タグ別アーカイブ: PlayStation

ソニーがプレイステーションのゲームを映画やTVドラマにすべくスタジオを設立

【出典】 2019/05/20

https://www.complex.com/pop-culture/2019/05/sony-to-turn-playstation-games-into-movies-and-shows

image72

度重なるゲームの映画化の失敗に、ソニーがついに歯止めを打つ。Hollywood Reporterによると、ソニーがPlayStation Productionsと呼ばれる自社スタジオを設立し、25年分のゲームの数々のTVドラマ化や映画化に乗り出す。さらに、Hollywood Reporterはこのスタジオはすでに設立・運営されており、カリフォルニア州カルバーシティーのソニー所有地にて第1作目となるプロジェクトに取り掛かっていると報じている。

「我々には25年に及ぶゲーム開発の経験があり、素晴らしい作品、フランチャイズ、物語を生み出してきた。」と、Sony Interactive EntertainmentのWorldwide Studios社長Shawn Layden氏は語る。「今こそがストリーミング配信や映画、ドラマといった他のメディアを考慮すべき良きタイミングだと感じている。」

ソニーは100以上もの作品を所有しており、SF、ホラー、カーレースといった様々なジャンルを手がけている。もしうまく選択すれば、確かなポテンシャルがあると考えられるだろう。特に、ビデオゲームとそれに従うファンの存在は彼らの武器だ。ソニーはよく分かっている。

「我々の所有するIPを他のスタジオにライセンシングするのではなく、自社で開発し制作する方が良いアプローチ方法であると感じた。」と、Playstation Productions部門ヘッドのAsad Qizilbash氏は語る。「まず、我々の方が作品に対し馴染み深いということ、そしてPlayStationファンは何が好きかということを理解していることが理由として挙げられる。」

ソニーはそれに加えて、姉妹会社のソニー・ピクチャーズを抱えていることに利点がある。これによって、ソニー・ピクチャーズは配給を行い、PlayStation Productionsはライセンシングすることなく制作を行うことができる。

「この1年半で、我々は業界、脚本家、監督、プロデューサーの理解に時間を費やしてきた。」とQizilbash氏は語る。「業界に関する理解を深めるため、映画プロデューサーのロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラやケビン・ファイギとも話した。」

Layden氏はさらに、マーベルのコミックからスクリーンへの移行に影響を受けており、多少言葉を濁しつつも「マーベルの軌跡を追っていると言うのは、非常に高い目標となる。」と話した。また、ハリウッドはここ数年で変化しており、昨今のフィルムメイカーはゲームがメインストリームとなる時代に到達している。そして、このことが野心的なプロジェクトに挑戦する完璧なタイミングにしているとも話した。

「ゲームが映画化された昔の作品を見てみるとわかるが、脚本家や監督はそのゲームの世界観を理解していない。」と、Layden氏は語る。「本当の挑戦というのは、80分のプレイ時間をどのように映画にするか、というところにある。答えは、しないことだ。やるべきことは、明確に原作から脚本に落としたその精神を映画の観客へ届けることだ。ゲームをそのまま映画にして同じことを伝えようとしてはいけない。」

映画/TVドラマは、何年も待ち続けたゲームのプレイを終え、続編までにまた数年待たなければならない現実からやってきたファンに居場所を与えると、Layden氏は語る。

「我々のフランチャイズにもっと接することができる機会を、ゲームのファンたちに作ってあげたいと考えている。」と語った。「40〜50時間のプレイを終えると、ファンは大好きなキャラクターが成長する姿を見るまでに3年〜4年は待たなければならない。」

どの作品が映画になり、どの作品がTVドラマになるのかについては、どの作品が最も適切なIPかという点で現在検討中だ。また、会社としては脚本家されたプロジェクトについて、公開を急ぐつもりはないという。原作に従った作品にするために、十分な時間を与える姿勢だ。

「我々は適切な監督、役者、脚本家をマネジメント、コントロールするためにこのエンティティを設立した。」と、Qizilbash氏は話す。

PlayStationのShawn LaydenがE3 2019 に参加しない理由を明かす

【出典】2/11/2019

https://variety.com/2019/gaming/news/playstation-shawn-layden-e3-sony-1203136387/

