タグ別アーカイブ: Comic

スクーター・ブラウン、デヴィッド・マゼルがアスペン・コミックスの株式の50%を取得、ミソス・スタジオを立ち上げ

【出典】http://deadline.com/2018/03/scooter-braun-david-maisel-mythos-studios-aspen-comics-stake-1202354334/

Picture1

SB Projectsの創設者であるスクーター・ブラウン氏とマーベル・スタジオの創立会長であるデヴィッド・マゼル氏は、ミソス・スタジオと呼ばれる新たな合弁会社を設立し、アスペンコミックスの株式の50%を取得したほか、同社の後期創立者マイケル・ターナー氏が創作した象徴的なアートワーク、キャラクター、世界などを含む同社のIPのエンターテインメント権を取得した。

二人は既に、いくつかのプロジェクト (現在進行中)に取り組んでおり、その内2つはアスペンコミックスの原作に基づいている。第一弾は、マイケル・ターナー氏作の「ファゾム」という、1998年のベストセラー漫画にインスパイアされたものだ。スーパーヒロインのアスペン・マシューズ海洋生物学者が、自己の神秘的な背景を知った後に、海中・外での自己発見の旅に乗り出すという物語である。

2番目のプロジェクトは、2003年に最も売れたインデペンデント系漫画の1つである「Soulfire」にインスパイアされている。物語は、高度に発達した圧倒的な技術があるが、すべての魔法が失われた未来の場所が舞台になっている。選ばれし男の子マリカイと超自然のキャラクターのチームが、悪を倒して世界に魔法を取り戻す話である。

二人は今、この2作の配給会社と制作投資パートナーを探している。

ミソス・スタジオは、ロサンゼルス郊外に位置し、製作とクリエイティブの幹部達の協力を得たブラウン氏とマゼル氏が、長年にわたるSB Projectsの COO スコット・マンソン氏と共に率いる。『アングリーバード』を共に手がけたアニメーションプロデューサーのキャサリン・ウィンダー氏も再びマゼル氏とタッグを組む予定だ。今後のプロジェクトには、オリジナルで取得済みのIPを元にしたライブアクション作品とアニメーション作品がある。

「スクーター氏は、すでにポップカルチャーのエンジニアとして、また世界中の視聴者を対象としたマーケティングのマスターとして、伝説的な人物だ。私は次世代のフランチャイズエンターテイメントを世界にもたらす完璧なパートナーは彼以外いないと思う。」と、ミソス・スタジオの共同設立者のデイヴィド・マゼル氏は語った。 「彼はまた、長年の個人的な友人であり、我々はすでにこれらの素晴らしい作品を一緒に実写化することを最高に楽しんでいる。映画、テレビ、音楽、そしてブロードウェイでの経験を組み合わせることで、将来のプロジェクトのための私達のフィールドは非常にエキサイティングな場となる。」

ブラウン氏は、ジャスティン・ビーバー、カニエ・ウェスト、アリナ・グランデなど、エンターテインメントの最も大きな存在の一部をマネジメントしている。ブラウン氏と彼のチームは、彼の会社の映画・TV部門も大きく成長させ、それには『スコーピオン』、『ギヴァー』、そして国内の最高収入の音楽ドキュメンタリーの1つ『ネバー・セイ・ネバー』 を含む。

マゼル氏は、マーベルスタジオの社長、副会長、会長、そしてマーベルエンタテイメントのCEO要職など、2003年から2010年の間にマーベルでさまざまな役職を担当した。

数字でみるテレビアップフロントシーズン:ドラマ増、コメディ減、コミック原作圧倒的

【出典】2014/05/15

http://www.hollywoodreporter.com/live-feed/tv-upfronts-by-numbers-dramas-704473

The_Last_Man_On_Earth_a_l

新しく製作した番組54のうち10が次のシーズンを迎える厳しい2013-14シーズンが終わった後の今年は、どのネットワーク放送局も軒並み安定して新番組を54発表した。

