タグ別アーカイブ: offerup

中古品販売アプリのLetGoが10億ドル以上の企業評価額で1億ドルの資金調達

【出典】 2019/09/28
https://techcrunch.com/2017/09/28/used-goods-marketplace-letgo-quietly-raised-100m-more-at-a-1b-valuation/

Picture1

comScoreによると、ユーザーが中古品の売買を行うことができるLetGoというアプリは現在アメリカで最も急速に成長しているアプリの一つだ。7500万回のダウンロード数、数千万人のアクティブユーザー、そして過去二年間で二億件のリスティングがあった。そして今、拡大に向けて準備を行なっている。TechCrunch社はLetGo社が10億ドル以上の企業評価額で1億ドルの資金調達を行なったという情報をあるソースから手に入れた。

ニューヨークに本拠地を置くLetGo社は15ヶ月前にスペインのライバルアプリWallapopを買収し、9ヶ月前には1億7500万ドルの資金調達を行なったばかりだ。この1億ドルの資金調達は9月半ばに行われたばかりで既存の投資家から調達したと思われる。現在まで合計3億7500万ドル調達し、出資者は、14W, Accel, Eight Roads Ventures, FJ Labs, Insight Venture Partners, Mangrove, Naspers, NEA, NextView and Northzoneなどだ。

LetGo社のスポークスパーソンはこの内容についてのコメントは拒否した。

LetGo社の非常に迅速で大規模の資金調達は、このエリアの競争の激しさを示している。アマゾンとウォルマートがお互い競争しながら引き続き小売販売を支配しようとしているが、LetGoは中古品売買業でCraigslistやイーベイに追いつこうとしている。LetGo社と同じ業界にいる企業はOfferUp、5miles、Facebookのマーケットプイス、Close5(イーベイが所有しているが別々に運営)などだ。

業界を支配するにはまだ道のりは長いかもしれないが、LetGo社によるとモバイルトラフィックはCraigslistのモバイルトラフィックの半分まで成長、そしてCraigslist全体のトラフィック数の3分の1(ウェブとモバイル両方)まで増加している。

この業界のスタートアップではOfferUpがLetGoに一番近いライバルだろう。comScoreによるとOfferUpも急速に成長しており、現在12億ドルの評価で1億2000万ドルを調達したとされている。LetGoは現在無料でダウンロード可能で商品をポストすることにより販売することができる。この方法で過去二年間のオーディエンスを1224%成長した。(Snap社のBitmojiに次ぐ2位の成長率)現在の有料サービスはオプションでユーザーの商品をプロモートできる機能だ。

「我々は現在、ユーザーにとって価値となる収益化方法を模索中だ。」とCEOのAlec Oxenfordは語る。「LetGoが持つポテンシャルは非常に高く、大きな収益が望める。現在収益化を目指しているが、我々の中で一番優先順位が高いのはLetGoが最も商品の売買をするのにふさわしい場所であり続けることだ」と語る。今のところ、同社は機能のシンプルさを売りに他社の差別化を図っている。

「最も成功しているAirbnb、Lyft、Uberなど個人-個人の双方をつなぐマーケットプレイスが共通して持つ特徴はシンプルさと、ユーザー重視という2点だ。この二つがLetGoを成功に導いている」とOxenfordは語る。

この市場を変えようとしている他のアプリは、イーベイやCraigslistなどのような古いスタイルプラットフォームを使用している。LetGoは商品をアップロードする手間を省くことに重点を置いている。それによりユーザーの脱落を防ごうとしている。将来的にはAIが商品のアップロードを行うことも視野に入れている。

LetGoは商品の写真を撮ると、機械学習で自動的に商品の選別しタイトル付けとカテゴリー分けを行なってくれる。中古品売買のマーケットプレイスでこのような技術を使っているのはLetGoだけだとOxenford氏は語る。

LetGoはメッセージ機能も強力なツールの一つで、今までに合計30億件のメッセージが発信され、毎日900万件に達している。

Offer Up、1.19億ドルを調達

【出典】2016/9/8

https://techcrunch.com/2016/09/08/offerup-raises-119-million-for-resale-marketplace/

untitled

Craigslistのようであるが、そこにはオークションというシステムがある。OfferUpは、個人間での売り買いを簡単に可能にするアプリだ。

シアトルを拠点に現在急成長をしている同社は1.19億ドルを調達し、世界規模でその人気を広げている。その資産には、Warburrg Pincusを中心にGGV CapitalやAndreessen Horowitz、T. Rowe Priceなどからの投資も含まれている。

OfferUpの利用者は、服や家具などの自分が売りたい商品を写真で投稿し、一番高い額で入札をする人をアプリ内で探すのだ。アプリ内のメッセージ機能によって、購入検討者とのやりとりが簡単にできるようになっている。

「我々の最大の狙いは、人々がローカルにものを売り買いする際に、最も簡単かつ信頼のおける方法を作ることです」とCEOのNick Huzar氏はTechCrunchに述べる。LetGoやMercariなどの似たような種類のアプリがある一方で、Huzar氏は「それらとの競争において我が社への損害はほとんど見られません」と我が道を進んでいる。

GGV CapitalのHans Tung氏は、OfferUpに投資した理由として「Craigslistは長らく変わっていません。まだ不十分な部分もあり、モバイルに対しては繰り延べ需要となっています」 と述べる。彼は、OfferUpが販売者と購入者が電話番号などの個人情報を明かさずに、簡単なコミュニケーションのやりとりができると指摘した。

OfferUpは昨年登場し、すでにアメリカ国内で2900万ダウンロードされている。利用者のエンゲージメントとしては、スナップチャットに匹敵すると彼らは発表した。

個人的に私は昨秋、引越しの前にものを売ろうとOfferUpを利用した。一見売れないだろうと思っていたもの(なんと缶のゴミである)でさえも購入者が簡単に見つかり驚かされたものだ。

OfferUpは過去9100万ドルの資金を調達している。