タグ別アーカイブ: lyft

リフト社、米サンフランシスコでのレンタカー事業の試行を始動

【出典】2019年5月9日

https://www.engadget.com/2019/05/10/lyft-just-started-experimenting-with-car-rentals-in-san-francisc/

image31

Lyft (以下同社)は、配車アプリとして自家用車を持つ必要性を最小にするために動いてきた。現在同社は、この野心を推進するため、別の方法を模索中だという。彼らがその別の方法であるレンタカー事業のサンフランシスコで実験的に開始することがわかった。

同社の広報担当者は次のように述べている。「我々は、全国各地の都市で、自転車、スクーター、公共交通機関の情報を自社アプリに追加しました。現在、週末のちょっとした小旅行のような長距離用の小規模なレンタルオプションを試しています。」

まだレンタル価格は明確に定まっていないようだが、同社初めてのレンタカー業は標準的なセダンで60ドル/日、SUVで100ドル/日程度が見込まれる。車をレンタルするユーザーはLyftが持つ駐車場に行って車をレンタルする必要になるので交通費として$20のクレジットが利用可能だ。タイヤチェーンや自転車ラックは無料で借りることができる。

現時点で、同社がこのテストに参加するために招待した人数、またはレンタルできる車の台数は不明であるが、分かっていることはレンタカーは全部新車で、ライドシェア型ドライバーが所有する車ではないということだ。一日の走行距離の上限はなく、最低レンタル期間は1日で、最長2週間という期間でレンタカーを利用すること可能だ。

この新しい実験は一見、Lyft社の全体的なビジョンで自家用車を持つ必要性を最小にすることにうまく合致しているようだが、最大のライバル社、米ウーバー社はレンタカー業進出が容易ではないことを証明済みである。 昨年の同時期に、米ウーバー社はゲットラウンド社と共同で民間所有者から提供された車を利用できるようにする同様のレンタカー業を開始させた。 しかし、“Uber Rent”と呼ばれたそのサービスは、同年11月に閉鎖されるまでの7ヶ月間しか運営されなかった。

このライバル社の失敗はLyft社の成績にも影響を及ぼした。3月下旬のIPO後の初回決算発表にて、同社は10億ドル強の損失を報告した。当時CFOのブライアン・ロバーツ氏は、2019年を同社の “最大損失年”と呼び、スクーターと自転車の配備への投資、そして公道への自動運転車両への事業参入で収益を得ようとしている、と示唆していた。

このシンプルなレンタカー事業は、特に車での移動が盛んな主要都市では非常に重宝されるだろう。同社がこの事業を大規模で成功させることができれば、同社の収益に大きく、長期的に貢献することができる。しかしながら、同社がUberの失敗という前例に反して成功したとしても、シェアライド型オンライン配車サービスが頭角を現した直後に株価が急降下した既存レンタカー企業大手が、新たな方法で反撃に出るだろう。

新たな働き方ギグエコノミーを主導する企業のIPO次々に控える

【出典】 2019/03/29

https://www.wired.com/story/lyft-ipo-filing-ridership-revenue-losses-costs-charts/Picture1

329日にライドシェアサービスを運営するLyftNASDAQへの上場を果たした。公開価格72ドルに対し初値は87.24ドル。終値は78.29ドルを付け公開価格より8.7%もの上昇を見せた。その結果、時価総額は264億ドルで交通機関を担うUnited and American AirlinesHertzAvisをも凌ぐ巨大企業が誕生した。

一方で、今回のIPOへの市場の熱狂具合はUberAirbnbPinterestなどIPOを控えている他のテック企業にとっても吉報となるだろう。Lyft最大のライバルであるUberは昨年の8月に760億ドルのバリュエーションが付いており、IPO時には1,200億ドル程度の評価を求める可能性が高い。IPOに向け書類提出は完了済み。

しかしながら、両社ともに黒字化までの詳細は明かしてない。

3月上旬にLyftが証券取引委員会に提出した財務情報からは、順調な売上高に対し黒字化までの道のりは前途多難という印象を受けざるを得ない。

Lyftに登録しているドライバーは過去2年で急速に増加。2016年の終わりには660万人だったが2018年の終わりには1,860万人まで増えている。Lyftによればアメリカの成人人口の9%Lyftを利用していると言う。更に、今年の12月には前年比47%増のドライバーを見込んでいるとのことだ。

利用者数は2016年の終わりには5,260万人だったのに対し2018年終わりには17,840万人を突破した。2018年には前年売上11億ドルから2倍の22億ドルを売り上げており、劇的な成長を遂げている。

