タグ別アーカイブ: Rideshare

シニア生活保護サービスのスタートアップ、Lyftと提携して450万ドルを調達

【出典】https://techcrunch.com/2018/03/29/senior-living-services-startup-raises-4-5-million-partners-with-lyft/

Picture1

高齢者の生活に関する市場に取り組むことを目的としたテック系のスタートアップ企業Cubigoは最近、Transvisionの協力とUrbain Vandeurzenを筆頭に、450万ドルのシリーズAラウンドを終えた。

Cubigoはまた、フロリダ、カリフォルニア、オハイオ州の5つのシニア・リビング・コミュニティでサービスを展開しようとしている。これらの5つのコミュニティ全体で、Cubigoのプラットフォームは10万人の住民にリーチする事になる。高齢者生活産業を近代化するという使命を果たすために、Cubigoは交通機関枠ではLyftと提携し、またAppleのモビリティパートナーにもなっている。

Cubigo のCEOゲーテ・ハウベン氏は、「シニアケアは、私たちが毎日ポケットに入れている技術に触れられていない、4000億ドル規模の業界だ。 iPadとiPhone用に構築された新しいアプリケーションを使用することで、独立施設や保護施設住宅のプロセスを根本的に効率化出来るチャンスがある。しかし、最も重要なのは、Cubigoは使いやすいテクノロジーで、高齢者に日々の行動に独立性をもたらす事である。」と述べた。

Picture1

Cubigoのソリューションは、シニアリビングの提供者、住民およびその家族に向けられている。 Cubigoを通じて、提供者は、活動、交通、食事を管理し、住民などと交流することができる。住民は、エンターテインメントにアクセスし、食事を注文し、カレンダーを管理することができる。家族らは、愛する人に何が起きているのかリアルタイムで常に把握することが可能だ。

Lyftとの協力の一環として、CubigoはLyftのAPIをそのプラットフォームに統合することができる。これにより、高齢者は交通手段をスケジュールしてピックアップしてもらうことが可能になる。

Lyft ビジネスのVP ジャイル・レンウィック氏は、「高齢者のためのシームレスな輸送体験を可能にするためにCubigoと提携することで、世界最高の輸送手段で人々の生活を向上させるという私たちの使命に一歩近づいている。自分の力で乗車をリクエストできるということは、介護士の時間を他の優先事項に注ぐことができるという利点と共に、高齢者の生活を変えることができる。」と語る。