タグ別アーカイブ: imax

サウジアラビア:前途多難な映画事業

【出典】2019/5/15

https://variety.com/2019/film/news/saudi-arabia-plows-ahead-film-plans-human-rights-criticism-1203212958/

image33

サウジアラビアはかつて中東の映画首都になるという大きな野心を持っていたが、ジャーナリストJamal Khashoggi氏の殺害により、実現が大変困難になった。Mohammed bin Salman皇太子が暗殺に関与していると疑われている報告の中で、サウジの指導者を改革者として歓迎していた多くのメディア企業は混乱に陥った。

その劇的な態度の変化は、今年のカンヌ映画祭でも明確にあらわれた。1年前、サウジアラビアはこの映画祭をスタジオや映画会社を勧誘するために利用した。サウジアラビアの地にハリウッドの作品を引き付けるため、初の国営パビリオンをつくり、現地での撮影費用の補助をアピールした。しかし、今年サウジアラビアのテントはなく、約束されていたたインセンティブはも実現していない。そして、Khashoggi氏殺害やサウジ政府のさまざまな政策が、映画界において、サウジアラビアへの広範にわたる反発を引き起こし続けている。

ImaxのCEO、Rich Gelfond氏はカンヌで開かれたイベントで「Khashoggi氏暗殺事件により、映画業界はサウジアラビアへの進出にためらいをみせた。しかし、人びとは再びこの市場への進出に切り出そうとしている。」と語った。

王国が指揮を執るサウジアラビア治安部隊による、Khashoggi氏の残忍な殺人により、一部の企業は王家、特に国王によって厳しく管理されている国でビジネスをすることを断念した。Endeavourはサウジアラビアのソブリンウェルス・ファンドから借りた4億ドルの投資を返却し、ViacomやUberなどの企業は、Bin Salman氏の近代化の取り組みを強調することを目的とした「Davos in the Desert」と呼ばれるサウジ会議から退会した。(サウジアラビアのファンドは、Varietyの親会社であるPenske Media Corp.への投資を続けている。)

しかし、一方で若い裕福な消費者の人口を誇る市場に参入する計画を進めていくことを決定したハリウッドのプレイヤーもいる。MKMパートナーズのアナリスト、Eric Handler氏は、「政治状況にきちんと目を向けなくてはいけない、そしてそれに騙されてはいけない。でもこの市場は非常に有益である」述べた。

サウジアラビアでは2018年まで映画館が禁止されていたが、急速なペースで映画館がオープンしており、中東を拠点とするVox Cinemasは順調に運営を進めており年末までに100以上のスクリーンを所有するとみられる。世界最大の映画館会社であるAMCは、今後5年間で最大50の劇場を開く予定ある。 Imaxは、ライセンス契約を通じて2つの劇場を運営している。また大手スタジオは、「Avengers:Endgame」などの映画をサウジアラビア国内でリリースし続けている。

「サウジアラビアには多くの複雑な道徳的問題があることは間違いない。」とGelfond氏は述べた。「世界の規範や道徳規範に違反した行為を行う政府がいる一方で、国が近代化していくこを望む人びとがいる。この問題に対しての私たちの立場は理想主義的であり、何も関与せず傍観することもできる。しかし、それが国の人びとにとって正しいことなのかはわからない。」

政権への批評家たちの中には、その論理を支持していない人もいる。Khashoggi氏殺害への関与の疑いがあるのに加えて、サウジアラビア政府は西洋の会社にサウジアラビアとのビジネスを躊躇させるべきであるという方針を貫いている。イエメンでの国主導の軍事介入は、人道的災害を引き起こしたと非難されている。また、国は女性に関して抑圧的な法律を制定しており、最近ではようやく女性が運転することが許可されるようになったが、この権利を求めた活動は投獄されている。それに加え、4月には大規模な処刑が実行され、37人の男性の首がきられた。

