タグ別アーカイブ: Elon Musk

$35,000代のテスラ3がついに登場

March 2019 Report 16

CEOのイーロン・マスク氏が長年尽力してきたTesla Model3が遂に販売開始された。

 

発表後に、我々は遂にTeslaが35,000ドルの自動車を作ったことを知ることができた。ウェブサイトでは税金を差し引きガソリンの節約などを考慮すれば実質24,450ドルで購入可能なことが押し出されている。今回の発表前で、最も低価格のモデルで42,000ドルだった。

 

Model3は航続距離220マイルでガラス製の天井も選択可能だが、金属製の天井がデフォルトとなっている。

 

今回はスタンダードバージョンだけでなく、37,000ドルで航続距離240マイルのスタンダード・レンジ・プラスバージョンも発表されている。

 

イーロン・マスク氏は、35,000ドルで提供出来た事は偉業と呼べるだろうが極めて難易度が高かった。将来的には更に価格が低下するだろうが3年以上先になるだろうと記者との電話で語った。

 

今回の発表はModel 3だけに留まらなかった。CEOのイーロン・マスク氏は全ての自動車販売がオンラインで取引されるようになったことでModel 3の価格低下に寄与するだろう。また、実店舗はギャラリーやインフォメーションセンターに近くなっていく。テストドライブの代わりに1週間レンタルすることが可能となり、購入後の返品も可能になる。更に、購入も自らのスマートフォンのみで完結するようになるだろうとTeslaの将来像を述べた。

億万長者のドリーマー、イーロン・マスク氏のロケットで月へ

【出典】2018/09/17

https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-09-18/meet-the-billionaire-dreamer-taking-musk-s-rocket-to-the-moon

集団主義で知られている国で、前澤友作氏はいつも目立つように努めてきた。

彼は高校卒業後、大学には進学せず、半年間カリフォルニア州へ音楽遊学したのち自身のEコマースを始めた。 会社の規模が大きくなると、42歳の前澤氏は数億ドルを芸術作品に投資しはじめた。スタートトゥデイ社の創設者でもある同氏は、2023年に月へ打ち上げ予定のSpaceX製ロケットで初の乗客になる予定だ 。この計画については前澤氏のTwitter @ yousuck2020にも挙げられている。

Picture1

前澤氏は、日本とアート界以外ではあまり知られていないが、今回の計画で世界に名が知られることは確実だ。 起業家であり、アート愛好家の前澤氏は、芸術に対するインスピレーションや創造力向上のため、画家、ミュージシャン、ダンサー、写真家、映画監督、ファッションデザイナー、建築家たちを1週間の月周回旅行に連れて行く予定だ。

「月へ行く最初の乗客になるということは、どんなに価値があることかを長い間考えた。」と、前澤氏はカリフォルニア州ホーソーンに本社を置くSpace Xにて、CEOのイーロン・マスク氏の隣に座りながら、と話した。「私はアーティストと共に月へ行くことを決めた。」

月周回飛行は、芸術分野へのサポートや同氏の会社宣伝に影響を与え、そして、彼が目標にしている夢想家になる大きな一歩になるだろう。初の民間人として多大な個人的リスクを犯すことは、歴史に名を残すだろう。 前澤氏は、「旅行中に作られる芸術品が多くのアーティストに興味とサポートを与えるきっかけになるよう願っている」と語った。前澤氏とマスク氏は、月旅行の費用については語らなかった。

Picture1

「私たちが彼を選んだのではない。彼が私たちを選んだ。これは非常に勇気のいる事だ。」とマスク氏は話す。前澤氏は日本社会の枠にわざとはまらないことによって、成功した。 ロックバンドの元ドラマーだった彼は、通信販売のミュージック・アルバム事業から、若者の間で人気を集めるアパレル通販サイト、Zozotownの運営を開始した。

Bloombergによれば、純資産は約23億ドルだ。前澤氏は2017年にソーダビーオークションでバスキアの絵に約1.1億ドルで購入し、アート界に衝撃を与えた。また、アメリカの芸術家が描いた物のなかで、最高購入額として記録された。

前澤氏は、彼が設立した会社の株式を売却し、芸術に資金を費やしている。 彼は2016年に約2.5億ドル相当の株式を売却し、そのほとんどを2年間でコレクションに費やした。 また今年5月には、同社株式の約230億円を売却したと語った。 同氏は、今年の主な美術品の購入は発表しておらず、しかし資金の少なくとも一部がマスク氏の計画に使われた可能性がある。

