タグ別アーカイブ: burger king

つい財布の紐が緩む『ストレンジャー・シングス3』のブランドタイアップ

【出典】6/13/2019

https://www.complex.com/pop-culture/2019/06/stranger-things-3-tie-in-merch-upside-down

image1

近日公開の『ストレンジャー・シングス』新シーズンがこれまで以上に奇妙な物語になるかどうかは定かでないが、ネットフリックスは番組タイトル『ストレンジャー・”シングス”(奇妙な”物の数々”)』を真剣に捉えているのは確かだ。同社は数々の番組グッズを発売することでファンを惹きつけている。食べ物から衣類まで、7月4日のシーズンプレミアまでに楽しめるブランドタイアップを紹介する。

Burger King’s Upside Down Whopper

バーガーキング 「アップサイドダウン・ワッパー」

image2

『ストレンジャー・シングス』はついに食品にまで手を出した。バーガーキングはネットフリックスとコカ・コーラと協力し、番組に登場する何もかもが逆さまの異空間“アップサイド・ダウン・ワールド(裏側の世界)” になぞらえて、同チェーンの人気バーガー「ワッパー」をアップサイド・ダウン(上下逆さま)にした異色のバーガー「アップサイド・ダウン・ワッパー」を考案。見る限り、ロゴ入りのフライドポテトと飲み物、そして通常のワッパーが逆さまに置かれただけの商品のようだ。他にも、ブランデッドピンバッチやシャツ、ケチャップなどが販売される。またコカ・コーラは1985年に試験的販売を行った「ニューコーク」(違う味のコカ・コーラ)を、シーズンプレミアに先駆け限定発売するが、残念ながらニューコークはワッパーセットに付いてこない。

image3

バーガーキングのコラボ商品は、6月21日から11の街で限定販売される。マイアミ、ヒューストン、ボストン、アトランタ、フィラデルフィア、ダラス、シカゴ、サンフランシスコ、ロサンゼルス、ニューヨーク以外にお住いの方は、自分でバーガーをひっくり返さなくてはいけない。

Baskin-Robbins Flavors

サーティーワン・アイスクリームの限定味

image4

アップサイド・ダウンがテーマのミールセットの締めに最適なのは、この奇妙な世界を味わえるアイスクリームだ。サーティーワン・アイスクリームは「イレブンズヘブン(イレブンの天国)」と呼ばれる、番組キャラクター イレブンの大好きなワッフルコーンアイスのフレーバーと、チョコレート、プラリネ、キャラメルが混ざった味「アップサイド・ダウン・プラリネ」を販売。USSバタースコッチのパイントやデモゴーゴンサンデーなども発売される。番組キャラクターのスティーブが働くアイスクリームショップScoops Ahoyのアイスクリームトラックも西海岸でのみ出店する。

Nike Hawkins Gear

ナイキ ホーキンスギア

image5

数あるストレンジャー・シングスコラボグッズの中でダントツでクールなのが、ナイキのクラッシックデザイン コラボスニーカー。80年代へのオマージュ溢れる番組のファンにはたまらないスローバック・スタイルであり、コラボラインの中には番組に登場するホーキンス高校のロゴが配されているものもある。

H&M Capsule Collection

H&Mカプセルコレクション

image6

ナイキのコラボコレクションが学校生活にフォーカスする代わりに、H&Mは夏休みをテーマにする。同アパレルブランドはネットフリックスとのタイアップで、真っ赤なスイムウエアや、赤と白のロゴ入りビーチサンダル、フローラルデザインのトップスなどを発売する。

This Incredible Lego Set

驚きのレゴセット

image7

レゴ社はアップサイド・ダウンの世界を、クリエイティブに発展させた。地獄のような裏側の世界をレゴで作るという発想は、子供用おもちゃの開発として理想的なアイデアでないが、レゴ社は実世界とアップサイド・ダウンの世界を切り替えることができるレゴセットを巧妙に作りあげた。

Games

ゲーム

上記のようなコラボ商品が人気な理由は、番組ファンらが『ストレンジャー・シングス』の世界を実際に体験したいからだ。お気に入りのキャララクターの服装を真似たりして、架空の世界に近づくことはできたとしても、ファンがその世界にもっと没頭するためにはビデオゲームが最適だ。そこで『ストレンジャー・シングス』は2つのゲームを開発。一つは位置連動型モバイルアプリ、もう一つはニンテンドースイッチ向けのソフトだ。ネットフリックスの担当者はE3において、興奮した様子で「RPG/パズルのハイブリットゲームであり、位置情報連動テクノロジーを用いているので、自分の家の裏庭でもどこででもアップサイドダウンの世界で戦うことができます。」と語った。

