タグ別アーカイブ: New York Times

ライアン・マーフィー、ネットフリックスと3億ドルと噂の契約を結ぶ

https://www.nytimes.com/2018/02/13/business/media/netflix-ryan-murphy.htmlPicture1

ストリーミングサービス大手のネットフリックスは、古くさいハリウッドからまた勝利を掴んだ。

ネットフリックスは、21世紀フォックスからヒット作品プロデューサーのライアン・マーフィーを奪取したと発表した。

匿名を条件に内密交渉について語った2人の関係者によると、5年契約で金額は3億ドルほどになり、これはテレビプロデューサーにとって今まで最大の取引の1つになる。

この契約は、マーフィー氏がキャリアの大部分を過ごした20世紀フォックスにとって失望的だが、12月に同社のほとんどを524億ドルで買収する契約を結んだウォルトディズニーカンパニーにも大打撃を与えた。

マーフィー氏のフォックスとの契約は今年の夏に切れ、7月にはネットフリックスへ異動となる。

『グリー』、 『NIP/TUCK マイアミ整形外科医』、アンソロジーシリーズ 『アメリカン・クライム・ストーリー』、 『アメリカン・ホラー・ストーリー』を手がける大物プロデューサーのマーフィー氏は、拡大し続けるディズニー帝国のキーパーソンになるはずだったので、フォックス社の役員は数回にわたり彼を引き止めようと試みた。 アマゾンも彼との契約を真剣に検討していた結果、このインディアナポリス出身の52歳の作家、監督、プロデューサーの価格を引き上げる一理となった。

マーフィー氏は、「この瞬間は私の歴史にとって忘れられないものになるだろう」と述べた。 「私は55ドルの貯金を手に1989年にハリウッドに移住した、ただのインディアナ州出身のゲイの男の子だった。私の夢がこのような大きな形で実現したという事は感情的で圧倒的だ。」と語る。

マーフィー氏のストリーミングへの異動の道を開いたのは、ネットフリックスが8月に達した、ABCシリーズ『グレイズ・アナトミー』と『スキャンダル』のプロデューサー、ションダ・ライムスとの1億ドルの契約交渉だ。ライムス氏はディズニーのABCネットワークに10年勤めていたが、ディズニーがストリーミングサービスを拡大し、最終的にはネットフリックスから多くの作品を引き出すと発表した数日後にこの異動を決めた。

契約終了が近づいていたマーフィー氏にとってこの瞬間はピッタリであった。ハリウッド経済は急速に変化しており、今やテック企業たちが、サイレント映画の時代からマスエンターテイメントの頼もしい提供者であったスタジオの競争相手となった。

アップルとアマゾンは最近、ネットフリックスやHuluに習ってヘビー級のクリエイターやエンターテイナーとの契約に積極的であり、老舗企業は新生で潤沢な予算を持つライバル企業と戦わなければいけないという危険にさらされている。 2012年にオリジナル作品のプログラミングを開始したネットフリックスは、今年は最大80億ドルをオリジナルコンテンツに費やすとしており、アップルはオリジナルコンテンツ制作へ少なくとも10億ドルの出資を発表した。

結論は、実績のあるプロデューサーやビックスターがうらやましい交渉の地位にあるということだ。

マーフィー氏のネットフリックスへの参加決定の要因は、ディズニーとフォックスの間の合意によってもたらされた不確実性にある。彼は21世紀フォックス社プレジデントのPeter Rice氏や、フォックスのTVグループのチェアウーマンでマーフィー氏の子供たちの名付け親でもあるDana Walden氏、フォックス傘下のケーブルチャンネル、FXネットワークのチーフ・エグゼクティブであるJohn Landgraf氏らと親密な協力関係があった。

ディズニー・フォックス間の契約が政府の承認を得るのであれば、これらの役員が現地位にとどまるかは確実ではない。Rice氏は合併計画が成立した後も会社に残るかどうかは分からないと述べた。

さらに混乱を招くのは、コムキャストが21世紀フォックスの一部への入札を再検討しているという月曜日のレポートだ。

マーフィー氏が既にネットフリックスと協力関係にあったことが、彼の異動を円滑にした。フォックスは昨年9月に、ケン・キージーの小説に基づいたオスカー受賞映画『カッコーの巣の上で』の悪役である看護師ラチェッドが中心のネットフリックスドラマシリーズの2シーズン契約を、マーフィー氏に許可した。また先週マーフィー氏は、バーブラ・ストライサンドとグウィネス・パルトロー出演予定の別のプロジェクトにもサインした。両作ともフォックスのテレビスタジオが参加しているプロジェクトである。

ライムス氏との契約の他、デイヴ・シャペル、デイビット・レターマン、クリス・ロック、アダム・サンドラーらとも有利な契約を結んでいる。

マーフィー氏はフォックス社から束縛されていなかったので、挑戦的な作品を制作することができた。マーフィー氏がエグゼクティブプロデューサーとして務めたFXアンソロジーシリーズ 『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』のファーストシーズンは、批評家から大絶賛、九つのエミー賞を獲得。しかし、ネットフリックスの契約は、彼にもっと高額な予算を与える可能性があり、映画、テレビ、またはドキュメンタリーなど自由に手がけるだろう。

マーフィー氏は、火曜日の夕方の声明で、ネットフリックスのCEO、Reed Hastings氏、チーフ・コンテンツ・オフィサーのTed Sarandos氏、オリジナルコンテンツ担当副長Cindy Holland氏に対して感謝の意を表明した。

「女性、少数派、LGBTQのヒーローやヒロインを引き続き支持する私と私の会社の将来を信じてくれたTed Sarandos氏、Reed Hastings氏、Cindy Holland氏に感謝しきれない。また私の既存の番組でフォックスの友達や同僚とのパートナーシップを継続できることは光栄であり感謝している。」

Sarandos氏は、自身の声明で、「ライアン・マーフィーのシリーズは、世界の文化的時代精神に影響を与え、ジャンルを改革し、テレビの歴史を変えた。
少数派に発言の場を与えたり、ユニークな展望を見せたり、ただ私たちの心を震撼させたりする事への彼の卓越した才能は、ジャンルを超えた彼の業務に広く浸透している。」と語った。

マーフィー氏のフォックスで手がけている作品群は一晩で消えない。 『アメリカン・クライム・ストーリー』、 『アメリカン・ホラー・ストーリー』、『フュード/確執 ベティ vs ジョーン』のすべてのシーズンは引き続きFXで放送される。放映開始6週目にも関わらず長期ヒットを予測させる彼の刑事ドラマ『9-1-1』は、フォックスで引き続き放送される。そして、1980年代のニューヨークの流行シーンを描く彼の新ドラマ『ポーズ(原題)』は、トランスジェンダーのキャストを数多く起用し、FXで進行する。

マーフィー氏はテレビ作家として活躍する以前に、ジャーナリストとしてのキャリアを開始した。彼の最初のドラマシリーズ『Popular(原題)』はワーナー・ブラザースで長続きしなかったが、カルトヒットとなった。 FXの初期成功作品の1つである『NIP/TUCK マイアミ整形外科医』は、マーフィー氏に初めてのヒットをもたらし、FXをベーシックなケーブル放送から最高のエンターテインメントの地へと変化させた。 また2009年マーフィー氏は、ブロードウェイの活力とはみ出し者の思春期たちへの愛を込めたフォックスのプライムタイムドラマ『グリー』によって、ショーランナーのトップランクに入った。

