タグ別アーカイブ: online advertisement

購入可能な広告が登場し、TikTokはより多くのマーケティング担当者に人気のプラットフォームになるだろう

TikTokはよりよい測定方法を加えるために協議中だ

https://www.adweek.com/programmatic/biddable-ads-are-coming-to-tiktok-opening-up-the-popular-platform-to-more-marketers/Picture1

TikTokは米国内で4000万人の10代手前、ティーン、ヤング・アダルトのユーザーを抱えていると報告している。

TikTokは米国の代理店パートナーに、プラットフォーム上で購入可能な広告オプションに取り組んでいること、また広告主と彼らのデジタル・ドルに対してさらにオープンにすることを目指していることを伝えている。

メディアバイヤー達は、「TikTokの代表者らは、自己管理型プラットフォームで欲しい広告インプレッションに対して広告主が互いに購入できる選択肢を用意していると語った」、とAdweek誌に話した。バイヤーの1人は、この夏に購入可能なオプションが利用可能になると予想していると述べ、購入可能なプラットフォームがより高度なターゲティング方法とより優れた測定ツールと共に登場すると予想している。

バイヤーは、Adweek誌に匿名での掲載を希望した。そうすることで、取引関係を危険にさらすことなく、プライベートな会話の詳細を共有できるからである。

あなたが25歳以上でTikTokが何であるか疑問に思っているならば、以下を参考に。TikTokはVineのようなモバイルアプリで、ユーザーは短いビデオを作ったり見たりすることができ、通常は音楽も設定する。このアプリは、TikTokの親会社が本社を置く中国市場ではすでに人気があり、米国では4000万人のアクティブユーザーを抱えている。そのほとんどが子供、10代、若者である。

現時点では、TikTokは広告主に直接IO(広告掲載オーダー)購入のみを提供している。広告主はプラットフォームと直接連携して広告を購入および配信する。今年、米国で広告のテストを開始したTikTokは、インフィードビデオ広告、ユーザーが最初にアプリを開いたときに表示されるブランドのテイクオーバー広告、バナー広告を含む4つの異なる広告フォーマットを広告主に提供している。TikTokユーザーに対して、ブランド企画のビデオチャレンジや、自分のビデオで使用することを選択できるブランドレンズへの参加を誘導している。

ブランドの広告は、5万ドルから10万ドルの範囲で購入可能だと、バイヤーは語る。またあるバイヤーも、公になっていない金額を話すために匿名を希望した。そのバイヤーは、ハッシュタグ・チャレンジ(ブランドやコンテンツ制作者が動画をアップロードしてハッシュタグを付け、他のTikTokユーザーに同じハッシュタグを使って自分のバージョンの動画を制作することを推奨する)は、6日間のプロモーションで15万ドルにて販売されていた。これらのハッシュタグ・チャレンジに対して、TikTokは他の広告ユニットを通じてハッシュタグ・チャレンジを促進するためにさらに10万ドルから20万ドルの予算を組むようバイヤーにアドバイスしている、とバイヤーは言った。Picture1

今月のTikTokユーザーのフィードには、このようなインフィードビデオ広告が掲載されている。

 

TikTokが米国で拡大し、平均以上の利用時間とインターナショナルであるという魅力があるため、メディアバイヤーと彼らのクライアントはTikTokに注目している。米国外のオーディエンスにアピールしようとしている多国籍ブランドや、より若い消費者にアピールすることに興味を持っているブランドは、特に興味があるようだ。

 

Mindshareの創設者でありマネージングディレクターであるジャネット・レヴィーン氏は、このプラットフォームは10代にリーチし、長期的なブランドロイヤルティを築くことができるため、興味をそそるものだと語っている。

「あなたは、マーケティング担当者がリーチしたいと思うZ世代の人口統計を持っているのだ。特にその世代への若者へのマーケティングに関しては、購入制限やターゲティングの制限があるため、他ではリーチするのが難しいかもしれない。」

一部のブランドはすでにこのプラットフォームに広告を投下している。たとえば、GrubHubは2月にこのアプリでブランド広告キャンペーンを実施し、昨年デニムブランドのGuessはブランドハッシュタグ・チャレンジ、#InMyDenimを発表している。11月には、Jimmy Fallonがハッシュタグ・チャレンジでアプリをPRし、オーディエンスに#tumbleweed challengeビデオをアップするよう促した。2月中旬の時点で、TikTokの#tumbleweedchallengeでタグ付けされたビデオは、2600万を超える再生回数を記録している。

ネスレとディズニーがYouTubeから広告を取り消しーYouTubeの子供に関するビデオの取り扱い方が発端に

https://adage.com/article/news/nestl-disney-pulled-ads-youtube/316710/Picture1

あるブロガーが、Googleが所有するビデオサイトYouTubeでのコメント欄がどのように「ソフトコア(性描写が露骨でなく暗示的な)の小児性愛者たち」を促進するために使われていたかを説明した後、ネスレやウォルト・ディズニーはYouTubeでの広告を下げたという。問題があるビデオのいくつかに、ディズニーやネスレの広告があったのだ。