Lyftでは、過去3年間の成長はUberのブランディング面での失敗も少ながらず影響しているのではないだろうかと考えている。2017年の第一四半期と第二四半期の1アクティブユーザーあたりの収益が大きく増加しているが、ブランドとバリューがドライバーに浸透してきていることで、競合に代わりLyftを選んでもらえるようになってきていると成長の理由を説明する。また先述の通り、トランプ政権の指定国への旅行禁止令や難民受け入れ禁止令へのUberのコメントがトランプ政権に賛同していると取られ、アカウント削除を促すムーブメントDeleteUberやエンジニアのSusan Fowler氏が投稿した性差別問題などのUberの失敗がLyftに影響したのではないかと分析している。

Lyftが投資を緩める事はなく、2016年の2倍程度にあたる8400万ドルを新規ドライバー/顧客獲得の為に費やしている。

その結果、昨年には91,110万ドルもの莫大な損失を計上。競合のUberでは18億ドルの損失を報告している。2社にとってIPOは黒字へと転換させようとしている最中に必要以上に注目されることを意味する。

次のウーバーやAirbnbを生み出すには?消費者の行動を変化させることだ。

【出典】12/10/2018

https://techcrunch.com/2018/12/12/changing-consumer-behavior-is-the-key-to-unlocking-billion-dollar-businesses/

2012年夏、筆者は一般人が自分の車で出迎え行きたい場所まで送ってくれる新しいサービスを知った。私はすぐにLyftというアプリをダウンロードした。

私が働いていたAirbnbのオフィスで周りにこのアプリの話をすると、「そんなアプリ絶対使わない」と言う人がほとんどだった。私が彼らに理由を尋ねると「知らない人の車に乗車しるなんて心地よくないからだ」と答える。そして私が「自分の家を知らない人に貸し出すことはできるのになぜ車はダメなのか?」と聞くと「車と家は訳が違う」と返された。

私はこの事実に驚愕した。Airbnbで働いている冒険好きで自身の家を他人に貸し出すことを気にしない人々が「知らない人の車に乗る」という行動に対して拒否感を感じているのだ。そしてこのLyftアプリが登場した時、私は「絶対大ヒットする」と確信した。Picture1

インターネットにより人々の行動は変化する

生活にパラダイムシフトが起きるような商品・サービスが誕生した時、人々の行動は変化する。インターネットがまだ出来たばかりの頃、人々は「絶対にクレジットカード情報をネットに載せない」と言っていた。しかし人々の行動変化によりアマゾンなどのeコマースが成長したのだ。

ソーシャルネットワークサービスが出てきた始めの頃、マイスペースがあった。その時代、人々は絶対に自分の本名や写真をネットにあげないと言っていたのに、この行動を変えるのに1〜2年しかかからなかった。そしてシェアリングエコノミーが到来した。人々は絶対に赤の他人の家に泊まらない、車には乗らないと言っていたのに。企業は我々の行動を変えることができるのだ。Picture1

消費者に対し価値ある体験を提供すること

人々の行動を変化させるサービス・商品全てが成功するとは限らない。限られた熱狂的なユーザーに愛されるかもしれないが、大きな成功に繋がるとは限らない。

2009年、人々のクレジットカードのトランスアクションが、リアルタイムでフィードされるBlippyというサービスが誕生した。クレジットカードを使い人々がどんなものを購入するのかがわかるサービスで、明らかに人々の行動を変化させるサービスだった。しかしサービスとして消費者に価値を提供することができず、サービスはすぐに終了となった。

行動変化を起こす商品・サービスは、オンラインでのインタラクションを増やしたり現実世界でのアクティビティが増えるなど、さらに良いものを生み出すことができる。Airbnbは「他人の家にステイする」という行動変化を生んだ。しかしそれ以上にライバルのホテルが太刀打ちできない新たな経験を生み出した。

1)安い

2)オーセンティック

3)ユニーク

行動変化により新たな商品体験が生まれたのだ。このような新たな商品体験は、「他人の家にステイする」という今まで心地よくないと感じていた行動よりも優れた体験だったのだ。

革新的な商品は人々に目に見える価値を提供することで成功する。行動変化を生み出すだけでは成功しない。そして消費者に与える「価値」は人々が最初商品に対して感じた疑惑を一掃するほどのインパクトがなければならない。このハードルを消費者が超えることができれば、彼らを虜にし、消費者自らが商品の素晴らしさを広めるだろう。Picture1

このような商品・サービスの大きなメリットは競合がいない新マーケットを作り上げることができることだ。たとえ似たようなビジネスを行なっているイノベーティブな競合がいたとしても、市場シェアは大きい。