今年の特徴としてはドラマが昨年と比べて4本多いことである。シリーズものが苦戦する中、ネットワークは自社番組を「イベント化」し、ライブでの視聴を促している。もうひとつの特徴としては、パイロット版を経由せずそのままシリーズに注文されるドラマとコメディ作品の増加である。一方で、全体としてコメディ番組は2013年と比べて3本少なく、昨年放送した新番組23本のうちわずか5本が2シーズン目を迎えることになる。(なお、昨年新しく放送したドラマ30本のうち8本が2シーズン目を迎える)

以下に、五大ネットワークの2014-15シーズンのラインナップを見ていきたい。

2014の新番組(コメディ、ドラマ)総数:54 (2013年:54)

全体のうち、ドラマ作品は昨年比で4作品多く、コメディは3作品少ない。コメディに関しては、シングルカメラものも、マルチカメラものも打撃を受けた。CBSの The McCarthysBattle Creek、FoxのBackstrom、Mulaney、NBCのMr. Robinson といったリメイクものも、多くなっている。

ドラマ:                      34 (2013: 30)

コメディ:                 20* (2013: 23)

-シングルカメラ:14 (2013: 16)

-マルチカメラ:       5 (2013: 6)

*FOXのアニメコメディ、Bordertown含む

ABC

昨年放送した新番組のうちドラマ2本、コメディ1本のみを継続し、The Neighbors, Suburgatoryが終了する中、ABCは比較的安定したラインナップを発表した。Shonda RhimesのドラマScandalが大ヒットを記録して以降、同放送局は今シーズンはダイバーシティに力を入れているようだ。今年発表の14作品の中には、アフリカ系、アジア系、そしてラテン系アメリカ人の家族を描いたコメディが含まれているほか、Rhimesの新番組How to Get Away With Murder に Viola Davisの出演が決まっている。さらに、裁判ドラマのAmerican Crimeも、人種の多様性を意識している。そのほか、ABCはMarvelとの連携を強化し、Captain Americaのスピンオフ作品Agent Carterを直接シリーズに向けて製作する。

 

シリーズ注文数:14 (2013: 13)

ドラマ:                        8 (2013: 8)

コメディ:                   6 (2013: 5)

– シングルカメラ:5 (2013: 5)

– マルチカメラ:     1 (2013: 1)

 

CBS

視聴者数において最大手のネットワークテレビ局はプライムタイムの時間帯の番組を一新したものの、新しい番組9のうち2つのみが2シーズン目に進み、ドラマに至ってはひとつも次のステップに進まなかった。このような事態を阻止するためにも、NCISやCSIといった人気番組のスピンオフ作品の製作に踏み切っている。同局はシングルカメラのコメディ製作を棄て、MomとThe Millersといったマルチカメラのコメディのみをリニューアルしている。一方で、How I met Your Mother のスピンオフ作品 How I met your Dadは次のシーズンに向けてリニューアルされることはなく、他の局にまわっている。

シリーズ注文数:          8 (2013: 9)

ドラマ:                              6 (2013: 3)

コメディ:                         2 (2013: 6)

– シングルカメラ:      0 (2013: 0)

– マルチカメラ:           2 (2013: 3)

Fox

The X Factorを中止し、パイロットシーズン戦線を離脱することを明言したFoxは、イベントシリーズであり社会的実験番組のUtopiaを秋シーズンの目玉に据えている。10ある新番組のうち、5つは直接シリーズ注文を受けおり、3つは昔ながらのディベロップメントの過程を経ている(Gotham, Red Band Society, Empire)。

シリーズ注文数:         10 (2013: 12)

ドラマ:                              6 (2013: 6)

コメディ:                         4 **(2013: 6)

-シングルカメラ:        2 (2013: 4)

-マルチカメラ:              1  (2013: 1)

