タグ別アーカイブ: eBay

『トイ・ストーリ−4』のブランドタイアップ

【出典】6/20/2019

https://www.thedrum.com/news/2019/06/20/which-brands-are-playing-with-toy-story-4

 

image31

ピクサーの大人気シリーズ『トイ・ストーリ−』のファンは6月21日に公開される期待のシリーズ4作目を待ちわびていることだろう。映画批評サイトRotten Tomatosでは、他アニメーション作品と驚異の差をつける評価を得ており、様々なセクターのブランドがこの人気に乗り込もうとしている。

第1作目の公開から23年が経つ今、トイ・ストーリーシリーズは世代を超える人気を誇る。風変わりな愛すべきキャラクターたち、多くの文化的レファレンス、そして心温まるストーリーが大勢の人々の心を掴んできた。同時に、新作の公開毎にアニメーションのスタンダードをあげる作品である。この記事では、ディズニーのブランドパートナーシップキャンペーンの中でも優れたトイ・ストーリー4の企画を紹介する。

eBay

image32

動画リンク: https://youtu.be/WcdJOdsy69Q

オンライン市場eBayは、イギリスのYouTuber LadBabyにチャレンジを仕掛ける。子供のチャリティーに募金するためバズ・ライトイヤーのおもちゃをeBayで売ってお金を調達する、という内容だ。そこでLadBaby (本名Mark Ian Hoyle)は妻と3歳の息子の協力を得て、バズの人形を上空5万4千フィートまで飛ばした。

バズは成層圏にたどり着いたのち、地上へ戻りeBayでオークションにかけられ、その売り上げ全額が子供ホスピスチャリティーに寄付される。

クライスラー

image33

動画リンク: https://youtu.be/wPJiTt31f0A

クライスラーは映画のキャラクターを起用したCMを放送した。クライスラー パシフィカ内に置き去りにされたおもちゃ達は、揃って車内で遊び始め、ダンスパーティーが始まる。ウッディがラジオをかけ、ボー・ピープがビートボックスを始めれば、バズや仲間達が自由自在に移動可能のシートを動かしダンスフロアが完成する。

GoRVing

image34

動画リンク:https://youtu.be/TJD3wAe3CLw

GoRVingはRV旅行のプロモーションとして、『トイ・ストーリー4』内でボニーが家族とRVで出かけるシーンを用いたCMを制作。トイ・ストーリーのデザインが施されたRVがアメリカの20都市を回り、ファンは写真を撮ったり懸賞の当たるゲームに参加することができる。

ベビーベル

image35

動画リンク: https://youtu.be/8-cVdryhC4s

チーズブランド ベビーベルはトイ・ストーリー4限定パッケージを販売し、その購入者は抽選で映画のグッズが当たるキャンペーンを実施している。またフランス、ドイツ、スイス、オーストリア、ベルギー、そしてイタリアのファンに向けて、同ブランドはフロリダのディズニーワールドにあるトイ・ストーリーランドへの旅が当たるキャペーンも実施中だ。

マクドナルド

image36

動画リンク: https://youtu.be/A9G1gZEj8_4

マクドナルドはディズニー並びにピクサーとコラボし、店舗で映画の体験をファンに届ける。ハッピー・セットのおもちゃに、トイ・ストーリーのキャラクター10種類が登場。おもちゃを集めると、映画に登場するマジカルカーニバルを作り上げることができる。

アラスカ航空

image37

動画リンク: https://youtu.be/UXkc6C35HjU

アラスカ航空はトイ・ストーリー4のデザインが施された機体を公開。このディズニー・ピクサーと同航空会社の提携では、限定デザインの機体の乗客に対しゲートで特別な体験が待っており、また機内で映画館チェーン シネマークのメンバーシップに登録すれば初月が無料になるキャンペーンも実施中だ。

eBay社がイギリスにQRコードでの買い物ができる実店舗をオープン

【出典】2019/5/19

https://www.engadget.com/2019/05/10/ebay-qr-store-wolverhampton-uk/

image29

5月19日、eBay社はイギリス、ウルヴァーハンプトンに実店舗をオープンした。この店舗は実験的に1ヶ月のみ運営される予定だ。地元の小規模小売業者40社からの商品を提供し、無料のワークショップ等も開催される予定だ。 同社はこれまでに何度か期間限定でポップアップを行ってきたが、英国では初めての試みである。そしてこのポップアップは、同社が店舗でのフィジカルな購入とオンライン購入がどのように連携できるか試すものでもある。