しかし大体の場合既存マーケットで戦うことになるだろうが、行動変化を起こすサービスは既存の市場そのものを変えてしまう。Eコマースはもともと小売市場の一部に過ぎなかった、ソーシャルメディア広告もオンライン広告の一部に過ぎなかった。そしてイノベーティブな企業たちは既存市場のシェアを徐々に伸ばしていき過去とは全く異なる市場を形成するのだ。Picture1

行動変化は新たなサービス体験と経済を作り出す。

行動変化が起きることにより消費者は偏見なく新たな体験を受け入れることができる。これは企業にとって非常に有利だ。ウーバーやLyftはレーティング制度を導入したことによりドライバー&乗客の関係性が一変した。タクシーの運転手と乗客はお互い態度が悪かったが、レーティングによりウーバーやLyftはそれを一変した。

アマゾンはリアル店舗というコストをなくすことで小売業を変化させた。商品価格も下げることができ、販売側は売り上げを上げることだけにフォーカスすることができる。結果ビジネスモデルが大きく変わり、他企業もこのモデルを追随するようになった。既存のビジネスモデルを変えることにより、古参企業は参入が難しくなったのだ。

予期せぬ結果を予想しておくこと

あなたのサービスが多くの人々から愛され人々の行動に変化をもたらした場合、様々な予期せぬ事が起きるだろう。無視することは簡単だ。しかし無視した結果、どんな影響が及ぼすか昨今のソーシャルメディア企業を見ればわかるだろう。

一般的に起こり得る問題は規制だ。規制とは現代社会をバランスよく保つために存在する。企業が新たな行動変化を社会にもたらした場合、その規制から外れた価値をもたらしてしまうのが普通だ。Airbnbやウーバーが良い例だろう。民泊法や雇用法を新たに考える必要があった。

このような規制は絶対に無視してはならない。規制は意味があるから存在するからだ。企業は規制を作る者と共同で新しいポリシーを作り、政府はイノベーションに対し柔軟に対応しなければならない。お互いがウィンウィンな関係であるべきだ。

次に来るのは?

消費者の日々の生活の中で大きい支出が何か考えてみるべきだ。住宅・通勤・衣類などたくさんあるはずだ。現在電動スクーターが大きな行動変化を起こそうとしている。今現在、電動スクーターで通勤など絶対にしないと言っている人がいるかもしれない。しかしテクノロジーが進化し市場が成熟化すれば話は変わるだろう。もしあなたがイノベーティブなアイデアを持っており、他の人が絶対に使わないと言ったとしたら?彼らの言っている事が正しいかしっかり考えてみよう。

Lyft、同社初となる電動スクーター共有サービスをデンバーで開始

【出典】2018/9/6

https://www.theverge.com/2018/9/6/17824040/lyft-electric-scooter-denver-dockless-public-transportation

Picture1

配車アプリLyftは一足遅れて、電動スクーターの共有サービスをアメリカ市場で初めてデンバー市(アメリカ コロラド州)で開始することを発表した。他社に遅れを取らないよう、Lyftは各市の市職員との関係を円滑することによってライバルとの差別化を図る方針だ。

350台のスクーターを用意

Lyft によると、デンバー市からはすでに電動自転車とスクーター両方の運営許可がおりているが、まず始めに電動スクーターからサービスを開始する予定だ。Lyft社は、まず350台のスクーターを設置予定で、その内の100台は街の低所得エリアで公的交通機関が通ってない場所である“オポチュニティーゾーン(サービスを利用できる機会を提供するエリア)”置く予定だ。

スクーターは24時間体制での運営ではない。サービスの利用可能時間は朝の6時から夕方の8時までとなっている。他社と同様に1ドルでスクーターを使用でき、1分につき15セント課金されるようになっている。

Picture1

スクーターは中国の大手電器会社Xiomiによって製造されており、一台につき値段は約500ドル500ドル程度だ。最高時速と一度の走行可能距離は約15マイル(時速約24.1402km)である。アプリを使いスクーターを発見した際、走行距離とバッテリー残量値がスクーターを解除する前に表示されるようになっている。

正確に言えば、Lyftはやや遅れてこの市場に参入することになる。他社はすでに何千ものスクーターをアメリカ国内に限らずヨーロッパや中東に設置している。しかし、6月にアメリカ最大の自転車共有サービス会社Motivate を買収してから、スクーターの共有サービスに興味を持ち始めた。