*  Gracepointを含む。Wayward Pinesは含まない。

** アニメーション作品Bordertownを含む

NBC

18-49歳の視聴者層ではNo.1を誇る同ネットワークは、昨年14あった新番組のうち3つのみがリニューアルされるという地味な結果に終わった。昨年と比べてコメディもドラマも2作品ずつ増えて、NBCはバラエティに富んだラインナップとなった。ロマンチックコメディ(A to Z, Marry Me)、癖のあるBad Judge, Kimmy Schmidt、陰謀ドラマのState of Affairs, Odyssey、その他Musteries of Laura, Constantineといった番組に加え、イベントシリーズのA.D., Heroes: Reborn, Emerald Cityを擁する。

シリーズ注文数:         18 (2013: 14)

ドラマ:                              10 (2013: 6)

コメディ:                          8 (2013: 6)

– シングルカメラ:       7 (2013: 4)

– マルチカメラ:            1 (2013: 2)

CW

若年層に視聴者が多い同局では、ArrowのスピンオフThe Flashにより、この2年で2作目となるスピンオフシリーズを注文した。これに加え、もうひとつのDC作品のアダプテーション、Rob Thomas氏のiZombie、そしてサイエンスフィクション作品のThe Messengersがある。青春ドラメディのCarrie Diariesに代わる番組としてはベネズエラのテレノベラ原作のJane the Virginがあり、Emily Owens, M.D. や90210に出演したJennie Snyder Urmanが再び登場する。ピックアップされなかった作品にはSupernaturalのスピンオフ作品のBloodlinesがある。

シリーズ注文数:         4 (2013: 5)

 リニューアル番組の多い放送局

CBS: 21
ABC: 16
Fox: 14
NBC: 11
The CW: 10

昨年の新番組の成績

昨年注文された34のドラマのうち、わずか8つが2シーズン目を迎える。コメディにおいては、23のうち5つがリニューアルされる。

11: ABC 3-for-14 (.214) (Returning: The Goldbergs, Agents of SHIELD, Resurrection)*
11: NBC 3-for-14 (.214) (Returning: About a Boy, The Blacklist, Chicago PD)**
9: Fox 2-for-10 (.200) (Returning: Brooklyn Nine-Nine, Sleepy Hollow)***
7: CBS 2-for-9 (.222)  (Returning: No dramas and comedies The Millers, Mom)****
2: The CW 3-for-5 (.600) (Returning: The Originals, The 100, Reign)

スケジューリングの変化16

CBSは月曜日と木曜日のラインナップをフットボールに合わせて変更する。CWの2シーズン目を迎える作品The Originalsは月曜日に放送される。ABCではShonda Rhymesの番組が並ぶ木曜日をつくりあげ、Grey’s Anatomy, Scandal, How to Get Away With Murderと番組が続く。FoxではAndy Samberg主演のBrooklyn Nine-Nineが日曜日に移動し、男性視聴者の注目をひくアニメコメディと一緒になる。全体では16の番組が時間帯を移動しており、昨年の14より少々増えている。

アダプテーションもの

パイロット版が製作されることになった14もの外国原作作品のうち、5つが放送されることが決定した:Secrets and Lies (オーストラリア)、Foxの Red Band Society (スペイン), NBCの The Slap, Mysteries of Laura (スペイン)、そして CWの Jane the Virgin (ベネズエラ)である。全体的には、今シーズンはアダプテーションものが圧倒的に多く、CBSの The Odd CoupleをはじめとしてABCのAstronaut Wives Club, Fresh Off the Boat、Selfie、Foxの Backstrom, Gotham、Gracepoint; NBCの Constantine, Emerald City、A.D. The CWの The Flash、iZombie が該当する。