マーフィー氏は先月、ロサンゼルスのテレビ批評家協会のメディアイベントで、彼の将来についての不安を共有した。長年にわたり、彼は「Foxの敷地に埋葬される」と思っていたという。しかしルパート・マードックが会社を売却する決定を下した後はさほど確かでは無かったらしい。

彼はディズニーの最高経営責任者、ロバート・A・アイガーにアプローチし、買収に対する不快感を現す質問を投げかけた。
「私はミッキーマウスを『アメリカン・ホラー・ストーリー』に出演させなくてはいけなくなるのか?」

Amazon社、商品の価格を抑えるためインドの業者をリクルート

【出典】11/27/2017
https://www.nytimes.com/2017/11/26/technology/amazon-india-merchants.html

Picture22

この年末の休暇シーズンにAmazon.comで買い物をするアメリカ人にとって、革靴や高級寝具など人気のギフトがインドから来ているとは予想外かもしれない。

アマゾン社は、常に価格を下げる方法を模索していて、アマゾンで販売を考えているインドの出店者を積極的に探している。アマゾンは2年前に国外のリテーラーを募集を始めてから、少なくとも27,000人のインドのリテーラーが契約を結んだ。

Titanの時計シリーズをアマゾンで出店している大手Tata Group からタペストリーやお香、銅製マグカップなどを販売するThe Boho Street社まで幅広い業者が並ぶ。

Picture23

Eコマース大手であるアマゾンを通じて海外製品を販売することで、従来の輸入プロセスの一部が省略できその結果、販売価格が低下する。しかもアマゾンは膨大な製品ラインナップをそろえることが出来きる上、出店者に手数料を課すので同社にとって有益だ。インドの企業The Boho Streetの創始者Abhishek Middha氏にとってAmazonはアメリカ市場にワンクリックでアクセスできる便利なツールだ。

「アマゾンは、出荷から顧客への対応まで、米国内のすべてのやり取りを行っている為、我々は最高品質の製品を作ることに集中し、更に製品を増やす事ができる。」と同氏は答えた。同氏の商品はEtsyのような他のイーコマースサイトでも販売をしていたが、アマゾンの提供している様々なサービスを利用するため2年前にどうウェブサイトに移行した。昨年のサイバーマンデーの売上は通常の4倍に達し、年間収入は190万ドルに達した。今年のブラックフライデーの売上は前日に比べて3倍になった。

「どうやってブランドを築くかAmazonは教えてくれた。」と同氏は述べた。

Picture24

アマゾンのインド業者を使ったグローバル販売プログラムの成長は、同社の戦略がどれほど洗練されているかを示している。同社はインド第2位のシェアを持つEコマースサイトであるAmazon.inも運営しており、これはインドの増加するオンライン消費者層に対応している。アマゾンは安価でクオリティの高い、特にアパレル関連のインド製品がアメリカのアマゾンで売れることも認識しており、競合のウォルマートに対抗している。インドでAmazonのグローバル販売プログラムを率いているAbhijit Kamra氏は、アメリカ人はすでに綿タオルなどインドで作られた多くの製品を購入していると語った。

「我々がやろうとしていることは、グローバルなサプライチェーンを省略し、売り手と顧客をより近づけることだ。」と Kamra氏は電話のインタビューで述べた。 「Amazon.comの7500万品にも及ぶインド製品の中にはサリーなどインドの伝統的なものはインド系アメリカ人に人気で、ジュエリーや健康製品のような他のカテゴリーはもっと幅広いカテゴリー層にリーチ出来る」とKamra氏は語った。

Picture25

Amazon.comは多くの国から出店者を抱えているが、インドと中国は新しい出展者を増やすうえで最も重要な場所と考えているという。

中国では現地企業がEコマースを牛耳っているが、インドは既にアマゾンの巨大市場である。インドの小売ほとんどはオフラインで実施されているが、インド人はスマートフォンを通じてインターネットを急速に使うようになっている。アマゾン社CEOジェフ・ベゾス氏は、インドは自社の未来にとって必要不可欠と見なし、少なくとも50億ドルをインドでの事業開発に投資すると誓った。

インド最大のイーコマースサイトFlipkart社はインド政府に対し、外国企業から国内インターネット企業を保護するための政策を推進したが、同国首相の最優先課題はインド製品の輸出を促進することで、アマゾンは現在良好な立場にいる。

インドの一人あたりの国民所得が1年につき1600ドルの中、Amazon.com上で販売を行っているインドの出店者にとって、インドのローカルサイトであるAmazon.inはあまり魅力的ではないという。

インド南部の CoimbatoreにあるBoston Creative Company 社の責任者、Raja Rajan氏は、Amazon.comで彫刻されたスプーンを 13ドル、アート本を60ドルで販売している。最近Amazon.inでもスプーンを販売し始めたが、最初の6日間で売り上げは1つもなかったと電話のインタビューで語った。

ソーシャルメディアでの意見に耳を傾けるのはいい事だが、口コミを聞くことも忘れないように。

【出典】11/26/2017
https://www.nytimes.com/2017/11/26/business/media/advertising-social-media.html

Picture20

トランプ大統領が、2月に娘のイヴァンカ・トランプ氏が手がけるブランドの衣類の取り扱いをデパートNordstrom社がやめたことについて怒ったつぶやきを投稿した際、トランプ氏の支持者はソーシャルメディア上でNordstrom社をボイコットする呼びかけを行った。トランプ氏の以前のつぶやきでは、ロッキード・マーティン社を批判、同社の株価を傷つけたこともあった。しかし、Nordstrom社の株は下がることなく上昇し、他のライバル達を上回る結果となった。

EMSI Public Relations社のデジタルマーケティング戦略家、Jay York氏は、上記のことについて、オンラインでの言動や情報がオフラインでどのように影響するかを表す「二分法」の一例であると語った。また、企業はオンラインとオフラインの両方の反応を観察し本当のブランドへの気持ちや、本質が絡んでいるかもしれない論争の真の姿を把握する必要性があると述べた。

カナダの企業Engagement Labsが実施した調査によると、アメリカでは企業の売り上げの19%(7兆〜10兆ドル)は消費者の会話(オンライン/オフライン両方)によって持たされるという。170社を対象とした調査では、企業がソーシャルメディアを消費者心理を追跡するために使用する正確なツールとして、間違って参照していることが分かった。

しかし、しばしばそのソーシャル上の会話は、人々が友人や家族との私的な会話で言っていることと大きく異なるかもしれないと、研究では述べている。Engagement Labs社のチーフ・リサーチ・オフィサーで、調査の共同執筆者であるBrad Fay氏は、「オンラインで起こっている会話内容がオフラインと同じだと仮定するとかなり大きな間違いを犯す危険がある。非常に多くの場合、オフラインとオンラインとでは異なる。」と述べた。否定的で不愉快なコメントは、ソーシャルメディアで大きく取り上げられることが多い。そしてただ反応を得るためや、ソーシャルメディアでフォロワーにかっこよく見せたりするために、自身の本当の意見とは反対のコメントを投稿することがある。

