タグ別アーカイブ: innovative

記憶に残る経験かインスタ映えか?

【出典】1/21/2019

https://www.thedrum.com/opinion/2019/01/21/memorable-experiences-versus-instagrammable-moments-it-s-time-slow-the-scrollPicture1

アテンション・エコノミーが普通になってしまった昨今、多くのマーケターはソーシャルマーケティングを多用し何も考えずとにかく露出を増やし人々のアテンション(注目・関心)を集めようとしている。情報過多な世の中だからこそ、今ブランドはより「人間的な」アプローチを取るべきだ。

エクスペリエンシャル・マーケティングの時代がようやく訪れたのだ。ブランドと消費者が意味あるコネクションを持ち、感情的に揺さぶり長期的なブランドに対し忠実な消費者を作り出すことが最も大切だ。彼らのSNSに投稿してもらい情報を共有する手法は一時的なものですぐに過去のものになってしまう。リアルな人と人の関わりこそが重要だ。

優秀なマーケターはすでにイノベーティブな方法で彼らの消費者とつながる方法を考え、なんでもデジタルで共有する世の中とうまく融合できないか探っている。2019年ブランド側はしっかり意図を考え消費者とつながらなければならない。つながるために重要なポイントは下記に。

物理的マーケットは関係ない

グローバルで全てがコネクトされている世の中では、ブランドやコンテンツはマーケットなどあまり関係ない。デジタルメディアとSNSの発展により文化・トレンドは一瞬にして世界中に拡散される。

ブティックホテルであるWホテルが上海にオープンした時、同社はニューヨークとロンドンでポップアップイベントを開催した。VR技術を使い来場者に上海を経験してもらった。このような体験を提供することにより、上海のWホテルへの宿泊客を獲得しようという狙いがある。

意図を持ってテクノロジーを導入すること

新しいテクノロジーが登場すると、マーケターはそのテクノロジーをあまり理解せずマーケティングに導入してしまうことがある。ARやVRの使い方を間違えたイベントにあなたも参加したことがあるだろう。テクノロジーをマーケティングに組み込む場合、必ずブランドとの整合性を考えて施策すること。人々があなたの施策でVR体験をする時、長時間列に並ばされ待たされたらどうだろう?もし途中でコンピュータがクラッシュしたらさらに最悪だ。

マーケティングにおける新テクノロジー導入はブランド体験を向上するためのサポート程度だとしか消費者は感じていない。シカゴに新しくマリオット・マーキスができた時に行ったオープニングナイトでは、カクテルをドローンで客にデリバリーするという体験を提供した。ブランド側が持つ素晴らしいホスピタリティをイノーベーティブな方法で宿泊客に提供し、滞在中の満足度を向上するという施策は素晴らしい。Picture1

最後に一番効果的なのは古風なやり方

テクノロジーやインスタ映えスポットで人々を感動させることはできる。しかし今後長くブランドに価値を見出してもらうベストな方法は一体なんだろうか?それは地味だがローテクに尽きる。人々を一つのベニューに呼び、アイデアの共有やディスカッションをご飯やエンターテイメントを使って時間を過ごしてもらうことだ。最終的にはデジタル世界から彼らを引き出し、人と人の付き合いをしてコネクションを作ること。これからこのようなブランド施策はどんどん増えるだろう。情報過多でデジタル生活に慣れてしまった人々にリアルで心に残る体験を提供することが今後のマーケティング施策で重要になるのだ。

新たな顧客経験:AIはどのようにマーケティングを変えていくのか

【出典】2018/11/27

https://adage.com/article/ibm-watson-marketing/ai-changing-marketing/315686/Picture1

1956年の夏、10人の科学者と数学者がニューハンプシャー州に位置するダートマス大学に、助教授のJohn McCarthy氏が「人工知能」と名付けた新たな概念の考えを出し合うために集まった。

研究プロジェクトの当初の計画によると、ハーバード、ベル研究所、IBMから仲間の研究者を連れて、McCarthy氏は言語を用いて、時の経過とともに人類が進歩しているのに対し、人々の問題を解決するプログラミング機械の概念を探求したかったとの記載がある。

この夏のワークッショップは高尚な目標が達成される数年前のことになるだろう。しかし人工知能(AI)分野への着手はワークショップの功績である。

それから60年経った今、認知科学者、データアナリスト、UXデザイナーをはじめとする数え切れないほどの人々がAI研究の先駆者である科学者が望んでいたもの、それ以上のものに取り組んでいる。 ディープラーニングを用いることで、企業はサイバーセキュリティーからマーケティングにおよぶ様々な産業において並外れた進歩を遂げることができる。

