タグ別アーカイブ: Cortana

Microsoftの音声認識システムが人間と肩を並べ始めた

【出典】2017/8/20
https://techcrunch.com/2017/08/20/microsofts-speech-recognition-system-hits-a-new-accuracy-milestone/

Picture1

米国時間8月20日、MIcrosoftはその会話型音声認識システムが、これまでで最も低い5.1%のエラーレートに達したことを発表した。この記録は、Microsoft Artificial Intelligence and Researchの研究者グループが昨年達成した5.9%のエラー率を下回るもので、テキストを数回聞き返すことができるプロのトランスクライバーたちと同等の正確さだ。

両研究は、Switchboardコーパスの録音を認識することで行われた。これは1990年代初頭から、音声認識システムをテストするために研究者たちが使用してきた、約2400件の通話のコレクションだ。今回の新しい研究は、Microsoft AI and Researchの研究者グループによって、人間のトランスクライバーのグループと同程度の正確性を達成することを目標として行われた。人間のグループは自身が聞いているものを複数回聞き直すことができ、会話の文脈を知った上で、他のトランスクライバーたちと協力することも可能だった。

全体として、今回の研究では昨年のものに比べて、ニューラルネットベースの音響モデルと言語モデルを改善することにより、エラーレートを約12%下げることに成功した。特に、その音声認識ソフトに会話全体を利用させ、そのことによってトランスクリプションを文脈に適合させ、次にどのような言葉やフレーズが来るかを、人間がするように予測させるようにした。

Microsoftの音声認識システムは、Cortana、Presentation Translator、そしてMicrosoft Cognitive Servicesなどのサービスで使用されている。


 

2014年をさらったニュース

【出典】2014/12/30

http://www.engadget.com/2014/12/30/engadget-2014-year-in-review/

Untitled77

2014年はウェアラブルやVR、4Kの年であった。また、馬鹿げた株式公開や莫大なセキュリティ侵害が話題となった。2014年は多くの素晴らしい進歩と停滞の年であり、ここに2014年を飾るテクノロジーの世界を記していこう。

どのように(ほぼ)完全に消えることができるのか

Untitled78

2013年6月、Edward Snowden氏がNSAによる個人情報収集の手口を告発した。突然、オンラインプライバシーが存在しない産物となってしまったが、発覚によってこのインターネットのご時世にオフラインであることの意味やどのようにすればオフラインにすることができるのか等の再検討がなされるようになったことも確かである。

Cortanaという人間らしい振る舞いをするゲームキャラクター

Untitled79

このマイクロソフトのパーソナルデジタルアシスタントのメイキングを特集した記事ではAIの人間面について調査した。彼は、「彼女は人工知能であり、それを誇りに思っている。彼女がCortanaなのだ。」とコメントを残した。

Tesla車がアメリカ全土で車を販売できない理由

Untitled80

Teslaは世界的に人気である電気自動車を製造しているが、2014年になってもTesla専用のディーラーは数州にしか存在しない。他の州はElon Musk氏の投資するTeslaのような電気自動車に反対しているわけではなく、Teslaの販売方法、特に金銭面で問題があるのだ。

バーチャルリアリティ

Untitled81

フェイスブックがOculus VRを正式に買収した。Linden Labは、VRと自身のプラットフォームの両方の未来に賭けている。ここでいう自身のプラットフォームはバーチャルワールドという言葉で表現できるマルチプレーヤーのゲームよりフェイスブックに近いものを指す。

Sony Picturesのハッキング被害の全容

Untitled82

今年は、TargetやHome Depot、JPMorgan等のアメリカの大企業、特にSony Picturesにとってはセキュリティの侵害を過去数カ月かけて対処しなければならず、かわいそうな年であった。しかし、我々が今話題にしているのはSony Picturesのハッキング被害の発覚とその余波であり、Edgarは誰が裏で糸を引いているのか、そしてSonyにとってどういった意味をもつのかに注目した。

Westernerの日本式トイレガイド

Untitled83

このバイクには様々なボタンや正体不明なシンボルがあり、色々な解釈ができる。さらには、ほんの少し近づくだけでトイレの水が自分にかかるという恐怖も味わえる。

過去を振り返って

史上最悪のビデオゲームの真実の話

Untitled84

今年初め、Microsoft後援のもとドキュメンタリー映画のクルーが、Atariは本当に何千台もの「E.T. the Extra-Terrestrial 」を埋めたのかということを検証するため、New Mexico の砂漠を掘り起こした。伝説は本当だったようだ。

開発46年目のHitachi製アダルトグッズ

Untitled85

「1968年。それはテト攻勢やMartin Luther King Jr.Robert Kennedy首相暗殺、民主党全国大会での暴動の年だった。」といっても、私が注目したのは世界で一番人気のアダルトグッズ、Hitachi製Magic Wandである。Hitachiとしては知らぬふりをしておきたい事実だろう。

未来を見据える

GoogleのProject Araがスマートフォン業界に革命をもたらした

Untitled86

ウェアラブルの展開を見ればわかるように、スマートフォンはいろんな面で停滞を余儀なくしている。少しの例外を除いて、大抵の端末は似たような機能を持っているからだ。しかし、グーグルはAdvanced Technology and Projects (ATAP)部門がAraという従来とは全くことなる発想のモジュールを持つ端末を開発するプロジェクトを指導した。これは2年という期限付きプロジェクトである。完了することができると、この状況は一変するだろう。

Oculusによるバーチャルリアリティの福音書Untitled87

何度試みてみても、バーチャルリアリティが消費者の手に届くにはまだ早すぎる。多くの人がこの停滞した状況をOculusとその開発者達が打破してくれるものと期待している。企業の第一回開発者会議では、編集主任のMichael Gormanは、このテクノロジーと福音を伝える人々の周りに宗教じみた熱気を感じたと語った。「先週の土曜日、私は宗教熱狂信者の代わりに技術の世界で起こった復活のようなものを最前席で感じた。800人ものバーチャルリアリティの門徒に囲まれていたからだ。」

Apple Watch:騒がれているわりに別段興味深くない

Untitled88

Appleから未だ発売開始していない中、Apple Watchが急成長している市場だと騒がれていることについて編集者Joseph Volpeは納得していないようだ。彼は「Apple Watchは大したことのないものである。過去のスマートウォッチよりも見た目はいいが、それくらいのものだ。」と語った。

映画では

James Cameron監督、海底を訪れる

Untitled89

ジェームズ・キャメロン監督の新たな作品「Deepsea Challenge 3D」は撮影を半分終えたようである。この作品は科学の名の下に海底を調査するという内容のものではない。これは、James Cameron監督が海の底を「ただ行きたかった」という理由だけで訪ねただけの作品なのであるという。