ネットフリックスのクリス・リー氏は「80年代風のレトロなお茶の間アニメスタイルのゲームに、我々はゾッコンです。」と話した。

またハードコアなファン達向けには、番組内で子供達が遊ぶボードゲーム「ダンジョン&ドラゴンズ」のストレンジャー・シングス特別エディションも販売されている。

なぜ広告主が第53回スーパーボウルで’長い’宣伝をしたのか

【出典】 2019/02/03

https://www.adweek.com/tv-video/why-advertisers-went-long-at-super-bowl-liii/

Picture1

第53回目スーパーボウルの宣伝費が30秒に対し約5億円以上かかるのにも関わらず、幾つかの企業は長めの宣伝をする決断を下した。

今年の試合は45秒の宣伝時間が5つ、60秒の宣伝時間が6つ、90秒間の宣伝時間が3つあり、Bud Light, バーガーキング, HBO, グーグルなどの企業、また間もなく上映するFast&Furiousシリーズが紹介する Hobs&Shawや トヨタなどの企業が長めの宣伝をした。

宣伝時間の長時間化はトレンドとなりつつある。Kantar Mediaのリサーチによると、2017年の時点で60秒以上の宣伝の数が19%を占めており、次の年には31%へと増加した。また、”60秒ではない”宣伝の数は2017年では3%を占め、2018年では7%を占めた。

Kantar Media Researchによると、15秒以下の宣伝の数は今回の第53回スーパーボウルの11%を占め、6秒間の宣伝も人気があるとのことだ。

この様な事実を踏まえた上でも、2018年の試合で51%も占めた30秒の宣伝時間が最適な選択肢であるといえだろう。

「長めの宣伝時間はマーケターにとって顧客を総合的に引き込む良い手段であり、乱雑さが増す環境の中でSOV(シェア・オブ・ボイス)を生むことができる。」とMindshare North AmericaのCEO David Lang氏 は述べる。

「一般的な30秒間より長めのコマーシャルを作ることにより、先程述べた効果を生み出すことが可能になる。今夜のスーパーボウルでは正にそれが様々な方法で行われたのだ。」とDavid Lang氏は付け加えた。

Lang氏とって一番印象に残ったのはMicrosoftのXbox Adaptive Controllerを推奨する”We All Win”の60秒間の宣伝、またセックス・アンド・ザ・シティの登場人物であるキャリー・ブラッドショーを演じるサラ・ジェシカ・パーカー、ビッグ・リボウスキの登場人物デュードを演じるジェフ・ブリッジスが共演するステラ・アルトワの陽気な、長めの宣伝であった。Picture1Picture1

その上、Game of Thronesの最終シーズンをプロモーションするため1分間の宣伝時間を使ったBud LightHBOのコラボレーションはソーシャルメディアから喝采を浴び、Brandwatchの統計によると(アメリカ東部標準時間の)18時にはHBOの名前がFacebook Instagram Reddit Twitterなどのソーシャルメディア上で57000件も上がったとのことである。Picture1

それに加え、その夜Game of Thronesとのコラボレーションの放映がされた直後、BudLightのワードは何回か上がり、ソーシャルメディア上では他のどの企業よりも注目された。Brandwatchのデータによると、この60秒間の宣伝に対してのリアクションは2分間も続き、ソーシャルメディア上での登場は合計4600回となった。

Kantar Mediaによると、2008年に比べ試合中においての宣伝費用は2倍近くになり、これは普段のテレビのゴールデンアワーで放送する際にかかる費用の低下に対し反比例している。

この理由として考えられるのは、TVの視聴率が低くなりオンデマンドの需要が高まる中、TVCMだけでなくデジタルビデオ、そしてソーシャルメディアなど様々なメディアを統合したメディアバイを行なっているからである。

また、顧客側がデジタルチャンネルなどのストリーミングサービスの方に流れていっているため、宣伝側は彼らの宣伝のレーパートリーにストーリー性を加え始めている、とInnovidCTO Tal Chalozin氏は述べる。

「少し前までは、宣伝する側が使っていた技術は比較的標準的なものだったため、30秒間か15秒間、どちらかを選び、その中で顧客を笑わせるか、泣かせるかなどの選択をするのみだった。」とChalozin氏は述べる。

ストリーミングサービスを使って試合を観る者が増えいく中、Chalozin氏は「今の時代、宣伝する側もQRコードなどを使い、エンゲージメントを高めるキャンペーンを用いるなどインタラクティブな方法を取り入れる。」と述べた。

Burger Kingの「とびぬけていて過激な」テレビCM「Google Home of The Whopper」、カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバルでグランプリを受賞