Codepinkの共同ディレクター、Medea Benjamin氏は、「サウジアラビアの文化活動と国が築き上げようとしている映画産業は、信じられないほど抑圧的な政府を無視できない試みである。」と語った。さらに彼は 「サウジアラビア政権は世界で最も混沌とした、不寛容な政権の一つである。サウジアラビアは膨大な資金を所有しているが、なぜアメリカの会社がサウジアラビア政権を黙認するのか理解ができない。」とつけ加えた。

カンヌでは、サウジアラビアのコンティンジェントが今年は控えめな姿勢を保っている。しかしこの映画祭には、新しい紅海国際映画祭のゼネラルマネージャーに任命された元ドバイ映画祭の執行役員Shivani Pandya氏も参加していた。この紅海国際映画祭の開催はJeddah氏の野望であり、来年から始まる予定である。

ドバイを拠点とするプロデューサーのFadi Ismail氏は、「初期段階では、多くの問題点が生じているのだ。しかし、着実に事態は進行している。」と述べた。サウジが管理するドバイを拠点とする放送局MBCの制作部門の元ゼネラルマネージャであるIsmail氏は、サウジの知的財産に基づいたプロジェクトで、自社を立ち上げようとしている。

カンヌでは、アブダビを拠点とする制作大手Image Nation、MBC、Vox Cinemasが、アラビア映画とテレビのプロジェクトを共同制作し、配信するためのパートナーシップを発表した。しかし一方で、この地域の以外では、Khashoggi氏の殺害によりサウジアラビアの当初の目論みであった、国際的な繋がりをもって映画制作を行い、トップタレントを引きつけることがほぼ不可能になった。映画スターを紅海祭に参加させるのは困難であろう。中東の著名な映画監督は、「ドバイで開かれる映画祭にスターを招くことは困難であろう。」と述べ、さらに「サウジアラビアに対する現在の認識はさらに厳しくなるだろう。」と付け加えた。ハリウッドのメジャーなプロダクションはサウジアラビアが制作費の莫大な援助を申し出しているが、サウジアラビアでの撮影を一切予定していない。

「サウジアラビアの映画業界について話をすると…ゼロから始めるようなもので、意味のあるものを構築するのはかなり長いプロセスになるであろう。」と研究会社IHS MarkitのDavid Hancock氏は述べた。

『ドラゴンボール超 ブロリー』、公開初日に興行収入700万ドルを記録し大盛況

【出典】1/17/2019

https://variety.com/2019/film/box-office/box-office-anime-movie-dragon-ball-super-broly-1203111001/

Picture1

ファニメーション・フィルムの日本アニメ映画『ドラゴンボール超 ブロリー(Dragon Ball Super: Broly)』はが北米1,260か所で公開され、公開初日になんと総額700万ドルを記録した。

ImaxとCinemark XDで計180のプレミアムスクリーンで英語版の『ドラゴンボール超 ブロリー』が上映された。これは、トップ10の映画の中で最高であり、平均すると1上映につき5,695ドルという計算になる 。初日の合計は、2015年にリリースされたファニメーションの『ドラゴンボールZ 復活の「F」』が記録した2週間の興行収入とほぼ同じである。

『ドラゴンボール超 ブロリー』はすでに全世界で5300万ドル売り上げた。これには日本の2900万ドルも含まれる。ファニメーションは、ソニー・ピクチャー・テレビジョンの子会社だ。

「アニメファンだけでなく、一般のオーディエンスも『ドラゴンボール超 ブロリー』に非常に良い反応を示している。」と、ファニメーションのCEO兼社長であるゲン・フクナガは述べた。「好調なスタートを見込んではいたが、興行収入が我々の予想をはるかに上回っており驚いている。数え切れないほどのファンが、この映画を何度も見ている、または計画していると聞いて、興奮している。この映画に対する私たちの戦略のコアにあるのは、ファンの存在である。」

