントの数が前年比60%以上も延びたと発表した。1万人以上のサブスクリプションがあるクリーエーターのために作られたコミュニティータブは600万人に毎日使用され、ライブストリーミングが過去3年に比べ10倍も増加した。

さらに彼女は、Vidconで新しく発表された動画から収入方法を動画と共に記事にまとめた。

https://youtu.be/J3-ZtSpptGs

また、1万人以上のサブスクリプションがあるクリエーターにはSnapchatのようなショートストーリーの機能を近日中に使えるようにすること発表した。

スナップ社3Dゲームエンジン企業を買収

【出典】2018/3/23
https://techcrunch.com/2018/03/23/snap-reportedly-buys-its-own-3d-game-engine/

Picture10

スナップチャットの親会社であるスナップ社が2017年5月にイギリスのウェブベースの3Dゲームエンジン開発スタートアップを購入していたとビジネスインサイダー誌が報じた。PlayCanvasと呼ばれるこのスタートアップは誰もが3D環境をデザインすることができるツールを開発している。ユニティーやエピック・ゲームなどのゲームエンジンと違い、PlayCanvasはウェブブラウザ上で起動し、低性能の端末からでも起動することができる。WebGLを使い3Dモデルの作成からゲーム制作を行うことができる。

2011年にロンドンで誕生した同社はシードファンディングステージでマイクロソフト・アクセサレーターやDC Thomson Venturesなどから59万ドルを集めた。スナップ社の買収額は明らかにされていない。

スナップ社が過去に行った買収は主に消費者向けであったが、今回はデベロッパー向けだ。同社は現在ARにフォーカスしており、最近AR関連のエフェクトは外部デベロッパーも制作可能となった。今回の買収により同社はAR関連のエフェクト制作はデベロッパーネットワーク重視になるだろう。

 

スナップチャットユーザー:全米の映画チケットの半分を購入していることが明らかに

http://variety.com/2018/digital/news/snapchat-movie-ticket-sales-case-study-1202691199/Picture1

ハリウッドはスナップチャット社のことが好きで仕方ないだろう。アメリカにおける映画チケットのセールスの50%がスナップチャットのユーザーが占めており、同社のプラットフォームに広告を出した映画は最高39%もアウェアネスが上昇するとスナップチャット社の親会社であるスナップインクが発表した。
映画ファンの35%がスナップチャットのユーザーで、全米の映画チケットのセールスの50%を同ユーザーが占めるというデータは、ナショナル・リサーチ・グループ社(NRG)によって調査された。パーセンテージに差があるのは、スナップチャットのユーザーが、非ユーザーより映画を頻繁に観ているからとのことだ。
「スナップチャットのユーザーは大の映画ファンであるが、テレビ・ラジオなどの従来メディアではリーチしづらいグループだ。そしてスナップチャットはダイレクトにこのグループの日常にコンテンツを提供可能だ」とNRG社のCEO Jon Penn氏は語る。
Penn氏の会社では2015年以降に公開された映画375作品をリサーチ、スナップチャップに出向した映画広告が興行収入にどれほど影響を及ぼしたが焦点になった。そしてリサーチ中に明らかになったのが、スナップチャットに広告を載せた映画は公開日を認識しているユーザーが23%上昇したとのことだ。
この変化は作品規模・ジャンルに関わらず上昇が見られ、通常より多めの広告費用を投入された映画の公開日認識率は最高で39%も上昇した。
他にも同社で広告が出されている映画は、同じ週末に複数公開される映画の中でも一番目のチョイスと選択する可能性が22%上昇。ARを使用した広告では、公開日の認識率と一番目のチョイスと選択する可能性が両方とも34%まで上昇した。
「この調査結果は映画ファンとスナップチャットユーザーのグループが重複していることを表している。そしてスナップチャットのプラットフォームを使い本当に効果的なキャンペーンを作ることができるのだ。」とスナップ社のエンターテイメント測定部門のヘッドCheryl Idell氏は語る。

