タグ別アーカイブ: Los Angeles

BAFTAロサンゼルス、ニューカマープログラムを諸外国向けに展開

https://variety.com/2018/film/global/bafta-los-angeles-newcomer-program-expanded-1202882103/Picture1

BAFTAロサンゼルスは、イギリス以外の国々からハリウッドにやってくる国際的なタレントを抱えるために、ニューカマープログラムを拡大しているところだ。このプログラムでは、キャリアを広げるためにロサンゼルスに移ってくるエンターテインメントのプロフェッショナルと、その分野の他の人達とを繋げている。

今日発表された文書には、英国映画テレビ芸術アカデミーは、イギリスに加え、オーストラリア、ポーランド、南アフリカ、イスラエル、韓国、フランス、トルコ、香港からの55名の参加者を援助するつもりであると書かれていた。2007年に開始された本プログラムは、キャリア形成のサポートや、ビジネス向け交流会、ロサンゼルスに移った人々とのマッチング、キュレートされた教育プログラム、BAFTAの説明会とインサイトシリーズを含む能力開発イベントのスケジュールへのアクセスなどを提供する。

この展開は、BAFTAロサンゼルスの使命を一歩先へと進め、異文化交流を促進しグローバルな関係を強化することになる。

「BAFTAがグローバルに援助を広げていく中、ロサンゼルスでイギリス人タレントを支援し成功してきて10年が経ち、現在ニューカマープログラムが国際タレントにまでその範囲を広げることに、私たちは胸を躍らせている。」と、新人(ニュータレント)委員会の会長であるSandro Monetti氏とPeter Morris氏は文書の中で語った。

今年選出された55名の参加者は、俳優19名、監督15名、プロデューサー9名、映画脚本家3名、アートディレクター2名、エグゼクティブ2名、作曲家2名、撮影監督1名、プロダクションデザイナー1名、エージェント1名、広報係1名で構成されている。彼らは3つのグループに分けられ、参加者はそれぞれプログラムの1,2,3年目に各グループに所属する。

ロサンゼルス内でのロケ撮影が第一四半期に2.4%増加

【出典】http://variety.com/2018/film/news/on-location-filming-los-angeles-1202756713/Picture1

ロサンゼルス内で行われたロケーション撮影は、長編映画製作の急増に伴い、第1四半期に2.4%増の9,724撮影日になったことを、FilmL.A. (ロス内におけるロケ撮影の許可を扱う団体)が報じた。

長編映画の製作は、11.7%増の814日となり、2015年以来初の2桁の数字での増加となった。FilmL.A. のプレジデント、ポール・オードリー氏は、カリフォルニア州の拡大された税額控除プログラムが影響していると指摘した。これは、映画の予算の最大25%をカバーすることができる。

「映画やテレビ番組制作における雇用の増加が見られることは喜ばしいことだ。 」とオードリー氏は語る。「カリフォルニア州税額控除プログラムは、我々の地域の産業を支えており、プログラムの継続にとっていかに重要であるかを実証している。」

『Bird Box (原題)』、『Peppermint(原題)』、『The Devil Has a Name(原題)』、『Destroyer(原題)』『キャプテン・マーベル』などは控除を受けているプロジェクトで、長編カテゴリの撮影日の20%、つまり161日を占める。

『キャプテン・マーベル』は、予算が1億ドル以上の7本の映画の1つだ。 マーベルの作品がカリフォルニア州で撮影されるのは、2014年の『キャプテン・アメリカ:ウィンター・ソルジャー』ぶりである。

全体的なテレビ番組制作は、パイロット版制作が22%も急増(計272日)、ドラマ製作の4.4%増加(計1044日)したのにも関わらず、全体では7.4%減少した(計3,623日)。コメディ番組(13%減の計529日)、リアリティ番組(20.7%減の計922日)、ウェブ番組(28.7%減の計362日)の製作減少が見られた。全体的なテレビ番組の生産量は、その5年間の平均よりも0.4%上回っている。