LYFTは各市と共同してサービスを提供することに重点をおいている。

先月、Lyftはサンフランシスコ市からスクーター共有サービス運営の許可を拒否された。しかしその後サンタモニカ市及びロサンゼル市からLyft と Uber両社とも共に運営が許可された。Lyftによると、9月17日からサンタモニカ市でサービスを開始する。

Lyftはこの新たなビジネスに対してあらゆる市と共同でサービスを行うことを重要視している。 各市が電動スクーターの共有ビジネスをよりよく管理・運営するための規定改正を行っているタイミングで、Lyftはこの共有スクータービジネスに参入する事になる。他社は許可なくスクーターを街に乗り捨てるなどの以前の問題を改善し、この新しい規定にのっとってビジネスを行うことを約束している。

Picture1

LyftはBird やLimeといった大手の資本金の多い会社と競合する形になるが、特にUberとは、共に同じサービスを提供する会社として、都市の移動手段におけるすべてのサービスを提供するワンストップショップになるために競争することになるだろう。

Picture16月にデンバー市はLyft及びLime、Bird、 Spin、Razorといった会社に街での運営許可を発行した。電動スクーターと自転車が市内での交通手段として機能し、全体で2030年までに一人乗りの通勤車両を減らすのに役立つかを判断する方針だと発表した。各社350台ずつ運営する予定であるがLyft及びにUberが経営するJump またはZagsterには電動バイクの提供の許可も出た。

スクーター共有サービスは、各国で意見が二極化している問題だ。支持者からは効果的かつ環境にも優しい、と車に変わり公共交通機関からの移動を繋ぐ新たな交通手段として期待されている。一方で、反対者からはスクーターが道路を塞いだり、ルールを守らない人々による危険行為が心配されている。Lyftによると、デンバー市では可能な限りルール違反や危険行為を防ぐための監視を強める方針だ。

「これは新しいことだ。」とスクーターと自転車及び歩行者のポリシー取締役代表のCaroline, Samponaro氏は、The Vergeに対してそう語った。「いろんな質問が今後出てくるだろう。そのために準備をしなくちゃいけない。」

Samponaro氏によると、Lyftはデンバー市内にとても「頼もしいチーム」を持っており、料金の徴収や運営上の問題を迅速に対応してくれる予定だ。他社は、契約した個人事業主に使用後のスクーターを回収させるが、Lyftはフルタイムの回収専門業者がいる。さらに乗り捨てに関する問題に対しては、使い終わったスクーターを各地に設置された場所に戻すよう呼びかける方針だ。

前回約束したように、Lyftは割引で人々を惹きつけ、公共交通機関からの新たな移動手段として使ってもらうように促すつもりだ。さらに「最寄りの駅」機能をアプリに搭載することにより、ユーザーが簡単に公共交通機関を見つられるようにする予定だ。

「我々はこの電動スクーターと自転車が、今まで街になかった新たな交通手段になることを目の当たりにしている。」とSamponaro氏は述べた。

シニア生活保護サービスのスタートアップ、Lyftと提携して450万ドルを調達

【出典】https://techcrunch.com/2018/03/29/senior-living-services-startup-raises-4-5-million-partners-with-lyft/

Picture1

高齢者の生活に関する市場に取り組むことを目的としたテック系のスタートアップ企業Cubigoは最近、Transvisionの協力とUrbain Vandeurzenを筆頭に、450万ドルのシリーズAラウンドを終えた。

Cubigoはまた、フロリダ、カリフォルニア、オハイオ州の5つのシニア・リビング・コミュニティでサービスを展開しようとしている。これらの5つのコミュニティ全体で、Cubigoのプラットフォームは10万人の住民にリーチする事になる。高齢者生活産業を近代化するという使命を果たすために、Cubigoは交通機関枠ではLyftと提携し、またAppleのモビリティパートナーにもなっている。

Cubigo のCEOゲーテ・ハウベン氏は、「シニアケアは、私たちが毎日ポケットに入れている技術に触れられていない、4000億ドル規模の業界だ。 iPadとiPhone用に構築された新しいアプリケーションを使用することで、独立施設や保護施設住宅のプロセスを根本的に効率化出来るチャンスがある。しかし、最も重要なのは、Cubigoは使いやすいテクノロジーで、高齢者に日々の行動に独立性をもたらす事である。」と述べた。

Picture1

Cubigoのソリューションは、シニアリビングの提供者、住民およびその家族に向けられている。 Cubigoを通じて、提供者は、活動、交通、食事を管理し、住民などと交流することができる。住民は、エンターテインメントにアクセスし、食事を注文し、カレンダーを管理することができる。家族らは、愛する人に何が起きているのかリアルタイムで常に把握することが可能だ。