この武道の映画は、ドラゴンボールシリーズの20番目の作品である。これは、長嶺達也市によって監督され、鳥山明氏が脚本だ。アニメシリーズ「ドラゴンボールスーパー」の続編という設定で、サイヤ人の主人公である悟空とベジータがブロリーと呼ばれる新しいサイヤ人と遭遇し、彼らの間に大規模な戦いが起こるというストーリーだ。

IMAX、劇場の枠を超えて新たなテクノロジーを開拓

【出典】3/8/18

http://variety.com/2018/film/features/imax-explores-new-tech-horizons-beyond-big-screen-vr-streaming-1202721123/

Picture20

IMAXは劇場を最大限に活かすことを常に行なってきたが、同社は、ブランドを劇場外に持ち出し、新しい技術や製品でその限界を超えていくことを計画している。

IMAX EntertainmentのCEOであるグレッグ・フォスター氏曰く、「新しいサウンドシステムかもしれないし、バーチャルリアリティーかもしれない。劇場での体験をブルーレイやストリーミングに適用することで、その体験の質を向上させることが可能だ。」

昨年同社は、多様な没入型コンテンツをシングルユーザー式でもマルチユーザー式でも体験することができる複数の「ポッド」(Imax独自のデザイン)が搭載されたIMAX VRセンターを、ニューヨークに2つ、ロサンゼルス、上海、トロント、イギリスのマンチェスターにそれぞれ1つずつ計6つ展開し、VR業界への進出を果たした。

これらの施設は、様々なタイプのコンテンツや料金設定モデル(尺または体験内容によってどのようにチャージするか)、および全体的な顧客満足度をテストするためのパイロットプログラムとしてサービスを提供している。

この取り組みは、 今後3年間で少なくとも25のインタラクティブVR体験に資金提供するために、IMAX並びにAcer、CAA、China Media Capitalなどの外部投資家により2016年11月に開始された5,000万ドルのファンドにサポートされている。また、ワーナー・ブラザースとも提携しており、同スタジオのテントポール作品(映画会社の屋台骨を支える作品)のリリースに基づいた3つのVR体験を共同出資・制作している。その最初の一つが11月に公開された 『ジャスティス・リーグ:IMAX VR特別版』だ。

この試験的プロジェクトが成功すれば、複合施設やショッピングセンター、観光地など世界中でVRセンターを立ち上げる予定だが、今のところ結果はまちまちである。

「ロサンゼルスのグローブ(ショッピングモール)の反対側にある施設は非常に良い収入を得ているが、他の施設は本格展開するのに必要な収入の数字を遥かに下回っている。」とIMAXのCEO、リチャード・ゲルフォンド氏は言う。

同社はストリーミングライブイベントを検討してきたが、重要なのは、それを一度限りのものとしてやりたくないということだ。」とゲルフォンド氏は言う。 「マーケティング費と固定費が多くかかるので 、実現させるならば連続性のあるものでなければならない。」

最高品質責任者のデヴィッド・ケイリー氏によると、同社は映画館でサムスンのシネマLED スクリーンに似たビデオウォールを使用する可能性も模索しているそうだ。

彼はこの技術に大きな可能性を見出しているが、過度の明るさなど解決すべき問題もある。

しかし、ケイリー氏は次のように述べる。「我々がLEDウォールを世に出せば、ビジネス業界の最高のウォールになるだろう。」

チケット価格は26.75ドル、映画「ダンケルク」がハリウッド映画界に希望をもたらす

【出典】2017/7/28

http://adage.com/article/media/26-75-a-ticket-luxury-dunkirk-hollywood-hope/309966/

Picture1

ロサンゼルスのUniversal CityにあるImax70mmスクリーンで上映される映画「ダンケルク」のチケット26.75ドル(日本円で約3000円)が現在アメリカ国内で最も高い映画のチケットである。ポップコーンと飲み物を買うとすると、40ドル(日本円で約4400円)を超えるかもしれない。