この店舗に来る人々は欲しい商品を持ち帰ることはできず、QRコードをスキャンして購入し、商品は自宅まで配送される仕組みだ。購入時に利用されるQRコードは商品の売り上げデータとトラフィックを分析することができ、オンライン販売とオフライン販売でのデータを比較・分析することができる。

Ebayの調査でわかったことは、英国の小規模な小売業者の4分の1がオンライン販売を行っておらず、そのうち71%がeコマースでの販売をプランしていないことが明らかになった。 同社だけではなく、米Amazon社もキャッシュレスな実店舗のモデルを試しており、今後同社も同じような方向性に向かうと考えられている。

シュガーラッシュが物語の鍵となる役をeBayに無償提供

【出典】 2018/11/21

https://adage.com/article/cmo-strategy/wreck-ralph-ebay-starring-role/315748/Picture1

映画の主人公であるラルフとその親友ヴァネロペだけがシュガーラッシュの最新作となる『シュガーラッシュ:オンライン』の中心人物ではない。

ネットオークションサイトであるeBayも物語の重要な鍵を握っている。同社によるとこの二社の統合には金銭的なやり取りは発生していないが、現在、統合による恩恵を享受していると述べる。「マーケターにとってこの現象は偉大と呼べるだろう」とサンノゼに本社を構えるeBayのCMOであるSuzy Deering氏は語る。

映画において、eBayは重要な役割を果たしている。

なぜなら、登場人物が日常生活を取り戻すために必要なアイテムを入手するためにはeBayを使う必要があるからだ。

ディズニー映画では、eBayのキャラクターをeBoyと名付けて紹介している。彼は定期的にラルフとヴァネロペに入札金額の不足に伴う購入キャンセルまでに現金を支払う時間がどれくらい残っているかを伝える役割を果たしている。

Picture1

一方で、eBayの強力なライバルであるアマゾンは、映画の中のインターネット世界ではぼんやりとしか映っていない。Deering氏はディズニー社が今年の初めにeBayに映画の協力を求めてきたと述べる。この2つのブランドは11月の映画公開に先駆けて、第三四半期にマーケティングキャンペーンやと商品の販売を共同で行っている。

ディズニー社がeBay内に広告を出してもらうことにより恩恵を受けている。

例えば、eBayは30秒間のTVCMで映画における同社の役割の重要性を披露している。それは映画の話題性を呼び、さらに映画専用の商品サイトを設けている。同社はイギリスにおいて、eBayは同作品とコラボした野外広告を実施している。

映画に関連するマーケティング出資額についての発言を控えたDeering氏は、この統合はeBayの社会的注目を持続するのに役立ち、それは近頃、同社が行っている”It’s Happening”のマーケティングキャンペーンの要素となっている。

また、eBayの代理店である72andSunnyはキャンペーンのサポートをしている。

eBayは以前、いくつかの映画のスポンサーとして費用を出資しているが、『ブラックパンサー』や『Oceans 8』を含む多くの映画では費用は支払われていない。

毎年恒例、年末商戦のはじまりかつ最大の山場となるブラックフライデーやサイバーマンデーに対して、シュガーラッシュの関連事業がどれくらいの盛り上がりをみせるかは予測不可能である。

ツイッターユーザーはeBayの働きに感謝を示しているように思われる。Picture1

イーベイ、プライムデーを目前にアマゾンを小バカにする

http://adage.com/article/cmo-strategy/ebay-throws-shade-amazon-119-centric-campaign/314148/

アマゾンの年に一度の巨大イベント、プライムデーが一週間後に迫っている。そんな中、競争相手の少なくとも1社は攻撃モードに入っている。月曜にeBayは『カートをカラフルなもので埋め尽くそう』というキャンペーンの新しいコマーシャルを発表した。それはシアトルに拠点を置くあのライバル会社を念頭に作られたようだ。そのコマーシャルの中でeBayは119ドル、つまりはアマゾンプライムの一年間のメンバーシップ料金と同じ価格の商品を100種類以上も紹介しているのだ。さらに年間会費がかからないということにも触れている。

カリフォルニア州サンノゼが拠点のeBayチーフマーケティングオフィサーSuzy Deering氏は、「顧客は頭がいい。そして、119ドルを一番効果的に使いたいと考えている 。だからeBayは送料無料、年会費無料の商品をたくさん提供している。」と声明の中で述べた。送料だけでなく、家電、ファッション、スポーツ用品などが新たに割引されている。

