タグ別アーカイブ: Electric Car

空気が綺麗になるだけではない 電気自動車、アメリカで何十億ドルも節約できる可能性

【出典】2016/10/27
https://www.wired.com/2016/10/not-just-clean-air-electric-cars-can-save-us-billions/

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a

 

化石燃料を燃やして走行している車に依存しているアメリカでは、煙霧のような問題に対して対処することが困難である。しかし、汚染や気候変動による死亡者は、喘息発作、洪水死亡、呼吸器系疾患という分野で少しずつ増加している。全ての人が、車を使うことによる環境汚染の影響を受けているのだ。

カリフォルニア州にある米国肺協会(American Lung Association of California)の最新の報告書によると、自動車によって生じている健康と気候に関する支出は、毎年370億ドルに及ぶ。

この値には22万日もの失業日数や10万9千件の喘息関連の出来事、そして年2580件の若年死亡件数の影響による経済的コストが含まれているが、排出権ゼロの自動車販売プログラムを持つカリフォルニア州やコネチカット州、メイン州、メリーランド州、マサチューセッツ州、ニュージャージー州、ニューヨーク州、オレゴン州、ロードアイランド州、バーモント州の10州だけしかこの数に含まれていない。
たとえ喘息を持っていない人でも、経済面でダメージを受けているようだ。報告書によると、公衆衛生と気候を改善するために、ガソリンを燃焼すると毎タンクごとに税金が18.42ドル費やされているというのだ。

幸い、電気自動車が普及することで、この問題は解決できるようだ。報告書によると、2050年までに新たに購入される車は全て電気自動車になり、普及率も65%になるという。そうなれば気候改善のために使われていた政府の予算も210億ドルから157億ドルに減少すると言われている。また、完全に燃料エネルギーから決別できたとすると、最大40%も削減できるようだ。

「人々は、日常の選択肢として健康や気候を考慮するということに慣れていません」と米国肺協会の空気と気候変化の分野でシニアディレクターを務めるBonnie Holmes-Gen氏は述べる。「我々はこの隠れたコストを数値化したのです」と。

未来:Electric Boogaloo

米国肺協会はアメリカ合衆国環境保護庁(EPA)や幹線道路交通安全局(National Highway Traffic Safety Administration)、さらにはアメリカ国内の企業平均燃費(CAFE)や温室効果ガスの排出基準の中間報告の準備で真っ最中のカリフォルニア待機資源委員会(California Air Resources Board)に影響を与える報告書をリリースした。

2018年4月までに、これらの期間はこれまでの規制を強化するか緩和するかを決めると考えられており、これが自動車製造業に大きな影響を及ぼすことは言うまでもない。

夏に発表された報告書では、規制がよっぽど変更にならない限り、自動車メーカーが2025年までに54.5 mpgを目標にした燃費の削減を実施しないとしている。一方、電気自動車業界にとってこの規制が強化されることはいいことであると考えられるだろう。

電気自動車を購入する理由は多くあるだろう。空気を綺麗に保つこともできるし、楽しく、Teslaのようにかっこいい車も多くある。しかし、こういった意見は売り上げに繋がってはいないようだ。

別に人々が電気自動車を毛嫌いしているわけではない。憂慮する科学者同盟(Union of Concerned Scientists)や消費者組合(Consumers Union)は、カリフォルニアの運転手の内半分以上が次に車を買い替える時に電気自動車を検討していると発表している。北東部では55%の運転手の関心を集めており、43%が実際に電気自動車を生活に取り入れても問題ないと述べている(電気自動車は通常の車と比べて走行距離が短いので、長距離走行が必要な人には向かないのだ)。

しかし、カリフォルニアの補助金を以ってしても、電気自動車はセカンドハンドの車としては高すぎると感じる人も多いだろう。また、いくら範囲が拡大しているとはいえ、チャージするステーションを探すのも一苦労である。3万ドルのChevy Bolt EVは一回のチャージで240マイル走行できるものの、バッテリーがアメリカの典型的なロードトリップで活用できるほど持続力はないと考えている人も多い。

テクノロジーがますます改善されていく一方で、米国肺協会の報告書には政府が温暖化やヘルスケアで費やされる予算の改善を検討していると記されている。だからこそ、数々の機関が電気自動車業界を活気づけるためにHOVレーンのアクセスに力を入れたり電気自動車のインフラを改善したりすることを促しているのだ。だがもし、ヘルスケアや温暖化を精査する部署が何もしないと、打撃を被るのは我々納税者である。

なぜTeslaのModel 3 が電気自動車史上の最重要車になりえるのか

【出典】7/16/14

http://gizmodo.com/why-teslas-model-3-could-be-the-most-important-electric-1605923541

satlrhxlvofw7phxedad

Teslaが次に発表する電気自動車の名称が公表された。The Model 3である。見た目は一般的なセダンの様な形をしており、上方向に開くドアなど特徴的なデザインがあるわけではない。35,000ドルというのも他の普通自動車と比べても変わりはない。しかし、この車はModel Tと同じく自動車の歴史においてとても重要なものとなるかもしれない。

なぜこの価格が電気自動車で実現できたのかは、Teslaの現在のラインアップを見れば一目瞭然である。ツーシートのルーフ付き自動車が10万ドルに対し、高級セダンは7万ドルであった。市場にはあまり出回ることはなく、Teslaが発表した比較的低価格のModel Sは2013年全体で23,000台しか売り上げることができなかった。これはToyotaと比較すると昨年Camrysがアメリカに上陸してわずか20日間で売り上げた台数と同等である。

