タグ別アーカイブ: caa

2019予測:来年の映画、テレビ、音楽業界はどうなるだろうか

【出典】12/12/18
https://variety.com/2018/biz/features/variety-film-tv-music-predictions-2019-1203087313/Picture1

メディアの大規模な合併からハリウッド著名人によって発表された反セクシャルハラスメント運動、「タイムズ・アップ」が発足するなど、2018年は紆余曲折のある年となった。CBSのCEOであったレズリー・ムーンズ氏は先日、セクシャルハラスメントの疑いで退陣を余儀無くされた。AT&Tのタイム・ワーナー買収に先立ち、ディズニーはフォックスを買収し、最新作「ブラック・パンサー」は新たに興行収入記録を塗り替えた。これらの起きた事を考慮すると、2019年はますます混乱した一年になりそうだ。ここで我々は、新年開始と同時に起きることが予想される10個のトピックを集めた。

アップルのソニーピクチャーズ買収の可能性

シリコンバレーの大企業たちは、ネットフリックスとアマゾンが提供するストリーミングサービスに対抗すべく、ハリウッドの専門技術を使い始めるだろう。アップルがソニーピクチャーズを買収することで、映画「スパイダーマン」の制作権だけでなく、「メン・イン・ブラック」、「ブレイキング・バッド」、「ジュマンジ」などの映画にアクセスできる権利を持つことになるだろう。これによりアップルがさらに躍進することは確かだ。そしてスタジオを購入することは、企業価値1兆ドルもあるアップルにとっては誤算程度に過ぎないだろう。

ロバート・ダウニー・Jr.氏、ついにアイアンマンに別れを告げるだろう

ダウニー氏が今まで主演した10作にも及ぶマーベル映画の中で、彼は「アベンジャーズ」の一員として需要な役割を果たしてきた。しかしそんなスーパーヒーローでさえ、世界を救うことに疲れてしまうことだってあるのだ。来年の夏公開予定の 「アベンジャーズ」では、彼のキャリアを復活させたフランチャイズへ別れを告げ、俳優として第二の道を歩む予定だ。ダウニー氏の引退により、映画「ブラックパンサー」で主演を演じた、チャドウィック・ボーズマン氏が現時点で事実上、世界で最も重要なスーパーヒーローのメンバーになったことは確かだ。

従来のテレビコマーシャルが終わりを告げるかもしれない

NBCユニバーサルとフォックスは、従来のテレビコマーシャルを変える新たな方法を試みている。若い世代の多くがストリーミング配信に慣れており、彼らが広告を目にする機会は減っている。もしこのような現状が続けば、今後スポンサーの名前付きテレビコマーシャルを見ることは確実に減って行くだろう。

   ウェブメディア企業は合併により「デジタル・メディアの危機」を乗り越えるだろう ウェブメディア企業である「BuzzFeed」、「Vice Media」、「Vox Media」、「Refinery29」、「Awesomeness」、「Mitu」にとって厳しい日々が続いている。これらの企業では、ネットの広告収入が減ることが予想され、近くに大規模なリストラが行われる予定だ。今年の11月には、ニュース・スタートアップ会社である「マイク」が、「Bustle Digital Group」に買収され、編集チームほぼ全員のリストラが行われた。BuzzFeedのCEOであるジョナ・ペレッティ氏は、フェイスブックやグーグルからより多くの広告報酬を得るべく、最近のニューヨーク・タイムズのインタビューでM&Aに従事することを語った。 

戦いが再び始まる:各スタジオは大規模な戦いに備えるだろう

ディズニーがフォックスを買収すると発表した後、劇場公開日の数週間以内に映画をオンデマンドでリースする契約が各主要スタジオで交渉された。これにより、映画を配信する劇場の利益カットが見込まれている。ワーナー・ブラザーズとユニバーサルは、映画を早期にオンデマンドで配信する事を発表する予定だが、これには映画館のオーナーたちからの非難が予想されている。 