Lyftとの協力の一環として、CubigoはLyftのAPIをそのプラットフォームに統合することができる。これにより、高齢者は交通手段をスケジュールしてピックアップしてもらうことが可能になる。

Lyft ビジネスのVP ジャイル・レンウィック氏は、「高齢者のためのシームレスな輸送体験を可能にするためにCubigoと提携することで、世界最高の輸送手段で人々の生活を向上させるという私たちの使命に一歩近づいている。自分の力で乗車をリクエストできるということは、介護士の時間を他の優先事項に注ぐことができるという利点と共に、高齢者の生活を変えることができる。」と語る。

Lyftブランドを成長させる(そして乗客の安全を守る)最新計画は、独自のクラフトビール

http://www.adweek.com/brand-marketing/lyfts-latest-plan-to-grow-the-brand-and-keep-riders-safe-its-own-craft-beer/

Picture22

Lyft社はシカゴ一帯で新しい顧客を探している。配車サービスアプリの顧客を魅了する計画は一体何か。クラフトビールだ。LyftはシカゴのBaderbräuBrewingと提携し、Five Star Lagerというスペシャルビールの提供を開始する。それは、 「ミュンヘンのヘルレススタイルのラガーで、ミディアムボディで爽やかな仕上がり」とのことだ。

Five Star Lagerは店舗ではなく、バーで販売される。またビールを注文した人は、次のLyftの利用費が最大60%オフになる 。Baderbräu Brewingは、Lyftのすべての顧客が、夜に帰宅するための安全で確実な方法を提供することを目的としている、と述べている。

Lyft中西部ゼネラルマネジャーのDavid Katcher氏は、「Five Star Lagerのローンチのために、より多くのシカゴ人が街で遊ぶ時に責任を持って外を移動することを促すために、Baderbräuとパートナーシップを結ぶことを決定した。」と話す 。 「我々と同じようにシカゴのことを考えている地元のビール醸造所と組むことは、非常に重要なことだった。そこで、Baderbräuという素晴らしいパートナーを見つけたのだ。」

昨年10月、フィラデルフィアとロサンゼルスの乗客のために、LyftはStranger Things(米Netflixオリジナルドラマ)からインスピレーションを得た “Strange Mode”というサービスを提供した 。また同社は最近、バドワイザーと提携し、1933年のリピール・リザーブ・アンバー・ラガーの限定版発売に向けて、バドワイザーのロゴ入りのヴィンテージカーを多数リリースした。

最新の巧妙なプロモーションを、今シカゴで実施するのには特に意味がある。クラフトビールは今のタイミングにピッタリだ。昨年6月、シカゴには約200のビール醸造所があった。それが地元のLyftの乗客の心を掴むかどうかは別の話だが。

「Five Star Lagerは余分なものがない、ナイトキャップにぴったりの軽めのビールだ。」とBaderbräuの創設者Rob Sama氏は述べている。 「熱心なクラフトビール好きだけでなく、クラフトビールに慣れていない人々にも魅力的なビールだと思う。」

ドライバーレスの未来:50億ドル規模のビジネス

【出典】 2019/09/23
https://techcrunch.com/2017/09/23/five-billion-dollar-businesses-for-the-driverless-future/

Picture1

都市間の移動は車両購入コストから移動距離コストへ変化しつつある。小さい頃、私は自分の車を所有することが夢だった。自家用車にワックスをかけ近所をドライブ・・・しかし今では、このプラスチックと金属の塊が急速に減価償却されていくのを恐れている。正直、快適な移動さえできれば今はそれで良いのだ。車を所有することに対しミレニアル世代はきっと私と同じ想いであろう。そして多くの人々はライドシェアリングの利便性を取り入れている。

自動車業界はもうすぐ1兆ドルの市場になりつつある。しかし新規参入企業が業界に入り込み、自動車企業自体は販売台数が減り圧迫を受けている。今までの自動車業界は 短いスパンで車を製造し顧客へリースまたは販売という流れが歴史的に普通だった。

今までは車両自体に対価を支払ってきたが、将来は車がどれくらいの距離を移動したか、距離ごとに収益が生まれるスタイルになるであろう。

2017年アメリカの車両は3.17兆マイル移動したと発表された。これは5年前より7.8%増加している。そしてこの傾向は続くだろう。電気自動車や自動運転の登場により、環境や人件費かかる負担は減り車両価格は低くなると予想される。

自動車メーカーは自分たちが追いやられる心配はそこまでしなくてよい。しかし車両の移動距離単価の経済は多くの新しいキープレーヤーが現れる。Uber・Lyft・Zooxのための車両を生産することになるメーカーもあれば、GM・アウディ・BMWのようにライドシェリング企業に立ち向かおうとする企業もいる。