Picture1

「長い間続いていたE3 から撤退するというSonyの決断はここ数年のイベントの『インパクト』の欠落が原因だった。」とSIE Worldwide Studios 会長、元SIE会長、CEO Shawn Layden CNETに伝えた。

PlayStation1が流行っていた1995年にCESからビデオゲームを撤退すると決めたときにE3は2種類の顧客を抱えていた。」とLaydenはインタビューで答えた。「その2つは小売業者と記者。小売業者はたいてい中に入ったら『私はSearsのものです。Hot WheelsBarbie人形、ビデオゲームを取り扱っています。そちらは何を扱われていますか?』と聞いてくる。そこには大きな教育的要素があった。さらに雑誌を持ち、納期が迫っているなかで相手を押しのけて雑誌の表紙を狙っていた記者がいた。また、インターネットはあまり大きな存在ではなかった。つまり、当時の展示会が今の新興産業のために最も必要なものだった。」

2月にDestination PlayStationというイベントを自社開催し、そこではすべての小売業者とサードパーティーのパートナーがその年の予定を聞くことができる。小売業者は2月に商品の購入に関して話し合う。今はもう6月にクリスマス時期のプレゼントに関して話し合うには遅すぎる。それによって、小売り業はE3に参加しなくなってきた。また、四六時中ゲームの情報がインターネットで上がっている今、ジャーナリスト目線でもE3はあまりインパクトのないものになった。」

「よって、見本市は実りのない場所になってしまった。世界は変わったが、必ずしもE3はそれに伴って変化していない。」去年の終わりにSonyは年次記者会見を開催しないこと、E3 2019には参加しないことを発表した。

「業界が進化するにつれ、Sony Interactive Entertainmentはコミュニティに寄り添うための独創的な機会を模索し続けている。」とSonyVarietyに伝えました。「PlayStationのファンは私たちにとってかけがえのないものであり、私たちはゲーマーたちを喜ばせるために常に試行錯誤している。結果として、2019に開催されるE3に参加しないことにした。私たちは2019年に新鮮でなおかつ身近な方法でファンと関わる方法を模索している。私たちの予定を伝えるのが楽しみだ。」

PlayStationも所属するThe Entertainment Software協会はまだE3に関しては楽観的である。

E3 2018では記録を更新し、展示スペースと入場チケットの両方が売り切れた。」とESACEOStanley Pierre-Louisは伝えた。「長く続いた創造的な革新を通してE3 2019は今までと変わらない興奮やエネルギーを感じることができると確信している。今年はLACCの壁を越えてE3を拡大し、LA Live全体でゲーマーや出席者と素晴らしいビデオゲームを通してかかわることを楽しみしている。」

PlayStation4の販売台数9,160万台を記録

https://mashable.com/article/playstation-4-spider-man-2018-sales-numbers/?utm_source=feedly&utm_medium=webfeeds#TUMEdzMcJqq6Picture1

ソニーのゲーム部門は、2018年大きな成功を掴んだ。

発売から5年経過したThe Playstation4が、発売から現在までの通算販売台数が9,160万台を突破した。10年以上販売されていたThe Playstation3とXbox360でさえ、それぞれ8,500万台程度でありPlaystation4の人気の高さがわかる。

PS4は大きく成功したと言っても過言ではなく、少なくとも2018年の大躍進においては『Spider-Man』の影響が大きいだろう。

Insomniac Gamesから発売された「スパイダーマン」2018年の9月から11月25日の間に900万枚販売。そして2018年のホリデーシーズン中にソニーは世界で560万台のPS4を販売したと報じている。

忘れてならないのは、PS4は5年前に発売された比較的若いゲーム機であるという事実である。そして、5年という年月は一般的なゲーム機サイクルの中期に該当するということを。

MicrosoftはXboX Oneの販売台数を公表しておらず、NintendoのSwitchに至っては昨年販売されたばかりである為、現在のゲーム市場でPS4がどれだけ売れているか比較するデータはない。しかしニンテンドースイッチは発売から1年半が経った2018年7月以降で2,200万台を売り上げているという事実に加え、繁忙期であるホリデーシーズンには更に売れ行きが加速しており、他社のゲーム機を寄せ付けない勢いを見せている。

ゲーム機の歴代販売台数ランキングではPlayStation4が6位、ニンテンドーWiiが4位(1億250万台)で初代プレイステーションが5位(1億160万台)だ。