しかしTeslaが35,000ドルというのはいかがなものだろう。これはToyotaのAvalonやChevy Impalaと同じ値段ということだ。4万ドルのサブコンパクトカーではジョージクルーニーのおもちゃにも値しないほどの低価格である。どちらかというとローカルで活躍するバスケットボールコーチが日常的に利用するために買いそうな車である。そして、この車は最も難しいとされた電気自動車が主流と成り得ない課題を見事乗り越えたと言われている。

基盤作り

「しかし、日産のLeafは25,000ドルほどだし、三菱のi-MiEVはもっと安いではないか」と思う人もいるだろうし、それも確かにその通りである。しかし、基盤という極めて重要なポイントを忘れてもらってはいけない。

Leafやi-MiEVはどうやって充電するのだろう?ガレージにある電源プラグにつなぐか、もしくはよっぽど先進的な都市に住んでいるのであれば駐車場にも充電する場所があるかもしれない。しかしそういった場所というのは限られており、Leaf やi-MiEVが一度の充電で100マイルしか走行できないことを考慮しても、自宅周辺でしか運転することができないだろう。

実際、90パーセントのアメリカ人がそれでもいいと思うかもしれない。しかし一方でガソリン車がアメリカ国内を好きなように横断できることを考えると、100マイルは非常に短い。

その一方でModel 3は他の電気自動車に対して2倍以上もの走行距離を誇っているのだ。

Teslaの運転手は、ガソリン車のように思うがままに何処にでも運転できるというわけではないが、その状況にも少しずつ変化が見られる。Teslaは現在北アメリカ全土で102の充電場所を儲けており、無料でフル充電が完了してしまう。その時間にかかるのはおよそ20分だ。今年末までにアメリカの人口の80パーセントを補えるほどの充電場所を設置する予定となっている。これらの充電場所によって、Teslaでの大陸横断が可能になった。まだ完全というわけではないが、100マイル毎に充電をしなければならないLeaf やi-MiEVの充電場所を探すよりは段違いに容易である。

cfbr8md5y3h85vtl9sqx

現在のアメリカでのTesla充電ポイントを表した地図。白いエリアがModel Sで充電しながら走行できる範囲である。

毎年高級セダンを数千台売る代わりにお手頃なTeslaを数万台売ることを想像してみよう。一度の充電で200マイル走行できる電気自動車はホンダのAccordやVolkswagenのPassat等と同等の働きをし、更に無料で充電できる場所が存在するのだ。これにより電気自動車を買う一般の人が増え、Tesla充電ポイントの増加にも繋がるだろう。

言うまでもなく、Teslaが他社の電気自動車と共同で充電ポイントを開発することも考えられるだろう。その結果、電気自動車を充電する人が増え、アメリカ全土のあちこちに充電ポイントを設置する動きにも繋がるだろう。

電気製品に見えない電気自動車

自動車の世界において、スタイルというのはとても重要である。現実問題、アメリカのバイヤーはデザイン性に欠いた車の購入を避ける。これが電気自動車の場合はどうだろう?それは日産のLeafが大きくなりすぎた掃除機のような形をしていたり、三菱のi-MiEVが食料品を買いに来た一般客の隣に駐車されているような壊れたゴルフカートのような形をしている。デザイン性を重要視しているとは思えない。

lkfctpdtxpjzgiw8ecsy

三菱のi-MiEV(左図)と日産のLeaf(右図)。あまり、デザイン性に富んでいるとは言い難い。

Auto Expressによって発表されたTeslaのModel 3と他社の電気自動車を比べてみると違いは一目瞭然である。実際のModel 3が画像通のデザインになるとは限らないが、デザイン性は保たれているといっていいだろう。情熱的でスタイリッシュなデザインである。

Tesla Model Tよりも小型

Teslaが電気自動車部門に力を入れてきたのは不思議なことではない。スピードは出るが見かけ倒しの電気自動車、Roadsterを発表し、その次に精巧で洗練されたモデルModel Sを発表し、2013年のAutomobile Magazineにおいてカーオブザイヤーに輝いた。そして現在、高級車としてのイメージを払拭し、現実的に皆が買える電気自動車を生産している。

現在、基盤は固まっている。このニュースは至る所で発表され広まっている。カーブランドとしての名前も広まっているし、アメリカのオタク文化に感化されたサクセスストーリーとなっている。Teslaブランドは、一般化され、今に各家庭に一台ある電化製品のようにTesla自動車が広がる可能性がある。それを実現できるとしたらModel 3であろう。

ロケットを作って火星に墓石を取りにいくような会社が一般家庭でも購入できる車を次々生産することは、ブランドの価値を下げているように見えるが、ガソリンを使う車が20世紀に流通することをFordの創設者Henry Ford氏が予見していたように、電気自動車が21世紀に流通することをTeslaの創設者Musk氏は予見していたようだ。

Model Tと似ている点は指摘に値する。Ford氏は1908年まで車を発明してはおらず、その年に最初のModel Tが大量生産されたときも、Ford車は一般人が買えるような代物ではなく、道路は馬や他の乗り物が走るのに適していた。

1927年になると、Model Tの工場がミシガン州のDearbornに設立され、ガソリンで走る車用に設計された道路がアメリカ中で増えた。その間に、数多くの競争があったが、そのどれもがFordとModel Tの存続に貢献してきた。

我々の孫もアメリカをここまで成長させ機能させてきたFordのModel Tについて学ぶことになるだろう。しかし同時に子供たちは、ガソリンを使用するModel Tを更に進化させ、新しい時代を築きあげた乗り物として、電気自動車のTeslaModel 3について学ぶことを確信している。