タグ別アーカイブ: Mashable

Appleは紛失物を見つけるIoT、Tileの自社バージョン開発

【出典】2019/4/17

https://mashable.com/article/apple-tile-tracker/?utm_source=feedly&utm_medium=webfeedsPicture1

Tile(紛失防止タグ)にライバルができるようだ。

9to5Macのレポートによると、iPhoneを利用した独自の紛失防止タグを開発している。

Tileの人気商品であるBluetooth対応の紛失防止タグに類似したAppleの新しい小さな装置が、今年の秋に披露されるであろう。9to5Maによると、そのAppleの紛失防止タグはどんな物にでもつけることができ、自身のiCloudアカウントと同期して使用する。iPhoneの位置情報を使い、所有者がそのアイテムから離れると、通知が発信される仕組みである。

 

 

その他の機能は、Tileの機能よりもはるかに高度なものである。Appleの紛失防止タグは持ち主の連絡先情報が内蔵され、紛失モードにした際、紛失物を見つけた人が自身のiPhoneを使いタグを読み取ることで持ち主の連絡先を知ることができる。

 

特定のタグの位置データを友人や家族と共有することもできる。「Appleは、この新しいハードウェア製品を使用し、ユーザーが紛失物を見つけるのに役立つクラウドソースネットワークを構築するために、膨大な量のAppleデバイスを活用したいと考えている。」と9to5は報じている。

 

さらに、Appleは「Find My Friends」と「Find My iPhone」を組み合わせた新しいアプリの開発も計画しています。これは、新しいBluetoothタグを使用しなくてもデバイスを追跡することが可能である。

 

もしAppleがそのような製品を発売することになったら、人気商品であるBluetooth紛失防止タグを製造するTileにとっては悪いニュースになるであろう。現在、同社はAppleを大きくリードしているが、AppleはTileにとって強力なライバルとなるであろう。Tileはこの話題に対して、すぐにはコメントの要求に応じなかった。

 

スマートスピーカー:2019年までに2億人が使用していると予測

【出典】4/16/2019

https://mashable.com/article/echo-homepod-smart-speakers-canalys/?utm_campaign=hp-hh-pri&utm_source=internal&utm_medium=onsitePicture1

マーケット市場分析を行うCanalysによると2019年終わりまでに約2億台のスマートスピーカーが世界で普及すると予測している。2018年が約1億1400万台だったのでほぼ2倍のペースの成長率だ。

そして分析によると、2021年までに4億台のスマートスピーカーが普及、タブレットとほぼ同じまたはそれを超える普及率になると考えられている。

家の電気を消す、冷暖房の管理など日々の生活を助けるスマートスピーカー、仕事や移動中に使われるタブレットとして二つのテクノロジーは住み分けを図っていくのかもしれない。

中国のスマートスピーカー市場が急速に成長しており2018年から2019年にかけての普及率は166%だ。アリババ製のスマートスピーカーTmall Genie(天猫精霊)の発売が普及率を押し上げている。

アメリカではアマゾンとグーグルが圧倒的シェア率を誇るが中国でアマゾンは約1%ほどのシェア率しかない。これは中国政府による規制の影響だ。Canalysの予測によると、アメリカだけで6000万台のスマートスピーカーが2019年までに普及、多くの企業が参入し市場は混戦となるだろう。

Adobeがリアルタイムで車の情報を得られるアプリケーションを開発

【出典】2019/03/27

https://mashable.com/article/adobe-analytics-summit-sneak-auto-maintenance-app/?utm_campaign=hp-r-27&utm_source=internal&utm_medium=onsite#viuLenuoJsq5Picture1

 

Photoshopなどクリエイター向けのソフトウェアを提供するAdobeが、自動車オーナーのストレスを軽減させることを目指している。

Adobeがバッテリーやエンジンの動作状況など車の統計情報をトラックする新たなアプリケーションを開発した。車に搭載することで情報が獲得できる本アプリケーションは、毎年ロサンゼルスで開催されるAdobe SummitProject Car Smartsとして発表された。

AdobeColin Morris氏は、データトラッキングが車の所有者やメーカーにもたらす便益について説明し、情報を獲得出来る事で車のより良い乗り方を知れるだろうと語った。

テレマティックトラッカーを使い接続された車の診断情報を得ることで、ドライバーの運転技術のパフォーマンスに与えている影響などを確認できるダッシュボードの作成が可能となる。将来的にはバッテリーが危険な状態に陥れば、警告を発することでドライバーに知らせる機能など様々な機能が実装されるだろう。Picture1Picture1

Morris氏はどのように事故を防止するかを説明し最適なスピードやブレーキの使い方について語った。乗車体験の満足度を向上させ、ドライバーの車に対する知識を広げることを狙っている。

他方で、自動車メーカーは何年にも渡り自動車に纏わるデータを収集しているが現状は上手く活用できていないとMorris氏は加える。特定の潜在顧客に向けてのマーケティング分析に注力する代わりに、顧客の車の乗り方や実際に発生している問題を知るべきだ。SUVのエンジンはセダンのエンジンと比べて故障しやすいのか?SUVは週末によく乗られているのだろうか?通勤の道路混雑でセダンのバッテリーを減少してないだろうか?