ハイレベルにキュレーションされたソーシャル・メディアInstagramの成長

【出典】12/5/2017
https://www.huffingtonpost.com/entry/instagram-growing-with-highly-curated-safe-feed_us_5a2707dde4b0f3c1632e6177

下記のデータを見て、Snapchatが一番人気のソーシャルメディアプラットフォームと思われるだろう。Piper Jaffrayの『Taking Stock With Teens』調査によると、Snapchatはこれまでの十代の若者の中で最も人気のあるソーシャルネットワークサービスとなっている。

 

 

Picture28

 

しかし、マーケッターにとって重要な事は、Snapchatではなく、Instagramの特にInstagram Storiesで起こっていることである。Business Insider誌が報告したように、毎月2億人以上がInstagram Storiesを使用していて、これはSnapchatを使用している人数よりも5,000万以上多い数になる。また過去2年間でInstagramの使用度は倍増している。

Picture29

一方フェイスブックはもはや若者のための場所ではない。またツイッターのユーザー数は伸び悩んでいる。他のソーシャルメディアは横ばいの中、成長を続けるInstagramから学ぶべきこととは何か?

インスタグラム社CEOのKevin Systrom氏は「同社は安全で幸せな環境を作り上げようと努力している。人々はInstagramは超ポジティブかつ楽観的だと言う。」とVariety誌で語っている。

またInstagramによって提供された2017年の統計に目を通して見ると、同氏の述べる『安全で幸せな環境』という点が明確に表れている。

2017年度の人気ハッシュタグ一覧:

#love
#fashion
#photooftheday
#photography
#art
#beautiful
#travel
#happy
#nature
#picoftheday

インスタグラムは2017年第3四半期に、日間アクティブユーザーが5億人を達し、スナップチャットやツイッターの2倍以上のユーザー数を記録したという。(スナップチャット、ツイッターそれぞれ約2億人のアクティブユーザーが存在する。)

そしてインスタグラムは世界的なコミュニティだ。下記は2017年度インスタグラム投稿が多かった世界の地域一覧である。

  • ニューヨーク
  • モスクワ
  • ロンドン
  • サンパウロ、ブラジル
  • パリ
  • ロサンゼルス
  • サンクトペテルブルク、ロシア
  • ジャカルタ、インドネシア
  • イスタンブール、トルコ
  • バルセロナ

インスタグラム総ユーザーの25%が米国ユーザーで、全米のインターネットユーザーのうち、32%の人々がInstagramを使用している。同アプリをPCから使用している人の内、米国のPCユーザーは全体の17%である。同アプリユーザーユーザーの90%は35歳未満で、8億人の月間アクティブユーザーがいる。

更にインスタグラムコミュニティを使っているのは人間だけではない。

下記は2017年度Instagramで最もフォローされたペット一覧で、キツネまでもがランクインを果たした。

  • jiffpom(@jiffpom) –  ポメラニアン、米国
  • nala_cat(@nala_cat) –  猫、米国
  • Doug the Pug(@itsdougthepug) –  パグ、米国
  • Marutaro(@マルタロ) –  柴犬、日本
  • Grumpy Cat (@realgrumpycat) –  猫、米国
  • Marnie the Dog(@marniethedog) – シーズー、米国
  • Tuna(@ tunameltsmyheart) – チワワ、米国
  • Juniper&Fig(@juniperfoxx) - きつね、米国
  • Lil BUB(@amlilbub) –  ねこ、米国
  • Loki(@ loki_the_wolfdog) –  ハスキー、米国

 

インスタグラムは現実から逃避できる夢の生活のようなものだ。

洗練されて、加工されたイメージが並ぶ、インスタグラムの世界では我々全員はどこか素晴らしい場所で何か素晴らしいことをしていて、完璧な見た目の完璧な世界。情報過多な世界で生き、地球規模の問題に直面している時代だからこそ同アプリは、暖かく安全で魅力的な願望の世界を提供している。広告主はもちろん、このような世界が好きだろう。

インスタグラム ストーリー(Stories)アプリ専用からウェブ併用可能に

【出典】 2017/8/31
https://techcrunch.com/2017/08/31/instagram-stories-are-coming-to-the-web/?ncid=rss