前澤氏は「私は芸術が大好きなので、アーティスト達が何かを作り出すのを、自分の目で直接見たい」と語った。同氏は日本の企業界で長い間注目を集めてきた。 企業の経営幹部が控えめなライフスタイルを送る中、彼は贅沢な食事や休暇の様子をアップするなどソーシャルメディアに積極的に参加し、また、若い人気女優との交際を取り上げられ、芸能界で定期的に注目を集めている。

初の民間人としての月周回旅行計画は、発表前からすでに彼の宇宙空間への関心を掴んでいた。 前澤氏は、2015年のTwitterの記事で、NASAを見学して宇宙飛行士と話をした後、視野が広がったことを述べた。 1年後、彼は日本のオンラインマガジン、Newspicksに、宇宙に挑戦したいことを述べ、4月には宇宙はアートとワイン同様に彼の”趣味”の1つであることをツイートした。

前澤氏は「私は子供の頃から、月が大好きで、見ているだけで想像力が満たされる。 常にそこにあり、人類を刺激し続けている。 だからこそ私は月に近づけるこの機会を逃すことができなかった。」と述べた。前澤氏は、旅行のための健康管理と運動について、準備はまだ始めておらず、トレーニング内容はまだ決定していないという。 計画が順調に進めば、40代後半で乗客になる予定だ。マスク氏は前澤氏の決意を称賛し、 「危険な旅になる。」と述べた。

彼はインタビューや演説中に世界平和、ユニバーサルインカム、人々が可能性を十分に発揮できる世界について定期的に語った。 また、先月の記事で国内総生産(GDP)は経済成長率を測定するには不十分だと述べ、代わりに経済指標を人に対する感謝や敬意に基づいて構築されたものに取り替えるよう求めた。

Zozoブランドの成功を踏まえて、前澤氏は10年以内に世界でトップ10内を目指すため、自社をグローバルな小売業に変えようとしている。その第一歩として、Zozosuitと呼ばれる身体測定用のスキンタイトスーツが挙げられている。これはプライベートレーベルのベーシックウェアとビジネススーツを販売するために使用されている。また、同社は10月よりZozo Inc.に社名が変更される。

7月のBloombergとのインタビューで、前澤氏は物作りに対する思いについて語った。高校卒業後のカリフォルニア留学での経験は、スタート・トゥデイのビジネス創設に影響を与え、会社名はパンクバンド、ゴリラ・ビスケットによるアルバム名にちなんで命名され、日本で音楽CD販売事業を始めた。

前澤氏は「私は何があっても、他の人とは違うことをしたいと思っている。子供の頃から今でもその欲望は変わらず、他の誰よりも先に実行したいという思いに繋がっている。」と語った。

何故あなたのブランディングプランが、ビジネスプランよりも重要なのか

【出典】2018/2/27
https://www.entrepreneur.com/article/309188

Picture6

なぜあなたはブランディングを気にしなければならないのか?何故ならば、全ての人々が何かしらの商品・サービスを購入する前にグーグルで下調べを行うからだ。あなたのビジネスがレストランや不動産であれ、あなたのビジネスがオンラインまたはオフラインで人々と関わるのであれば、ブランディングは必要となる。

昔ブランディングが必要なのは、IBM、コカ・コーラ、BMWなど大企業に限られていた。ビジネスを新しく立ち上げるとしたら、必要なのはキャシューフロー、売り上げ予測、経費などが計算されたビジネスプランだけであった。広告費として、テレビ・ラジオ・紙媒体などがビジネスプランに計上されていたかもしれないがブランディングが注目されることはなかった。

もし昔の時代が良かったと思っているのであれば、それは間違いだ。今はブランディングをうまく活用することにより、ビジネスを成長、企業としての信用を高めることができるのだ。このような機会は現在明らかに存在しているが、起業家たち未だにビジネスプランにフォーカス、エンゲージメントではなく広告ばかりにフォーカスしている。

インターネットとソーシャルサイト中心の今の世界では、会社をしっかり象徴するようなブランディングプランがなければ失敗するだろう。その企業のブランドが持つ価値を消費者に届け、対話を行うことでオンライン上にいる何万人もの人々とエンゲージしなければならない。

ブランドプランに含まれているべき事項

しっかりしたブランドプランはブランディングのゴールが設定されており、そのゴールに向かってどのように達成するか戦略やアイデア必要なリソースなどが含まれているべきだ。ブランドプランはマーケティング部門の傘下として機能すべきであり、売り上げと商品開発はブランディングが成功するために密接に関与すべきだ。ブランドプランはビジョン作りからスタート、ブランドのあるべき姿、シンボルを考える。そしてミッション、ブランドをローンチするために必要なプランも加えるべきだ。