15秒のデジタル広告2本が月曜から流れ始めた。一つはマウンテンバイカーのMicayla Gattoがいくつものジャンプを見せ、『中途半端が嫌なら、ベストな値段を見つけよう。メンバー登録は不要。』とテロップが流れる。もう一つはTypical Gamer とSamara Redwayというゲーマーたちの私生活を見せている。eBayは『最安値を保証します』ということをうたい、購入後48時間以内にeBayで買った値段よりも安いものを見つけたら110%の払い戻しを約束している。

1年前に『カートをカラフルなもので埋め尽くそう』のタグラインを作った、ロサンゼルスにある72andSunny という広告会社によってこの新しい広告も作られた 。72andSunny は2017年初めに電子取引ビジネスの賞を受賞。Ad Ageデータセンターによると2017年、eBayは5億5590万ドルを アメリカ国内の広告に出資。これは2016から8%増えた。また、AdAgeデータセンターはまた、同社が同時期に、2倍のメディア広告である1億220万ドルを費やしたことも発見した。

一方、アマゾンの年に一度のプライムデーは7月16日に始まり、17日まで36時間の間行われる。これは昨年よりも6時間長い。前よりも多くの掘り出し物が期待され、アメリカ大手スーパーWhole Foodsも参戦するようだ。昨年アマゾンは、プライムデーとは、ブラックフライデー、サイバーマンデーを超える最大のイベントだ、と述べ、そのセールスは毎年60%ずつ上昇している。

中古品販売アプリのLetGoが10億ドル以上の企業評価額で1億ドルの資金調達

【出典】 2019/09/28
https://techcrunch.com/2017/09/28/used-goods-marketplace-letgo-quietly-raised-100m-more-at-a-1b-valuation/

Picture1

comScoreによると、ユーザーが中古品の売買を行うことができるLetGoというアプリは現在アメリカで最も急速に成長しているアプリの一つだ。7500万回のダウンロード数、数千万人のアクティブユーザー、そして過去二年間で二億件のリスティングがあった。そして今、拡大に向けて準備を行なっている。TechCrunch社はLetGo社が10億ドル以上の企業評価額で1億ドルの資金調達を行なったという情報をあるソースから手に入れた。

ニューヨークに本拠地を置くLetGo社は15ヶ月前にスペインのライバルアプリWallapopを買収し、9ヶ月前には1億7500万ドルの資金調達を行なったばかりだ。この1億ドルの資金調達は9月半ばに行われたばかりで既存の投資家から調達したと思われる。現在まで合計3億7500万ドル調達し、出資者は、14W, Accel, Eight Roads Ventures, FJ Labs, Insight Venture Partners, Mangrove, Naspers, NEA, NextView and Northzoneなどだ。

LetGo社のスポークスパーソンはこの内容についてのコメントは拒否した。

LetGo社の非常に迅速で大規模の資金調達は、このエリアの競争の激しさを示している。アマゾンとウォルマートがお互い競争しながら引き続き小売販売を支配しようとしているが、LetGoは中古品売買業でCraigslistやイーベイに追いつこうとしている。LetGo社と同じ業界にいる企業はOfferUp、5miles、Facebookのマーケットプイス、Close5(イーベイが所有しているが別々に運営)などだ。

業界を支配するにはまだ道のりは長いかもしれないが、LetGo社によるとモバイルトラフィックはCraigslistのモバイルトラフィックの半分まで成長、そしてCraigslist全体のトラフィック数の3分の1(ウェブとモバイル両方)まで増加している。

この業界のスタートアップではOfferUpがLetGoに一番近いライバルだろう。comScoreによるとOfferUpも急速に成長しており、現在12億ドルの評価で1億2000万ドルを調達したとされている。LetGoは現在無料でダウンロード可能で商品をポストすることにより販売することができる。この方法で過去二年間のオーディエンスを1224%成長した。(Snap社のBitmojiに次ぐ2位の成長率)現在の有料サービスはオプションでユーザーの商品をプロモートできる機能だ。

「我々は現在、ユーザーにとって価値となる収益化方法を模索中だ。」とCEOのAlec Oxenfordは語る。「LetGoが持つポテンシャルは非常に高く、大きな収益が望める。現在収益化を目指しているが、我々の中で一番優先順位が高いのはLetGoが最も商品の売買をするのにふさわしい場所であり続けることだ」と語る。今のところ、同社は機能のシンプルさを売りに他社の差別化を図っている。

