タグ別アーカイブ: Mobile

AT&Tのワイヤレスネットワークがアメリカ国内で最速に

【出典】2019/04/03

https://www.engadget.com/2019/04/03/atandt-has-the-fastest-wireless-network-in-the-us/Picture1

AT&Tがアメリカで初めて5Gを取り扱うキャリアになることを宣言した後に、アメリカで最速のワイヤレスネットワークを発表した。ネットワークのスピードテストを行う会社Ooklaが調査を実施し、AT&Tの通信速度が40.7Mbpsでアメリカ国内トップアベレージを記録した。Picture1

AT&Tの通信速度が2019年の第一四半期で15%以上改善している中、他社は横ばいであったとOoklaは明かす。AT&Tは今回の成功が新サービス「5G+」の拡大に寄与すると考えている。5G+は最大でLTEの平均スピードの2倍程度の通信速度であることが分かっているが、5Gと謳うのは誤解を生むと指摘する声も出ている。新サービスは都市地域のみでスタートする予定で当然ながら、現時点でのハードウェアではネットワークのポテンシャルに追いつけてない状況である。

それでもなお、ATTが軌道に乗っている事実は揺るがないだろう。AT&Tによれば今年の後半には5GLTEサービスを統合する予定だ。適した環境が整っていれば従来とは一線を画したスピードを体験できるが、そうでなければ5Gの進化を待つ必要があるだろう。

次世代モバイル通信5Gが変える未来

【出典】1/29/2019

https://mashable.com/ad/article/5g-breakthroughs-2019/?utm_source=feedly&utm_medium=webfeeds#1F2QfJ7wnPq5

Picture 4

5Gの時代がようやく訪れた。回線速度の高速化、タイムラグが解消されることにより我々のコミュニケーション、コラボレーション、仕事、遊びまでも変化するだろう。では5Gが導入されることにより具体的にどのような変化あるのか見ていこう。

Picture 3

リアルタイム・コラボレーション

5Gにより延滞なくリアルタイムなコラボレーションが可能となる。例えば医者と患者のリハビリも遠隔でリアルタイムに行うことができる。

医療の現場だけでなくビジネスシーンでも、クラウドベースのアプリに複数のユーザーが参加しプロジェクトをリアルタイムで作ることができる。

ソーシャルメディアはどうだろう?人々は毎日の私生活を「ストーリーズ」という機能を使って共有しているが、1つのイベントに対し複数の人々が動画を一斉にアップすることができる。例えば、ロードトリップやコンサートに行った時、それぞれが撮影したビデオをアプリ上でリアルタイムに編集することが可能になる。

このようなコラボレーションは大容量のファイルをアップしたりする必要があるため4Gでは実現不可能だった。

Picture 2

ARの進化

5GネットワークによりARは大きく変化、我々が見ている世界が大きく変わることになる。

5GとARが組み合わさればレンズを通して普通のクラスルームがイエローストーン国立公園や万里の長城にトランスフォームすることができる。カメラで取り込まれた動画情報をリアルタイム&タイムラグなしで3D空間をバーチャルに作り出すことができるようになるのだ。

Picture 1

他にもARを使った新しい機能が生まれるだろう。例えばあなたが友達と外出しており近くにあるバーを探しているとしよう。レストランサイトで近くのバー情報を検索しても現在の混雑状況や騒音レベルはわからない。AR機能があれば各バーの店内状況がARを通しても駆使することができる。

コネクテッドワールドにおける5G

今後全てのスマートカーに5Gが装備されるだろう。車両同士がネットワーク上でコネクトされることにより、どの車が車線変更を行おうとしているか周辺の車もリアルタイムに感知できるので車の安全性は向上するだろう。

 

サンダンス映画祭:ブランドが行なったフェスティバルでの施策5案

 

 

 

 

 

 

 

【出典】1/05/2019

https://www.adweek.com/brand-marketing/at-sundance-2019-heres-how-5-brands-integrate-to-help-create-a-festival/

Picture1

サンダンス映画祭が1月24日〜2月3日までアメリカのユタ州パークシティで開催されている。11日間という期間中フィルムメーカー達は自身の作品を上映、フェスティバルをきっかけに大きなプロジェクトを獲得しようとチャンスを狙っている。当イベント趣旨に賛同するブランドスポンサーも同様に、新しいビジネスチャンスが訪れないかと思っている。

イベント企画を行なっているサンダンス・インスティチュートのコーポレート・パートナーシップヘッドのMary Sadeghy氏は「パートナー企業は自身のブースを持ちイベントを開催することができる。」

 