ソーシャルメディアは、トラブルの早期兆候を見るために貴重なツールになる。市場調査会社のneuroscience and behavioral science for IpsosのCEO、Elissa Moses氏は、「ソーシャルメディアは現在進行形のネガティブな空気が流れ始めていることを察知することができる」と述べた。企業は、オフラインでの会話がオンラインでの会話と内容がマッチするかどうかを詳しく調べて対処する必要があるだろう。

ソーシャルメディアでのNordstrom社へのバッシングは大きかったが、同企業のブランドに対する忠誠心を揺さぶることはなかった。

Picture21

リテールコンサルティングと証券業務サービス会社であるDavidowitz & Associatesの代表取締役Howard Davidowitz氏は、「Nordstrom社は非常に忠実な顧客層を持ち、忠実な顧客層を持つことはソーシャルネットワーク上の馬鹿げたコメントよりも重要だ。」と述べている。

では、企業はどのようにオフラインの会話を追跡しているのか?

オンラインアンケートや店頭調査カード、自宅訪問、ストアでの顧客との会話から、企業は消費者の本当の感情を追跡できる。デパートBloomingdaleやSaks Fifth Avenueなどは、最新の宣伝キャンペーンから店内のマネキンにいたるまで、消費者に質問を行うため座談会に招待することがある。ソーシャルメディアでの投稿やツイートからでは分からない、表情や声のトーン、言葉の間合いから問題点を明らかにできる。とMoses氏は語る。Open Mind Strategyの創設者兼CEOであるRobin Hafitz氏は、座談会参加者の感情的な反応を検出するために熱感知器を使用することがあるという。「言葉や発言では広告に対して否定的だったとしても、熱感知器を使うことで、本当の感情を示し出すことができる。」とMoses氏は付け加えた。

マットレス会社Nectarの創業者、Craig Schmeizer氏は、会社を設立したとき、当初の需要を過小評価し、少なめに見積もっていたのだが、1月に販売が開始されたときに商品はすぐに在庫切れとなった。ソーシャルメディアには苦情のコメントが寄せられ、ビジネスが本格的に始まる前に潰れてしまうのではないかと恐れたという。

しかし、オンラインおよび電話を通して顧客に在庫切れを伝えたところ、顧客たちはキャンセルするつもりはないと告げられた。彼が在庫切れによる発送の遅れについて素直に顧客に伝えた結果、顧客も率直にうけとめたとのこと。1月から4,000万ドル以上の売り上げを出している同氏は、「待つ時間が長くなると顧客に告げるたびに、売上は上がっていった。」と述べた。

ウェンディーズが過去に行った「冷凍牛肉を使わない」キャンペーンは、ポジティブな話題を生み出したが、売り上げが上がることはなかった。オフライン調査でわかったことは同社のHafitz氏によると「多くの家庭はいずれにせよ牛肉を冷凍保存するので人々は特に興味なかった」という。

ファストフード店Chick-fil-A社のCEODan Cathy氏が2012年に同性結婚に反対する意見を述べたとき、ソーシャルメディア上で人々はChick-fil-Aのボイコットを呼びかけたがその年の売上は12%増加の46億ドルとなった。

「人々はChick-fil-AのCEOの意見に対してネガティブに感じていてもChick-fil-Aで食事をしている。ソーシャルネットワーク上でChick-fil-Aでの食事風景の投稿は悪いと思っているのでしないだろうが。」とYork 氏は語った。

これら全ての例は企業が何故オンラインとオフラインの両方の会話をフォローする重要性があるのかを示している。「企業が成功する為には全体像を見る必要がある。選択ではなく、必須でオンラインとオフライン両方の声を聞き取ることが必要。」とFay氏は述べた。

FacebookがWhatsApp買収を発表したことに対し、EUが1億2,200万ドルの罰金を請求

【出典】2017/5/18

https://www.nytimes.com/2017/05/18/technology/facebook-european-union-fine-whatsapp.html

名称未設定

Facebookとのヨーロッパの恋愛情事は終わりに近づいているかもしれない。

木曜日に、欧州連合(EU)の強力な独占禁止法違反責任者が、2014年のインターネットメッセージングサービスWhatsAppの190億ドルの買収で、誤解を招く情報を発表したことにより、Facebookを

110万ユーロ(約122万ドル)の罰金刑に掛けた。

オランダとフランスのプライバシー保護団体が厳格なデータ保護法を犯したとの判決が下された数日後に、フェイスブックに対する最大の規制違反の罰金が科せられた。他のヨーロッパ諸国、特にドイツは、差別的表現や誤報の警戒に反した場合、多額の罰金を科すなど、ソーシャルメディア企業を取り締まるようになっている。

Facebookは 、同社のデータと10億人以上のユーザーを持つWhatsAppのデータを組み合わせないと欧州委員会や幹部に対し報告したとEUの独占禁止法審査のチーフであるマルグレーテ・ヴェスタ氏は述べた。

しかし、昨年8月、FacebookはWhatsAppのデータを他の企業と共有することを発表した。オンライン広告事業を支援するために、より多くのデータにアクセスできるようにすることで、ライバルよりも不公平な利点を得られるためである。

「今日の決定は、企業にEUのすべての合併規則に従わなければならないという明確な警告です。」と、ヴェスタ氏は公言した。 さらに、「Facebookには、抑止力のため今回の代償に比例した 罰金を請求します。我々委員会は、合併の競争への影響について正確な事実を十分に把握できるよう 決定を下さなければいけません。」と語った。

それに対し、フェイスブックは EUの独占禁止法の審議において誠意を持って行動し、罰金請求に対して法的訴えには出ないとしている。

「2014年に提出した書類の誤りは意図的なものではなかった。欧州委員会は合併審査の結果に影響を与えないことを確認していた。」とFacebookは主張している。

全体的な罰金額は軽く、その金額は大よそFacebookが毎年オンライン広告で稼ぐ数十億ドルと比較すると大したことはなく、 EU委員会はその金額で納得している。

しかし、 EUの関係者は、地球上 で最も大きなテクノロジー企業の1つとなっているFacebookに対する精査を強化して いるという噂もある。

精査を厳しくすることによって、ヨーロッパで活動している米国の技術企業が通過しなければならない洗礼の様なものになってきている。

過去20年の間に、Amazon、Apple、Google、Microsoftなどは、長い間、EU当局による独占禁止法の審査の対象となっている。この事において、技術会社の幹部は反米的偏見だと主張しているが、EUの政策者は否定している。

専門家によると、Facebookは、シリコンバレー企業の中で前々から唯一、EUの規制に触れ怒りをかっている企業であり、今回は、第三者のウェブサイトを通して、フェイスブックがサイト利用者や利用者でない人の膨大な個人情報を集めたとしてEU委員会の反発を呼んだ。

フランスの当局者は、火曜日、同国のユーザーのデータを収集し使用する方法を十分に制御できなかったため、ソーシャルネットワークに15万ユーロ(比較的小さな違約金)の罰金を科した。オランダの規制局も、同社がプライバシーに関する規則を守っていないと判断したが、これまでのところ罰金は科していない。