次に重要なのはゴールだ。ブランドが達成したいことは何か?を戦略に落としロードマップとして仕上げる必要がる。成功するブランドプランはコンシューマーターゲットが明確ででもグラフィックがはっきりしている。これらの消費者が商品を購入するために、ブランドはメインとなるメッセージを持たなければならない。そのメッセージは、何故自分たちの商品ができて他社が真似できないのか明確に説明できること。そして、ターゲットコンユーマーがアクションを起こしたくなるようなプロモーション戦略も加えるべきだ。

一番大切なのは、ブランディングとはエモーショナル(感情的)であり、あなたのカスタマーやクライアントが企業や商品に対しどう思っているかだ。マーケティングは数字だ。マーケティングもブランディングも両方とも大切だが、消費者の感情に訴える方法は企業を大成功させることもできるし、大失敗に終わらせることもできる。

ブランディングのエキスパート、イーロン・マスクから学ぶべきこと

今日、ブランディングのエモーショナルな側面を一番理解している人間はイーロン・マスクだろう。テスラ、スペースX、ソーラーシティなど様々なビジネスを経営しているが、彼はカスタマーではなくフォロワーがいると言われている。彼は環境に優しいイノベイティブな商品や機械を生み出す素晴らしい起業家として自らのブランディングを成功させた。よって、イーロンマスク氏の顧客は彼のビジネスや創造性だけでなくイデオロギーまで尊敬する。マスク氏のフォロワーにとって、地球温暖化と戦うクールなテスラの車はマスク氏そのものを体現している。

そしてカスタマーにとってマスク氏がさらに魅力的に感じるのは、彼は自社製品の責任を負うということだ。2013年、テスラ社の車の炎上事故で大きな非難を浴びた際、彼は同社のブログでテスラ車の安全性を主張しブランドを守ろうとした。消費者はマスク氏、そしてテスラ社を許し、同社のモデルSは2015年と16年、プラグイン電気自動車の中で最も売れた車になった。

ビジネスの成功は透明性・真摯な対応・信頼性がキーとなる。何億も利益を生み出すようなポジティブなブランドは、プランもなしに生み出されたわけではない。しっかり時間と労力、そしてリソースをブランドプランに使うことにより、カスタマーベースで持続するポジティブなブランドを作り出すことができるのだ。

テスラにとって重要な一年、イーロン・マスクはその先のことばかり に言及

2018年の第1回の業績見通しで、CEOは主に未来に焦点を当てた

https://www.theverge.com/2018/2/8/16990730/tesla-earnings-2017-elon-musk

Picture1

イーロン・マスク氏は、明るい調子で水曜日の電話カンファレンスにて2017年のテスラの財務・業績について発表した。2017年に同社は20億ドルもの大金を失ったが、モデル3を発表し、セミトラックと新しいロードスターを発表した。マスクは明らかにカンファレンスの24時間前に起きた「ファルコン・ヘビー」ロケットの初めての飛行の成功に支えられていた。 カンファレンスに参加した金融アナリストは、切り離したロケットブースターを軟着陸させた(そのことにより、ブースターが再利用可能になった)ことにも言及し、億万長者のCEOを祝った。

カンファレンス冒頭の雰囲気は、不調だった11月の業績発表時とは対照的だった。 マスク氏は、モデル3の現在の生産における弱点であるギガファクトリーでカンファレンスを行った 。彼のトーンは時々戦闘的であり、アナリストに対し「先の見通しをしっかりと考え、それらが有効的か、あるいは悲観的なものなのかどうかも考えてほしい」と語った。また、テスラの工場内で起こったとされている人種差別、反労働組合的な行動、職場の安全性、セクシュアルハラスメントなどについての主張を報じたジャーナリストに対しても文句を言った。

テスラの状況はころころ変わる。11月とは対照的に、2018年の最初のカンファレンスでは、彼は 大胆な予測に戻った。テスラは、わずか4年間で年間10万台の全電気駆動のセミトラックを生産し、大きなセミトラクターはすでに使用されている技術スペックを上回る可能性さえある。また2020年までに年間100万台の車両を製造する予定だ。さらに、テスラはモデル3のプログラムの半分の費用で、次期モデルYクロスオーバーSUVを生産するかもしれない。