Picture1

データは匿名で集められ、特定の都市や車のタイプごとに起こる問題など全体の情報を得ることが出来るだろう。それにより道路上での実際の動きを元に、どこの改善を進めていくのかなどの意思決定を可能にする。

$35,000代のテスラ3がついに登場

March 2019 Report 16

CEOのイーロン・マスク氏が長年尽力してきたTesla Model3が遂に販売開始された。

 

発表後に、我々は遂にTeslaが35,000ドルの自動車を作ったことを知ることができた。ウェブサイトでは税金を差し引きガソリンの節約などを考慮すれば実質24,450ドルで購入可能なことが押し出されている。今回の発表前で、最も低価格のモデルで42,000ドルだった。

 

Model3は航続距離220マイルでガラス製の天井も選択可能だが、金属製の天井がデフォルトとなっている。

 

今回はスタンダードバージョンだけでなく、37,000ドルで航続距離240マイルのスタンダード・レンジ・プラスバージョンも発表されている。

 

イーロン・マスク氏は、35,000ドルで提供出来た事は偉業と呼べるだろうが極めて難易度が高かった。将来的には更に価格が低下するだろうが3年以上先になるだろうと記者との電話で語った。

 

今回の発表はModel 3だけに留まらなかった。CEOのイーロン・マスク氏は全ての自動車販売がオンラインで取引されるようになったことでModel 3の価格低下に寄与するだろう。また、実店舗はギャラリーやインフォメーションセンターに近くなっていく。テストドライブの代わりに1週間レンタルすることが可能となり、購入後の返品も可能になる。更に、購入も自らのスマートフォンのみで完結するようになるだろうとTeslaの将来像を述べた。

Samsung折りたたみ式スマートフォンの全貌明かさず

https://mashable.com/article/why-wont-samsung-show-us-the-galaxy-fold/?utm_campaign=hp-h-1&utm_source=internal&utm_medium=onsite#esgBvogn3sqxPicture1

大手スマホメーカーSamusungは折りたたみ式の新型スマートフォンを発表した。ここ数年で最も刺激的な新型スマートフォンの発表となるか、はたまた大きな失望をもたらすかは誰にも分からない。同社は詳細の公開を差し控えているが、Galaxy Foldという名称で売り出すことを明らかにした。

 

今回の発表はエンジニアリング分野の発展を意味しており、ステージ上で行われた簡素なデモは11月に見たデモに比べて大きな印象を私たちに与えたことは間違いないだろう。デモでは、スマートフォンを実際に折り畳む様子や1画面で複数のアプリケーションを立ち上げられるマルチタスキングに対応している事が確認できた。

 

短いデモではあったが、ほとんどのことを理解するには十分であった。その後すぐにSamsung CEOのKJ Koh氏のポケットに戻された。ヒンジやディズプレイなどデザインについての情報は得られたが手に取ってみる事は出来ず、ステージ上には3分20秒ほどしか登場していなかった。

 

その後のGalaxy S10やGalaxy Buds、Galaxy Watch Activeが展示されていたデモエリアでも登場していない。(2019年4月発売予定)徹底して詳細を公開しないのにはSamsungとしても意図があるのだろう。

 

しかし、今回のように発売まで詳細を明かさないことにより製品のクオリティへの疑問が尽きることはなく、なぜここまで執拗に隠すのか?という記者からの質問に対して公式の回答は得られてない。ディスプレイを広げた時にディスプレイの中央付近に皺が生じている事は、デモを注意深く見ればはっきりと目に見えて分かるだろう。折り目はスタイリッシュさを欠くものであり、その皺から高い耐久性を連想することは出来ない。

 

しかし、それ以上に大きな懸念はアプリケーションのサポート環境についてである。アプリ開発者たちに新たなフォームファクターに対応することを求めているが、対応完了までには時間がかかるだろう。歴史から我々が何かを学んでいるのであれば、1つの画面で同時に3つのアプリを使用する必要性について考慮しておかないと、アーリーアダプターにとっては使い心地の悪い製品となってしまう。

 

実際にGoogleがAndroid7.0でスプリットスクリーンでのマルチタスク機能を実装したが、ユーザーが使いやすいと感じるまでには長い時間がかかっている。サイズの異なるディスプレイ間でのアプリのシームレスな操作についても同じ事が言えるだろう。

 