Facebookは米国で始まって以来、発展途上の国にもサービスを積極的に広めているが、ヨーロッパでの行動と、地元の役人によるその行動への対応は、グローバルな事業に影響を与える可能性がある。

同社の国際本部はダブリンにある。これは主に税務上の目的で置かれているが、ヨーロッパのデータ保護と独占禁止当局は、北米以外の15億人以上のユーザーを含むFacebookの活動を監視し警戒しやすくする為でもある。

これまで、ヨーロッパのプライバシー保護団体は、ソーシャルネットワークが人々のデータをどのように収集し、使用してきたかを法的問題として提起し、Facebookはその措置として世界中のすべてのユーザーのプライバシー設定を変更することを余儀なくされた。

このような変化は、世界中の人が デジタルサービスをどのように利用するかに影響を及ぼし、Facebookなどの企業がインターネット上で何らかの制限をかける動きも出てくるだろう。

ウィキペディアの創設者であるJimmy Wales氏は、「この種の闘いは避けられないだろう。インターネットは国境に慣れていない」と昨年のインタビューで語った。

火曜日、タイ政府は、君主制を軽視する数十ページのコンテンツが不適切だとし、それらを サーバーから削除するようFacebookに要求した。ベトナムでは、Facebookは先月、政府の高官の誤解を招く記事や誤ったアカウントなど、一部のローカルコンテンツを取り下げることに同意した。インドネシアやフィリピンなどの国々も、誤報の可能性を減らす対策を同社に求めている。

Facebookがネットに誤ったニュースを流したと懸念されているなか、米連邦議会議員や政策立案者は、今年11月の大統領選挙前など、警戒する姿勢を見せた。

Facebookは昨年、WhatsAppのデータを使って広告ビジネスを拡大すると発表した後、連邦取引委員会に苦情を申し立て、EUのパートナーシップに対して同様の議論を行った。

しかし、EUのプライバシー規制局は、契約が公開されたわずか数ヶ月後にFacebookがWhatsAppのデータを広範な目的で収集するのをやめさせるのに対し、アメリカのプライバシー保護団体は連邦取引委員会からその懸念についてまだ回答を得ていないと言う。そのため、 Facebookはアメリカのサービス利用者からWhatsAppデータを収集し使用し続けている。

“アメリカの独占禁止法はデジタル経済と独占サービスの登場に追いついていない。有力プロバイダーとはあまりにも多くの決まりがあり、個人データの統合はあまりにも多い。」とワシントンの支持団体である電子プライバシー情報センターのMarc Rotenberg社長はメールで述べた。

スナップチャット、セレブとインフルエンサーに対して気のないふりを

【出典】2016/12/18

https://www.nytimes.com/2016/12/18/technology/snapchat-plays-hard-to-get-with-celebrities-and-influencers.html

Untitled

ミュージシャンであるJay Sean氏はYouTube、Facebook、そしてツイッターの本部を訪ねたことがある。Instagramは彼に最も有効なソーシャルメディアの使い方を教えたこともある。

しかし、彼がいつも使っているにもかかわらず、一度もこのような招待をもらったことがないソーシャルメディアアプリがある。それはスナップチャットだ。

「セレブに対して、スナップチャットはInstagramやツイッターと違う」とSean氏が述べた。彼はInstagram上では47.2万人のフォロワーがいるが、スナップチャットでは情報が非公開なため、フォロワー数が分からないという。

ソーシャルネットワークはよく俳優、音楽家、政治家、などと関係を作り上げることに努めてきた。こうすることが、ユーザー数を増やすことに繋がるからだ。スナップチャットはこれを覆した。

Sean氏のようなセレブに特別扱いをせず、スナップチャットは普通のユーザーと同じ様に扱っている。積極的にインフルエンサーを招かず、同社は傍観的なアプローチをしている。

その違いの理由は、スナップチャットはアプリを使うたび本物の経験を提供したいからだ。広告やセレブではなく、普通のユーザーの日常生活がアプリに現れたら身近な感じがする。マーケッターたちもその本物感に引きつけられ、セレブやインフルエンサーにお金を払うのではなく、直接スナップチャットから広告を買うようになりつつある。

「スナップチャットは他とは違う」とSean氏が述べる。「スナップチャット上ではファンたちが欲しているコンテンツが分かる。それは自然で本当にアリと思うコンテンツだ。」

スナップチャットはセレブに対して、普通のユーザーと同じように使ってもらうのが望ましいと示唆している。同社の利用規約により、有料広告は禁止されているため、インフルエンサー・マーケティングは不可能だ。カルフォルニア州ベニス市に位置する同社は友達と交流できるスペースであるスナップチャットのイメージを壊したくないそうだ。

「現在、スナップチャットは愛用者のために戦っている」とデジタル広告会社であるCritical MassのCSOを務めるGrant Owens氏が述べる。Owens氏によると、スナップチャットは広告で儲ける一方で、比較的マーケティングフリーであることにより他社と差別化を図っている。

同作戦はセレブやインフルエンサーに頼ってきたフェイスブックやツイッターなどと真逆だ。インフルエンサーの重要性に対して、2012年に株式を公開したフェイスブックはLady GagaとBooというネット上で有名な犬を規制当局への報告書で言及していたそうだ。2013年に株式を公開したツイッターも規制当局への報告書にシェフであるMario Batali氏とオバマ大統領がユーザーだと報告した。

GoogleのYouTubeもプラットフォーム利用者の広報によって新しいインターネット上セレブのカテゴリ(インフルエンサー)を作った。Instagramもデータ共有によってセレブとインフルエンサーのフォロワー数を増やすことをサポートしている。

上記の作戦によって、多くのユーザーがソーシャルメディアで名声を目指すことになった。いくつかは商品の発売によって生計を立てている。これらのインフルエンサーたちは組合を作り上げたり、エージェントにサポートしてもらい、楽しんだりスタイリッシュに撮った写真に商品を一緒に写してお金をもらっている。

スナップチャットはこういったグループの要求を満たさない。セレブやインフルエンサーと提携する代わりに、スナップチャットは厳しく広告をコントロールすることにしている。ほとんどの広告はスナップチャットで見る動画やビデオをまねしている。

クオリティを守ることによって、スナップチャットは35万〜60万ドルで1日だけ見られるジオフィルターと70万ドルまでのレンズフィルターを提供できる。同社は最近より低価格広告オプションを導入したそうだ。

しかし、ソーシャルメディア会社がセレブやインフルエンサーを避けることは危険だ。

「インフルエンサーはほとんどのプラットフォーム上のエンゲージメントとアクティビティを表現しているため彼らを無視するのは考えられないことだ」とメディアコンサルティング会社であるActivateのCOOを務めるMichele Anderson氏が述べる。Anderson氏によってインフルエンサーを無視することは「近眼のビジネスリスク」であるそうだ。

多数のインフルエンサーはスナップチャットのアプローチに不満を公開している。その一人のShaun McBride氏は11分のYouTubeで公開されたビデオで不満を明確にした。広告会社やインフルエンサーと協力しないことやアカウントを認証することの難しさについてMcBride氏は色々と明かした。彼にとってスナップチャットは「カッコいいけれど高くて」オーディエンスを作り上げることが難しい。