マスク氏による今年の見通しのいくつかはあまり大胆ではなく、モデル3の生産遅延が明らかになった後の2017年後半に設定された控えめなゴールを強調した。同氏は、同社が3月末までに週に2,500台のモデル3を、第2四半期末には週に5,000台を生産する意向を再表明した。2017年7月の主張によると 、テスラは12月までにこれらの数字を達成すると予期していた。しかし、マスク氏が「生産地獄」と表現した昨年7月のモデル3の生産は、彼が想定していたよりも悪化している。

「私たちは想定していたレベルよりも深い地獄にいた。しかし、私たちは勢いよく抜け出してきていると思う」とマスク氏は語った。 「小惑星帯にロードスターを送ることができれば、おそらくモデル3の生産に関する問題を解決することができるだろう」と彼は少し後で冗談を言った。 (その晩に、ファルコン・ヘビーに搭載され宇宙に送られたテスラ・ロードスターは、小惑星帯に向かってはいないことが発見された。)

会社が地獄から抜け出してきていることを信じて、マスク氏はテスラの従業員に感謝の意を表し、「彼らがしてきた仕事を誇りに思う」と語った。また、テスラのサプライヤーにも感謝の意を表明した。彼は「モデル3の生産量を増やすために非常に困難な状況を共有している」と述べた。「彼らは真夜中にオイルを 燃やし、週末も働き、多くのリスクをとり、苦難に挑戦することにおいて、私達と一緒に苦しんでいる」とマスク氏は言った。

マスク氏はModel 3の予約者の忍耐強さにも感謝した。 「予約者は愛車を手に入れたいと思っている。できるだけ早く予約者に手渡せるように努力している。」

これらの予約者、特に「標準」バッテリーパックを搭載した最も安価なベースレベルのモデル$1,000のチケットを持っている人は、その忍耐を今後も必要とするだろう。カンファレンスの後、予約開始初日(2016年3月31日)にモデル3の$35,000の予約をした顧客は、2018年末まで待たなければならないということが判明した。3月31日以降に予約をした人は、「2019年初め」まで待たなければならないかもしれない。

この遅れについてカンファレンスで 言及されなかったことは、いかにお祝いの雰囲気がテスラの重要な問題に関する討論を遠ざけたのか、ということを象徴している。マスク氏はテスラの2018年の見通しに関しては、まだおおまかに話した。例えば、同社は今後3〜6カ月以内に太平洋岸から大西洋岸までの自走を試み、オートパイロットソフトウェアの更新情報を発表する予定だ。だが彼は、一年前に同じ約束をしている。

マスク氏は、昨年の夏に何度か語った、何十ものギガファクトリーを開くという期待していた計画については話さなかった。また一度も、世界最大の自動車市場であり、テスラが積極的に挑戦しようとしている市場である中国に関しては言及しなかった。テスラの太陽光屋根や家庭用バッテリーなどのエネルギー製品も、株主への手紙に記載されていたが特に触れられなかった。マスク氏は、その先の地平線に焦点を当て、テスラが2018年に自動車事業からの良い収益を期待している、ということによってアナリストを安心させた。「私たちにとって非常に重要な年になるだろう。」と彼は語った。

マスク氏は、より多くの工場を建設することなどの最も重要なプロジェクトのいくつかについて話すことよりも、ライバルたちを批判することに時間をかけている。 LIDAR技術を使って自動運転車を作ろうとしている企業は、自分自身をコーナーに追いやっているようだと揶揄し、その技術を「松葉杖」と呼んだ。さらに、自動車企業は「 製造において非常に素晴らしい」が、それを作り上げる企業がどれほど優れているかを認識していない、と話した。

マスク氏は 、「生産が最も速い工場では、おそらく25秒ごとに車を生産するようだ」 と言った。「ギャップを含む5メートルの車と、0.5メートルのギャップのある4.5メートルの車を考えた場合、それは毎秒わずか0.2メートルだ。歩行器 を使っているおばあさんが、私たちが誇る最速の生産ラインのスピードを上回ることができるように、それほど速くはない。歩行速度は毎秒1メートルなので、地球上で最も速い生産ラインよりも5倍速いのだ。少なくともジョギングスピードであるべきだ。」

過去にマスク氏は、テスラの工場が空気摩擦がスピードに影響するほど非常に早く車を生産することを望んでいると主張した。そして水曜日のカンファンレンスで再びそれを強調した。しかしテスラはまだ、ライバルを批判しているペースでも動いていないため、この問題を対処するまでにはまだ長い道のりだ。ギガファクトリーで、バッテリー・モジュールの生産ラインにさらに多く自動化を導入しようとしているが、その間に半自動(ロボットと人間による作業のミックス)ラインを使用しているという。