アキュラ

アキュラ自動車メーカーのパートナーとしてSUVのMDXを125台用意しタレント、スタッフなどの送迎車として利用。これでパートナー歴9年目となる同社は初めて映画情報サイトIMDbとタッグを組み映画祭内で特設スペースを設置。フィルムメーカーのケビン・スミスを起用し俳優・監督・ライターなどのインタビュー動画を制作した。Picture2 Picture3

アドビ

10年以上スポンサーを続けるソフトウェア会社のアドビは#CreateYourStoryというハッシュタッグ今回のイベントに採用。同社のソフトウェアがストーリーを伝える人・作り出す人をどのように支援しているかを伝えるかをイベントのゴールとしている。そのほかにも会場でセレブリティやアーティストをゲストとして呼び、トークセションイベントを開催。

AT&T

今年で2回目の参加となる通信会社のAT&Tは LGBTQコンテンツを扱うスペースHello Loungeを開設。AT&Tをパートナーシップ契約しているタレントやフィルムメーカーを呼びイベントを開催したり、ショートフィルムの上映会を行なった。まだ日の目を見ていないストーリーやーマイノリティを扱った作品を作り続け人々をインスパイアするクリエーターを紹介することが目的だと同社は語る。そして同社はサンダンスフィルムフェスティバルのオフィシャルディストリビューターでもある。Picture4

Dell

今年参加が2年目となるデルは同イベントの公式テクノロジースポンサーだ。このPCメーカーはDell Denと呼ばれるスペースを設置、同社がクリエーター向けに開発した製品やサービスを体験することができる。ほかにもパネルイベントや、ネットワーキングイベントも行われる。

Unity

ゲームエンジンを開発する同社の参加は今年で2年目。同社の製品が採用されている映画をお披露目することが目的だ。同社はARやVRなどのテクノロジーがストーリーテリングを表現する上であまり採用されていないことに気づいており、もっと認知を拡大しようとしている。

Netflixが携帯電話限定の安いプランをテスト運営

【出典】2018/11/15

https://mashable.com/article/netflix-cheaper-mobile-only-subscription/#lehx3gmovPqN

Picture1

Netflixはいくつかの地域で試験的に携帯電話限定でストリーミングできる安価なプランを発表した。もうすでにマレーシアではテスト運営が始まっている。そのプランは、携帯電話限定のサービスで月額約$4だという。

プランの内容としては、Netflix上にある映画やドラマなどが同時に1つの携帯電話かタブレットからストリーミングできるというものだ。しかし高解像度の映像はこのプランには含まれないという。次に安い「ベーシック プラン」は約2倍の月額$8である。このプランでは、パソコンやテレビから標準の解像度で使用することができる。HDの映像が見られるタイプの「スタンダートプラン」は月額約$10になる。

先週、NetflixのCEOであるReed Hastings氏が、同社はアジア市場で新たな価格設定を試そうとしていると説明した。Netflixのこの新しいプランの値段は、東南アジアの格安ローカルストリーミングサービスのIflixの月額$3に基づいて設定されているという。

Netflixは現在、この安価なプランをアメリカ国内では提供していない。マレーシアのベーシックプランとスタンダートプランは、アメリカ国内で提供されている価格で提供される。マレーシアの統計局及び、給料調査レポートによると、マレーシアの平均月収は約$400程で、マレーシアとアメリカの価格体制を結びつけるのは、明らかに難しいと考えている。

現在Netflixの視聴登録者数は世界的に1億3700万人である。うちの7900万人はアメリカ国外の登録者だ。もちろん同社は登録者数を伸ばしたと考えているが、ストリーミングサービス市場はDisney+のような新しいサービスが増えていることによって飽和状態になっている。

Verizon、第二四半期の利益に9億ドルの打撃 Go90の閉鎖

https://variety.com/2018/digital/news/verizon-go90-shutdown-q2-writedown-charge-1202882348/

Picture1

Verizonは、「製品再編成」やその他一時的な出費によって、2018年第二四半期の利益に対し、税金を引いて900万ドルの打撃を受けた。社によると、「製品再編成」は主にGo90のモバイルビデオサービスを閉鎖したことに関連するとのこと。

6月後半、VerizonはGo90から手を引くことを発表した。これは、開始からおよそ3年になる当サービスが、短編のオリジナル作品、生放送番組、ライセンスされたコンテンツを組み合わせたブランドとして、真に惹かれるものがなかったためである。当社は、「Go90の運営は、AOLとYahooが合併してできたOathに統合される。」と述べた。