大手タレント・エージェンシーの新たな動きが生じるだろう

アメリカの大手タレント・エージェンシーである「CAA」の代理店の所有権構造に対する不満はこれからますます高まっていくだろう。今年すでにアメリカの投資ファンドである「TPG」がCAA株式の全て、または一部をジョン・マローン氏の「リバティー・メディア」に売却することに対し、各所で議論が起こった。その他大手タレント・エージェンシーの「WME」と「IMG」では親会社である「エンデバー」の経営方針に合わせるため、内部管理の改新が予想されている。

ネットフリックスのサブスクリプション料金値上げが反発を生むだろう

ネットフリックスはサブスクリプション率が一時的低下した事を受け、2017年の第4四半期の最後に会員費を引き上げた。2019年の後半にも、ネットフリックスは債務を通して得たコンテンツの支払いをすべく、米国などのより成熟した市場で値上げを行う予定だ。理由はともあれ、この値上げは多くの怒りと反発を生じるだろう。しかし、ウォールストリートによると、現在ネットフリックスはサブスクリプション費を安全に引き上げられる立場にいるという。実際ネットフリックスで一番人気のプランは月額10.99ドルであり、ライバル社、「フールー」の月額11.99ドルプラン(広告なし)よりも安い。ネットフリックスのプロダクトオフィサーであるグレッグ・ピーターズ氏は、「我々のサービスが顧客の期待に応え続けている限り、価格を少しでも上げる権利がある」と語った。

 ストリーミング配信サービス競争がさらに加速するだろう

ディズニーとAT&Tによる、「ワーナーメディア」が新たに、ネットフリックス、アマゾン、フールー、「ESPN +」と競合することによりストリーミングサービスに関する戦いはさらに加速する見込みだ。また「Sling」や「Direct TV Now」などといった有料ケーブルテレビ企業の参入も予想されている。競争に伴い、消費者の購買意欲を沸かせる広告が増えることだろう。

有色人種のテレビ脚本家データベースを、CAAが開始

https://variety.com/2018/tv/news/caa-amplify-database-1202860582/

Picture1

CAA(Creative Artists Agency)が雇用機会増加のため、有色人種のテレビ脚本家についての、検索可能なデータベースを開始したと発表した。

公になっている様々な情報源から集められた、通称Amplify Databaseには、過去5年間でテレビ放送、ケーブルテレビ、もしくはストリーミング放送作品において最低一回でも脚本でクレジットされた脚本家800名以上が記載されている。そこには代表者情報も含まれる。CAAは、データベースに載っているアーティストたち全員を代表しているわけではない。

「我々は当初、Amplify Databaseは、クライアントやバイヤーが番組のニーズに寄り添って、最大限の情報をもとに最も包括的な決断を下せるよう手助けするリソースとして認識していた。」と、CAAの多文化経営企画部長であるChristy Haubegger氏は語った。「市場が過去最高に幅広い要望を求めたため、このリソースにさらなる秘められた価値を感じ、これをエンタメ業界にシェアすることで効果を最大限に引き出そうと決めた。」

このオンラインデータベースは、今日よりネットワーク、スタジオ、ショーランナー、その他産業における重要な意思決定者たちが利用可能になる。

ここへはhttp://www.amplifydatabase.com からアクセスできる。このデータベースに係る登録料やその他費用は一切かからない。登録したユーザーは、性別、国籍や、直近もしくは最も高い役職経験によってデータベースを絞り込み、ユーザーの必要に応じたリストを作り出せるようになる。脚本家や代表者は、情報の更新、訂正、削除の要請をAmplifydatabase@caa.comに送信することができる。

 

ハリウッドのタレントエージェンシーバトルで2017年に勝つのはどこか (ゲストコラム)

【出典】2016/12/16

http://www.hollywoodreporter.com/news/who-will-win-2017-as-hollywoods-talent-agencies-battle-get-big-guest-column-956788

Untitled

IPO?はおそらく今年ではないが、中国取引を模索しているCAAは成長することに固執しており、WWE-IMGのリーダーはコンテンツを持つということは解雇されないということを知っていると”Powerhouse”の筆者James Andrew Millerは言う。