「YouTubeの場合は、サポートがあるのでなんでも協力してくれる」とMcBride氏がビデオで述べる。「Instagramの者と話をしたこともあって、Instagramストーリーズについて色々教えてもらった。けれど、スナップチャットでは相談できる人がいなくて、クリエイターをあまり支えていない気がする。」

Eメールでは、ビデオを公開した後スナップチャットとの関係が変わらなかったとMcBride氏が述べた。

それにしても、セレブはスナップチャットを使い続ける。Sean氏以外に、テレビ司会者を務めるRyan Seacrest氏やRihannaのような音楽家も利用しつつある。去年の秋、同社は「オフィシャルストーリーズ」という認証されたアカウント(Michelle Obama氏やJessica Alba氏のような有名人)からのビデオや写真を指定する機能をリリースした。約100のアカウントしか持っていないオフィシャルストーリーズを公開できないアカウントはより見つけやすいように他のユーザーのストーリーズと区別をたてている。

今年、テニス選手Serena Williams氏はオフィシャルストーリーズに参加することになった。Williams氏はアップグレードについて「誰でも簡単に私を見つけられるようになった」ため好ましいだと述べる。

しかし、セレブのアカウントには他の優先的な扱いはない。彼らの投稿はニュースフィードで披露していなくて、彼らのコンテンツを好んで選択するアルゴリズムもない。利用者は自らセレブをフォローしなければならないし、投稿する動画を自ら見なくてはいけない。スナップチャット自身はフォロワー数を公開しない。

「スナップチャットにフォロワー数は関係ない」とWilliams氏。「スナップチャットは私の本当のファンたちのためだ。」

オフィシャルストーリーズアカウントを持つ俳優とコメディアンを務めるKevin Hart氏もファンたちとのより親しいコネクションを与えたと述べる。

「楽しくて自然な方法でファンたちとつなぎたい場合はスナップチャットを使う」と彼が述べる。

Instagram上、90万以上のフォロワーを持つ女優Arielle Vandenberg氏によると、最初はスナップチャットでフォロワー数を増やすことが難しかった。が、彼女は他のアプリよりスナップチャットを使うことになった。

「見ている人と他の方法より繋がっているように感じる」とVandenberg氏が述べる。「Instagramで写真を投稿したら、その写真は実際に2週間前に撮ったものかもしれない。けれどスナップチャットの場合、その時の経験であり、オーディエンスとのコネクションがリアルタイムだ。」

AT&TとTime Warnerの契約への冷ややかな反応

【出典】2016/10/24

http://www.nytimes.com/2016/10/25/business/media/a-chilly-reaction-to-att-time-warner-deal.html

untitled

Time WarnerとAT&Tの850億ドルの取引は、規制当局の承認を得られていない。もしそれが承認されたとしても、今の方針を続けるだろう。DisneyやFox、Comcastのような巨大企業を含め主要メディアが、これに翻弄されるようなこともまずありえない。

今回の買収はメディアビジネス競争を助長するため大規模な見直しを必要とすると多くのアナリストたちが主張したのにもかかわらず、エンタテインメント業界のエグゼクティブたちはAT&TのTime Warner買収に対して、冷ややかな反応を示した。

「我々はFoxのSky買収の入札の可能性が高くなったと考えています」とMacquarie CapitalのアナリストTim Nollen氏は、ヨーロッパの衛星テレビとインターネット会社についてこう述べた。BTIGのアナリストRich Greenfield氏も「ComcastもT-Mobileを買収しようとしています」と述べており、Guggenheim PartnersのアナリストMichael Morris氏はDisneyが「Netflixの買収を真剣に考えているはず」であると主張した。

これらが、「Harry Potter」や「Game of Thrones」を生み出してきたTime WarnerとAT&Tの買収が先週末囁かれた後にアナリスト達が示した月曜日の見解である。

「我々はまだ状況をよく把握していません。AT&Tの規制当局の承認を得られる勝算は五分五分であり、コイントスと同じ確率なのです」とWall StreetのアナリストMichael Nathanson氏は報告書に記した。

しかし、今回の出来事についての対策はどの企業も真剣に取り組んでいるようだ。

メディア業界のエグゼクティブ達の内数人は、AT&Tの買収に賛成する代わりにどんな特権が得られるかを見極めていると、匿名を条件に話してくれた。時を同じくして、残りのハリウッドの巨大複合企業であるDisneyと21st Century Foxは、今回のワシントンでの取引に対して争う姿勢を示した。

「この取引の巨大さを考えると、厳しい精査を受けるのは当然のことであると考えられます」とDisneyのスポークスマンを務めるZenia Mucha氏は日曜日の声明で述べた。

Foxのスポークスマンを務めるJulie Henderson氏も同じような声明を月曜日に出し、「この取引が消費者に与える規模と範囲、そして影響を考えると、今回の取引は最高レベルの規制審査を受けなければなりません」と述べた。

以下が、AT&Tの契約に対する他のメディア巨大企業の動きと、それに対するアナリストたちのコメントをまとめたものである。

Disney

株式時価総額1500億ドルのThe Walt Disney Companyは、GoogleやApple以外の企業が買収するのには大きすぎる規模の会社である。そして、ハリウッドに一つの企業文化を構築しているDisneyは、テクノロジー分野に関係する取引において、自分自身を被食者(売却側)ではなく捕食者(買収側)として見ていることを明確にした。

untitled

Disneyは、幾度となくNetflixを買収するのではないかという噂を否定してきた。そして、この月曜日にも再度否定した。しかし、DisneyはPixarやMarvel、そしてESPNなどのブランドコンテンツを、ストリーミングを通して直接消費者に届けることへの努力を惜しまない方向性を示している。Disneyは最近、Twitterの買収を検討しており、さらに8月には急成長しているメジャーリーグベースボール(MLB)専門のストリーミング会社BamTechの株を33パーセント買収するために10億ドルを投資している。

untitled

「今の時点で、Disneyに欠如している主な能力は、関連したバックエンド技術の専門知識と、Disneyが所有するコンテンツのために消費者直結型のビジネスを構築する能力です」とBarclays のアナリストKannan Venkateshwar氏は月曜日の報告書で述べた。

Comcast

アメリカ最大のケーブルブロードバンドオペレーターComcastも、NBCというブロードキャスティングネットワークを所有しており、BravoやUSA、MSNBCを含むケーブルテレビの放送局や映画テレビスタジオ、そしてテーマパークを全て運営している。Comcastは、この他に一体何が必要だというのだろうか?