税金控除を受けているテレビドラマプロジェクトが、このカテゴリーの第1四半期における撮影日数の50.3%を占めた。そして控除を受けたパイロット版の制作は24%、またコメディー番組は17%を占めた。最近のFilmL.A.の別の報告書によると、L.A.ベースの連続ホーム・コメディードラマの制作は、ロケ撮影よりもスタジオでの撮影が基本となってきている、とオードリー氏は言及した。

「この製作奨励プログラムがロサンゼルスの映画製作ネットワークの大部分になりつつあることは非常に明確になっている」と彼は付け加えた。 「今年は映画やTV番組が良い方向に向いてきている。」

コマーシャルのロケ撮影は、第1四半期に10%増の1,633日となり、そのカテゴリーは5年間の平均を10%上回っている。

ロサンゼルスのエリック・ガルセッティ市長は、「この報告書は映画やテレビのコンテンツ生産が活況を示している」と述べた。 「それぞれの新しい番組制作は、新しい雇用を生み、誰にとってもより健康的な経済を意味する。 LAは世界においてクリエイティブの中心地であり、我々は今後もそのように保つつもりだ。」

カリフォルニア映画委員会は、4月9日に、『Ford  v. Ferrari(原題)』と『Coming 2 America(原題)』という2つの比較的高予算の映画を、他7つのプロジェクトと共に、$5500万に上る税額控除プログラムの対象として選択したと発表した。

委員会はまた、3月19日、アマゾンシリーズ『スニーキー・ピート』の第3シーズンの撮影拠点をニューヨークからカリフォルニア州へ移動することを発表し、その条件として、州から920万ドルの税額控除を受けることを承認した。

ジョージア州やニューヨーク州などのより大きな奨励制度がある州へ撮影拠点が移動することをやめる目的で始まった3年間に渡る拡大税額控除プログラムは着実に効果が出ている。これにより『スニーキー・ピート』は、カリフォルニアにプロダクションが移動した作品として13本目となる。州の年間配分は2015-16年に1億ドルから3億3000万ドルに増加した。プログラムの対象は抽選で選ばれるのではなく、どれだけ多くの雇用があるかによって判断される。

ロサンゼルス警察、クラウドソース方式の写真で事件を解決したい意向

【出典】2014/05/06

http://gizmodo.com/the-la-police-wants-to-use-crowdsourced-photos-to-solve-1572562185

i06rdjy33drz7hf9egt1

ロサンゼルス群保安局(LASD)は新しいウェブサイトを立ち上げ、モバイルアプリも発表した。緊急事態が起きたときに、証拠写真や動画を投稿できるようになっている。表向きはいいアイデアのように思えるが、情報収集にはつきものの欠点がある。

ロサンゼルス群保安局の緊急事態デジタル情報部(Leedir)では、暴動や爆弾騒ぎがあったときに保安局をサポートすることを期待している。ウェブサイトおよび携帯アプリは緊急事態が起きたときに起動される。一度システムが起動すると、ウェブサイトおよびアプリでアップロードが可能になる。

ウェブサイトによれば、Leedirはボストンマラソンで起きた爆弾事件から着想の一部を得たという。爆発のあと、現場に居合わせた人は何千もの写真や動画を投稿したものの、当時のボストン警察ではそれを受けいれる体制ができていなかった。このような情報のボトルネックを防ぐためにも、LASDはCitizenGlobal・Amazon Web Servicesとタイアップし、同様の事件がおきたときに迅速に対応できるようにする。

もちろん、この技術にも懸念されている点がある。新技術は現在、サンタバーバラで起きた暴動に参加した人を捜査するために使われているが、このような状況、あるいはデモや反対運動があった際に、警察や検察が任意に人を罰する魔女狩りのように証拠が使われる可能性は否定できない。警察による暴力を告発する動画が証拠として使われないだろうことも、確かだろう。