Samsungは発売までに著名な開発者からの協力を得る事ができるかもしれないが、スムーズなアプリの操作感を期待して購入を決めてしまえば失望してしまう可能性が高いと感じている。

Zhang Yimou監督作品『One Second』ベルリン映画祭での上映が中止に

https://mashable.com/article/bird-box-nielsen-numbers/?utm_source=feedly&utm_medium=webfeeds#p3_q9Y_jjOqJPicture1

Zhang Yimou監督の最新作『One Second』がヴェルリン国際映画祭のコンペティション部門への出品が中止となった。公式サイトでは技術的な理由で中止されたことが発表され、代わりに2002年に公開された同監督の『HERO』が公開された。

技術的な理由という言葉は、中国政府からの承認を得なければ映画が完成しない現状を物語っている。ベテランであろうが、評価された監督やプロデューサーであっても権限は持っておらず、中国政府に委ねられている状況だ。

本作では毛沢東が主導した文化大革命をテーマとして扱っており、それが問題として抵触した可能性が考えられる。文化大革命は経済や社会に大きな混乱をもたらした出来事であり、非常にセンシティブなテーマなのである。

今回、問題なのは直前で映画祭への出品が中止された事だ。脚本に目を通す第一段階の時点で歴史的背景とストーリーを中国政府も認識していたはずだが、なぜ今回のような事が起きたのだろうか。

考えられる理由の1つとしては、管理上の問題である。国内の検閲が十分に機能していない可能性が考えられる。更に海外の映画祭に出展する場合必ず追加の許可を得なければならず、一度承認されてしまえば上映時間の変更や新たなプロデューサーや出資者が参加することはできない。

先述の決まりは、中国の映画産業振興法の一部として2017年に公表されたものであるが、今年から厳密に適用されるようになった。そのような状況のなか、Wang Quan監督作で、ベルリン国際映画祭のコンペティション部門作品でもある『Ondog』とプレミア上映予定Wang Xiaoshuai監督の『So Long, My Son』の両作品は、許可を得られたと考えられる。しかし、『One Second』に至っては、許可を得られていたのかは未だ不明だ。

もう1つの理由としては政治的な理由が挙げられる。昨年から中国の娯楽部門の管轄が、国務院から共産党のプロバガンダ部門に移り、イデオロギーの監視強化の影響が出ている。暴動や崩壊、殺人を描いた婁イエ監督作の『The Shadow Play』は正式な許可を得るまで2年ほどの時間を要したことを監督自身が明かしており苦労の末、本作はパノラマ部門で上映される事が決まっている。

以前よりチャン・イーモウ監督と婁イエ監督は規制当局より問題児と扱われてきた過去があり、1994年公開のチャン・イーモウ監督作『活きる』がカンヌ映画祭で審査員大賞と主演男優賞をW受賞と高い評価を得たが、中国国内での上映は禁止となっている。『HERO』では、欧米人はメッセージを理解出来ないかもしれないが、同作品は共産党を支持しているのではないかと一部から批判されている。

2008年に開催された北京オリンピックの開会式と閉会式をチャン・イーモウ監督が演出したことにより規制当局と彼との関係性を修復した。2015年には一人っ子政策に反対していたことが発覚したことにより100万ドル以上の支払いが命じられたものの、翌年には政府より正式に取り消しの声明が発表された。

もしチャン・イーモウ監督が問題であるならば、なぜ前作『影』がヴェネチア映画祭とトロント映画祭で上映することができたのか?

『One Second』だけでなく、青春映画『Better Days』も出品中止となることが決定しており、関係者によれば検閲に関わることが理由とのことで、今回の映画祭では2本の中国映画の出品中止という事実が残る。

映画祭メンバーは今後中国映画を選出する際、不測の事態に備えておくべきだろう。なぜならば、どのような作品が禁止されるかは中国政府のみしか知らない。

次世代モバイル通信5Gが変える未来

【出典】1/29/2019

https://mashable.com/ad/article/5g-breakthroughs-2019/?utm_source=feedly&utm_medium=webfeeds#1F2QfJ7wnPq5

Picture 4

5Gの時代がようやく訪れた。回線速度の高速化、タイムラグが解消されることにより我々のコミュニケーション、コラボレーション、仕事、遊びまでも変化するだろう。では5Gが導入されることにより具体的にどのような変化あるのか見ていこう。

Picture 3

リアルタイム・コラボレーション

5Gにより延滞なくリアルタイムなコラボレーションが可能となる。例えば医者と患者のリハビリも遠隔でリアルタイムに行うことができる。

医療の現場だけでなくビジネスシーンでも、クラウドベースのアプリに複数のユーザーが参加しプロジェクトをリアルタイムで作ることができる。

ソーシャルメディアはどうだろう?人々は毎日の私生活を「ストーリーズ」という機能を使って共有しているが、1つのイベントに対し複数の人々が動画を一斉にアップすることができる。例えば、ロードトリップやコンサートに行った時、それぞれが撮影したビデオをアプリ上でリアルタイムに編集することが可能になる。