固定概念を覆す次世代ゲーム機

2位以上となれば予測は困難を極める。史上最も売れたゲーム機がPlayStation2であり、その次が3DSの前身DSである。前者が1億5,500万台を売り上げ、後者が延べ1億5,400万台を売り上げている。

しかし、全く不可能というわけではない。現時点では不確定だがPS4の販売台数に関する推測は、未来のゲーム機の登場とゲーム機サイクルは似たような様相を呈するだろうと考えている。

現在のゲーム機市場は過渡期であると言えよう。世界3大ゲーム会社であるMicrosoft、Nintendo、Sonyは、新たなゲーム機の登場がゲーム市場のブレイクポイントになる可能性が高いという事実に軒並み気づいている。

しかしマイクロソフトがXbox360専用ゲームソフトのXbox Oneに下位互換性を持たせたことにより全く新しいコンソールを作り出すことが難しい状況になっていることも事実だ。

リアルタイムで行われるストリーミングゲームがゲーム市場を席巻しているが、Fortniteのような最新で人気のあるゲームは既存ハードウェアの世代寿命を延長するだろう。既存のゲーム作品達は活発なコミュニティーや熱狂的なファンにより未だに支持されている。

PCはグラフィックやディスプレイ、CPUを簡単にアップデートすることが容易なため、長寿命なゲームコンソールはPCのアップグレードについていくことが難しい。だからMicrosoftがXboxをSonyがPlayStationのストレージ容量及びパフォーマンスをアップデートさせたのはそのためである。

確固たる事実は、次にどのようなゲーム機がヒットするのかは全く予測できないということだけであり、PS4のようなコンソールの販売台数に関する推測が徒労に終わる可能性も高い。なぜなら新たに販売されるコンソールがPlayStationとXboxなどと全く異なる可能性があるからだ。

勿論、2018年にPlayStationが大きく販売台数を伸ばした事実が塗り替えられることはなく、歴代の販売記録について思案するときの一助となるだろう。現代版ゲーム機戦争は以前のそれとは大きく異なっている。

次世代ビデオゲームの形:クラウド・ストリーミング

【出典】 2018/10/17

https://www.engadget.com/2018/10/17/game-streaming-google-hands-on-xbox-playstation-assassins-creed/

Picture1

クラウドゲーム(ゲームをストリーミング配信してプレイできるフォーマット)の問題点はインターネットの回線スピードによってゲームが途中で止まってしまったり、反応が遅くなるなどプレイヤーをイラつかせることが多い。しかしその状況が変わろうとしている。グーグルやマイクロソフトなどの大手テック企業が試行錯誤、ようやくクラウドゲームの未来がはっきり見えて来たのだ。

Picture1

10月初めグーグルはノートパソコンやデスクトップパソコンでクラウドゲームがプレイできる「プロジェクト・ストリーム」のベータ版を開始した。同サービスは以前からニュースになっていたが、ようやく完成間近らしい。ベータ版の同サービスは現在ユービーソフトから発売中の「アサシンズ・オデッセイ」のみがプレイ可能だ。このゲームはオープンワールドゲームでPS4、Xboxなどマルチフォーマットに展開されているが、このグーグルのサービスを使えば2015年のMacbook Airでグーグル・クロムを使えば作動するようなので試してみた。

グーグルは同サービスを使うために、インターネット回線速度は最低25Mbpsを推奨している。プロジェクト・ストリームを立ち上げるとすぐにゲームが起動、ゲームの舞台である古代ギリシャ時代の世界がモニター上に登場した。多少映像がピクセルになってしまうなどはあったがゲームを妨げるほど不快なものではなかった。

ゲームを数時間プレイしている間、自宅から私の父親の家に移動したが、移動の最中「強いインターネット環境が必要です」と表示されゲームは一時停止した。プロジェクト・ストリームはインターネットの接続状況をこまめに確認、インターネットがある場所に移動次第中断した場所からゲームを再開することができる。

 

しかしゲームが途中で止まったのは最初の二回のみでそれ以降はスムーズに作動した。これは素晴らしいアチーブメントだと思う。ソニーが提供しているクラウドゲームサービスPlaystation NowはPS4上でもプレイできないくらいよく止まってしまう。古いMacbook Airで最新ゲームをサクサクプレイできてしまうプロジェクトストリームは純粋にすごい。

