タグ別アーカイブ: h&m

つい財布の紐が緩む『ストレンジャー・シングス3』のブランドタイアップ

【出典】6/13/2019

https://www.complex.com/pop-culture/2019/06/stranger-things-3-tie-in-merch-upside-down

image1

近日公開の『ストレンジャー・シングス』新シーズンがこれまで以上に奇妙な物語になるかどうかは定かでないが、ネットフリックスは番組タイトル『ストレンジャー・”シングス”(奇妙な”物の数々”)』を真剣に捉えているのは確かだ。同社は数々の番組グッズを発売することでファンを惹きつけている。食べ物から衣類まで、7月4日のシーズンプレミアまでに楽しめるブランドタイアップを紹介する。

Burger King’s Upside Down Whopper

バーガーキング 「アップサイドダウン・ワッパー」

image2

『ストレンジャー・シングス』はついに食品にまで手を出した。バーガーキングはネットフリックスとコカ・コーラと協力し、番組に登場する何もかもが逆さまの異空間“アップサイド・ダウン・ワールド(裏側の世界)” になぞらえて、同チェーンの人気バーガー「ワッパー」をアップサイド・ダウン(上下逆さま)にした異色のバーガー「アップサイド・ダウン・ワッパー」を考案。見る限り、ロゴ入りのフライドポテトと飲み物、そして通常のワッパーが逆さまに置かれただけの商品のようだ。他にも、ブランデッドピンバッチやシャツ、ケチャップなどが販売される。またコカ・コーラは1985年に試験的販売を行った「ニューコーク」(違う味のコカ・コーラ)を、シーズンプレミアに先駆け限定発売するが、残念ながらニューコークはワッパーセットに付いてこない。

image3

バーガーキングのコラボ商品は、6月21日から11の街で限定販売される。マイアミ、ヒューストン、ボストン、アトランタ、フィラデルフィア、ダラス、シカゴ、サンフランシスコ、ロサンゼルス、ニューヨーク以外にお住いの方は、自分でバーガーをひっくり返さなくてはいけない。

Baskin-Robbins Flavors

サーティーワン・アイスクリームの限定味

image4

アップサイド・ダウンがテーマのミールセットの締めに最適なのは、この奇妙な世界を味わえるアイスクリームだ。サーティーワン・アイスクリームは「イレブンズヘブン(イレブンの天国)」と呼ばれる、番組キャラクター イレブンの大好きなワッフルコーンアイスのフレーバーと、チョコレート、プラリネ、キャラメルが混ざった味「アップサイド・ダウン・プラリネ」を販売。USSバタースコッチのパイントやデモゴーゴンサンデーなども発売される。番組キャラクターのスティーブが働くアイスクリームショップScoops Ahoyのアイスクリームトラックも西海岸でのみ出店する。

Nike Hawkins Gear

ナイキ ホーキンスギア

image5

数あるストレンジャー・シングスコラボグッズの中でダントツでクールなのが、ナイキのクラッシックデザイン コラボスニーカー。80年代へのオマージュ溢れる番組のファンにはたまらないスローバック・スタイルであり、コラボラインの中には番組に登場するホーキンス高校のロゴが配されているものもある。

H&M Capsule Collection

H&Mカプセルコレクション

image6

ナイキのコラボコレクションが学校生活にフォーカスする代わりに、H&Mは夏休みをテーマにする。同アパレルブランドはネットフリックスとのタイアップで、真っ赤なスイムウエアや、赤と白のロゴ入りビーチサンダル、フローラルデザインのトップスなどを発売する。

This Incredible Lego Set

驚きのレゴセット

image7

レゴ社はアップサイド・ダウンの世界を、クリエイティブに発展させた。地獄のような裏側の世界をレゴで作るという発想は、子供用おもちゃの開発として理想的なアイデアでないが、レゴ社は実世界とアップサイド・ダウンの世界を切り替えることができるレゴセットを巧妙に作りあげた。

Games

ゲーム

上記のようなコラボ商品が人気な理由は、番組ファンらが『ストレンジャー・シングス』の世界を実際に体験したいからだ。お気に入りのキャララクターの服装を真似たりして、架空の世界に近づくことはできたとしても、ファンがその世界にもっと没頭するためにはビデオゲームが最適だ。そこで『ストレンジャー・シングス』は2つのゲームを開発。一つは位置連動型モバイルアプリ、もう一つはニンテンドースイッチ向けのソフトだ。ネットフリックスの担当者はE3において、興奮した様子で「RPG/パズルのハイブリットゲームであり、位置情報連動テクノロジーを用いているので、自分の家の裏庭でもどこででもアップサイドダウンの世界で戦うことができます。」と語った。

ネットフリックスのクリス・リー氏は「80年代風のレトロなお茶の間アニメスタイルのゲームに、我々はゾッコンです。」と話した。

またハードコアなファン達向けには、番組内で子供達が遊ぶボードゲーム「ダンジョン&ドラゴンズ」のストレンジャー・シングス特別エディションも販売されている。

H&M がビッグデータとAIを導入し売り上げ改善へ

https://www.retaildive.com/news/hm-turns-to-big-data-ai-to-tailor-store-assortments/523137/

Picture5

世界第2位の規模を誇るファストファッションブランドのH&Mは売上減少を食い止めるためビッグデータとAIを導入し、現在のロイヤリティカードデータ、レシート、返品情報を分析することで少しでも売れ残った割引商品を減らしていきたいようだ。