しかし、それでも映画鑑賞好きの人々は、Christopher Nolan監督が望んだ形で観客に見せられるように整備された125か所の映画館で「ダンケルク」を見たいと待ちわびていた。その映画館というのは、3Dメガネや振動するイスには頼らない、従来のフィルムプロジェクターを使用してより大きなスクリーンで表示することで、今日のデジタル技術よりも優れた映像を実現できるというものである。

観客動員数をみると、ある程度の人々は映像が良くストーリーもしっかりとした映画にお金を払うことは厭わないことを示している。70mmスクリーンを備え付けてあるImaxの31か所の映画館の売り上げは、同社の通常サイズのスクリーンの2倍を記録した。

Imaxの国際配給部門責任者のCraig Dehmel氏は、インタビューの中で「この映画こそが映画館で人々が体験するべきものだ。我々は『ダンケルク』をImaxスクリーンで8月から上映し、その1ヶ月間映画館に足を運ぶ人がいる限り上映し続ける予定だ」と述べている。

「ダンケルク」のImaxシアターでのチケット代の平均が15ドルと高価であるという事実は、この夏の間不振に苦しんでいた映画制作側にとって稀少な良いニュースである。近年の国内興行収入の低迷のため、映画スタジオは新作映画を観客が以前よりも早く家庭で見られるようにしている。現在、劇場公開された映画は最初の3ヶ月間は映画館でしか上映されないが、その期間も短くする可能性がある。その影響か今年はほとんどの劇場の株が下落している。

スクリーンの拡大化、豪華な座席、音質やデジタルプロジェクターの向上は大規模な投資ではあるが、それによりコストの削減や新世代の3Dスーパーヒーローものやアニメーション映画の上映が可能になる。

劇場のオーナーやハリウッドの映画スタジオは、Netflixのようなデジタル配信会社が独自の映画制作を開始する中、映画ファンを家から引き出す革新的な方法を模索してきた。 Imaxの株価は、第2四半期の収益見通しの的が外れた水曜日の翌日、木曜日に3.4%下落した。収益未達の理由は、映画不足が原因である。

ComScoreによると、7月25日までの夏の興行収入は去年より7.2%減少した。これまで一般的に夏の目玉作品であった「トランスフォーマー」や「パイレーツ・オブ・カリビアン」も残念な結果となった。

「ダンケルク」は映画制作者や配給者に他の選択肢があることを示している。この映画は、フランスのダンケルクの砂浜に残された数十万人の連合軍の歴史的な救助についての話で、Tom HardyやKenneth Branagh、オスカー受賞の経験も持つMark Rylance、そしてOne DirectionのHarry Stylesが出演している。

バットマン「ダークナイト」3部作のChristopher Nolan監督は、彼の生み出す興行収入への信頼性を担保にフィルムで制作してきた。Nolan監督は「ダンケルク」の大部分をImaxの70mmカメラで撮影し、「3Dメガネなし」でバーチャルリアリティの感覚を作り出すことができると言った。70mmのスクリーンは他の画面よりはるかに大きく、高い解像度を提供することができるのである。

映画制作者へのデメリットとしては、カメラが非常に大きいためフィルムリールの製作コストが高くつくという点がある。ほとんどの映画館はデジタルプロジェクターへと移行し、映画はデジタルカメラで撮影されている。Box Office Mojoによると「ダンケルク」の1.5億ドルという予算を考えると、1億2650万ドルのヒットは控えめと言わざるを得ない。「ダンケルク」は先週末興行収入トップとなり、今週末は2位にランクインすることが予想される。

木曜の夜、Universal Cityの70mmスクリーンはほぼ完売状態となった。Time WarnerのWarner Brothersは世界中の155劇場で、従来のフィルムプロジェクターで大画面の特別版「ダンケルク」を上映するように手配した。チケット価格は映画館運営者協会のデータによると、ロサンゼルスの平均価格の8.94ドルの約4倍の価格だった。