コミック、コミック、コミック

CWの Arrow、ABCのAgents of SHIELDに加えて、ネットワーク局はファンボーイ向けの番組を量産している。Fox ではDCのバットマンの前日譚にあたる Gothamを、 NBCでは DCの Hellblazer をConstantine として、そしてCW ではDCの iZombie The Flash をアダプテーションとして製作している。一方、Marvel作品に関してはABC はSHIELDをリニューアルしCaptain America のスピンオフAgent Carter をシリーズ注文している。

スピンオフ

目立たない昨シーズンを終えて、放送局はどこも既存のコアファン向けが確立された作品に投資することに決めた。CBSはNCIS: New OrleansとCSI: Cyberの2番組の製作を発表し、業界関係者を驚かせた。CWでも3つの大ヒット作品のスピンオフが放送されるかと思われたが、Supernatural: Bloodlines は放送されないことに決まった。CBSのHow I met Your Dad も、放送されないことが決まった。

Mega ManとXが100年の時を越えて共演を果たす

【出典】2014/5/5

http://www.polygon.com/2014/5/5/5669154/mega-man-x-comic-storyline

megamancover2.0_cinema_960.0

Archie Comics社によるロングヒットコミックMega Manがタイムワープする!いや、正確に言うと、次号(Mega Man #37)でMega Manがビデオゲームの最新版で登場するMega Man Xのキャラクターに進化する経緯が初めて明かされるのだ。これまでに両シリーズの間に存在する数100年という時に何が起きたのか語られることはなかった。

Mega Manは1990年に発売されたビデオゲームMega Man 3が原作だ。ブルーボンバーがロボット怪盗団を追い詰め、悪を一体ずつ倒していく。その数百年後の世界を描くビデオゲームMega Man Xでは人間が支配していた世界は終り、人間はロボットと共存することで生き延びている。これまでそれぞれのヒーローを追いかけ続けてきたファンは、ストーリーがどのようにして繋がるのか大いに期待をしていた。

新しく発表されるストーリーDawn of Xはファンから寄せられた多くの要望に応えるために作られた作品だという。Mega ManとXが力を合わせ、暴れる世界観にファンは想像するだけで興奮を隠せないでいるという。

脚本を担当するIan Flynn氏は「Mega Manのコミック化が発表されたとき多方面から喜びの声を頂いたのと同時にファンからMega ManがいつどのようにMega Man Xに進化するのか、その展開にいかに大きな期待を抱いているのかを痛感した。ファンがそれほどまで求めているものを提供しないわけないはいかない」と話す。

Flynn氏もArchie Comics社もXを主人公にした続編コミックを制作すればある程度のファンを喜ばすことはできたかもしれないが、それでは小手先の解決法にしか過ぎないことを分かっている。Mega Manというキャラクターとその世界観が持つ要素を過去から全て紐解き、ひとつの完結した物語としてファンに提供する必要があった。それがファンの想いに応えるという意味だった。

「年を感じてしまうので余り認めたくないがMega ManもMega Man Xも地位が確立されたビデオゲームを代表するコンテンツの一つとなっている。なぜここまで長年Mega Manが愛されてきたのか直に感じたことがない若い層に対して、また改めてMega Manの魅力を見せつける必要があるのだ。Mega Manのコミック版を始めたのも新規ファンの獲得が大きな目的の一つだったが、Mega ManをXの世界に登場させることで人気を不動のものにしたいと考えている。」

これまで両キャラクターの融合はビデオゲームで実現されたことはない。Flynn氏はビデオゲームでは世界観の融合を満足できる形で表現できるとは思わなかったためだ。まずはファンに確立した世界観を提供したいと考えた。「ビデオゲームのようにユーザーを第一に考えたコンテンツでは新しい世界観を創造するには限界があると考えた。まずは、ストーリーを最重要視し、本当に魅力的なお話を届けるのに最適であるコミックという媒体を選んだ。」と彼は言う。

Mega Man #37は5月21日に発売予定。続く、38号は6月18日、そして39号は7月16日の発売を予定している。

MegaMan_37_ConVar