タグ別アーカイブ: mobile world congress

バーチャルリアリティで視線追跡技術、もうすぐそこまで来ている

【出典】2016/2/24

http://www.cnet.com/news/eye-tracking-vr-headsets-future-mwc-virtual-reality-oculus-samsung-gear/

Untitled

視線だけで自分の周りに影響を与えることができるような力に憧れたことはないだろうか。最近のバーチャルリアリティでこれが実現しそうなのだ。バルセロナで今週開かれたMobile World Congressで、OculusとSamsung Gear VRヘッドセットが視線追跡機能を搭載させて登場した。

バーチャルリアリティでは、視線追跡というテクノロジーがトレンドとなっている。デモ版としてここ数ヶ月で数回紹介されており、視線で物を動かすという子供の頃の夢が現実となったようなテクノロジーがバーチャルリアリティの分野で開発中であり、早々にも市場で出回る可能性が出てきた。

視線追跡技術の開発には何年も費やされてきたが、バーチャルリアリティによって新たな可能性が見えてきた。この技術はコンテンツと新しい形で触れ合うことができるだけでなく、セキュリティやプライバシーの面でも利点がある。バッテリーの寿命を延ばしたり、検討しなければならない重要な案件をスマートフォンによって起動するSamsung Gear VRのようなヘッドセットにも活用したりすることにも検討されているようだ。

バーチャルリアリティの熱狂的なファン達は、Oculus VRとHTC Viveという噂を呼ぶ2社のヘッドセットが店頭に並ぶこともあり、2016年がバーチャルリアリティにとってとても大きな年になると期待しているようだ。また、ゲームのデモ版はバーチャルリアリティジェットコースターやフェイスブックCEOのMark Zuckerberg氏のバーチャルリアリティの可能性についての講演等によって、注目が集まっている。しかし、視線追跡技術というような専門的な技術は、すでに次世代のヘッドセットに目を向けているようだ。

バーチャルリアリティゲームにおいて、視線追跡技術というのはゲームにさらに深みを与えるきっかけになる。Oculus Riftを使うゲームのデモ版において、Eye Tribeからのテクノロジーを採用し目を向ける所全てを赤色に目立たせることができるようになったことで、瞳孔を追うことができるようになった。バイキングを遠くから視認し凝視することでバイキングは怒り出し、近づいてきて斧を振ってくるのだ。

また、Gear VRを使ったSensoMotoric Instrumentsのデモ版は、視線を送りヘッドセットの横についているコントロールパネルをタップするだけで操作できるモグラ叩きゲームである。

Gear VRのようなモバイルヘッドセットをモバイル端末で使うとなると、端末のバッテリーはあっという間になくなってしまう。この問題を解決するにあたり、「Foveated Rendering」という技術が開発されている。これは、FOVE特有の視線追跡機能を利用して、ユーザーの見ているところのみを高解像度にレンダリングすることで、端末の処理を大幅に軽くすることができる技術である。

この技術は、見ているところ以外は解像度が低いものの、焦点を当てている部分の解像度が高いので全てが同じ解像度で見ているように見えるというところが鍵となっている。

他のバーチャルリアリティアプリケーションとしては、Eye Tribeが開発している認証技術が挙げられる。視線追跡技術を用い、バーチャルリアリティヘッドセットが使用者を判別し、どういったコンテンツを見せるべきかを瞬時に判断することができるようになるかもしれない。

Eye Tribeはスマートフォン(やスマートウォッチ)内部に技術を搭載することに数年間を費やしてきたが、バーチャルリアリティヘッドセットでの可能性が最も濃厚であると判断しているようだ。テクノロジーの精度は、目から実際に遠ざかるにつれて落ちてくるが、センサーをバーチャルリアリティヘッドセットに搭載させることで、こういったエラーを減らすことができるからだ。

バーチャルリアリティ分野に投資している大規模な投資家達が、視線追跡技術を次世代のヘッドセットに採用することを検討しているかどうかは定かではない。OculusもHTCも、現在のところこれに関するコメントを控えている。

「モノのインターネット」、商業には?

【出典】2016/2/24

http://mashable.com/2016/02/24/internet-of-commerce-brandspeak/

Untitled

第29回 Mobile World Congress において多くの新しい機器が登場する中、インターネット業界に革新をもたらす議題がバルセロナでの主要会議で噂を集めている。

もちろん、「モノのインターネット」はテクノロジーにおける重要な概念として議論されてきた。しかし、今回は議論が「商業」にフォーカスしているところが新しい。

インターネットを利用した携帯型支払いサービスは、お金を安全にかつ便利に今まで不可能とされてきた領域にまで流動させる画期的な手段として活用されてきた。MasterCardなどの貢献により、今インターネットが従来の「モノ」から「機能」を繋げる時代へ移り変わってきているのだ。

「モノのインターネット」の概念が現れ始めた当初は、携帯で温度計の調整が行えるといった、インターネットが周囲に実在するモノをコントロールすること自体に我々は驚いていた。しかし、今ではそれはモノのインターネット化のほんの一部に過ぎない。

MasterCardは、携帯や時計だけでなく、インターネットに繋いだ全ての端末で当社の支払いサービスを利用できるCommerce for Every Device プログラムを昨年10月に発足させた。

Untitled

MasterCardでの支払いサービスが搭載されたSamsung製Family Hub冷蔵庫

技術的には、携帯型支払いサービスを搭載することは難しいことではない。実際、2007年から主要なテクノロジー関連会社がこの技術を導入してきた。

困難なのは、人が行うのと変わらない安全レベルのサービスを生み出すことである。

MasterCard は、デジタルウォレットサービスMasterPass や、資本取引を円滑に行う技術、そして先進的な貨幣サービスAndroid PayTM、Apple PayTM、Samsung Payのような商業プラットホーム等の革新的な支払い方法でその困難を乗り越えてきた。

未来の支払いサービスは携帯電話だけには留まらないと予想されている。

Commerce for Every Device プログラムを通して、MasterCardはカスタマーが自由かつ安全で最も便利な方法でショッピングができるように、新たな風を吹き込んでいる。

例えば、Coin との共同開発で、スマートウォッチやフィットネストラッカーのような身につけるデバイスからの支払いサービス機能付与を新たに提案したり、Samsungとはお家でショッピングが可能なスマート冷蔵庫をCES (コンシューマー・エレクトロニクス・ショー) にて1月にお披露目した。

MasterCardでは、自社・他社双方の研究促進を図るこのコラボレーションを「co-innovating」と呼んでおり、それは、「モノのインターネット」化が進んだ未来を予見しているかのようにも見える。

MasterCardの技術革新は家電領域をも超える。ワンタッチ支払いが可能な車の鍵を開発したGeneral Motors と共同で、運転手がダッシュボードから車内で支払いサービスを利用することができるようなシステムを現在開発中で、そのシステムはラジオ局にも応用されるかもしれない。

「モノのインターネット」は変革の時代に突入している。モノがインターネットに繋がることに感銘を受ける時代は終わりを迎え、それが世の中の問題を解決する手段にならなくてはならない時代に入ってきているのだ。幸いにも、MasterCardは自社の支払いサービスをモノに繋げ、安全性や利便性へ配慮しながら我々の生活を潤してきた。

目新しい製品の発表でテクノロジー業界を賑わす一方で、Mobile World Congressの核となるものが何かを突き止めることが、今後の課題である。