このようなコラボレーションは大容量のファイルをアップしたりする必要があるため4Gでは実現不可能だった。

Picture 2

ARの進化

5GネットワークによりARは大きく変化、我々が見ている世界が大きく変わることになる。

5GとARが組み合わさればレンズを通して普通のクラスルームがイエローストーン国立公園や万里の長城にトランスフォームすることができる。カメラで取り込まれた動画情報をリアルタイム&タイムラグなしで3D空間をバーチャルに作り出すことができるようになるのだ。

Picture 1

他にもARを使った新しい機能が生まれるだろう。例えばあなたが友達と外出しており近くにあるバーを探しているとしよう。レストランサイトで近くのバー情報を検索しても現在の混雑状況や騒音レベルはわからない。AR機能があれば各バーの店内状況がARを通しても駆使することができる。

コネクテッドワールドにおける5G

今後全てのスマートカーに5Gが装備されるだろう。車両同士がネットワーク上でコネクトされることにより、どの車が車線変更を行おうとしているか周辺の車もリアルタイムに感知できるので車の安全性は向上するだろう。

 

なぜアップルは顧客にアップルストアに訪問して欲しいのか?

【出典】1/29/2019
https://mashable.com/article/apple-revamps-today-at-apple-classes/?utm_source=feedly&utm_medium=webfeeds#yXUCK_n.sgqIPicture1

アップルは人々にもっとアップルストアに訪問して欲しいと考えている。それは決して商品を購入したり修理したりするためではない。来店することにより、何か新しいことを学んで欲しいと考えている。

この考えを現実化するために同社はストアで提供している無料教育プログラム「Today at Apple」に新しく50セッション追加した。

コースは、コーディング、写真、音楽、ビデオ編集など細かくトピックが決められており、訪問者の年齢・スキルレベルにあったコース内容になっている。「Photo Walk」と呼ばれるセッションではスマホを使った写真撮影方法を学べ、「Make Your Own Emoji」というセッションでは子供達が絵文字を作れる内容だ。

「Today at Apple」はスタートして1年以上経つが、同社のビジョンである「製品とリテールストアのライフスタイル化」を実現するために大きく貢献している。同社のリテールチーフである、Angela Ahrendts氏は「アッップルストアを人々が集まる町の広場みたいにすることが目標」と語る。

アップル製品をすでに使用しているユーザーにとってアップルストアは新しい価値を提供する場所となりユーザーはより一層アップルに対しファンになる。

そして将来ユーチューバーになりたい、iPhoneを使って何か作り出したい子供達は同社のクラスを受けることで夢実現まで近づけることができる。Ahrendts氏によるとアップルストアに訪れる年齢層の低いグループの方が「Today at Apple」のクラスを気軽に受講する傾向にあるとのこと。

そして受講者の年齢が低ければ低いほど、クラスに再度参加する可能性が高いとのこと。

アップル:ビデオストリーミングサービスを4月にスタート

【出典】1/29/2019

https://mashable.com/article/apple-streaming-service-april-2019/?utm_source=feedly&utm_medium=webfeeds#GYurqZIgnZq3Picture1

アップルファンが待望していたビデオ向けサブスクリプションサービスを同社が4月にローンチする予定だ。情報によるとアップルはコンテンツパートナーに向け「4月半ばローンチ予定」と伝えているとのこと。

サービスは100カ国で展開予定、まず最初にアメリカで登場、他国はその後サービス使用が可能となる。iPhoneのセールスが伸び悩んでいる中、同社は新しいレベニューストリームが必要となる中、ビデオストリーミングサービスは最適だろう。

 

アップルがストリーミング形式のゲームサービスを開発中か?

【出典】1/28/2019

https://mashable.com/article/apple-gaming-subscription-service-like-netflix/?utm_source=feedly&utm_medium=webfeeds#l8TOhR5dssqF

Picture1

ネットフリックスのようなサブスクリプション制ゲームストリーミングサービスへ注目が最近集まる中、アップルが参入するのではないかと言われている。現在このサービスはまだ開発初期段階であり、場合によってはプロジェクト自体がなくなる可能性もある。

アップルはモバイルゲーム向けサブスクリプションをやるべきだ。競合であるグーグルはプロジェクト・ストリームと呼ばれるゲームサブスクリプションをテスト中だが、プレイステーションやXboxなどコンソールゲームにフォーカスしている。

アップルはiPhoneを販売したとき、ゲームアプリのマーケットも同じく作り出した。もしサブスクリプションをスタートするのであれば、同社のApp Storeを利用したサービスになるだろう。

そして次世代モバイル通信5Gが登場すればHDクオリティのゲームをスマホにストリーミングすることが容易になるだろう。