Picture1

クラウドゲームストリーミングに力を入れているのはグーグルだけでなく、マイクロソフトも最近「プロジェクトxクラウド」というサービスを発表。AAAタイトルのゲームをモバイル機器向けに配信することに力を入れている。「プロジェクトxクラウドはコンソールやPCでゲームしている人だけでなく、モバイル機器しか持っていない人でもAAAタイトルのゲームをプレイできるようになる」とマイクロソフトのクラウドゲーム部門のチーフ・バイスプレジデントのKareem Choudhryは語る。

マイクロソフトによると、「プロジェクトxクラウド」はXbox One以降に発売された全てのゲームがノートパソコン、古いPC、タブレット、スマホなどでプレイ可能になる。マイクロソフトの中でクラウドゲームは非常に力を入れており次世代Xboxは2種類発売される予定、そのうちの1機種はクラウドゲーミング専用になると言われている。

Picture1

「プロジェクトxクラウド」のベータ版が2019年に登場予定、次世代Xboxは2020年に登場すると言われている。

ソニーが現在提供しているクラウドゲームサービスのPlayStation Nowはゲームをダウンロードしオフラインでプレイできるサービスを開始した。オフラインでプレイできるのでストリーミングで起こりうる問題は一切気にしなくてよい。次世代プレイステーションの発表も近いと言われている中、ソニーはクラウドゲーミングにどのように参入するのだろうか。
「ストリーミングの登場により映画、テレビ、音楽の配給モデルが大きく変化した中、技術的な問題さえ解決できればクラウドゲームが登場するのも不思議ではないことだろう」と元ソニー・インタラクティブ・エンターテイメントのチーフ。アンドリュー・ハウス氏は述べた。

Picture1

ネットフリックスが人々の映画の視聴方法を根本的に変えたように、プロジェクト・ストリーム、プロジェクトxクラウドなどは今後のビデオゲームの遊び方を変えるだろう。しかしゲームディズクが消えることはまだしばらくはないだろう。スマホゲームに押されていたコンソールゲームの未来もようやく明るくなったのだ。

 

グーグル社:ビデオゲームストリーミングサービスを開発中か

https://www.engadget.com/2018/02/07/google-game-streaming-console/Picture1

どうやらグーグル社はクラウド型ゲームストリーミングサービスを開発中のようだ。メディアサイトThe Informationによるとグーグルは過去2年間、PlayStation NowやNVIDIA社のGeForce Nowのようなストリーミングサービスを考えていたようだ。コードネーム「Yeti」と呼ばれたこのプロジェクトは同サービスに向けたハードウェア開発も行っている。そしてクロムキャスト上でもストリーム可能になるようだ。1月に元マイクロソフトやソニーのゲーム部門に在籍していたPhil Harrison氏をグーグルのハードウェア部門のVPとして採用、グーグル独自のゲーム開発が本格的にスタートとするのかもしれない。

このストリーミングサービスやハードウェア開発が近日中にリリースされるとは考えないほうがいいだろう。なぜならばこれらはもともと2017年にデビュー予定、数年以上前から噂されていたが進展が一切なかった。

ストリーミングゲームの一番のハードルはタイムラグだろう。ネットフリックスとフールーなどの動画ストリーミングサイトは停止・再生くらいしか行わないが、ゲームの場合コマンドを入力するなど常にインプットが必要となる。これらの入力信号は家からグーグルサーバー、そして家へと送られる。ミリ秒単位の遅れですらプレイヤーのフラストレーションに繋がってしまう。

NVIDIA社はリモートコンピューティングという技術を使い、低性能のPCでも高グラフィックゲームがプレイできるようにした。グーグル社も同社が世界中に持つ多くのデータセンターを使いラグを低減させることができるかもしれない。I/Oイベント開催間近なので、まもなく詳しい内容が発表されるだろう。

NASA、PlayStation VRを用いてスペースロボットを訓練

【出典】2015/12/14

http://www.engadget.com/2015/12/14/nasa-s-using-playstation-vr-to-train-its-space-robots/

Untitled

 