2107年はこれからの10年間を定義するという意味でもハリウッドのタレントエージェンシーの入れ替わりがすごいことになるだろうとされています。エージェンシーがクライアントリストをなくしたり盗まれたということをもとに判断されたり、単にエージェントのチームメンバーが変わったといったことをもとに判断される時代は過ぎ去りました。。その頃から、Wonderlandの会長がプライベートエクイティマネーをあけ、(最初は、2005年Rizvi TraverseのICMへの投資、2010年のTPG CapitalとCAAと2012年のSilver LakeのWMEの31%の購入) ビジネス、会社のパフォーマンス、将来への予測は流動的で劇的です。

いまや、より多面的な世界であり、少なくとも大規模なエージェンシーでは、本当の成長はもはや昔のシステムではうまくいかず、外からのお金が必要だということが認められています。Netflixや他のプラットフォームの台頭で、テレビの後援で映画を作ることは少なくなってきているので、クライアント手数料は成功のたった一つの方法ではなくなってきています。例えばCAA Sportsは2017に3年連続で収益の面でエージェンシーの中では一番で、選手の代表代理権は期中収益の1/4にすぎないといわています。WME-IMGが約75%の収益を外部の伝統的なクライアントサービス得ているというわかりやすい例というだけではありません。これはただのパラダイムシフトではなく、市場がより大きな領域まで広がったということをはっきりと示しているのです。

エージェント業界のプライベートエクイティの役割について話すときに、よくあること(それと最も注目されること)は、投資そのものよりも、イグジット戦略やプライベートエクイティプレイヤーをどうするかということです。たしかに、WWEが2013年に24億ドルでIMGからスポーツ選手とファッションモデルを買収して、この夏にUFCマーシャルアーツリーグを40億ドルで買収したときは、価格に対して空いた口が塞がらなかった。それはともあれ、対談は大体ちょっとおした金の話から不変の質問「エージェントはいつウォール街をかじることになるのか」について代っていきました。

したがって2017年の最初の質問はIPOの件はWME-IMGとCAAどっちだ?ということになるのが明白です。CAAの件の答えはほぼNOです。CAAの53%を保有しているTPGは急いでいないかのように振る舞うでしょう。というのも、莫大な資産(750億ドルの管理資本)は他のどのプライベートイクイティよりも助走することも耐えることもできます。(J.Crewに12年間もくっついていました) また、CAAと株式シェアを行っているEvolution Mediaからより多くの取引をもらおうと積極的に動いています。本日までに、Evolution Mediaは総額3億ドルにもなる投資を2ダース分行っています。それは氷山の一角だから、「始めようとしている」という話を聞けば信じてしまうかもしれません。IPOはもっと進んでいるかもしれないが、それがいつか正しいオファーを申し立てられたのを蹴飛ばすということとは言っていません。TPGに関しては、人生はいつも投資収益になります。同社はCAAを買おうと考えている中国から申し入れを受けていて、まだミーティングは行われていないがTPGとCAAは中国の投資家との様々な可能性のあるパートナーシップの意向を探しているところです。

ちょうど一年前、多くのオブザーバーは2016年の下4半期か2017年の前半にWME-IMGとSiler LakeがIPOを申請すると予想していました。しかしそれはUFCを買収する前の話でした。少なくとも次の年には、UFCを細かく分析し、ドレスアップして吸収し、より大きなWME-IMGとなり、IPOするでしょう。それ故、私たちはco-CEOのAri EmanuelとPatrick Whitesellが証券取引所でベルを鳴らす瞬間まではもうしばらく待たなくてはいけなさそうです。

WME-IMGの権力者はある点ではこのことを認めています。3年前、主要なエージェントと契約を結んだときに、ボーナスを少なくするかわりに、所有権を与えることを約束しました。IPOは価値がある犠牲者としての位置づけをされました。そのような巨大な給料日を先送りたことによって、エージェントは少しばかりお金がもらえるになったと言われていました。多くのエージェントに15-20%の調整が入っています。そのお金は今後三年間で支払わますが、エージェントはそれを受け取るためにエージェンシーに残る必要はありません。