人間の認知能力を機械化したものとしてAIを考えてみてほしい。

これらの機械は人間と自然に交流できる能力を持っていて、複雑な概念を把握し、与えられた情報からインサイトを抽出できる人間のようなものだ。

人工知能は理解し、学び、解釈し、推論することができる。違いは、AIはこれらのものをより早く、さらに大きなスケールで処理できることだ。「ビッグデータの時代、私たちはすべての情報を掘り起こす必要性があり、人間はもはやそれを一人で成し遂げることはできない」とIBM Watson Marketingのオファリングマネージメント、バイス・プレジテントのMark Simpson氏は述べる。

「AIはより豊かでかつよりパーソナライズされたデジタル経験を顧客に応じて創り出す能力をもち、顧客のますます高まるブランドへの期待を満たすことができる」

企業がAIを用いることで得られる知識は際限がないだろう。

医療において、医療従事者はAIを患者のデータ分析、実験結果の説明、多忙な医者へのサポートに応用している。

警備産業においては、AIは悪質なソフトウェアのように企業の脅威となる恐れがあるものをリアルタイムで発見する手助けをする。

一方で、マーケターはAIをデータの総合的な扱い、鍵となるターゲットやそのインサイトを特定する際に活用できる。こうして、彼らのキャンペーンは、より戦略的でかつ独創的な発想へと解放されるだろう。その他にもAIが優れていることは、企業と顧客との関係性を向上することができる点である。

「最も早い繰り返しにおいても、AIは企業がどのような人間であるべきかをより理解するのを手助けした。」と作家兼、ブランド戦略・マーケティング戦略を専門とする経営コンサルティング会社Prophet におけるデジタル分析グループAltimeter でアナリスト長を務めるBrian Solis氏は語る。

皮肉なことは、非常に前進したテクノロジーは企業にどのように顧客と交流するべきか異なった考え方をさせる。過去50年の間、音声技術や自動応答、バーチャルアシスタント、ウェブサイトのような進歩は顧客との接点を増加させている一方で、企業と顧客のつながりの間に亀裂を生じさせている。

しかし、AIはこの格差を埋める可能性を持っている

AIが情報収集を行い、新しい顧客層を特定し、よりマーケティングと分析を統合した仕組みを作り出してマーケターの手助けすることで、今までに存在していなかった方法での顧客の緻密なパーソナライズを図ることができる。ウェブサイトやSNSのような情報源から顧客データをつなげることで企業は顧客の現在のニーズにより適したマーケティング手法を作り出すことができる。

AIはユーザー一人一人に対してよりパーソナライズされたカスタマージャーニーを形作り、購買決定に影響し、ブランドロイヤリティを形成する広告経験を届ける。

IBM’s Watson MarketingはAIが提供すべき全てのものの使用を可能にするプラットホームの管理を先陣を切って行っている。

Customer Experience Analyticsのような製品はマーケターにカスタマージャーニーを視覚化させ、顧客が直面する可能性がある不具合を特定させる。企業はより完成されたカスタマージャーニーの見解を得ることでき、顧客との接点や換算率を改善し最大限に活用出来るにようになる。

1つの統合されたインターフェースを通して届けられることにより、 IBM Watson Customer Experience Analyticsはブランドにとって実現可能な知能、円滑な過程を増進する。市場調査を専門とするTechNavioによると、米国におけるAI市場は2021年までに現在の成長率に加え、その約50%成長率を足したものになると予想されている。

2017年のレポート『“Artificial Intelligence: The Next Digital Frontier?”』ではthe McKinsey Global Instituteは企業に「前進するデジタルの旅」特にAIへの投資に出遅れないようにと促している。

「それは新しいマインドセットやパラダイムを創る、新しい方法でのAIの利用方法を理解した人であり、以前に存在していない競争優位を生むだろう」とSolisは語る。私たちは深層学習の時代に突入しており、人類の導きとともに、AIはついに本来の能力を発揮している。今日、McCarthy氏とその同僚が1956年に夢みた技術はWatson Marketing.のようなAIのプラットフォームの形態となって現れている。

そして今がまさにAIの力を利用する時であり、ビジネスの成功のために活用すべきである。あなたの顧客理解を手助けするインサイトをWatson Marketingがどのように発掘しているかを知るために、このガイドを読むといいだろう。