バーチャルリアリティは人間に錯覚を見せることができる。ヘッドセットをつけるだけで、恐竜を触ったりサメに食べられる経験も叶う。しかし、エンターテイメントとニュースの業界以外でも、バーチャルリアリティは活躍しているようだ。「Road to VR」の報告によると、NASAとSonyが宇宙でコントロールすることができるヒューマノイドMighty Morphenautのデモ版をPlayStation VRで開発しているようだ。スペースシャトル内というロボットの環境を再現し、ヒューマノイドを使ってタスクをこなす訓練を実現することを目的としている。

NASAは、長い間人間の代わりに宇宙探索に使える手先の器用なヒューマノイドRobonautsの開発に取り組んできた。Robonautsのサイトによると、「このヒューマノイドを開発することで、インターナショナル宇宙ステーションでの単純作業や危険な場所での作業などを任せることができるようになる」とのことである。開発チームはこれまでもインターナショナル宇宙ステーションに開発したマシーンを提供してきた(Robotnaut 2は2011年に無事宇宙に送られている)が、離れた距離から操作できるヒューマノイドの開発も欠かさず行ってきた。

PS4用に開発されたMighty Morphenautのデモ版は、PlayStation VRヘッドセットでも利用可能であり、ロボットのいる環境下においてリアルタイムで見回り素早い判断を下すことができる。ロボットはMoveコントローラーによってオペレーターの動作を真似るような構造になっているが、そうなるとオペレーターの動作とそれをロボットが真似るまでのタイムラグは避けることができない。報告によると、今回のデモ版はこのタイムラグを考慮して「ゴーストハンド」と呼ばれるタイムラグを考慮した手の映像も表示している。この機能により、自分がコントロールするロボットが次にどういった行動をとるのかを知ることができるのだ。正確性をより高め、タイムラグをなくすにはまだまだ時間がかかりそうだが、今回のバーチャルリアリティデモ版でも学ぶことは多いだろう。

ゲームコンソールの分野でブラックフライデー商戦を勝ち抜いたのはPlayStationと判明

【出典】2016/11/29

http://www.polygon.com/2015/11/29/9813932/who-won-black-friday-playstation-xbox-nintendo-wii

Untitled

 

3社のゲームコンソールメーカーにおいて、ブラックフライデー商戦に勝利したのはどの企業だろう。 3つのモバイルアプリを使い、30万人の購買を調査する企業InfoScout は、PlayStationが二つの年齢層を押さえこの商戦に勝ち抜いたと報告した。

InfoScoutによると、PlayStationが18-35歳の層と36-55歳の層で最も売れたコンソールに輝いたようだ。ブラックフライデーの時期は普段よりセット販売や割引が多いため、販売台数が著しく上昇するのだ。

Untitled

InfoScoutは、昨年の勝者がXboxであると公表している。

上のグラフを見ると、ミレニアル世代においてXboxの購買率は普段39%であるのに対し、ブラックフライデーは32%にとどまったことがわかる。同じように、PlayStationはミレニアル世代の間で普段40%の購買率であるものの、ブラックフライデーでは49%まで跳ね上がったようだ。

中年層では、XboxもPlayStationも購買率を普段より上げたようだ。この反動は任天堂にきており、普段は34%の購買率があるものの、ブラックフライデーでは30%に留まった。

また、ミレニアル世代の間では、ブラックフライデーにおける任天堂の販売率は普段とあまり変わらなかった。InfoScoutは、ミレニアル世代がブランドに対する忠実さよりも、それぞれの価値を重んじて、より厳選する消費者であることを踏まえた上で、任天堂はジェネレーションXよりも1990年代に子供だった人々に人気があることを示唆した。

InfoScoutは、ユーザーが感謝祭の夜とブラックフライデーに購入した25万枚以上のレシートを元にこの分析結果を公開した。

InfoScoutの他の調査では、アメリカ国内のそれぞれの小売店で最も多くの販売数を記録した商品も発表している。Walmartでは、Wranglerのメンズジーンズが最多の販売数を記録したようだ。

Best Buyでは、PlayStation 4と「Uncharted: The Nathan Drake Collection」のセットが売り上げか最高額を記録し、販売台数では7インチのAmazon Fireタブレットが首位に立った。このタブレット端末はAmazonのプラットフォーム上でも最高販売台数を記録している。また、Walmartでは、Disney Infinityの人形とXbox Live Goldメンバーシップカードがどちらもトップ10入りを果たした。

実際の賞金と共に「PlayStation Plus League」というEスポーツの計画がウェブサイト上にリーク

【出典】2015/10/27
http://www.polygon.com/2015/10/27/9620820/playstation-plus-league-esports-money