Verizonは第二四半期決算の発表で、「6億5800万ドルの評価減は、主にGo90のプラットフォームとその関連コンテンツを継続しないことに関わる、製品再編成のためである。」と語った。社は、本来はOathに属する、買収や統合に関連した費用1億2千万ドルの支払いに加え、当期に3億3900万ドルの契約解除料を記録した。

第二四半期の収支報告において、退任するCEO Lowell McAdam氏は、「Verizonは、自社のワイヤレスネットワークを越えてコンテンツを配信するために、動画産業の最前線にいるパートナーを探すだろう。」と話した。「わが社はコンテンツを所有するつもりはない。他のコンテンツプロバイダーと張り合う気などもない。」と彼は言う。「配信の観点から、我々はそういった会社の最良のパートナーとなるつもりだ。」

McAdam氏はまた、アナリスト達に「VerizonはOathを手放す予定などはない。」と伝えた。これは、「OathのCEOであるTim Armstrong氏は、Verizonからデジタルメディア部門の株を買い上げる可能性も含めたシナリオを見据えている。」という、今月前半のThe Informationによるレポート内容をほのめかした質問に対し、答えたものである。

「どんな形式でも、Oathを手放すという意向はない。我々は期待していた相乗効果と、望んできた未来を目にしている。」とMcAdam氏は告げた。

現在当社のCTOで、Verizonの次期CEOのHans Vestberg氏は、8月1日にMcAdam氏から手綱を受け取る。Ericssonの前CEOであるVestberg氏は、大規模なメディア投資を行うより、Verizonのワイヤレスインフラ拡大戦略において倍賭けに出ることを期待されている。同社は、2018年後半よりヒューストンにて5Gワイヤレスネットワークを開始する計画を発表した。これは、5G導入に関して最初に狙いを定めている、カリフォルニアのロサンゼルスとサクラメントに続き、3つ目の都市である。Verizonの様子を見るに、「ほかのあらゆる会社の興味を引く垂直統合の流れ」は完全に拒否したと示唆している。これはMoffett Nathanson のプリンシパルアナリストであるCraig Moffett 氏の表現である。この代表例は、AT&TによるTime Warnerの買収だ。

「全世界にとって、Verizonの戦略はまさに、最高クラスのワイヤレスオペレーターになることであるように見える。」と、Moffett氏は7月24日の調査記録に記した。

全体的に見て、Verizonは第二四半期の収益及び利益において、ウォール街の予想を打ち破っている。当社は、第二四半期の総売上高は322億ドル(5.4%増)で、純利益は42億ドル(5.2%減)であると報告した。(特別項目を除く)調整済みの一株利益は1.2ドルとなり、2017年第二四半期の96セントを上回った。Verizonの第二四半期における、一回限りの支払いによるインパクトは、税引き後正味およそ9億ドルで、一株当たり20セントであった。

VerisonによるOathのメディアビジネスについては、第二四半期の収益は19億ドルであり、社によると連続的には比較的変化はなかった。

社のワイヤレス部門は当期に5.5%増の224億ドルの収益を上げた。しかし成長は依然停滞してきている。同社は第二四半期に、(正味19万9000の電話回線を含め)正味53万1000の後払いリテール回線の契約を獲得したが、これは前年同期から13.5%の低下であった。合計の後払いリテールワイヤレス回線は、前年から2.3%増の1億1160万に増加した。

それと同時に、当社のワイヤライン事業は下降を続けており、収益は3.4%減の74億6千万ドルに下がった。第二四半期には、正味4万3000のFiosネット回線契約を獲得したが、利益公表の際当社が表現するに「ビデオ回線の契約解除の波に押され、」Fiosのビデオ回線は3万7000減少した。最終的に、456万のFiosビデオ契約(前年比マイナス2.3%)、596万のFiosネット契約(前年比プラス3.9%)で当期を終えた。

ソニー、48メガピクセルのスマホカメラを発表

https://mashable.com/2018/07/23/sony-48-megapixel-image-sensor/?utm_cid=hp-r-1#MCoyFF.aFqquPicture8

スマートフォンのカメラがものすごい進化を遂げようとしている。

ソニーは自社の製造するスマートフォンの販売数を伸ばすことに苦戦するも、カメラの機能を他社のスマートフォンに搭載することは得意だ。そしてIMX586 CMOSという新しいスマートフォン用のイメージセンサーを発表した。

この機能はとても素晴らしく、ソニーによると48メガピクセルの解像度を誇り、1画素分はたったの0.8マイクロメーターである。どちらも世界初である。

このセンサーがスマートフォンに搭載されれば、8,000 x 6,000ピクセルの大きな写真が撮影可能となる。これはHuawei’s P20 Pro に搭載されている40メガピクセルのセンサーの画質を超える。この12メガピクセルと48メガピクセルを比べた写真を見ると違いがよくわかるだろう。