「最も成功しているAirbnb、Lyft、Uberなど個人-個人の双方をつなぐマーケットプレイスが共通して持つ特徴はシンプルさと、ユーザー重視という2点だ。この二つがLetGoを成功に導いている」とOxenfordは語る。

この市場を変えようとしている他のアプリは、イーベイやCraigslistなどのような古いスタイルプラットフォームを使用している。LetGoは商品をアップロードする手間を省くことに重点を置いている。それによりユーザーの脱落を防ごうとしている。将来的にはAIが商品のアップロードを行うことも視野に入れている。

LetGoは商品の写真を撮ると、機械学習で自動的に商品の選別しタイトル付けとカテゴリー分けを行なってくれる。中古品売買のマーケットプレイスでこのような技術を使っているのはLetGoだけだとOxenford氏は語る。

LetGoはメッセージ機能も強力なツールの一つで、今までに合計30億件のメッセージが発信され、毎日900万件に達している。

Sell It Easy、 eBayとCraiglistの使いやすくし自宅集荷サービスも提供

【出典】2015/10/12

http://techcrunch.com/2015/10/12/sell-it-easy-offers-a-hassle-free-alternative-to-ebay-and-craigslist-including-a-pick-up-service/

Untitled

新しいスタートアップ企業であるSell It Easyは、eBayやCraigslistのような大きいマーケットプレイスの代わりに、アイテムの価格設定からネット上にアップロードし出荷するところまで販売プロセスを全て手配してくれる。サンフランシスコといずれ拡大する都市では、自宅集荷サービスも提供するようだ。その他の都市では、利用者の代わりに売りたいものに対してプリペイドの出荷ラベルが提供される。

このサービスは、売り手の様々な問題を解消しようとしている。まず、売り手は正しい値段を調べなければならず、売り手はあるアイテムが他のマーケットプレイスでより高額で取引されていることを知らないかもしれない。売り手は輸送費の計算方法を知らないかもしれないし、買い手を見つけても実際に出荷することを億劫に感じる人もいるだろう。

全ての出荷作業が完了しても、販売プロセスが完了したとは限らない。買い手は様々な理由でアイテムを返品してくるため、返品されるとまた一からやり直さなければならないのだ。

共同設立者であるBen Rahnema氏によると、この問題点がSell It Easyの創立のきっかけとなったようだ。彼は今の所Mavenlinkのエンジニアであるが、間もなくY Combinatorをバックに持つSimply Insured の元上部ソフトウェアエンジニアであった共同創立者のCraig Brott氏と共に、Sell It Easyで働くことになるようだ。

Rahnema氏はeBayでMoto X携帯を売ろうとしていた時、買い手が携帯会社が異なるため7回の返品を経験したことがある。売り手としてこのプロセス苛立ちを覚えただけでなく、時間の無駄でもあったのだ。

多くの売り手は、この問題に共感するだろう。インターネットで売りたいものが沢山あるが、時間をかけても結局売る価値がないことが多いからだ。

Sell It Easyはそんな苦難を解消するために作られた。

「私は12-13才の時初めてeBayビジネスを開始した」とRahnema氏は述べた。Rahnema氏と共同設立者は、両者ともeBayとCraigslistで凄腕の売り手であったことも指摘した。この2人の経験によって、売り手がどんな問題を抱えているのか理解することができたというのだ。

「今すぐアイテムを売ろうとして時間をかけているのなら、規格化され低価格で誰かに頼める方がいいだろう。また、eBayやCraiglistでは詐欺や頼りないバイヤーを相手にしなければならないのだ」とRahnema氏は述べた。

Untitled

Sell It Easyは、ウェブアプリを訪れ(iOSアプリは開発中)、売りたいものを記述し、写真をアップロードするだけでいい。Sell It Easyは適当な値段を見積もり、確認後集荷まで手配してくれる。現在のところ、集荷オプションはサンフランシスコのみで利用できるが、米国内であれば誰でもプリペイドの出荷ラベルを印刷できる(Sell It Easyは海外の売り手にも利用できるが、現在のところ自身で輸送費を負担しなければならない)。

同サービスは、eBayのプリペイドの出荷ラベルや販売しやすいプロセスを提供するSell for Me(eBay Valet)というコンシェルジュサービスと競争しなければならない。