アナリスト達は、月曜日Comcastにワイヤレスやブロードバンド、DirecTVサービスにおいてすでに一億人もの顧客を持つAT&Tとの競争力を保つために、行動を起こすべきであると提案した。彼らはT-MobileやSprint、そしてDishを有力なターゲットとして挙げている(同じ論理が5月にTime Warnerとの契約を締結し発足したアメリカで二番目に大きいケーブル会社Charter Communicationsにも当てはまる)。

untitled

もしAT&Tがワイヤレスデータを活用した新しいタイプのストリーミングサービスを紹介すれば、ワイヤレス会社を買収することは急を要することであるとアナリストは述べる。

しかし、最近Comcastはワイヤレスサービスを拡大する計画を発表した。同社は去年が規制審査で崩壊したTime Warner Cableとの契約の後、未だに傷も癒えていないような状況である。「ComcastとTime Warner Cableの契約破棄は、明らかにComcastに傷跡を残しており、ワシントンに戻ることに用心深くなっていると言わざるを得ません」とMoffettNathanson Researchは月曜日に報告書に記した。

21st Century Fox

Murdochs家が経営権を持っている21st Century Foxも、昨年Rupert Murdoch氏のご子息であるJames氏とLachlan氏が家族のメディア企業を経営するチャンスを得た後は、アナリスト達も特に誰一人として彼らが売却しようとしているとは考えてもいなかった。

しかし、同家族は今になって手の内を明かしつつあると数名のアナリストやバンカーは述べる。長期間に渡りFoxは自社の規模を大きくするべきだと考えている。その考えは、失敗した2014年のTime Warnerへの800億円の公開買い付けからも明らかだろう。もしFoxがもっと前にオファーしていれば、Time Warnerにとってさらに大きなオファーとなったのだろうか(Foxのスポークスマンを務めるHenderson氏は月曜日にその可能性を否定したが)?

untitled

同社の電話会議で、Foxで最高経営責任者を務めるJames Murdoch氏は将来的な買収計画についての質問に対して、「我々は現状に満足しています」と答えた。彼はさらに、「同社の資本をどのように運用していくかに対しては、非常に慎重に行動したいと考えています」と続けた。Foxの最近の戦略では、National Geographicなどのチャンネルへの再投資を行い、流行りの企業取得ターゲットであるVice Mediaなどを避ける傾向にある。

ここで問題になるのは、AT&Tとの契約によりその姿勢が崩れるのかということである。Foxは今後、スポーツテレビやJames Bondのフランチャイズを所有しているMSG Networksを買収する可能性もあるようだ。

CBSとViacom

AT&TとTime Warnerの前に、CBSとViacomの合併にメディア業界は騒然としていた。9月に、患っている93歳の実力者Sumner M. Redstone氏と彼の娘Shari Redstone氏はCBSとViacomを呼び出し、彼の家族がこの合併企業の経営権を引き継げるよう全額株式交換を行なった。2006年に分裂した双方の会社の特別取締役会委員会は、提案された再統合を高く評価している。

untitled

月曜日、何人かのアナリストとメディア業界のエグゼクティブ達はAT&TとTime Warnerの合併に期待を寄せていると述べた。AT&TとTime Warnerの合併は、「コンテンツが業界の王様である」という古い業界の格言を強調している。さらに、今回の契約は、さらに大きなケーブルや衛星、ワイヤレスの会社との交渉において一定の地位を確立できるように、エンタテインメント業界の会社が一つにまとまる必要があることを裏付けているようだ。

今回の契約は経営が苦しいViacomが生き残るためには残酷であるかもしれないが、CBSにとってはより業界内での立場を確固たるものにするいい機会であると捉えているようだ。CBSとViacomの契約には、この法人合併について不信感を示したCBSの最高経営責任者Leslie Moonves氏を味方につけることが不可欠であった。今回の出来事は、Moonves氏にさらなる交渉材料を与えることになるだろう。

テクノロジーがいかにあなたの旅行と安全をサポートするか

【出典】2016/8/18

http://www.nytimes.com/2016/08/18/travel/how-technology-can-help-you-travel-and-save.html

untitled

テクノロジーは、我々の旅行、つまり飛行機の案内から現地の到着までのやり方を変えた。また、それだけでなく計画やそれ以降にかかる費用を抑える事も可能にしたのだ。

Frugal TravelerのコラムニストLucas Peterson氏は、このテーマにおけるフェイスブック上のディスカッションに参加し、費用に悩む旅行者のためにツールや技術を提案した。

以下がそのチャットからの幾つかのヒントである — 完全版はフェイスブックで閲覧することができる。

  1. 費用を抑えるためにSIMカードを利用

海外の携帯の契約は複雑で高価である。Frugal TravelerではSIMカードをお勧めしている。現地のキャリアショップに立ち寄って手に入れることができる。まず、自分の携帯がSIMロック解除されているかを確認してみよう。一回の旅行でいくつかの国を回るつもりなら、少し費用をかけるだけで手に入る(ヨーロッパで役立つ)オールインワンカードがいいかもしれない。

  1. いつチケットを買えばいいかを測るツール

Kayak.comではいつ飛行機のチケットを買えば良いかについての一般的な感覚を与えてくれる「運賃予測者」を提供している。購入が時間ギリギリになっても絶望することはない。そのような時のためのシナリオも用意してあるからだ。Priceline.comがいい例だろう。ただ、ある程度柔軟にプランを考える必要があるかもしれない。

  1. 複数の旅行先を検討する

Frugal Travelerは、幾つかの理由でSkyscanner.comを推奨している。同サイトは、費用についてチェックしてくれるだけでなく、目的地がはっきりしていない時にも幾つか選択肢も与えてくれるのだ(曖昧な情報、例えば「安くて暖かい」といったものでも良い)。Kiwi.comもお勧めである。

  1. Airbnbが適しているかどうかは人それぞれ

例えばビジネスで旅行する人は、信用できるアメニティを好むだろう。Airbnbは、いつも信頼できるアメニティを提供してくれるとは限らないからだ。24時間チェックインや安定したWi-Fi等を考慮すると、最終的にはホテルが最善の選択と考える人も多いはずである。また、ホテルの方が幾つかの点で簡単であるというのも否めない(例えば鍵の交換に立ち会う必要もない)。

  1. 海外の充電に関しては最小限に

海外ではどの充電器具が必要だろうか。Frugal Travelerでは小さいアンカーチャージャーをお勧めしている。

The New York TimesがVRとARに焦点を当てている代理店を買収 Fake Love、T Brand Studioの拡大を支える

【出典】2016/8/12

http://www.adweek.com/news/technology/new-york-times-just-bought-agency-focused-virtual-and-augmented-reality-172950

untitled

愛をお金で買うことはできないが、The New York TimesはFake Loveを買収した。

今朝のThe New York Timesの社内マーケティングの発表によると、VRやARに焦点を当てた実験的なデザインスタジオFake Loveは、T Brand Studioの拡大をサポートすることになるようだ。ニューヨークやドバイにオフィスを構える同社は、すでにNikeやTwitter、Sonos、Google、Coca-Colaなどの有名な企業のVRプロジェクトやARプロジェクト、ライブ体験といったThe New York Timesとの実験的・創造的なプロジェクトを製作している。

買収発表の声明の中で、T Brand StudioはすでにThe New York Timesの急成長を遂げている広告ビジネスであると、The New York Timesの最高収入責任者(CRO)を務めるMeredith Kopit Levien氏は述べる。Fake Loveを買収することによって、The New York Times社はVRとARを現在と未来の広告商品に繋げていくことができるのだ。

「我々は、コンテンツ業界に属するマーケターを独自にサポートすることができると考えています。今回の買収は、極めて複雑で創造的な製品を届けることを可能にしてくれるのです」とLevien氏は述べる。