テクノロジーは既にストックホルムの店舗で導入されており、商品の購入情報と返品情報を詳細に分析した結果、同社はメインの顧客は女性であることがわかった。フローラルプリントでパステルカラーのスカート、そして店舗の中でも比較的高額な商品が予想に反して売れていることがわかった。商品情報を分析することにより売り上げは飛躍的に伸びたとのこと。

そしてH&Mは今回の分析結果により、店舗に色違いなど似たような商品を置くことをやめた。同社は今まで4000億円近くの売れ残り商品を売りさばくために割引を行なっていた。去年から、SKUの数を40%減少させ、男性向け商品のラインナップも大幅に減らした。その代わり、新たに食器類、1万円以上するレザーバッグやカシミアのセーターなどが1000円以下のTシャツや半ズボンの隣に陳列されることになった。

今までトレンド予測はスタッフの経験に頼っていた同社は、様々なブログポストや検索エンジンなどのデータを分析することにより、3〜8ヶ月先のファッショントレンドを予測するようになった。同社は内部・外注スタッフ合わせ200名のデータサイエンティスト、アナリスト、エンジニアを雇い各店舗の購入パターンの分析を行なっている。2017年は5000億回のストア訪問が店舗・ウェブサイト合わせあり、その際に得たデータを参照にしている。他にもワンサイズ商品を店舗に導入したり、店舗内の商品構成をそのエリアのクライアントにあうようAIとデータを使い始めた。

同社はそして今後オンラインショップにますます力を入れていく予定だ。2018年は商品の売れ残りや割引のやりすぎにより既存店舗の売り上げはマイナス、しかしEコマース部門や新ブランドは例年に比べ25%上昇、新店舗による売り上げで4%増加するとH&M役員は予想する。店舗数は390店舗拡大、170店舗が撤退する予定だ。新店舗は主にウルグアイやウクライナなど新しいマーケットに積極的に出店する予定。そしてミレニアム世代向けの「Nyden」、アパレルと日用雑貨を扱う「Arket」、掘り出し物が見つかる「Afound」など計3つの新ブランドを立ち上げる。

競合であるZaraもテクノロジーを積極的に導入している。Zaraはロボットを導入しオンラインオーダーによる店舗ピックアップの効率化、店舗で使用するARアプリなどを運用しており、Gapもグーグルアナリティクスとマーケットリサーチデータを使用し顧客の好みをモニターしている。

GoogleとH&MのIvyrevel、個人データを使用してカスタマイズされたドレスを制作

【出典】2017/2/6

https://techcrunch.com/2017/02/06/google-hms-ivyrevel-will-make-you-a-dress-customized-using-your-personal-data/

Untitled

昨年のGoogle I/O開発者会議で、Googleは新しいAwareness APIを発表した。これにより、自分の現在地や現在の状況、近隣の状況、天気などを理解できるよりスマートなアプリケーションが利用可能になったのだ。今日、Googleはこの種のデータを利用して新しいアプリケーションを発表した。それも、ドレスをデザインするアプリケーションである。

Googleは、H&MのデジタルファッションハウスIvyrevelと組んで、「Coded Couture」というプロジェクトを立ち上げたと発表した。

Awareness APIと今度のAndroidアプリケーションを通じて、ユーザーはアクティビティやライフスタイルのデータから個人のカスタムドレスを制作することができるのだ。Google曰く、このドレスは正式には「データドレス」と呼ばれているようだ。

Untitled

具体的に言うと、今開発されているAndroidアプリは、Snapshot APIを使用して旅行先や夕食を食べる場所、有人と遊ぶ場所、地域の典型的な天気等の個人の日常活動やライフスタイルを1週間に渡って収集し、それを元にアプリ内でドレスを仕立てるのだ。

このアイディアの長所は、生活やライフスタイルをユニークで着ることのできるものに変換することができるという点です。しかし、実際に結果として作られるドレスは、主にユーザーのルートやルーティン、ストリートラベル、興味のあるポイントを地図上で表示することで、デザインを決める。また、ビジネス用かパーティー用、フォーマルなイベント用といった目的を選択することもできるようだ。

Googleは素材や色、使用される装飾、さらにベルトや袖口のような詳細もデータによって選ばれるようだ。例えば、素材は温度のような天気のデータに基づいて選ばれ、フィット感は着る人の活動レベルに基づいて選ばれる、といった具合だ。

これがAwareness APIの機能にとって最高の使用例とは言えないかもしれないが、一例であることは間違いない。

現在、アプリはクローズドベータ版で、Ivyrevelの共同設立者Kenza Zouiten氏を含め少数のスタイル「インフルエンサー」によってテストされている。興味のあるテスターは、一般公開に先立ち、後に行われるトライアルにサインアップすることもできるようだ。

Untitled

これまで、Googleはアプリ内でどのようにAwareness APIを使用できるのかを検討してきた。Truliaのスマートプッシュ通知機能は、近くを歩いているときだけ通知をするようになり、Runkeeperは今の天気を投稿にタグ付けすることができる。さらに、音楽ストリーミングアプリSuperplayer Musicは、新しいツールを利用してジムでエクササイズする時の音楽のように、アクティビティや場所に基づいて音楽を提案することができる。

カスタムドレスは99ドルからで販売されており、今年度後半にもアプリがリリースされる予定である。