しかしSell It Easyは、競争相手にはない出荷しにくいアイテムの自宅集荷サービスを提供している。早期テスターの中には、同サービスによって家具や絨毯のような大きいアイテムを販売した者もいるようだ。これに比べ、Ebayのコンシェルジュサービスは大きいアイテムは対象外である。

自宅出荷サービスは現在サンフランシスコで利用可能であり、ニューヨークに拡大する計画も整っているようだ。

また、Sell It Easyは販売箇所をeBayだけに制限していない。eBayやCraigslist、Etsy、ローカルマーケットプレイスを含め、より高額でアイテムを売るために様々なマーケットプレイスを利用している。

フェイスブックでの販売もサポートするという。

Rahnema氏はまだこれについてあまり説明しなかったが、おそらく地元の売り手にリーチするためにソーシャルネットワーク上のプライベートガレージセールグループを活かすことになるだろう。

Untitled

Sell It Easyは売り上げに対して手数料を取るが、手数料は見積もりに含まれている。手数料はマーケットやアイテムによるが最大12%である(比較対象となるeBayのSell For Meでは、利用者はアイテムの60%から80%の価格をキープすることしかできない)。Sell It Easyの売り手は、販売が完了次第お金をPayPalやVenmo、小切手、bitcoinで受け取ることができる。

将来的に、Sell It Easyは UPSのような輸送会社や自宅出荷を手配するPostmatesのようなスタートアップ企業のロジスティクスプロバイダと協力し、出荷コストを抑えるようだ。

彼らによると、モバイルEメールアプリShuffle(GoogleのInboxアプリがローンチした後開発をやめた)とのインタビューを延期した後、Y Combinatorの面接を受ける機会があるそうだ。

創立者たちは、現在Sell It Easyを契約社員とフリーランスの社員で運営している。サービスは1ヶ月前にローンチされ、約100名のeBayとCraigslist上のパワーユーザが150個のアイテムを販売するというベータテストが行われた。本日からこのサービスは誰でも使えるようになったらしい。

Peach、オークション型の通信販売アプリ

【出典】11/13/2014
http://techcrunch.com/2014/11/13/peachapp/

30

既に数億の販売サイトとアプリが存在しているように思えるが、その中でもカリフォルニア州のバークレーで創設されたPeach Appは、オンラインの衝動買いに焦点を当てたアプリにイノベーションをもたらせようとしている。ディスカウントされたアイテムを売るだけである代わりに、Peachは顧客に、高級ブランドの女性の洋服やアクセサリーに価格の値付けをさせるという。この企画の焦点は、ユーザーに対して商品の値付けをするかどうか判断する猶予が9分しか与えられないということだ。

スタートアップは、投資会社のIDG Partnersからの支持投票を既に得ていて、昨月基本基金として50万ドルの投資をした。ベンチャーキャピタルファームのポートフォリオは、仮想通貨CoinbaseとオープンソースペイメントネットワークのRippleと同様、中国の巨大なインターネットBaiduとTencentを含む。

このアプリは招待制を取っていた。-昨月、ベータ起動と5000人のユーザーを獲得してから、全てのユーザーに対して利用可能になっている。

共同創設者であるJeff ZhangはPeachアプリの形態は、同チームによって開発をされているオークションサイトであるsellegit.comからインスパイアされていると話す。入札者が支払いに意欲的な最大値と最安値を落とす、Sellegitは最大値からオークションがスタートする。そのようなことから、Peachアプリは他社のフラッシュセールスサイトとアプリの代わりにeBayをライバルとして見ているのである。
「私達が他にはない新しい取り組みを行っているので、他社を競争相手の存在を認識していない。しかし、私達の顧客はeBayオークションと比較した上でPeachオークションをより好んでいることが調査結果として出ている。なぜならこちらは9分という短い時間で終わるからである。これは、フルタイムで働くホワイトカラーの女性にとって、とても大きな意味を持つ。彼女達はeBayオークションを何日もチェックする時間はないのである」とZhang氏はそう断言する。

他社のフラッシュ販売サービスのように、Peachアプリは、素早く未販売の商品を棚卸し、一掃するためのチャンネルを販売者に与える。それにより、高級商品のディスカウントを可能としている。ここ最近、業務取引のためのコミッションを請求することによって利益化を図っている。Peachは、オークションが盛んになると見込まれるサンクスギビングにむけて調整段階をしているところだ。