                                    Picture9

 

しかし、この高画質センサーの一番いいところは光の量が少ないところでも四つのピクセルを合わせることができ、明るく12メガピクセルの写真を撮ることができることだ。(P20は同じトリックを使うが、10メガピクセルまでの画質しか出せない。)

IMX586はさらに、『従来の商品よりも4倍もよくなった』もの使っている。そして4Kの動画を90fpsで、そして1080pのビデオを240fpsで撮影可能である。

ソニーはIMX5862018年9月にサンプルを送付し始める。つまりは2019年の初めにはセンサーがついたスマートフォンの登場が予想される。アップルの製品のいくつかはソニーのカメラを使っていることを踏まえると、将来、IMX586がiPhoneに搭載されることがあってもおかしくない。

スーパーボウルのマーケティング担当者はまだハッシュタグの領域を超えたモバイルマーケティングに苦闘している

http://www.adweek.com/digital/in-mobile-super-bowl-marketers-still-struggle-to-think-beyond-the-hashtag/

Picture1

アメリカ内でスーパーボウルを見ていた1億人以上の視聴者のうち、モバイルデバイスを手元あるいは1メートル以内に置いていた人は何人いただろうか?私の賭けは少なくとも80%だ。

そして30秒間に最高500万ドル費やした広告主が、視聴者に携帯電話の操作を何回促しただろうか?その割合は5%未満だった。

それはまるで1975年のテレビ放送を見ているかのようだった。

ハンバーガーチェーンのウェンディーズは新鮮なパティを使用していることを広告で伝えた。
もし彼らのバーガーがマクドナルドの冷凍されたハンバーガーよりも本当に美味しければ、このスポットは、モバイルを使った割引、無料または1個購入につき1個無料オファーなど、商品を実際に試してもらうインセンティブを与える絶好の機会だった。 テキストでクーポンをもらうのは一つの方法だ。その後にウェンディーズは今後のオファーのメーリングリスト登録などを促すこともできたかもしれない。

2009年、ファストフードチェーンのアービーズがジミー・キンメル・ライブの製品紹介でこれを行なった際、 10万人以上がアクションを起こし、約65,000人がモバイルロイヤルティクラブに参加した。レストランは172のローカルデータベースを作成することができた。

第52回スーパーボウルは、広告主が人の良心に訴えた広告の年として私の記憶に残るだろう。 保険会社のマスミューチュアル社は大会前の番組で、陽気さ、勇気、優しさを強調した広告を放映した。それは私の周りの数人の心を揺さぶったが、TheUnsung.comへのサイトアクセスを誘導するだけで、特にサービスの紹介などをすることはなかった。

モバイルはアクションを起こすためだ。しかしスーパーボウル放映中は例外だ。

スティーブン・タイラーを起用したキアの「ドリーム・オン」広告は、モバイルを使ってスティンガーを売り出す理想的な機会だった。自動車メーカーは、消費者がアプリ内で車両をカスタマイズできるようにすることが一般的だからだ。ARによってスティンガーを自分の車道に置くことができたかもしれない。しかし、大会中にこれが起こることは無かった。 #kiastingerハッシュタグを検索するのみであった。

映画スタジオは総額で数千万ドルを費やしたが、数ヶ月先に公開予定の予告編は興奮をあげたが、興味を持った人が引き続き作品にエンゲージできる方法ではない。舞台裏の映像、映画スターからのメッセージ、またはプレミアチケットが手に入る懸賞などのために、アプリやモバイルサイトに人々を誘導できたはずだ。

よかった例は、クラフト社が、視聴者が試合中に撮影した家族の写真を作成してアップロードするよう促した。セルフィー撮影が、スーパーボウル・サンデーの一部であるを考えると、コンテンツ作成は確かに一筋縄ではいかなかった。しかし、このキャンペーンは試合前にツイッターやインスタグラムでスタートしたので、ほとんどの視聴者はそのようなキャンペーンが行われていることに気づいていなかった。

果たして何か変わるだろうか?スーパーボウルの広告は、行動を促すためのものではなく、ブランド広告であると言われている。しかし本当の真実はこうだ。ブランドは未だにモバイルプラットフォームに対して準備ができていなく、多くのマーケティング企業はブランドの売上よりもクリエイティビティを優先しているからだ。