実はFake Loveは、The New York Timesが2016年2番目に買収した会社である。3月にはHello SocietyというSNS上の有名人を使ってブランデッドコンテンツキャンペーンを展開するインフルエンサーマーケティングの代理店を買収している。

「T Brand Studioと協力し合うことによって、我々はさらに幅の広い多岐にわたる方法で、広告やコンテンツの連携や利益もたらすことができるようになるでしょう。現行のブランドは、ブランドの持つストーリーとブランドが持つ人と繋がるという特性を崩壊させており、それにより成功しているといえるでしょう」と、Fake Loveの共同創立者であるLayne Braunstein氏とJosh Horowitz氏は述べる。

Disney、MLBとストリーミングビジネスに進出

【出典】2016/8/9

http://www.nytimes.com/2016/08/10/business/media/disney-bamtech-video-streaming.html

untitled

Walt Disney Companyは従来のテレビビジネスにおいて苦戦しているが、この度10億ドルを動画ストリーミングビジネスに投入するようだ。

数ヶ月にも及ぶ考察ののち、DisneyはMLBの中でも急成長しているストリーミング部門であるBamTechの33%の株式を保有する取引を締結したと火曜日に発表した。協定の中には、Disneyが数年のうちにBamTechの経営の主導権を握るオプションも買収できるという内容も含まれているようだ。

球団関連のストリーミングを行うBamTechとTime WarnerのHBOは、その他様々なストリーミングサービスと共にDisneyと共同でESPNの定額ストリーミングサービスをローンチしている。Disneyの経営責任者である、Robert A. Iger氏は、アナリシストに対して名前のない彼らのサービスが「きっとこの年末には」導入できると述べた。そこには、野球やホッケー、テニス、クリケット、大学スポーツが含まれており、すでにESPNが所有する大半の著作権はテレビ放送用ではないとしている。

現在ケーブルネットワークで配信されているESPNのコンテンツは、今回視聴できるコンテンツに含まれていない。Disneyのコンテンツを配信するケーブルネットワークに睨まれるのを恐れてか、Iger氏は本サービスがESPNの従来のネットワークを「補足する」ような位置づけになることに対して慎重になっているようだ。従来のESPNのチャンネルを現存させることが「最優先事項である」と彼は付け加えた。

Iger氏は、Disneyがユーザーの視聴数に合わせた「ダイナミックな」モデルを発表することを計画しているということを除いて、新たなESPNサービスの定期契約にどれだけお金がかかるかについてのコメントを避けた。

Disneyは、ESPNやDisneyチャンネル、A&E Networkを含む、この巨大なケーブルテレビ部門において、直近の四半期で総額約23.7億ドルもの利益を得ていると発表した。Disneyの株式は取引の数時間後に少しだけ下落している。

それに加えて、DisneyはBamTechの買収活動にも注目している。この会社は、2012年にLucasfilmを44億ドルにて買収しており、最近の彼らの関心は、もっぱらNetflixのようなストリーミングサービスを行うことではあるようだ。BamTechは、アメリカにて消費者に直結した事業はまだ準備が足りていないと繰り返し述べているが、DisneyはDisney LifeというDisney映画や番組を月額で視聴できるストリーミングサービスをヨーロッパでテストしているようだ。

untitled

Iger氏は、会社の収支報告電話会議でDisneyLifeをDisney社における「試験」と形容した。昨年暮れに導入されたサービスには、電子書籍や音楽、ゲームなど多岐に渡っている。特に、Iger氏はDisneyが「我々が開発したテクノロジープラットフォームが機能するかどうか」を知るためにDisneyLifeを利用していると述べた。

Disneyは、その他大半の競合他社メディアよりも成熟したコンテンツを持っている。6月の半ば、Disneyは約55億ドルで上海ディズニーリゾートをオープンさせた。これは、中国におけるDisney商品の需要を増やす目的で行われている。また、それと同様に何億ドルもの資金をフロリダとカリフォルニアにおける新アトラクションの建設のために投入している。

Iger氏は、消費者にとってなくてはならないもので残し続けなければならないものとして、積極的にESPNの健全さを守ると主張している。

しかし、多くの投資家やアナリストは、テレビビジネスの浮き沈みに依然として着目している。衛星とケーブルサービスの視聴率は、ストリーミングが上昇するにつれて下落しているのだ。特に、SPNは特に下がっている。なぜなら、Disneyは、スポーツの著作権の支払いを長期間に設定したからだ。番組コストを削減することで利益に手をつけないというやり方にはいくら何でも限度があるだろう。

BamTechは、各チームウェブサイトを設立するために2000年にMLBによって創設されたMLB Advanced Mediaの一部である。それ以来、MLB Advanced Mediaは、マンハッタンのクッキー工場の跡地を利用しているのだが、ストリーミングサービスを推進する年間9億ドル以上の年間収益あげる企業へと成長していった。CBS Sportsは、N.C.A.A(National Collegiate Athletic Association:全米大学体育協会)男子バスケットボールトーナメントのインフラにおいてBamTechに依存しているし、National Hockey LeagueもBamTechと6年契約を結んでいる。

MLB Advanced Mediaは、1年以上BamTechから独立しようと働きかけてきた。同企業の目標は、動画業界のさらなるスピードアップである。

「我々は、このビジネスを2倍にも3倍にもするよう協力してくれるパートナーを探しています」とMLB Advanced Mediaの経営責任者であるBob Bowman氏は、Vox MediaのテクノロジーサイトVergeにて昨年述べている。「全て良い方向に向かっていますが、今は動かない方がいいと考えています。今動くと、我々は本当に大きいチャンスを失うことになるからです」と。

Disneyは、同様に3四半期の会計報告を火曜日に行った。利益は総額26億ドルで、一株あたり1.59ドルの利益あった。昨年は25億ドルで一株あたり1.45ドルであった。Disneyは、1四半期で143億ドルの収入があり、この数字は以前より9%上昇している。

Disneyの成長に最も大きく貢献したのが、Walt Disney Studioである。Walt Disney Studioは 収入が62%増加し7.66億ドルに達した。その主な理由は「キャプテンアメリカ: シビルウォー」や「ジャングルブック」、「ファインディングドリー」などの大ヒット作があったからだ。Disneyのテーマパークビジネスもまた同様に伸びているようだ。チケットの価格の値上げも収入に大きく貢献し、9.94億ドルと8%も上昇したことになった。

Iger氏はアナリストに向けて、マイアミにおけるジカ熱の発生により懸念されていたが、今のところフロリダ週のWalt Disney Worldは予約状況について大きな影響はないと伝えた。アメリカ国内のDisneyの来場者は4%下がったが、低下の原因は今年のイースター休暇のタイミングにあるようだ。

バーチャルリアリティ、音楽業界が時代に追いつくことを待っている

【出典】2016/7/25

http://www.nytimes.com/2016/07/26/arts/music/virtual-reality-waits-for-the-music-industry-to-catch-up.html?_r=0