Picture1

果たして移動距離単価の経済が主流になった場合、一体どのビジネスが業界を牛耳ることになるのか?可能性としては下記の通りである。

  • 保険業界:自動運転タクシーがもうすぐ登場する。今現在どの事業者が自動運転サービスを提供できるか法的枠組みすらできていない。法的枠組みができれば、乗客・事業者・ベンダーに対しての負債の限度額を設定しやすくなる。これらの負債の限度額がわかれば保険会社もポリシーを作りやすくなる。保険会社は自動運転に関わるテクノロジー(カメラ・AIなど)が誤作動を起こした時のリスクモデル化の作成を行い、スタートアップはモデル化の支援を率先して行うべきである。自動車販売の低迷が予想されることを考えると、現存する保険会社はこの新興市場を喜ぶべきであり、いつかはその事業の大半になる可能性がある。
  • コンプライアンス:事業者の負債を制限するには厳しい安全規制が必要だ。これらの規制には、AIに対してシミュレーションを行うこと、AIの監視と監査も含まれる。(自立型車両を管理する人間の監視など)
  • 流通:今日UberとLyftはライドシェアリングの主要チャンネルを所有している。彼らの広大なドライバーのネットワークと巨額の資産は業界を圧倒し、競合他社を締め出すことになった。現在のところ、2社とも車両の自社生産は行なっていない。伝統的な自動車メーカーは来たる自動運転に向け乗客に提供する価値を再考する機会かもしれない。もし最初から全てを設計し直すのであれば、過去に作った車とは全く違うものになるだろう。スタートアップのZoox社は自動運転の時代に向け洗練された輸送ロボットの設計を行なっている。
  • 車載サービス:モバイル機器の使用は一旦忘れよう。「自動運転」とは今までと全く違うプラットフォームだ。高度にパーソナライズ化され、豊かな車内環境を作り出すことが可能だ。音声機能は車内のコンシェルジェとなり、乗客の好みや希望、以前の目的地を知っているのだ。もしかすると、コンシェルジェがツアーガイドの代わりとなり過去の旅行のデータを元に、乗客の好みに合わせたバンコクを道案内してくれるかもしれない。あなたのソーシャルメディアにアクセスして、オススメのレストラン、ショッピング、エンターテイメントを教えてくるだろう。
  • 自動運転技術:自動運転の技術を確立する企業は莫大な利益を得るのは確実だ。非自動車メーカーやスタートアップがこの分野に大きな機会を見出している。インテルはMobileEyeを買収しティア2の自動車サプライヤーとなった。このインテルが手に入れた新たなチャンネルにより、チップ、センサー、ソフトウェアなどインテルの他のテクノロジーを自動車サプライチェーンに販売することができる。

このような様々な新しい機会が、ドライバーレスの世界にある。この新しいパラダイムがきっと我々が考えたこともなかった生活を生み出すことになるのだろう。

Lyft、#DeleteUberキャンペーンを活用しAppleのApp Storeでトップ10入りを果たす

【出典】2017/1/30

https://techcrunch.com/2017/01/30/lyft-surges-to-the-top-10-on-apples-app-store-following-the-deleteuber-campaign/

Untitled

Lyftアプリは、週末SNSで行われた「Delete Uber」キャンペーンのおかげで、App Storeでより高い関心を集めるようになった。人々はUberがJFKでのストライキを逆手にとってサービスを提供していることに怒りを感じているのだ。同社はニューヨークタクシー労働者同盟(NY Taxi Workers Alliance)が新しい移民政策を不当とし空港付近での運転をボイコットした直後にJFK国際空港付近の割増料金を停止したことで、消費者の反感を買ったようだ。

ニューヨークタクシー労働者同盟は、Uberを含め、1月28日日曜日の午後6時から7時のデモ中、JFK国際空港付近での運転をしないよう呼びかけていた。

「我々は、これを黙認することはできません。過去我々を歓迎してくれた人々をこの国で歓迎する義務があるのです」と労働者同盟はTwitterでこう記している。

Untitled

Uberは、これに対しJFK国際空港付近の割増料金システムを一時停止し、通常料金で運転することで、この状況をビジネスチャンスと捉えたのだ。

同社は、今回の出来事に対し、この料金システムの変更はただユーザーがJFK国際空港付近を通常料金で乗ることができることを世間に知ってもらおうとしただけで、デモとは全く関係ないとコメントを発表している。