明らかに、WME-IMGはUFCの成長可能性はIPO遅らせる価値があると信じています。それは今や売り手と買い手になっています。会社を買うことの利点はエージェントなのか?あなたのクライアントから解雇される心配をしなくて済むことです。あなたが持っているのですから。そうです、競合会社はエージェンシーと投資者が抱えている借金のことについて話すことが好きです。しかしUFCの借金はIMGを買収してできた負債以外のやまについて注意しなければなりません。エージェンシーができる最善の防衛策というのはSoftbank、Fidelity、Tencent、Sequoia CapitalとDellの投資家は狂ってないということです。彼らは資金だけではなくWME-IMGにも信頼を置いており、最近共同社長となったMark Shapiroと彼のチームはブランドを拡大すること、創作物、イベント運営、権利料、名前料などにおいてUFCに360度の角度から積極的に監視しています。CAAはすでにそれらのエリアで強い基盤を持っているのでポップコーンをつまみながら結果的に2017年にバトルをみていたら大変なことになるでしょう。

Untitled

投資資金はUTAの考えにもありますが、方法が違います。彼らは2017年に買収を行うのではなく、顧客の資金調達を支援するためについに外部から資金を集めることを期待しています。それは前進するための優先事項です。UTAは現在300のエージェントを抱えていてこの過去数年でサイズが倍になりました。ですからこの年は 巨大な会社よりもクライアントとより近い関係を持つことを約束し、小さいエージェンシーも大きなエージェンシーもどうにかしてCAAとWMEといくつかのカテゴリーで戦えるように UTAがブランドとして続けていけるかをさらに証明していく方針です。

UTAのレーダー画面では大きく二つの変化が見られました。数十人のCAA エージェントが倒産した昨年起こった大きな価値のある収益を期間が見ていなかったと競合会社は思っています(間接的におよそ14億ドルほど) 。しかし、全て公正にとらえるとCAAのタレントがやってから時間はあまりたっていません。もっと重要なことに、もし可能であれば2017年は CAAがUTAに対して訴訟を起こして勝者と敗者が見ることができるかもしれません。この法律ドラマは裁判所と民間仲裁で行われている。フロイトは成人を曖昧なことを処理出来る能力だと定義したので、CAAがまだ損害賠償額の提示をしてきていないのでUTAはまだ試されています。裁判所の判断は基本ルールとエージェントへの相互の影響によって判断されるでしょう。

もし、CAAのリーダーがこの訴訟がUTAのビジネスの利権を遅くさせるか脅かすかと考えていたが彼らが間違っていることが判明しました。数年前、UTAのパートナーJay SuresはChuck Lorre、Steve LevitanやJudd Apatowなどのクライアントと人生を楽しんでいて、Jay Suresは何か新しいビジネスをすることに興味を持っていました。ですから、彼は伝説的なN.S. BienstockエージェンシーをUTAの買収に誘導してCAAへのフォーカスをしました。2016年が終わる頃に、Josh Elliott, Don Lemon, Kate Snow, Jake Tapper, Chuck ToddとElizabeth Vergasが載っているCAAを辞めた人も載っているクライアントリストに目を通しました。CAAは今でも優秀で未だに強いポジションにいるMegyn Kellyが何か新しいビジネスに取引にサインしたら2020万ドル投資してくれるという強い武器を持っています。しかし新しいビジネスを始めようとしてもそこには昔CAAが持っていたような無敵のオーラがないことは間違いないです。

スポーツ放送側では、CAAのNick KhanがKirk Herbstreit, Michelle Beadle, Tim Tebow, Colin Cowherd, Skip Bayless, and Stephen A. Smithを含むクライアントに対して積極的に取り込んでいます。最近KhanはESPNやその他でも一番稼いでいると言われているMike Greenbergとの取引を終わらせました。(報道によると一年北米で650万ドル)

しかしテレビ司会者事業はさらに興味深いことになっています。ICMパートナーは、Savannah GuthrieのToday出演の複数年延長が決定したHeadline Media Managementの買収を正式に発表することから2017年を始める予定です。ICMはメディア会社の羨望に苦しんでいないことを喜んで宣言しています。ICMのリーダーもロサンゼルスとニューヨークにある新しいオフィスに満足しており、ネズミ捕り以上にどんどんクライアントの会社を増やすことに集中したいと思っています。