ネスレの広報担当者はメールで、「米国のすべてのネスレ関連会社はYouTubeでの広告の掲載を一時停止した」と話した。ビデオゲームメーカーのEpic Games Inc.とドイツの食品大手Dr. August Oetker KGも、彼らのブランドの広告がそれらのビデオの前に再生されることが示された後、YouTubeへの広告投下を延期したと述べた。情報筋によると、ディズニーは広告支出を保留にしたようだ。

ビデオブロガーのマット・ワトソン氏は日曜日に20分のビデオを投稿し、若い女の子が鏡の前でのポージングや体操を行うなど性的なことを連想させる行動をしているようなビデオを特定するために、YouTubeのコメントがどのように使われているかを詳しく説明した。ワトソン氏のビデオでは、ユーザーがいずれかのビデオをクリックした時に、どのようにYouTubeのアルゴリズムが似たような動画をお勧めするか、を説明している。水曜日までに、ワトソン氏のビデオは170万回以上見られている。

YouTubeの広報担当者は、「コメントを含む全てのコンテンツにおいて、未成年者を危険にさらすようなコンテンツは不適切であり、YouTubeではこれを禁止する明確なポリシーを設定している」とメールで話した。これらの動画への広告費用の合計は過去60日間で8,000ドル未満であり、YouTubeは払い戻しを予定している、と広報担当者は述べた。

2年前、Alphabet Inc.のGoogleが所有するビデオサイトであるYouTubeで、過激な暴力的なコンテンツの横に広告が掲出された後、いくつかの主要な広告主がYouTubeからの広告支出を取りやめた。YouTubeはまた、子供向けの不適切な動画をホストしているという批判にも直面している。Googleはこの問題について、広告主に安心感を与えるために過去2年間でいくつかのステップを踏んでいる。P&GやAT&Tなど、YouTubeをボイコットしたブランドの多くは、その後YouTubeでの広告を再開している。

YouTubeは、適切さの「境界を越える」コンテンツをどのように扱うかについての、最新の方針を発表した。

ウォルマートが自社でオンライン広告の販売を行うことで、WPPグループに大きな打撃を与える

3年前にWPPに買収されたトライアドは、ウォルマートへの移行を阻止するために競合禁止契約を発令

https://adage.com/article/digital/walmart-takes-online-ad-sales-huge-blow-wpp-unit/316689/

Picture

ウォルマートは、WPP傘下のトライアドが管理しているWebサイトの広告販売および関連する分析作業を、自社で行おうとしている。それは何百人もの仕事に影響を及ぼし、WPPがたった3年前に買収したビジネスの仕事の大部分を取り除くことになる。

この問題をよく知っている人々によると、トライアドは社員に対し、広告運営を引き継ごうとしているウォルマート・メディア・グループへの移行を阻止するためにも、競合禁止契約を強制するだろう、と話した。また、ウォルマートはこの動きの一環として何百人もの社員を雇用すると予想されている、とこれらの人々は言う。トライアドからウォルマートへの移行は少なくとも5月まで続くと予想される。

ウォルマートの広報担当者はアカウントの移動を確認したが、競合禁止契約についてはコメントを控えた。トライアドの広報担当者はコメントを控えた。

WPPが49パーセントを所有しているHaworthが、ウォルマートおよびSam’s Clubのメディアバイイングを行なっていたとしても、WPPユニットの競合禁止契約に対する姿勢は変わらない。ウォール・ストリート・ジャーナルによると、トライアドの2016年10月の販売時点での年間総売上高は5億ドル、従業員数は約700人であった。2017年までにトライアドは、取引当時2番目に大きな顧客であったeBayが自社で広告運用を開始した後に500人の従業員となったという。その他の主要なトライアドのクライアントには、ステープル、オフィスデポ、Kohl、CVS、Wayfair、Searsが含まれ、これらを合わせるとWalmartのリテールの売上高の約半分となる。

トライアドは、XMisと並んでGroupMのマーケティンググループの一員である。トライアドは先週、社名から「リテール・メディア」という言葉を削除し、コンサルティングに新たに焦点を当てることを発表した。この会社はフロリダ州セントピーターズバーグを拠点としているが、このことに影響を受ける従業員は国内外のオフィスに分散している。

AmazonやKroger Coを含む他の大手小売業者は最近、独自のメディア販売事業を営んでいる、またはそれらを自社運用に持ち込んでいる。

利益率が高く、急成長しているデジタル広告ビジネスは、利益率が低い小売業者にとって戦略的に重要になってきている。しかし、ガートナー(IT分野の調査・助言を行う企業)グループのL2社は昨年、ウォルマートがデジタル広告ビジネスのアクションに満足していない理由を発見した。Amazonはそのウェブサイトでの検索の16%をマネタイズできているのに比べ、ウォルマートはわずか1%だったからである。