Untitled

Coldplayのファンは、バーチャルリアリティを使って2014年のコンサートの一部を体験することができる。

そのナイトクラブは人にあふれ、熱狂的なファンたちが手を上げて踊っているが、仕事終わりに行くことしかできない。そういった人は、電子音楽のプロデューサーで、パフォーマーでもあるDeadmau5を知っておくべきだろう。Deadmau5のデジタルアバター猫Meowingtonsの助けを借りて、身勝手なファンが群がり始めるときに音楽機器や、セキュリティガードを巧みに操作することができれば、彼の最新曲「Saved」を聞くことができるだろう。上下左右どの方向を見てもコンサートの真ん中に立っている。大勢の人が活気を帯びて、音楽と共に踊っているのだ。

これは、Deadmau5というバーチャルリアリティゲームの中で起こっていることである。このプロジェクトはゲームエンジンのグラフィックと360度の動画とをミックスしたもので、Deadmau5とAbsolut Labs(アルコール飲料ブランドのインキュベーター)のコラボレーションによって作られ、水曜日に発表された。これは、音楽業界で数あるバーチャルリアリティのプロジェクトの一つであり、新たな収入源そしてミュージシャンがファンとつながる新しいアプローチとしてメインストリームになる可能性がありながら、今まさに発展途上な新しいエンターテイメントの形である。

「これは新しいことを始めるにあたってとても良い方法です」とDeadmau5は述べており、彼はすでにより大きなバーチャルリアリティのプロジェクトに携わっている。「これはバーチャルリアリティの本格化に向けてドアを開けたに過ぎません」と。熱心なゲーマーは積極的にこのデモに参加していて、彼が走ったり、ジャンプしたり踊っている動きを記録するためにモーションキャプチャーのスーツを着ている。

他にもDuran DuranやU2、the Weeknd 、Jack Whiteなども360度動画をプロデュースしてきた。電子グループModeratによるサイエンスフィクションファンタジーである「Reminder」は最近ニューヨークタイムスのバーチャルリアリティアプリ「NYT VR」でデビューしている。

バーチャルリアリティによってアーティストはアートとテクノロジーが交わることについて考えることになる。Björk Digitalはバーチャルリアリティの要素を持つ動画作品の展示会であり、この秋にロンドンのSomerset Houseで始まる。ここではBjörkが歌っているときに、口の中で撮影された映像などが展示されている。ロッカーEMAがニューヨークのMoMA PS1で新しいバーチャルリアリティ装置「I Wanna Destroy」に向けてスコアをパフォーマンスした。

ライブコンサートではバーチャルリアリティはまだ数回しか使われていない。Coldplayは2014年にVRで公演を記録し、スタートアップ企業のJauntVRはいくつかのコンサートクリップを発売した。そこにはPaul McCartneyが「Live and Let Die」を歌っているものも含まれている。Absolut Labsは昨年、カナダ人の電子バンドであるBob MosesのコンサートをVRで中継した。

そのパフォーマンスはまだ完全では無いものの、テクノロジー会社と連携しようとしている音楽業界やミュージックレーベルズ、コンサートのプロモーターの興味を惹くには十分である。

NextVRは、2014年のColdplayのコンサートを記録し、Live Nationとチームを組んでバーチャルリアリティでより多くのコンサートを放映することを5月に発表した。「VRでスポーツイベントを中継することに特化しているNextVRにとって、この取引はサービスを広げることにつながる」とNextVRの経営戦略部の副部長であるDavid Cramer氏は述べる。

Universal Music GroupはKanye WestやTaylor Swiftなどの音楽を扱っていおり、iHeartMediaは1月に似たようなパートナーシップを発表している。

「立派なことにU.M.G.はこの新しいプラットフォームを積極的に試してきたが、それによって彼らは完璧なパートナーになりました」とiHeartMediaエンターテイメントの社長であるJohn Sykes氏はメールで述べた。

テクノロジーに対しての興味はVRの音楽に関する商品を上回っているが、バーチャルリアリティのパフォーマンスはあまり発表されてこなかった。「今年で6から10のバーチャルリアリティ体験の計画を発表しているのにも関わらず、iHeartMediaは少なくとも一つのバーチャルリアリティの要素を9月に毎年行われるミュージックフェスティバルに取り入れてきました」とSykes氏は述べる。

またNextVRは一つの曲「A Sky Full of Stars」しか発表していない。Cramer氏は「NextVRはこの夏に発表するため、撮影のためにラインアップを編集していた」と言う。

VR業界に関する出版物であるRoad to VRの共同設立者兼編集者であるBen Lang氏は「音楽業界がVRのエコシステムが構築されることを待っているため、VRの動きがゆっくりでした。また、これまで行われてきた発表は、多くの取引が競合会社に対抗し市場におけるリーダーシップを見せるためのものだったのです」と述べた。

一つの妨げとして考えられるものは、論理的なものである。VRが顧客の手に渡ることは依然として難しいという事実だ。GoogleのCardboardやSamsungのGear VRによってユーザーは携帯機器で無料コンサートを見ることができる。600ドルのOculus Riftや800ドルの HTC Viveのような最高仕様の装置は共に今年発売され、さらに強化された映像を提供している。400ドルのSony PlayStation VRによってバーチャルリアリティがこの夏、ビデオゲームに導入される。

「VRのヘッドセット数は全体のコンサートを撮影することを正当化したりはしないでしょう。世間の人々が見るための準備ができていないものを世に出したいと思う人はいないからです」とLang氏は述べる。

このように遅れがあるにも関わらず、Vrtifyのようなテクノロジーにおけるスタートアップ企業はVRのコンテンツをプロデュースし続けている。それは世の中がこの新しいテクノロジーに追いつくことを待っているからだ。

こうした企業は、Florence and the MachineやMumford and Sons、Stingとも仕事をしていて、彼らのライブパフォーマンスのVRをそのプラットフォームのためにプロデュースしている。Vrtifyは1月にそのプラットフォームのベータバージョンを導入し、10月にそのプラットフォームを発表する予定だ。

音楽業界でパートナーを見つける代わりに、Vrtifyはそのプラットフォームで曲の権利を得るためにアーティストや音楽の出版社と仕事をしようとした。

NextVRのような競合他社はコンテンツを手放しているが、Vrtifyは予約購買やペイパービューのモデルで実験を行った。その共同設立者で取締役のFacundo Diaz氏によれば「収入の70%はコンテンツの所有者の手に渡り、会社は残りの30%を受け取っており、この仕組みは音楽業界において重要な立ち位置となってきた音楽配信ビジネスに似ている」ようである。

「この種の収入共有モデルによってミュージックレーベルやアーティストにアクセスできるようになります。これは我々にとって、多くの可能性を広げてくれるでしょう」とDiaz氏は述べた。

訂正(2016年7月27日)

火曜日の記事でVRのミュージックプロジェクトについて誤りがあった。Kanye WestやTaylor Swiftなどによる音楽を発売し、VRの音楽をプロデュースするためにiHeartMediaとのパートナーシップを結んでいる会社は、Universal Music Groupであり、Universal Media Groupではない。また同記事ではUniversal Music Groupで発売されている音楽のアーティストを間違って紹介していた。同社はAdeleをソングライターとして表記していたが、彼女の音楽はUniversal Music GroupではなくColumbiaから発売されている(どちらも記事内で訂正済み)。