その大胆な目標 – 空気抵抗が邪魔になる程速い組立ラインを作ることは非常に難しい – は、テスラの工場がこの先生き残りのための最良のチャンスになるというマスク氏の見解に合致する。「テスラ長期的な競争力 は、自動車そのものではなく、工場になるだろう」と彼は語った。 「工場を製品化する予定だ。」

それが、今週のカンファレンスでのマスク氏が話したヘンリー・フォード氏の戦略だ。彼は、フォード・モーター・カンパニーの1900年代初頭の支配力はモデルTのおかげでなく、自動車メーカーのリバー・ルージュ生産施設に起因すると主張した。 「誰もが”Model T”を作ることは可能だったかもしれないが、誰もリバー・ルージュを作ることはできなかっただろう。それがまさに、テスラの長期的な優位的な競争力になるのだ。」
マスク氏は、フォードの有名なリバー・ルージュ生産工場を追随したい例として言及したが、比較対象として見直したかったかもしれない。
マスク氏が話をしそこなったことは、フォードの他の有名な工場と同様にリバー・ルージュも、それらが建てられた初期の時代と同じように、工場運営のために扇動され、嫌がらせを受け、虐待された労働者の存在があった 、ということだ。

テスラはアメリカで唯一、労働組合に入っていないアメリカ所有の自動車工場を運営している。昨年末のマスク氏のメディアによる非難もあり、同社は元従業員の報告や虐待の疑惑に対して2018年は時間を費やさなければならないだろう。 野心的な目標を達成するためには、自動車組立工場とギガファクトリーの両方で生産量を増やしながら、それらを行う方法を見つけなければならない。 マスク氏の大胆なビジョンそれ自体に価値があることは周知の事実だが、2018年はこの2つの事案のバランスをとるのが難しくなりそうだ。そして、その重要なバランスは、会社にとって大きなアイデアを達成するための鍵となる。 おそらくそれが、マスク氏が昨日のカンファレンスで多くのことを1年先に見ていた理由だ 。

SpaceXは新しい火星行きロケットを生産できるのか?そして需要はあるのか?

https://www.theverge.com/2017/9/30/16384096/elon-musk-spacex-bfr-mars-rocket-development-business-demand

スペースX社CEO、イーロン・マスク氏は将来のスペースXのビジョンを発表した:スペースXは「BFR」という次世代のロケットに全てをかけていると。月と火星に行くことを可能にするこのロケットは、最終的に 衛生打ち上げや国際宇宙ステーションなどへの飛行のための同社の重要な宇宙機になるだろうと。

すでに信頼されているロケットを持つ企業としては、根本的な変化である。果たして、スペースXはこの変化に対応できるのだろうか?Musk氏は、ロケットの開発費用を調達する方法を説明したが、具体的な金額と完成までの使い方に関しては言及しなかった。彼のアイディアは、資金を調達して会社の収益を維持するのに十分かもしれないが、計画にはかなり明確なギャップがある。

ロケット開発

Musk氏は「スペースXの将来はBFRにある 」とはっきりと言った。スペースXは現在のFalcon9や次世代の大型Falcon Heavyの改良にリソースを投入することはない。その代わりに、同社の開発資源は全て新しいモンスターロケットの開発にあてる予定だ 。「Musk氏は航空関連に関するハードウェアを作ってきた実績のある人たちに、宇宙船を再設計させることができる。」と宇宙コンサルト会社NexGen Space LLC社の社長であり、Trump政権のNASA移行チームの元メンバーであるCharles Miller氏は語った。

衛星の打ち上げと国際宇宙ステーション(ISS)へ提供するサービスから受ける収益も全て新しいロケットの開発費に投入する予定だとMusk氏は述べた。現状、ビジネスは かなり順調にいっている様に見える。利用希望客は満員状態で、打ち上げの頻度数はかなり上がっており、今年は今のところ 13回(去年は8回)である。加えて、NASAもまた、貨物の配達や、間もなく宇宙飛行士をISSへ送るために、スペースXに費用を払っている。

しかし、これが新しいロケットの100億ドルの開発資金に充分なものかどうかは不明である。そして 確実なことは誰にもわからない。「ロケット発射事業の価格設定に関しては、秘密裏に進められる。さらに、金額はいくらまで払えるのか、 どこまで行きたいのかなど、色々な要素によって衛星の打ち上げ費用が決まる。」と宇宙セキュリティ専門の非営利組織Secure World Foundationの宇宙専門家Brian Weeden氏は『The Verge』に語った。