Uberは、吹雪の時やハリケーンの直後、さらには大晦日等、ユーザーが最も必要としている時に料金を上げると非難を浴びており、今回の投稿はJFK国際空港で何が怒っていようと料金システムを変えて利益を不当に得ようとはしないことを意味しているというのだ。

しかし、Uberの謝罪は一足遅かったようである。というのも、運転しないようにという呼びかけがあったにもかかわらずデモ中に通常通り運営していたことで反感を買ってしまったのだ。

「#DeleteUber」というTwitterでのキャンペーンは、今回の出来事やUberでCEOを務めるTravis Kalanick氏がトランプ政権で経済顧問を務めていることに対する消費者の怒りを表していると言えるだろう。消費者は、下記の画像のようなUberのアカウント削除を示すスクリーンショットを次々と投稿することで、このキャンペーンをサポートしている:

Untitled

Untitled

このTwitter上の「#DeleteUber」キャンペーンは、多くのハリウッドセレブによってサポートされ、関心を集めた。土曜日の夜にはアメリカのトレンドの一つにまで取り上げられるようになった。

多くの人々は、結果としてLyftをサポートするとツイートした。また、Lyftは全米市民的自由連合(ACLU)に100万ドルを寄付し、入国審査厳格化に反対している。

Kalanick氏は、トランプ政権のこの大統領令を「間違っているし不当である」と強い非難の色を顕にした。また、同社は300万ドルを投じてこの移民政策で直接的な打撃を受けるドライバーの移民をサポートすると発表している。

しかし、こうした善行は、すでにUberを見限った人々には通じなかったようだ。結果として、LyftはApp Storeでチャートに載るまで登りつめた。

Untitled

上記のチャートは、ダウンロード数を表しており、これを見ると同SNSキャンペーンによりLyftのダウンロード数が明確に上がっていることがわかる。

Lyftは土曜日にiPhoneの無料アプリランキング39位だったが、週末には7位まで上がった。

そして、1月30日現在、YouTubeや、フェイスブック、Google Maps、Netflix、Spotify、Pinterest、Amazon、Twitter、Pandora、そしてもちろんUberを抜いて、6位にまで登りつめている。

Untitled

この急上昇は、無料アプリカテゴリで常に50位以下だったLyftにとって、著しい成長でらうと言える。

Lyftがどれだけこの高順位を死守できるかは定かではないが、女優Susan Sarandonが今朝参加したところを見ると、同キャンペーンはまだ終わっていないようだ。

Untitled

Untitled

Untitled

寄付した金額だけ見ると、これは皮肉な話である。というのも、Uberはドライバーを移民規制から守るために300万ドルを投じると発表したのに対し、Lyftは全米市民的自由連合に対し100万ドルしか寄付していないからだ。しかし、こうしたSNSでの動きは企業がその出来事にいくら投じたかに比例するものではなく、どういう姿勢を見せどう行動したかに比例するのだろう。

トランプ政権の行った政策に対する誤解されたKalanick氏のツイートは、今後もアメリカの経済界に影響を与えていくだろう。今回の出来事に関し、他の企業に向けられた「トランプ政権のもとでは一挙手一投足が企業に非常に大きな影響を与える可能性がある」という教訓は明白である。

アップデート:Lyftは現在App Storeで4位の座に着いている。モバイルアプリマーケティング企業Sensor Towerによると、iOSでの一週間のLyftアプリダウンロード数はアメリカで78%も増加しているようだ。1月21日から22日のダウンロード数は5.5万回であったのに対し、1月28日から29日のダウンロード数は9.8万回だった。日曜日のダウンロード数も180%増加し、1月22日には2.5万回だったのに対し、1月29日には7万回にまで増加している。

LyftとBudweiser、飲酒者に無料の乗車を提供するサービスを発表

【出典】2016/9/14

http://www.huffingtonpost.com/entry/lyft-budweiser-drunk-driving_us_57d81260e4b0aa4b722c6d69

untitled

いっぱいのビールを口に運んでしまった時に、あなたを無事に家まで帰らせくれるようなサービスを、Lyftとビール会社がじきに始めるかもしれない。

金曜日の始め、タクシー配車サービスを行うLyftとBudweiserは、毎週金曜日と土曜日の10時から深夜の2時の間にて、無料の乗車または大幅な値引き乗車サービスを4州にて行うと発表した。総額として5000の10ドルクーポンの提供をするようだ。

この飲酒運転反対キャンペーンは、コロラド州とフロリダ州、イリノイ州、ニューヨーク州にてこの年末に行われる。Lyftの広報担当者はHuffington Postに対して、これら4州がLyftとBudweiserにおいての主要なマーケットであり、飲酒運転によって死亡事故が頻発する州だと述べた。