「我々はこんなに侵略的なものをみたことがない」

【出典】2017/6/20

http://www.adweek.com/creativity/burger-kings-outstanding-outrageous-google-home-stunt-snags-direct-grand-prix-at-cannes/

名称未設定

 

McCannの「Fearless Girl」がほとんど勝ちとったが、結果そうならなかったグランプリが一つある。そのグランプリは、David Miamiが制作を手がけたBurger Kingの「Google Home for the Whopper」は、Grand Prix in Directを受賞し、最終決戦投票で「Fearless Girl」に勝ち抜いた。

キャンペーンは4月にデビューしたが、この15秒CMは最後に「OK、Google、what is the Whopper burger?」というフレーズが追加されている。このフレーズを聞いたGoogle Homeデバイスは、ユーザーにWhopperのウィキペディアページを引用して、ファーストフードチェーンのバーガーについて解説を始めるのだ。この先鋭的なアイディアが大ヒットの足がけになったようだ。

名称未設定

「我々の審査は完全に割れていた」と、電通ブランドエージェンシーAPACのチーフクリエイティブオフィサーで、審査委員長も務めるTed Lim氏は述べる。「我々は、最後まで気に入った2作品に対する熱意が等しかったため、議論に議論を重ねました。そして5日目の真夜中に近い時に、勇敢な作品に賛成しました」と。

Lim氏はまた、「私は審査員の一人の言葉を引用したいと思います。非常に熱い瞬間に、彼は「これはテクノロジーの最善の形で乱用したものです」と言ったのです」と述べる。

「Google Home of the Whopper」は、他の代理店やブランドがコピーできないようなユニークな作品であったため、審査員の注目を集めたようだ。したがって、それは明らかに今後に役立つようなCMではなかったが、一回限り注目を集めるというものであった。

「我々は将来に向けられたトーンを探していました」とLim氏は述べる。「簡単に複製できないものが欲しかったのです。何度も何度も繰り返し使えるものを探しているわけではありません」と。

BKのFernando Machado氏とDavidのAnselmo Ramos氏が「Google Home of the Whopper」について以下のように述べている:

名称未設定

Lim氏は、「間接的な方法」を用いたダイレクトマーケティングの例として、「Fearless Girl」と「Google Home of the Whopper」の両方を高く評価した。しかし、Davidのキャンペーンは、「これほど侵略的なものは見たことがない」ため、「リビングルームで見ると、あなたを混乱させるでしょう。それは常識から外れており、馬鹿げていて、信じられないCMであり、我々はそれが気に入った」ようだ。

これは、Davidと Burger Kingにとって、二つ目のグランプリである。というのも、印刷&出版部門でもDavidとBurger Kingの「Burning Stores」がグランプリを受賞しているのだ。BKも、カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバルで「Creative Marketer of the Week」として讃えられている。

Burger King、カンヌライオンズのMarketer of the Yearに指名される 76度目の受賞

【出典】2017/3/16

http://www.adweek.com/brand-marketing/burger-king-named-cannes-lions-marketer-of-the-year/

Untitled

Burger Kingは、今年のカンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバルでMarketer of the Yearを受賞した。

「Burger Kingは斬新で革新的なマーケティングキャンペーンを常に行うことで名声を得てきました。Burger Kingは、大義を持つブランドは長い目では利益を得ることができ、より強力なビジネスの基盤を得ることができると革新しているのです。だからこそ、これほどまでの影響力を持っているのです」とカンヌライオンズでマネージングディレクターを務めるJose Papa氏は述べる。

同ブランドは、昨年もY&R New Zealandの「McWhopper」が出版とメディアのカテゴリでグランプリを受賞しており、今回で76度目の受賞を迎えた。このMarketer of the Yearは6月のフェスティバルで授与される予定だ。

「クリエイティビティは、我々は他のブランドとの差別化を図る上で効果的な武器であると言えます」とBurger KingでCMOを務めるAxel Schwan氏は声明にてこう述べた。「これは、バーガー焼くことから広告キャンペーンを立ち上げることまで我々が行う全てのことに通じる信念です」と。

同ブランドが発表したプレスリリースによると、Proud WhopperやMcWhopper Proposal、#WholsTheKing、Whopper Freakout、Whopper Virgins、Whopper Sacrifice、King Games、Subservient Chickenといったキャンペーンが今回の受賞の決め手となったようだ。

「今回の受賞は、我々が日々努力してきた積み重ねの結果であると言えるでしょう。今年のカンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバルでパートナーとなった代理店と祝うのを楽しみにしています」とBurger Kingでブランドマーケティング主任を務めるFernando Machado氏は声明でこう述べている。