Untitled

 

ウェブサイト上でソニーがEスポーツのプラットホームを準備していると報じられた。つまり、実際にお金が発生するという事だ。今日から始まるParis Games Weekでそれが発表されると思われる。

更新:我々は今回が初耳だが、この情報はPlayStationのフランス語ブログで1週間程前に発表されたようだ。

PlayStation Plus Leagueのフランス語ウェブサイトが見つかり、Project CARSのサイトではトップパフォーマーが共有するユーロでの賞金を含めたプラットホームの情報について言及している。

フランス語のサイトではUltra Street Fighter 4やBattlefield Hardline、FIFA 16、Rocket League、Trials Fusionの予選は明日から始まり、日曜日まで続くと述べられている。これがヨーロッパのみなのか他の地域でも利用可能になるかはわからないが、このことはParis Games Weekでもまた言及されている。

我々はこれらの計画が北米と同時かどうかを確かめるためにPlayStationの代理人にコンタクトを取ろうと試みたが、パリで行われるSonyの基調講演で状況が明らかになる可能性が高いだろう。

イベント分析:E3 2015の勝者は?

【出典】2015/6/17

http://mashable.com/2015/06/17/e3-2015/Untitled

 

ロサンゼルスで行われたE3。誰が勝者だったのか。

この勝者を決めるという分析が一般的なようであるが、E3がヒット作品を発表するのに最高な年1回の祭典であることを考慮すると当然なのかもしれない。様々なメディアのニュースがそれぞれ独自の記事を書き、E3の前の記者会見ではできるだけ活気づけるよう考慮されている。

実際には全社勝ったとも言えるし、全社負けたとも言えるだろう。過去最高のE3であっても、つまらない瞬間は必ず訪れるものであるし、拍手の裏には批判はつきものである。このことを念頭に置いた上で、今年の出展者の様子をご覧いただこう。

Bethesda Softworks

出版社史上初めて、Bethesda Softworksは独自の記者会見を開催した。大きなイベントの前夜にハリウッドのドルビー・シアターを予約していた。この大胆とも思える行動は、しかし はっきりとした意図からきたものらしい。

1時間も続いた展示の目玉とも言えるDoomやFallout、Dishonoredが紹介され、新たなコミュニティを作り上げる案(Bethesda.net)やユーザーがコンテンツを制作することができる機能(the Doom Snapmaps 機能)等も発表された。

これらの商品を紹介するイベントをE3の従来の記者会見の前日に当たる日曜日に行うことを随分前から決めていたため、注目を浴びるのが難しい記者会見日を外すことで、何時間もスポットライトを独占し良い結果を見せた。

成績:B+

マイクロソフト/Xbox

Xbox Oneが公開されてからというもの、マイクロソフトは近年E3にて苦い経験を強いられ続けてきた。初期のゲーム機の機能性においてはゲーマーの間で不満の声が上がっており、その批評をもとに改善されたはずの方針はさらに油を注いだからだ。Xboxのゲーム解像度やパフォーマンスに対する批評は続き、マイクロソフトはいつの間にか2番手に置かれていた。これはハードウェアに置ける前世代に圧倒的な存在感を示したXbox 360と比較すると大きな打撃である。

しかしE3 2015の開催が近づく中、Xboxには転機が訪れているようだ。Xbox 360のゲームがXbox Oneでも使用できるようになることが、ショーの目玉となることは間違いないだろう。それに加え、Game Previewの先行アクセスと圧倒的な存在感を出しているMinecraft/HoloLensデモンストレーションもある。

今回発表されるゲームは結果からくる産物といえるだろう。HaloとGears of Warは良い反響を呼んでいたり、ReCoreはMega ManのクリエイターとMetroid Primeの主要開発者が制作する新たな世界を紹介したり、さらにはRare Replay等のファンサ—ビスは世界中のファンに向けて開発されたりしているからだ。唯一の欠点は、Call of Dutyが一般公開されていないことである。

最終的に今回のE3 2015でマイクロソフトに大きな勝利をもたらしたのはWindows 10だろう。このハードウェア会社にとって最もエキサイティングな発表は、Xbox One製品の全てが Windows 10と同じOSを基幹にしているということである。