Picture1

スペースXとNASAの衛星事業の契約から得ている収益で十分BFRの開発は可能である。だが追加資金が必要になる可能性は高い。Musk氏の野望である、2022年までの火星到達を成功させるのであれば、なおさらである。個人投資家も選択肢として考えられるが、よりいい資金源は政府だろう。

Musk氏が月に人を送ることができると宣伝していることは、 NASAの関心を十分引ける手だ。NASAはすでに月の近くに宇宙ステーションを置く方法を研究している。そして、NSC(国立宇宙評議会)を運営するアメリカ副大統領Mike Pence氏を含め、月に関する数名の重要アドバイザー は、月への再飛行をほのめかしてきた。NASAが将来、月への計画を実行したいのであれば、BFRの開発への部分的な投資をする可能性がある。

とはいえ、越えなければならない大きなハードルは残っている:NASAが現在開発に着手している『Space Launch System(SLS)』と言う巨大なロケットだ。このロケットはアメリカ連邦議会で多数の熱烈な支持者を抱えており、その大部分はロケットが製造されている州の 議員である。NASAの資金を管理するのはもちろんアメリカ連邦議会である。そのため、BFRをSLSの競争相手として認識している彼らを説得するのは難しいかもしれない。しかし、SLSは莫大な資金が掛かるロケットであり、2023年になるまで人々を乗せることはできないと考えられている。つまり、もしBFRがSLSより早く人を宇宙まで乗せ始めたら、NASAも無視できないかもしれない。

完成後はどうなる

SpaceXがBFRを開発するために必要な資金を手に入れたら、その後は一体どうなるのか?開発金額を相殺して収益を出せるほどの顧客を確保できるだろか?

Musk氏はBFRが月と火星へ飛行する以外の可能性があると宣伝した。彼は、新システムが現在のFalcon9ロケットとDragon宇宙船を代替し、衛星を打ち上げたり、宇宙ステーションへサービスを提供したり、軌道にある宇宙のゴミさえも片付けることができると主張した。ロケットの活用方法が多ければ多いほど、潜在顧客も増えていく。「スペースXが、 既存顧客を新しい機体へ責任を持って移行することができれば、彼らが必要とする金額は充当できるだろう。」と元スペースXのスポークスパーソンであり、コロラド大学の工学部の学部長補佐であるPhil Larson氏は語った。

しかし、衛星関係の顧客はBFRに賛成しているのか?BFRが完成したら、歴史上一番強力なロケットになるのは間違いない。Miller氏によると、この宇宙船から衛星を打ち上げることは、まさに「やりすぎ」になるという。宇宙産業は全体的に、衛星をより大きく作るのではなく、より小さく作ることに取り組んでいる。「衛星を打ち上げるにはかなり大型のロケットになる。おまけに、業界のトレンドはかなり小さな衛星の製造になっていくだろう。」とWeeden氏は語る。スペースXは、BFRの一度の飛行で多くの衛星を乗せられるかも知らないが、顧客が経済的に納得しやすい他の小さな打ち上げロケットが必要かもしれない。

実際、価格を安くすれば、顧客が 巨大なロケットで衛星を飛ばす可能性はある。そこでMusk氏は「安くなるだろう」と言っている。彼は、一部しか再使用できない現在のFalcon9とは違って、 BFRでは、ロケットと宇宙船のコンビネーションを、完全に再使用可能なシステムにする 計画だと言う。Musk氏は、スペースXが今まで打ち上げたロケットの中で一番価格が安い物になると主張している。2008年に同社が初めて飛ばした小さいFalcon1ロケットよりも安くである。

ただ、Miller氏によると、ロケットの再使用にはまだ限度がある。ロケットは地球と宇宙を往復する際に、超音速、極度の温度変化、そして激しい振動を経験する。この物理的な負担によって船体のあっちこっちは壊れてしまう。再使用可能なロケットは100回飛行が可能かもしれないが、一万回以上飛行できる飛行機の数にはまだ遠い、とMiller氏は言及した。また、「BFRが100回しか飛行できなければ、Falcon1より安い値段だとは言えない。」と 付け加えた。