Warner Brothersの国内配給部門責任者のJeff Goldstein氏は「消費者は高品質な体験に対してはお金を払うことを厭いません。消費者は他では体験できないものを追い求めたいと考えています」と述べる。

Imaxによると70mmスクリーンを上映する国内31カ所の劇場での1スクリーンあたりの平均収益は6万3千ドルであった。一方より小さいスクリーンでのゼノン、デジタルもしくはレーザー投影設備を備えた371のImax劇場では2万6千ドルとなった。映画は現在6つの異なるフォーマットで上映されている。

ImaxのGreg Foster副社長は「2D映画の需要が北米の3Dの需要を上回り始めていることは明らかです。結果として、我々はより多くの映画を2Dで管理していくつもりです」との見解を示している。

IMAX、VRシアターをロサンゼルスにオープン

【出典】2017/2/15

https://www.engadget.com/2017/02/15/imax-launch-first-vr-center-los-angeles/

Untitled

バーチャルリアリティに特化したIMAXシアターがロサンゼルスに登場した。この劇場には、大きなスクリーンの代わりに小さなヘッドセットが設置されている。ここに来れば、高価なPCやビデオゲームを購入する必要なくVRを体験することができるのだ。UploadVRによると、HTCのVIveとStarbreezeのStarVRヘッドセットを両方楽しめるのも特徴のひとつであるようだ。Dboxのシネマチェアやバイブレーション機能付きのSubpacベスト、そして様々なコントローラーが14個の「ポッド」に内蔵されている。「John Wick Cronicles」等お目当てが決まっていればそれを個別に体験することができるし、そうでなくとも多くのサンプルを体験することができるようだ。

IMAXがVR事業にとりかかってから1年経過したが、パリにあるMK2のようにVRに特化してつくられた施設も見られるようになった。高価でリビングに置くスペースのないOculus RiftやHTC Viveを体験できるので、多くの人の注目を集められるだけでなく、単純に新しい体験をしたいという人の興味を引くこともできる。例えばクライミング好きな人にとって、Solfer Studiosが提供する EverestVRは魅力的にうつるだろう。このVR IMAXシアターの出現によって、これらの未知なる体験を気軽に楽しめるようになるのだ。

Untitled

現在IMAXシアターでは、「Star Wars: Trials on Tatooine」や「Eagle Fight」、「The Walk」といったゲームや映画のVR体験ができる。また、限定コンテンツの制作も企画されている。IMAXはこのVR特化型シアターの拡大に5000万ドルの投資をしており、アメリカではニューヨークとカリフォルニア、そして中国、イギリスがロケーションの候補として挙がっているようだ。IMAXは、このビジネス成功のため、実際にどれほどの人が このVR体験に興味があるのか知る必要があるだろう。

美しく撮影されたIMAXのキャンペーン、あなたが愛した映画の全てを思い出させる 映画に捧げる60秒の叙情詩

【出典】2016/7/1

http://www.adweek.com/news/advertising-branding/imaxs-beautifully-shot-campaign-reminds-you-everything-you-love-about-movies-172352

Untitled

IMAXの新キャンペーンは、我々が愛した映画の全てを賛美しているとも言えるほど美しいものである。

なぜ、我々は映画が好きなのだろうか?アクション満載の格闘シーンのスリルが理由であったり、負け犬が勝ち上がるストーリーが好きなのが理由であったりするかもしれない。映画の好きなところがどのようなものだとしても、IMAXはわくわくするような新キャンペーン内でそれをうまく表現していると言えるだろう。広告代理店Mistressと協力して製作された60秒間のキャンペーンは、数年にわたってIMAXをここまで有名にしてきたあらゆるジャンルの映画、ファンタジー映画から多額の予算を投じたスーパーヒーロー映画までの全てを描いていると言っても過言ではないだろう。このスポット広告はすべての映画とIMAX映画へのちょっとしたラブレターの役割をしているが、世界中の誰もがわかる情緒を表現している。