成績:A-

Electronic Arts

Electronic ArtsはE3でどのように商品を発表するのか深く考える必要がある。反響の良いMass Effect とスターウォーズ:バトルフロントが他の芳ばしくないラインアップを挟む形で発表された。Mirror’s Edge Catalystは期待できそうに見えたが、残りの発表はすべてEA Sports、EA Mobileそして高価ではあるが家庭で楽しめる商品(Plants Vs. Zombies: Garden Warfare 2)を中心に行われた。

その結果、例年通り記者会見の中間部分は、あまり役に立たないものとなった。これらの発表はE3のユーザーにあまり向いていないのだ。今年のElectronic Artsの会見は失敗というわけではないが、モバイルやスポーツ、そして家庭で楽しめる商品といった三つのプレゼンテーションに分け、E3ではなく他の場で発表する方が良かったのかもしれない。

成績:C-

Ubisoft

UbisoftもElectronic Artsと同じく、大ヒットに一歩及ばないゲームを会見の場で発表するという失態を見せた。しかし、Ubisoftには主流の人気ゲームシリーズ(Assasin’s Creed、Tom Clancy、Far Cry等)があり、さらに社内に大きなスタジオも存在するため、Electronic Artsほど酷いにはならなかった。

フランス発のこの出版社は、E3での公開において常に「問題児」のような姿勢で挑んでいる。Ubisoftの記者会見に対しては、不敬の言葉やきつめの冗談が度々聞かれる。過去にはヌードや現実に基づく激しい暴力のシーン等が紹介されたこともある。 独特な特徴によって毎年E3で目立っている。

E3 2015では、例年通り見た目がシャープなラインアップが公開された。あっと言わせる新しいゲーム(South Park: The Fractured But Whole)を始めとし、予想されたゲーム(Assassin’s、Just Dance, The Division and Rainbow Six)、今では必須になりつつある「新しいIP!」の宣伝、陰に隠れた小規模のもの(ゲームの拡張機能等)、そしてさらに大規模な発表(Ghost Recon: Wildlands)と続けた。

今年のUbisoftのE3 2015での展示は、滑らかでスタイリッシュだったが、期待通りであったともいえる。

成績:B

ソニー/プレイステーション

マイクロソフトの批評を聞き「プレイステーション4はXbox Oneではない」という大胆な発言を残して以来、ソニーはE3でリーダー的な存在となっている。しかし今回のXbox Oneの成功によりマイロソフトは二社を平等な立場に引き戻した上、ソニーに大きなプレッシャーを与えたようだ。

その勝負は、勝敗を決めるのが難しい結果となった。一方ではソニーが凄まじい発表を行い、2016年に公開されるThe Last Guardianの予告を始め、全く予測のつかなかった待望のファイナルファンタジーVIIのリメイクバージョン、さらに驚きのShenmue III キックスターターの発表、その他期待できそうな作品数々(No Man’s Sky、Horizon: Zero Dawn、Dream、 新しいDestinyのコンテンツ)が紹介された。

しかし、これらの情報は公開予定日やゲームの詳しい内容が含まれておらず、あやふやな気持ちになったと言わざるを得ないだろう。思わず見とれてしまうような予告編をたくさん見たものの、それの支えとなるような詳しい情報がなかったのだ。

しかしソニーは限定版を持つゲームにおいては圧倒的に有利であった。その例としてCall of Dutyのゲームが挙げられる。今年はXboxではなくプレイステーションに限定版ならではの追加コンテンツが与えられるのだという。それに伴い、今年公開された二つのスターウォーズゲーム(Disney Infinity 3.0とStar Wars: Battlefront)もプレイステーションを対象に限定版コンテンツを与えるらしい。さらにDestinyのソニーへの限定版戦略は続くという。

ソニーにとって、この限定版という概念は多くのソーシャルゲーマーを魅了し続けることにもってこいの戦略である。マイクロソフトでも起きたように、その支持はゲーム出版社の意向に左右されやすいが、これらのゲーム出版社がプレイステーションを支持することに決めたことによってこの先注目されることは確かだろう。

成績:B-

任天堂

任天堂のゲーム業界での立ち位置はとても不可思議である。スーパーマリオシリーズは常に批評家たちから叩かれているものの、世界中に多くの情熱的ファンが存在する。マイクロソフトやソニーが誇るブロックバスター並みの規模ではないが、任天堂はしっかりと安定した立場にある。マイクロソフトやソニーのハードウェアと共に、任天堂のゲーム機器を持ち合わせている人は多いことだろう。