再使用の利益を最大限に得るためには、これらのロケットは多数の飛行をしなければならない。何百回、もしくは何千回の飛行が、打ち上げコストに見合った利益を生む。そして、(たとえ頻繁に打ち上げることができても)打ち上げの数と衛星の数が合わないおそれもある。「打ち上げのマーケットはどれほど伸びるだろうか?」とハーバード大学の天体物理学者であり宇宙飛行専門家であるJonathan McDowell氏が「TheVerge」に伝えた。現在、毎年宇宙に送られる衛星の平均数は、BFRの期待打ち上げ数のほんの一握りの数だ 。一体、他に何を飛ばせといのうか。

もちろん、NASAが見込んでいる月着陸ミッションなどの他の選択肢も残っているし、月には多くの可能性がある。なぜなら、ロシア、中国、そしてヨーロッパの宇宙機関など、複数の国立宇宙機関が月へ行こうとしているからだ。これらの国々が月への計画を成功させるために、BFRの 飛行を購入する可能性もある。さらに、BFRには、Musk氏が宣伝しなかった 別の可能性もある。宇宙観光や、地球の軌道の下部に居住環境を作ることも一つの可能性としては考えられる。他にも、ロジスティックな問題を除けば、地球から地球への旅行も考えられる。

もしもロケットの価格が十分低ければ、最終的には自ら需要を生み出す かもしれない。だが、その需要はすぐには実現されないかもしれない 。その上、スペースXはまずBFRの製造をする必要があり、Musk氏が具体的に示せなかった費用に関していえば、実現可能性はスペースXの会計士以外知る由もない。

Elon Musk、渋滞が嫌いでトンネルの建設へ

【出典】2016/12/19

http://arstechnica.com/cars/2016/12/elon-musk-hates-sitting-in-traffic-so-now-hes-going-to-build-tunnels/

Untitled

ブルネルは彼の船を持っています。トランプは自分の壁を持っています。そして、マスクは地下にトンネルを作り渋滞を減らし、世界をより良くし、きれいに、怒りが少ない場所にしたい。

週末、おそらく自動運転のTeslaに乗りながらMuskはTwitterで「渋滞で頭がおかしくなる。トンネル穴堀機を作り掘り始める」とつぶやき一時間後に、まだ渋滞の中にいるのか、ウィットにとんだばかばかしい考えをする時間がたっぷりあるのか、彼は「これは”掘る会社”,つまらないこと、それが私たちがやっていること」とつぶやきました。

そして一時間後、私たちの中でこの億万長者CEOが冗談を言っているのかと思っている人もいるかもしれないが、彼は「本当にこれをやる」とつぶやきました。そして彼はTwitterのプロフィールに”トンネル”と追加しました。

マスクが起業家になるために長期間苦しんでいないかぎり、 私たちはマスクが新しい破壊的なドメインを取得するためにどれくらいかかるかを知っている。多少の誤差はあるが2時間ぐらいだろう。

トンネルを掘るのはすごい時間がかかり、工事はだいたい地上でたくさんの崩壊をうむが、そのトンネルが世界の中でもトップの渋滞が起こる都市部で作られれば、渋滞の解決策としては実際とてもいいです。

設定にもよるが、トンネル建設はとても大変でお金がかかります。既にある道を掘りトンネルを建設し元あった道路を戻す”Cut-and-cover”という方法は一番安価にトンネルを建設する方法ですが、現在では自動トンネル堀り機を使って深く深く掘っていくのでその方法は被害が多すぎます。コストではTBMのLondon Crossrailでマイルあたり10億ポンド、13マイルの新しいトンネルは150億ポンド、マンハッタンの2番街の地下鉄で8.5マイルの新しいトンネルは170億ドルかかりました。山を切り開くトンネルであればコストを抑えることができ、スイスのアルプス山脈の最近完成したGotthard Baseトンネルは35マイルで100億ポンド(で完成するまでに17年かかった!) ほどですがマスクがそのようなトンネルを作ろうとしているかは疑い深いです。

三次元で作業することは平面インフラの密度の限界を回避する方法の一つです。近年のテクノロジーでは様々な深さの十数個のトンネルを十字架状に巡らせて電車や道の量を大幅に増やすことができました。しかしいくつかの例をのぞいて、戦後、政府はインフラに大金を投資することにはあまり興味がありません。

もちろん、ドナルドトランプが大統領のアメリカに住んでいて1兆ドルを道、トンネル、橋、空港を建設するために使いたいというなら話は別です。そして先週、トランプはElon Muskを戦略アドバイザーに指名しました。どういうことか。

私たちは他の方法でももちろんインフラ処理能力を高めることができます。そして多分、驚くことに、マスクもそのようなことを考えているでしょう。私たちは自動運転でない車を禁止することをはじめにしなければならないかもしれないが、自動化した車やトラックは車間ネットワークになり、車がもっと近づいて運転することができるでしょう。そしてそのときThe Hyperloopのような道を使う人が減るとされる新しい交通手段ができるでしょう。

楽しい事実: マスクがロサンゼルスの渋滞にいたときにThe Hyperloopについても思いついたことを知っていましたか?