Picture1

インスタグラム ストーリーはスナップチャットと酷似した機能だが、現在スナップチャットよりも日々多くの人々が使用している。

当初の公開情報によれば、ウェブ版インスタグラムのユーザー(非アプリユーザー)は、友だちや他のユーザーが投稿したストーリーを見ることができるだけの予定だったが、今後、数ヶ月にはウェブ版でのストーリーの投稿が可能になる。

インスタグラム ストーリーは、他の10代定番アプリのフェイスブック ストーリー、メッセンジャー デイに加わる、ライバルのスナップチャットに対する抵抗勢力だ。(インスタグラムはFacebookが買収している。) だがそのライバルであるスナップチャット自体、伸び悩んでいる様子だ。1日当たりのスナップチャットユーザーが1億7,300万人を下回る中、このインスタグラムの機能を使っている1日当たりのインスタグラムストーリーユーザーは2億5,000万人以上だ。

現在、FacebookやSkype、更にはデートアプリなど、たくさんのアプリが類似した機能を追加しており、この機能が多用されていることへの反対意見を聞くが、写真ベースのソーシャルネットワークは、友人とつながる手段として、すでにビジュアルコミュニケーションを使用している事から、インスタグラムがインスタグラムストーリーを追加した事は理にかなっているというわけである。

Picture1 インスタグラム ストーリーは ARフィルター、フェイスフィルター、スタンプ、一時的なメッセージなど、Snapchatの良い部分を効率的にコピーした。アプリと同じように、ウェブ上でもページ上部にインスタグラム ストーリーが表示され、そこをクリックすることでインスタグラムストーリーを見ることができる。小さな矢印アイコンをタップすると、前の画面に戻ったり更に進むこともできる。

インスタグラム ストーリーのウェブ対応がもたらす変動は比較的小さいように見えるかもしれないが、市場の開拓、開発を含め、ストーリーの未来は広がっている。

市場の80%以上が米国外にあるというInstagram。この拡張は、Instagramの収益に影響を与えるだろう。インスタグラムは現在多くのビジネスでも使われている。インスタグラムを通しビジネスをしたい人、インスタグラム広告を通して市場拡張をしたい事業などだ。

更にビジネスでのインスタグラムストーリー投稿の結果、5回に1回はダイレクトメッセージを受け取っている。これにより、もっと個々の顧客にアプローチしたい事業主にとって魅力的なものになる可能性が出てくる。

インスタグラムによれば、ウェブでのストーリー対応は始まっているが、このプロセス完了までに数週間は時間がかかるという。ウェブからのストーリー投稿は、今後数ヶ月以内に可能になる予定だ。

NBC、Snapchatで初となるデイリーニュース番組「StayTuned」をローンチ

【出典】2017/7/19

https://www.theverge.com/2017/7/19/15997964/nbc-news-snapchat-show-stay-tuned

¥

 

NBCは今日、Gadi SchwartzとSavannah Sellersがホストを務めるデイリーニュース番組をSnapchat でローンチした。

これはSnapchatとしても初の試みであり、第三者企業が同プラットフォームで放送される初のニュース番組でもある。Snapchatは、過去2年間に渡って、3分の「Good Morning American—house」を制作したり、The New York Times やViceといったメディアためのチャンネルをローンチしたり、CNNのPeter Hambyが監修する新部署をローンチする等、ニュース番組制作に莫大な投資をしてきた。

Varietyによると、NBCはこの番組のために当社の人事採用や制作作業に30名のチームを結成したようだ。Mashableを今の状態まで成長させた元ディレクターのAndrew Springer氏がこのチームを率いる予定である。

番組は2-3分の尺になる。 NBCは、基本的に平日に2回、週末に1回放送するが、必要に応じて速報も配信するという(30名のスタッフが常に待機する理由もこの速報のためだろう)。Varietyによると、NBCデジタルコンテンツでSVPを務めるNick Ascheim氏は「これからはコードカッターの時代がやってきます。そのため、そういった人々に情報を届ける手段を知るべきでしょう」と述べる。今回の動きは、ニュースの価値を下げることより、縦長動画やもっと短尺の動画に対するクリエイティブな手段を模索していると考えられているようだ。