「我々は、IMAXが世界中どこにいても『IMAX』と呼ばれていることに気がつきました」とMistressのアソシエイトクリエイティブディレクターLixaida LorenzoはAdweekに述べる。「IMAXを映画愛と同義語へと変えたらどうかと考えたのです。だからこそ、我々の活動すべてに『I Love Movies, IMAX movies』というようなキャッチコピーを入れているのです」と。

https://youtu.be/MQUQx4eGAq0

Untitled

このキャンペーンは(当然ながら)IMAXスクリーン上でも流れるので、この作品は壮大で美しく映画のようである必要があった。南アフリカで撮影された各シーンは、このブランドの新しいIMAXカメラのALEXA 65が使われ、このキャンペーンはすべてIMAXカメラで撮影された初めての広告CMであるということを考えるとそれ自体が素晴らしい功績である。これらのIMAXカメラはハリウッドの大規模な映画の撮影現場で使われていることが一般的なので、このチームはカメラが利用できる時期に合わせて撮影スケジュールを立てなければならなかったほどだ。

「すべてのシーンは映画のように扱われ、その過程で我々はただCMをとっているということを忘れるほどでした」Lorenzoは述べる。

IMAXの最高マーケティング責任者Elieen Campbell氏はAdweekに、このキャンペーンの主な目的の一つは世界中で反響のあるクリエイティブなものを製作することだと述べた。「チームとして世界的に一貫性があり、そして地域とも関連性があるものを製作できたと感じることができて誇らしいです」とCampbell氏は述べる。これはまた、映画そのものが人を映画館へと足を運ばせたのに対し、非のうち所のないIMAXスクリーンが人を何度も呼び戻してきたことを人々に気づかせるためでもある。

このキャンペーンにおいて、映画産業には欠かせない映画ポスターも使われている。しかし、標準の静止したポスターを作る代わりに、Mistressは、「I crave movies, IMAX movies」や「I feel movies, IMAX movies」などの詩的なラインとともに一言を添えた動く映画ポスターを製作した。

このスポット広告がどのようなものになったか、以下のリンクから見て欲しい。

https://youtu.be/bPt6kVEYbX0

Untitled

IMAX、映画館にVR体験を

【出典】 2016/5/20

http://www.engadget.com/2016/05/20/imax-plans-to-bring-virtual-reality-into-theaters/

Untitled

IMAXは、VR体験を複数の映画館やショッピングモール等に今年後半に導入すると発表した。Googleは映画画質対応のVRカメラをIMAXと共同で開発中であると明かした。数多くの映像体験を長年提供し続けてきたことを考えれば、IMAXがVRを利用して新たな試みを目論んでいるのにも納得がいくだろう。

IMAXはスウェーデンのStarbreeze(The Chronicles of Riddick とPaydayゲームの開発会社)が生み出したソフトウェアプラットフォームと視界が210度(Oculus Liftのおよそに2倍)もある StarVRヘッドセットの利用を検討していると今週の頭に報じた。Starbreezeは同ヘッドセット開発にAcerも加わる予定であることも明かしている。

当然IMAXは、メジャーな映画とのタイアップも目論んでおり、CEOのRichard Gelfond氏はWSJに対し10分のVR体験における対価はおおよそ7-10ドルになるだろうという見解を述べた。高値のように感じるかもしれないが、VRのハードウェアやメンテナンスにかかる費用を考えれば、結果的にその程度の値段になることもおかしな話ではないだろう。

IMAXは、今年末までに世界6カ所でVR体験を提供すると述べている。最終的には現在公開されている映画とほとんど変わらないようなライセンス契約がVRの分野でも行われ、上映側がVRの権利を買いIMAXに一部の利益を払うことになるだろう。