イーロン・マスク氏、ハイパーループの試験運転に取り組む

【出典】2015/1/15
http://www.cnet.com/news/elon-musk-plans-to-build-hyperloop-test-track/

Untitled38

億万長者であり、実業家のElon Musk氏は、Heperloopプロジェクトに力を入れ始めている。

スペース運輸装備会社のSpaceXと電子自動車メーカーTesla Motorsの両社を率いるMusk氏は、木曜日、2013年8月に最初のお披露目となった、超音速チューブ運送の開発を加速することを決めたことを、ツイッターを通して非公式に発表した。

Musk氏は、使用に向けて、学生や社会人向けにテスト用トラックを8キロ程建てる予定だと言う。彼はまたさらに、建築が可能な平らな地が十分にあるテキサスでテストするだろうと付け加えた。

Musk氏は元々、TeslaとSpaceXのエンジニア達からの援助により、世界的に注目を引き起こした57ページのコンセプトペーパーで彼らの共同事業を発表しているHeperloopのコンセプトを発表したが今日までMusk氏は、そのプロジェクトに対して無干渉主義でいた。SpaceXは、Musk氏の計画、今後のテスト用トラックについての計画、そして、このプロジェクトに新たなメンバーが加わるか否かについてはコメントすることを拒否している。

Musk氏は、自身の個人ツイッターでの爆弾発言が多いことで知られている。まさにそれは、彼のスペース運輸装備SpaceXからのロケットが飛行途中に爆発したとき、「ロケットは扱いにくい」という理由を述べたことや、「人工的能力が核兵器よりも恐ろしいかもしれない」と思っていると述べたことが挙げられる。

まるで無関心であるかのようにHyperloopについて話すMusk氏は、Hyperloopが地上運送に革命を起こすことができると言う。Hyperloopは、エアーホッケーの台へと似たような働きをするというと聞こえは簡単な構造であるように思うが、空気クッション上で浮上させる代わりに、ソーラーパーワーの電磁振動は、高架なチューブの中に適切な加圧客室があるのだろう。

理論上、結果として生じるシステムは、サンフランシスコとロサンゼルスのような都市の間に鉄塔を設置することによって、チューブを繋ぎながら、音のスピードよりも速い、時速800マイルまでに及ぶスピードに達する乗り物ができる。トラックを400マイルを建設するのに100億ドルがかかりテスト用のシステムを構築するだけで複数年を要するだろう。

この課題における沈黙の一年半後のMusk氏の事業への取り組みは、彼が強い意思とアイディアで取り組み可能性を示している。

Untitled39

Musk氏は、リスクを伴い産業を変化させていくことで知られている。彼は、インターネットが発達した当初、ウェブ上支払やPayPalの構築を成し遂げてきた。そして今、電気自動車とプライベート宇宙飛行計画に乗り出している。

The US High Speed Rail Associationのメンバーを含む批評家は、高速線路はそれよりもさらに可能な選択であると言う。高速線路は、アジアを中心に広く使われている。そして、カリフォルニア州は今月、700億ドルの経費を費やし、高速路線のために動き出した。Musk氏は、プロジェクトの莫大な費用を批判してきており、Hyperloopこそが注力すべき技術として認識している。

現実にこのアイディアの実践に向けて挑戦しているのはMusk氏だけではない。事業開拓者と科学者達は、Hyperloop Transportation Technologiesの実現に向けて手を組んでいる。JumpStartFundと呼ばれるプロットフォームへ集中した基金における最初の構造は、Musk氏とは無関係であり、潜在的な資金のために解放された時間をやり取りする100人程のエンジニア達の集合体である。小規模チームのでのそれぞれの仕事は、乗客用ポッドのデザインや、推進模型など、明確な目的に向けて動き出している。

近い将来、国全体でHeperloopのネットワークへと潜在的に結ばれているであろうこの国中を走ると同様に、Hyperloop Transportation Technologiesは、UCLA’s SUPRASTUDIO designと合同でカプセルと駅をデザインするための建築プログラムにおいてパートナーシップを組んでいる。