2015年公開予定のゲームで期待されるのが、スターフォックス・ゼロとゼルダの伝説:トライフォース3銃士の2作である。公開日が決定しているスーパーマリオ・メーカー(9月11日)にも人々は期待の色を見せている。さらに、Activisionの次なる作品Skylandersに任天堂のキャラクターが登場するという予想外な連携も発表された。

残念ながら、任天堂もいくつか発表し損ねてしまったものもある。待望のメトロイドゲームが3DSのマルチプレイヤー・シューティングゲームMetroid Prime: Federation Forceとして発表されたことがこの最たる例である。また、新しい3Dマリオゲームは発表されなかったものの、マリオテニスとマリオ&ルイージ:Paper Jamでそれを補うらしい。

今回の展示には、任天堂らしい大作がなかった。それがスターフォクスであるという意見もあるが、Wii Uのまともなゼルダゲームは未だ公開されず、スーパーマリオやメトロイドのゲームが最後に公開されてからもう二年が経ち、今年のE3に任天堂の人気キャラクターが登場することはなかったことを踏まえると、大作がなかったと言わざるを得ないだろう。

しかし、実際はゲーム業界で任天堂は安定した企業であり、批判するファンもいれば応援しているファンだっているが、それでも最後は任天堂の動向を気にしている。それを踏まえた上で、今年の発表での反省点に取り組むべきであろう。

成績:C+

Square Enix

Square Enixは序盤から苦しい立ち位置にいた。同社初のE3記者会見が展示会場の正式な開始時間に近い火曜日に行われたのだ。 Bethesda Softworksが月曜日に注目を集めた後、Square Enixはしんがりを務めることとなった。

結果からいうと、Square Enixはそれを見事にこなしてみせた。 アメリカとヨーロッパ、そして日本とそれぞれのチームが協力してとてもエキサイティングなゲームのラインアップを発表したのだ。その中で例年通り最も会場を沸かせたのが長い間求められていたキングダムハーツIIIだろう。

しかし、それだけが会場を沸かせた訳ではない。HitmanやJust Cause 3、Rise of the Tomb Raider、Deus Ex: Mankind Dividedも全て良い反響を呼んだ。さらにStar Ocean: Integrity and Faithlessnessや、Bayonetta Studio Platinum Gamesによる熱狂的なファンを持つNier(!!)の最新版もファンを魅了した。

コミュニケーションの不具合ややや準備不足な点も見えた上、ファイナルファンタジーVIIリメイク版に関する情報が少なかったが、Square Enixは初めての会見を無事に終える事ができたといえよう。

成績:A-

プレイステーションのゲーム「Powers」プレミアと公開の日時を決定

【出典】2015/1/20

http://deadline.com/2015/01/powers-premiere-date-playstation-1201353777/

Untitled15

PlayStation Network初のオリジナル実写テレビシリーズ「Powers」が3月10日にデビューする。この情報は「Powers」のコミック共同クリエーターでシリーズエグゼクティブプロデューサーのBrian Michael Bendis氏より発表された。

シーズン1に含まれる10のエピソードの内、最初の3つのエピソードは3月10日に公開し、その後は毎週火曜日に新たなエピソードが公開される予定である。この公開パターンはストリーミングサービスの1シーズン全てを一度に公開するモデルと従来のテレビネットワークの各週1エピソード公開するモデルを合体させたモデルである。「Powers」の最初のエピソードは無料でPlayStation.com/Powersにて公開され、PlayStation Plusのメンバーにはシーズン全てが無料で公開される。

また今日同じタイミングで、シリーズのキービジュアルが公開された。

スーパーヒーローファンタジーと犯罪ノワール/刑事もののジャンルを併せ持つ「Powers」はSony Pictures TVによりプロデュースされ、彼らのパワーはすべて犯罪の一環として使われる。シリーズはChristian Walker警部(Sharlto Copley)と人類を守る使命を課せられたDeena Pilgrim (Susan Heyward)に焦点を当て、Powerを持つ犯罪集団によって引き起こされた事件を調査する形でストーリーが進む。Charlie Huston氏とRemi Aubuchon氏がショーランナーである。