Kim Kardashianオリジナルの絵文字アプリをリリース

このアプリ「Kimoji」を使用している友人がいればおそらくその人はミーハーだろう

【出典】2015/12/21

http://www.engadget.com/2015/12/21/kim-kardashian-emoji/

Untitled

無数にある写真やTV番組からKim Kardashianを間接的に知っている人は、覚悟しなければならない。モバイル端末におけるコミュニケーションで、彼女は目を引くコンテンツを制作しているからだ。彼女は メッセージアプリ用に250以上のKim制作の絵文字を搭載したKimojiをリリースしたのだ。中には「インターネットをぶっ壊せ」などといったものさえある。

当然、Kimは心の底からよいコンテンツを制作しているとは思っていない。これは初めから利益を得ることに重点を置いたアプリである。このアプリの完全版をインストールするためには2ドルかかり、また新たな要素を追加する際には別途料金がかかる。ハリウッド女優Kim Kardashianを思えば高いわけではないが、今後高額になってくる可能性もある。

グーグル、年内に次世代携帯デバイスを発表する模様

【出典】2015/1/21

http://mashable.com/2015/01/21/google-wireless-carrier/

Untitled11

グーグルは次世代のワイヤレスデバイスの分野において、代表するブランドになる計画を立てており、早くて今年中に通話データプランを公開すると発表した。

The Informationの報告によると、企業は消費者に携帯電話プランを紹介する一歩手前まできているらしい。

昨年、情報はグーグルのエグゼクティブ達がGoogle Fiber Internetとテレビサービスを提供できるワイヤレスサービスを開発しようと動いていたが、今ではSprintやT-Mobileとこの計画について協議中である。

携帯バーチャルネットワークオペレーター(MVNO)になることで、グーグルはSprint やT-Mobileからネットワークのアクセス権を購入し、自社の顧客に携帯電話プランを売るという方式をとるようだ。

まだ詳細は不明でグーグルもコメントを控えて入るが、情報では2015年中にはネットワークが繋がるようになるらしい。

グローバルの核となるビジネスから、新しい携帯ビジネスへの進出と言えるだろう。

グーグルがネットワークへの進出の動きを見せたのは今回が初めてではない。2012年には、インターネット通信が光の速度で可能になる(通常の100倍の速度)というGoogle FiberをKansas Cityで導入した。これもAustinやTexas、Provo、Utahへと規模を拡大しており、もうじき新たな市場入りを果たすだろう。

ヤフー、スナップチャットのライバル社のBlinkを購入

【出典】2014/05/13

http://www.cnet.com/news/yahoo-buys-snapchat-competitor-blink/

Untitled

モバイルアプリのBlinkの開発チームは先日、ブログ上にてヤフーに買収されたことを発表した。アプリはテキストや写真、音声のやりとりができ、自動的に消去される、スナップチャットのようなアプリである。

タイアップの結果、BlinkはアップルのiOSおよびグーグルのAndroidのOS向けのアプリを破棄するという。7人の開発チームはヤフーのサニーヴェール市のオフィスで働くことになり、同社の「スマートなコミュニケーション製品」の開発に関わると、ヤフーの担当者がCNETに伝えた。TechCrunchもまた、このニュースを報じている。

「Blinkのビジョンをヤフーにもたらすことでどのような可能性が見いだせるか、楽しみだ」とBlink は書いている。

ヤフーはモバイル部門の強化をはかるべく小規模のスタートアップを次々に買収しており、Marissa Mayer氏がCEOに就任した2012年以降40もの会社を傘下に入れている。自動的に消去するアプリが人気を博してきた:その代表格にあたるスナップチャットは、30億ドル超の金額でフェイスブックに買収されている。スナップチャットは「消える写真」が売りであったが、先月にはチャット機能を追加している。

広告の資本投下がモバイルに集中しつつあることをうけ、ヤフーは自らをモバイル会社にするというミッションに取り組んでいる。Mayer氏曰く同社は500もの技術者を抱える。

ヤフーはこの分野で目立った動きを見せている一方、フェイスブックは現在広告収入の大半をモバイルから得ている。前四半期、このソーシャルネットワークは総広告収入の59%をタブレットおよびスマートフォンから獲得している。

先週、フェイスブックは明らかにスナップチャットのクローンであると言われている画像共有アプリのPokeの開発を中止した。

ヤフーはBlinkを終了させようとしているが、このインターネットポータルがいかにしてBlinkのチームと技術を活かすかははっきりしていない。以前から、ヤフーはコミュニケーション製品を強化するための買収を行っている。12月にはDonnaというアプリを作っているスタートアップを買収し、アプリを終了させるかわりにヤフーメールに携わらせた。