LyftとBudweiserは、フェイスブックとTwitterのアカウントを通して、21歳以上の利用者にクーポンを配信するようだ。より実地的なアプローチ法へと手段を変えたBudweiserは、依然として変わらない飲酒運転の件数を減らす責任があると発表した。

「飲酒運転撲滅のためのアプローチ方法は、時代を超えて変わってはいますが、根本にあるミッションは変わりません。現在進行中のLyftとの提携は、Budweiserが手がける『Give a damn. Don’t drive drunk』キャンペーンを次のステップへ広げるためのものです」とAnheuser-Buschでコーポレートソーシャル部門副主任を務めるKatja Zastrow氏は本誌ににメールにてコメントしている。

キャンペーンを行うにあたって、非常に面白いタイミングである。

この夏の初めに、American Journal of Epidemiology(米国疫学会)の論文にて競合他社であるUberが飲酒運転率の低下にはあまり影響を与えていないとの研究がなされたばかりだからだ。

考えられる理由としては、責任を持ってお酒を飲む人は自分で運転をする前に安全に帰る方法を見つけているという。その方法とは、爆発的に広まった配車アプリや公共タクシー、交通機関などである。その一方で、飲酒運転をしようと決めている人は、もうすでに交通費を払うよりも、他人を危険にさらすということを選んでいる時点で判断力が欠如しており誤った判断をする可能性が高いと言える。

もしも、この「とても低価格で乗車できる」理論がうまくいくのなら、今回のこの4州の取り組みで、飲酒運転率が著しく下がることを見ることになるだろう。

「このタクシー配車サービスが、飲酒運転問題に影響を与えることに懐疑的だという意見は見受けられます。しかし、我々はこの提携にて掲げた、飲酒運転による死亡事故を10,000件減らすという目標の達成しか見据えていません」とLyftの広報担当者は述べる。

「Lyftはこの問題をきっと解決できるでしょう。我々は、Lyftを必要としてくれる人たちへ可能な限り乗車サービスを提供していきたいと考えています」と締めくくった。

Lyft利用者、ついに乗車予約が可能に 運転手はいつものようなビジネスになるだろう

【出典】2016/5/23

http://www.recode.net/2016/5/23/11747936/lyft-advance-booking-scheduled-rides

Untitled

本日(2016/5/23)、Lyftはサンフランシスコで追加料金なしに事前の乗車予約が可能になると発表した。だからと言って、サービスが「オンデマンド」の本質から逸脱するわけではない。今までとほとんどかわらないが、予約ができるオプションがついただけである。

基本的に、利用者は(最大で24時間前に)送迎の予約をすることができるが、プラットフォームは予約時間の直前まで車を手配しないようだ。したがって、ドライバーはまだ送迎の受け入れを拒否することもできる。もしあるドライバーが送迎を拒否した場合、Lyftの経路制御アルゴリズムが次の対応可能なドライバーにその送迎以来を送るというシステムになっている。

ドライバーがそれを受け入れて、時間通りに到着するのに十分な時間を与えるため、この予約された出迎え時間よりある程度前に(まだ公表されていないが)この送迎依頼は出される(最善の時間をテスト中であるため、出迎え時間のどれだけ前にこの要請がドライバーに送られるかを会社は特定していない)ようだ。

値上がりした運賃が乗車予約に影響するかどうかを確かめるため、会社はプライムタイム[価格上昇時間帯の価格]の時間帯をどう言った価格設定にするかは検討中である。

「我々は利用者とドライバーにとって何が最善の体験かを確かめるため、あらゆるシナリオを検討しています」とLyft社のスポークスマンのTim Rathschmidt氏はRecordにこう話した。

これは過去乗客から要望があった機能であると彼は語る。アメリカのニューヨークだけで利用可能であるが、ヨーロッパ全域ととイスラエルで操作可能なGettは、乗車予約をすでに一年以上も提供している。GettでCEOを務めるShahar Waiser氏によると、企業間取引において事前予約は主な利点になるという。

この新しい機能は、LyftやUberのその他サービスとは際立って対照的である。個人での乗車よりも安価な、LyftLineやUberPoolなどの相乗りサービスと共に、LyftやUberはどんどん公共移動手段やシャトルサービスに近いものとなってきている。一方で、この予定乗車は一般にビジネス旅行者のため、空港へ行く、もしくは法人口座のために利用される高級車やリムジンサービスの要となるかもしれない。

更新情報:プライムタイムの時間帯にどのようにこのサービスがなされるかの詳細を追加で記載するために、この記事は更新された。