彼は、確実にSnapchatがNBCをもっと若い視聴者に導いてくれると確信しているようだ。NBC Universalは、今年3月にSnapchatの新規株式公開(IPO)に5億ドルを投資した。CEOを務めるSteve Burke氏はLA Times に対し、1997年にMicrosoftがComcastに10億ドルを投資したとこに比べれば、今回の動きは「大した規模ではない」と説明している。「SnapchatやBuzzFeed、Vox等への投資により、莫大な利益が得られると確信しています。今回の動きは、我々がどういった企業と将来共に歩んでいくのかの明確な指針となるでしょう」と。

伝統を守ってきた大手のメディア企業がアプリ上での2分のプログラムに対して30人のスタッフを雇う価値があるかどうかは、これから明らかになっていくだろう。

Snapchat、広告制作をシンプルにするために出版社ツールをローンチ

【出典】2017/7/17

http://variety.com/2017/digital/news/snap-publisher-ad-creation-tool-1202497584/

名称未設定

Snapchatを運営するSnap Inc.は、広告制作における新たなツールSnap Publisherをローンチした。これにより、広告主がより手軽に様々なサイズの広告を制作することができるようになった。これは、広告主がより幅広い広告を検討することができるようにする一環としてSnap Publisherを発表してから約1ヶ月後のことである。

Snap Publisherは、Snapchatへの広告を検討している広告主に様々な広告テンプレートを提供し、広告主はそこから企業ロゴや画像、動画をカスタマイズしていけばいいのだ。これにより、広告主は既存のものを縦長動画に活用できるようになる。

名称未設定

Snapは、セルフサービス広告プラットフォームSnapchat Ad Managerも先月ローンチしており、Snapchatプラットフォームでの広告ビジネス促進に尽力しているようだ。チーフストラテジーオフィサーを務めるImran Khan氏が第1四半期の収益発表の場で「我々の広告商品を規模に関わらず全ての広告主に選択肢として提供すること」が目標であると述べている。

Snapは、8月10日に第2四半期の収益を発表する計画をしている。広告主の数が増加傾向にあるということは投資家にはいい兆候かもしれないが、彼らにとって大事なのはそれよりもSnapchatのユーザー数であろう。フェイスブックのInstagramにユーザーを奪われるという危機感やMorgan Stanleyで評価が落とされたことがSnapの株価を先週大幅に下落させ、新規株式公開後初めて150億ドルまで下回っている。

Snapchat、ドローン会社を買収し、空にも目をつける

【出典】2017/5/27

http://mashable.com/2017/05/27/snapchat-acquires-drone-company/

名称未設定

 

Snapchatの計画が次第に形作られてきた。今では、写真技術とドローンを合体しようとしているようだ。

というのも、SnapchatがCtrl Me Roboticsを「100万ドル以下」で買収したというのだ。これは、BuzzFeedによって金曜日に明らかにされた。Snapchatは今回の買収についてコメントを避けている。

BuzzFeedの取材では、Ctrl Me Roboticsがドローン製造会社と記載されているが、Varietyによると同社はドローン製造よりも既存のドローンにカメラを搭載させることを専門に行っている会社であるようだ。また、Varietyには今回の買収が実は昨年末になされていたと述べる。

名称未設定

今回の動きは、SnapchatがGoProのビジネス領域に侵食してきたようにも見える。GoProに比べSnapchatの方が消費者マーケットへの影響が大きいことから、これはGoProにとって大問題であると言わざるを得ない。

現時点では、Snapchatが次にどう動くかは明らかではないが、2年前にCtrl Me Robotics がInstagramに投稿した投稿にヒントが隠されているのかもしれない。その投稿には、ドローンにスマートフォンが搭載されている様子を写した写真と「ドローンからのSnapchat」というコメントが載せられていた。