CMOは、ゲームブランドから進歩的で革新的な方法を学ぶべき

ゲームブランドは次々と新たなテクノロジーを取り入れ、パーソナライズされたイベントを作成する巨匠である。

【出典】11/26/18

https://www.adweek.com/brand-marketing/cmos-can-learn-how-to-be-more-progressive-and-innovative-from-gaming-brands/

Picture1

ゲームブランドは、顧客のためにパーソナライズされたイベントをシームレスに管理する。

ナショナル・フットボール・リーグは最近、ゲーム会社であるアクティビジョン・ブリザードのティム・エリス氏をCMO(「最高マーケティング責任者」)として雇用した。従来のスポーツから離れ、Eスポーツに関心を寄せる若い男性層を獲得する上で必要なマーケティング手段と見られている。しかし、より深い分析から、今回の件は現在必要とされているCMOの才能や種類を表し、ベテランのゲーム会社がなぜ高い需要を引きつけているのかを暗示している。

エリス氏のようなゲーム会社の重役は、顧客管理を行い、自社ブランドに将来性を与える複数のタッチポイントを作り出している。それはまさにゲーム業界が必要としているものだ。

例えばエレクトロニック・アーツの場合、プレイヤー個人のデータを収集、プレイヤーとの繋がりを考えた顧客満足度を向上させる案を考え、各プレイヤーにパーソナライズされたサービスを提供している。これと同じ教訓がEAを最前線のマーケティング会社にしたと言っても過言ではない。彼らは業界に先立ち、顧客との関係構築を第一とした。

この業界はデータを活用し、ユーザーに向けパーソナライズされたサービス・コンテンツを提供することが大切だ。

最近あらゆるブランドは、顧客との密着した関係の構築を望んでいる。また彼らは顧客データを集め、企業自身の能力を高めることに利用したいと思っている。ゲームブランドたちがデータを集めている方法は、他の企業もそれに従い、彼らのマーケティング戦略の一部として活用すべきだということを示す。ブランドは顧客との関係構築に必要なテクノロジーを深く理解し、顧客との一対一の関係を長く保つこと望んでいる。これは多種類のチャンネルを使った大規模なマーケティングテクニックの一種である。 没入的で魅力的なゲーム業界は、その関係構築に必要なスキルを育むことに先んじている。これを受け、大企業はゲーム業界からマーケティングに熟知した人間をリクルートしようと躍起になっているのだ。

なぜゲーム業界がマーケティングの最先端にいるのか?今から少し昔に遡ると、大規模なオーディエンスを対象としたマーケティングチームとカスタマーマネジメントチームは、それぞれ別々のカテゴリーとして捉えられていた。カスタマーマネジメントチームははダイレクトメールとテレマーケティングに力を入れ、マスマーケティングはメディアバイによりブランドイメージの構築を試みていた。

そして現在我々は、少し前とはまったく異なる世界で生活している。マスマーケティング及びカスタマーメネジメントを使ったマーケティングは完全にデジタル化され、その結果マーケティングはまるでゲーム業界と同じようなものになった。今では以前のようにメッセージを大々的にメディアを通して送るのではなく、データを集め個人に特化したメッセージを多種類のプラットフォームで配信することが重要視されている。

これはまさに大きな進歩である。そのため、今後将来のリーダーたちは時代と環境に合わせたマーケティング戦略を行うことが大切になり、ユーザーと企業間のツーウェイコミュニケーションを行うスキルが必要とされている。事実、ゲーム会社はユーザー一人ひとりに合わせたマーケティングを熟練し、様々なプラットフォームを通したマーケティングを成功させている。それゆえ、CPGから金融サービスを提供する企業までこのような技術を自社にも持ち込みたいと思い、ゲーム会社に注目しているのだ。

その点で、ゲーム界には大きな利点が存在する。それは、ユーザーからのシグナルを見つけ、データを整理、サービスのパーソナライズ化、ユーザー体験を向上させることだ。それが今日、現時点でマーケティングの成功だとすべての業界で定義されている。
先進的なブランドは、消費者との直接的な関係を構築するために自らの能力を高めることを助けるマーケターを探して開発する必要があるだろう。これを行う際、長期的に複数のプラットフォーム間でユーザーとの関係を維持するための独自のインフラストラクチャを構築する必要がある。ブランドマーケティングの担当者は、Facebookのような仲介業者にユーザーとの関係を維持することを任せることは良くないと気づき、新たなマーケティングの才能を確保することが重要になると理解しなければならない。そして、より多くのブランドが、ゲーム業界で磨かれたマーケティングスキルの重要性に気づき、それに対する需要は、今後ますます激しさを増すだろう。