CAAは去年、数十ものエージェントを失い、一部の競合会社はLisa Shotland, Lee Horvitz, Ashley Davis and Spencer Baumgartenなども含めて北米だけでも50ものエージェントを失ったのではないかと考えています。上記のものはエージェントプロダクションから予想されたもので増え続けています。これら多くのエージェントはICM 、UTA、Paradigmなど他にやっていく場所を見つけましたが、経営者に移行した人もいます。2017年はもっと多くのエージェントが大きいエージェンシーから抜けてプライベートイクイティを押し進めるために準備をしてより多くの利益を探すようになると予測されている。

しかし、立ち戻って2017年をもっと広い視野で見てみよう。エージェンシービジネスよりも常に変化し続けるメディア、テクノロジー、文化、ファイナンスへの参入が可能になるだろうか?おそらくそれは疑わしいです。全ての取引のためにCAAやWWE-IMGのような会社は無限にあるコンテンツを分析する研究所でもあります。ですから2017年はいくつかのエージェンシーがコンテンツ制作の為に重要な資金源を得ろうとするのを見ることができるかもしれないのです。いくつかの情報源によるとCAAは「国際プロダクション協会」について話し合ってきて、プロダクション事業に重きを置きたい思っているようです。WME-IMGは彼がWME-IMGが主催したMiss Universe Pagentの生放送中でミスを犯したときにクライアントのSteve Harveyのそばにいました。その情熱的なサポートのおかげで、HarveyはDaily TalkshowをNBC UniversalからIMGにへとパートナーシップを変えました。

しかしUTAや他の人たちはその動きを違う風に見ている。彼らはベンチャー企業が他のエージェントと競争するだけではなくそのような機会を愛する自社の制作会社を持っている顧客とも競争すると考えています。来年にはいくらかのエージェンシーが疑いなくそのようなクライアントの要求をなだめるでしょう。

そして小さなエージェンシーは小さな問題に取り組むのはどうでしょうか。彼らはクリエイティブな人の中から這い上がってきた代表者であるので、どんなサイズの仕事でも素晴らしいストーリーを作るでしょう。祝福しましょう。彼らが成長しますように。そしてこの聖なるホリデーシーズンに全ての人に祝福がありますように。

CAA、ライセンシングの大手Global Brand Groupと合併企業を設立

【出典】2016/6/14

http://variety.com/2016/biz/news/caa-global-brands-group-licensing-joint-venture-1201795868/

Untitled

CAAは、香港に本拠地を置くGlobal Brand Groupとの合併企業設立のために手を組み、ブランドのマネジメントやライセンシング、商品開発、そして小売活動において代理店の機能を拡大しようとしている。

この取引で、新しく設立されたCAA-GBGがGlobal Brandsの子会社となった。この会社は、Coca-ColaやJeep、最大手のチョコレート製造会社Hershey’s、Jennifer Lopez、Eva Longoria、そしてレゲエの伝説Bob Marleyがクライアントとして含まれる。

「CAA-GBGの設立により、世界中に存在する我々のクライアントのため世界レベルのビジネスの機会を作るために、CAAとGlobal Brands双方の膨大な資産を合わせる事ができるようなります」とCAAの社長Richard Lovett氏は述べる。

CAAとGlobal Brandsは、過去にCAAのクライアントのライセンスとブランド開発で協力した事がある。近年CAAは、LongoriaやBethenny Frankel、Kate Hadson、そしてKelly Ripaといった面々のライセンスと商品発売の陣頭指揮をとっている。

CAAでライセンス部門の部長を務めるPerry Wolfman氏がCAA-GBGのCEOに就任し、Global BrandsのBrand Management Groupで社長を務めるJared Margolis氏がこの合併企業の社長に就任するようだ。

この新しい合弁会社は、世界20カ国に24のオフィスを持つことになる。CAAの提携団体は、ハリウッドからスポーツ界のタレントへの権利を拡大する事となるだろう。

「『Global Brands』の国際的なブランド管理経営やブランドのDNAに関する理解、小売に対する深い理解が、CAAの卓越したタレントとブランドコレクションや米国内のメディアとマーケティングのプラットフォームと融合することになるのです」とGlobal Brands Group Holding Ltd.のCEO兼副議長を務めるBruce Rockowitz氏は述べる。