タグ別アーカイブ: Digital media

来年注目すべき6つのソーシャルメディアに関するトレンド

【出典】12/21/2018

https://www.adweek.com/digital/6-social-media-trends-to-keep-your-eye-on-heading-into-the-new-year/Picture1

2019年のソーシャルメディアトレンド

ソーシャル・コマースの台頭

PWCのリサーチによるとアジア発展途上国でのソーシャルコマースが非常に成長しており2019年には世界中でソーシャルコマースが急激に成長するのではないかと考えられている。

ソーシャルメディアユーザーにもっとプライバシーを

GDPR(EU一般データ保護規則)が施行されたことによりネット上でのプライバシーに対する意識が高まった年となった。フェイスブックとケンブリッジ・アナリティカによるスキャンダルやGoogle+のバグによるデータ流出などが相次いで発生。テック業界もついにユーザーのプライバシーに関し無視できる状況ではなくなってきた。2019年以降はソーシャルメディアプラットフォームはユーザーがしっかりプライバシーをコントロールできるよう対応しなければならなくなるだろう。

さらに利用されるAI

2019年はAIがさらに利用されるようになるだろう。フェイスブックメッセンジャーではチャットボットがすでに導入されており大きなヒットとなった。AIを導入することによりカスタマーサポートにかかる人件費を削減、同時にセールスアップとエンゲージメントを高めることができる。AIの導入は今後激増し、ソーシャルメディアの多方面でAIが使われることになるだろう。

マイクロインフルエンサーの増加

インフルエンサーを使ったマーケティングテクニックは新しいことではないが、2019年以降は1000人〜90000万人程度のフォロワーを持つマイクロインフルエンサーが重要になるだろう。彼らはセレブリティでもないがいくつかのリサーチによると、マイクロインフルエンサーは通常のセレブと比べ60%以上エンゲージメント率が高く、コンバージョン率も22.2%高い。彼らはコストが安いだけでなく効果的なのだ。

成人は1日のおよそ半分をリニアまたデジタルメディアを消費

【出典】 2018/07/31

https://www.adweek.com/tv-video/adults-spend-almost-half-their-day-connected-to-linear-or-digital-media/

Picture1

アメリカの成人は1日におよそ11時間以上も音楽を聞いたり、動画を見たり、読み物をしたりするなどリニア(頭から最後まで消費してもらうことを想定したメディア:映画・TVのリアルタイム視聴など)&デジタルメディアを消費している。

これはニールソントータルオーディエンスレポート(Nielsen Total Audience Report)の2018年第一四半期バージョンの発表結果だ。成人の人は1日11時間6分もリニアメディアやデジタルメディアを消費している。これは、四半期前と比べ19分も長い(2017Q4では10時間47分だった)。人々は四半期ずつ、5分ほど多く、アップルTVRokuなどのコネクテッドTV機器、また13分もデジタルプラットフォームに時間を費やす時間を延ばしているのだ。

Picture1

TVのリアルタイム視聴の視聴時間も、去年第3四半期で3時間54分だったのが、2018年 今年第一四半期 で4時間10分と、 過去二つの四半期で伸びている。Nielsenは、「これは季節的な理由かもしれない」、と話す。冬になれば人は家の中で過ごすようになるからだ。

成人はおよそ16時間(5時間57分)もテレビまたは動画に特化したアプリ、スマホやタブレットでウェブサイトを見るなりして動画を見て過ごしている。

Picture1

アメリカのTV保有者のうち67%はコネクテッドTV機器を持ち、動画コンテンツをTVにストリーミングしている。これらコネクテッドTV機器を持つ世帯でのTVの使用方法のうち10%はストリーミングが主な使用用途だ。

ニールセンは全世帯64%はNetflix、Hulu、アマゾンのどれか最低一つのSVOD(サブスクリプション型テレビオンデマンド)のサービスを利用していると発表した。昨年は58%であった。

全世帯のうち27%がこの中の一つだけサービスを利用しており、37%が一つ以上、11%が三つ全てを利用している。

18歳から34歳が他の世代と比べテレビやデジタルデバイスに時間をかける率が高い。

DirecTV Now やYouTube TVなどの普及により、2.7%の家庭がvMVPD(ネット上での旧来の「テレビ」が見られるサービス)を使用している。

 

また、テレビがない世帯でも動画を視聴している。テレビを所持しない82%の家でもパソコンやスマホ、テーブル、友達の家、または仕事場で動画を見る機会がある。