タグ別アーカイブ: Apple

Appleは紛失物を見つけるIoT、Tileの自社バージョン開発

【出典】2019/4/17

https://mashable.com/article/apple-tile-tracker/?utm_source=feedly&utm_medium=webfeedsPicture1

Tile(紛失防止タグ)にライバルができるようだ。

9to5Macのレポートによると、iPhoneを利用した独自の紛失防止タグを開発している。

Tileの人気商品であるBluetooth対応の紛失防止タグに類似したAppleの新しい小さな装置が、今年の秋に披露されるであろう。9to5Maによると、そのAppleの紛失防止タグはどんな物にでもつけることができ、自身のiCloudアカウントと同期して使用する。iPhoneの位置情報を使い、所有者がそのアイテムから離れると、通知が発信される仕組みである。

 

 

その他の機能は、Tileの機能よりもはるかに高度なものである。Appleの紛失防止タグは持ち主の連絡先情報が内蔵され、紛失モードにした際、紛失物を見つけた人が自身のiPhoneを使いタグを読み取ることで持ち主の連絡先を知ることができる。

 

特定のタグの位置データを友人や家族と共有することもできる。「Appleは、この新しいハードウェア製品を使用し、ユーザーが紛失物を見つけるのに役立つクラウドソースネットワークを構築するために、膨大な量のAppleデバイスを活用したいと考えている。」と9to5は報じている。

 

さらに、Appleは「Find My Friends」と「Find My iPhone」を組み合わせた新しいアプリの開発も計画しています。これは、新しいBluetoothタグを使用しなくてもデバイスを追跡することが可能である。

 

もしAppleがそのような製品を発売することになったら、人気商品であるBluetooth紛失防止タグを製造するTileにとっては悪いニュースになるであろう。現在、同社はAppleを大きくリードしているが、AppleはTileにとって強力なライバルとなるであろう。Tileはこの話題に対して、すぐにはコメントの要求に応じなかった。

 

なぜアップルは顧客にアップルストアに訪問して欲しいのか?

【出典】1/29/2019
https://mashable.com/article/apple-revamps-today-at-apple-classes/?utm_source=feedly&utm_medium=webfeeds#yXUCK_n.sgqIPicture1

アップルは人々にもっとアップルストアに訪問して欲しいと考えている。それは決して商品を購入したり修理したりするためではない。来店することにより、何か新しいことを学んで欲しいと考えている。

この考えを現実化するために同社はストアで提供している無料教育プログラム「Today at Apple」に新しく50セッション追加した。

コースは、コーディング、写真、音楽、ビデオ編集など細かくトピックが決められており、訪問者の年齢・スキルレベルにあったコース内容になっている。「Photo Walk」と呼ばれるセッションではスマホを使った写真撮影方法を学べ、「Make Your Own Emoji」というセッションでは子供達が絵文字を作れる内容だ。

「Today at Apple」はスタートして1年以上経つが、同社のビジョンである「製品とリテールストアのライフスタイル化」を実現するために大きく貢献している。同社のリテールチーフである、Angela Ahrendts氏は「アッップルストアを人々が集まる町の広場みたいにすることが目標」と語る。

アップル製品をすでに使用しているユーザーにとってアップルストアは新しい価値を提供する場所となりユーザーはより一層アップルに対しファンになる。

そして将来ユーチューバーになりたい、iPhoneを使って何か作り出したい子供達は同社のクラスを受けることで夢実現まで近づけることができる。Ahrendts氏によるとアップルストアに訪れる年齢層の低いグループの方が「Today at Apple」のクラスを気軽に受講する傾向にあるとのこと。

そして受講者の年齢が低ければ低いほど、クラスに再度参加する可能性が高いとのこと。

アップル:ビデオストリーミングサービスを4月にスタート

【出典】1/29/2019

https://mashable.com/article/apple-streaming-service-april-2019/?utm_source=feedly&utm_medium=webfeeds#GYurqZIgnZq3Picture1

アップルファンが待望していたビデオ向けサブスクリプションサービスを同社が4月にローンチする予定だ。情報によるとアップルはコンテンツパートナーに向け「4月半ばローンチ予定」と伝えているとのこと。

サービスは100カ国で展開予定、まず最初にアメリカで登場、他国はその後サービス使用が可能となる。iPhoneのセールスが伸び悩んでいる中、同社は新しいレベニューストリームが必要となる中、ビデオストリーミングサービスは最適だろう。

 

アップルがストリーミング形式のゲームサービスを開発中か?

【出典】1/28/2019

https://mashable.com/article/apple-gaming-subscription-service-like-netflix/?utm_source=feedly&utm_medium=webfeeds#l8TOhR5dssqF

Picture1

ネットフリックスのようなサブスクリプション制ゲームストリーミングサービスへ注目が最近集まる中、アップルが参入するのではないかと言われている。現在このサービスはまだ開発初期段階であり、場合によってはプロジェクト自体がなくなる可能性もある。

アップルはモバイルゲーム向けサブスクリプションをやるべきだ。競合であるグーグルはプロジェクト・ストリームと呼ばれるゲームサブスクリプションをテスト中だが、プレイステーションやXboxなどコンソールゲームにフォーカスしている。

アップルはiPhoneを販売したとき、ゲームアプリのマーケットも同じく作り出した。もしサブスクリプションをスタートするのであれば、同社のApp Storeを利用したサービスになるだろう。

そして次世代モバイル通信5Gが登場すればHDクオリティのゲームをスマホにストリーミングすることが容易になるだろう。

アップルが2019年初めに雑誌の定期購読サービスを開始予定

【出典】12/12/18

https://variety.com/2018/digital/news/apple-magazine-subscriptions-1203088083/Picture1

アメリカの大手総合情報サービス会社であるブルームバーグは、アップルが今年3月に新しく買収したニュース定期購読アプリ/(企業)である「Texture」を来年にもアップル・ニュースのプレミアムバージョンとして再リリースする予定だ。

しかし、アップルは業界から反対の声を受けている。ブルームバーグによると、アップルのサブスクリプション費が他社の値段を下回り、結果として読者がタイムズ紙などといった出版社から遠ざかってしまう事が懸念されている。

アップルはこれに対しすぐにコメントを出さなかった。

「Texture」は現時点で、月額9.99ドルを支払えば「バニティ・フェア」、「GQ」、「ワイアード」などといった200種類以上の雑誌を無制限で閲覧できるようになっている。またこのアプリは実際の雑誌を手に取り、ページを一枚一枚読む事を再現した形となっている。

ブルームバーグによると、アップルは従来のインタネット上で見るニュース記事のフォーマットとは異なった形を提供する予定だ。また同社はアップル・ニュースに直接このアプリの機能を取り入れる予定だ。

しかし、アップルが一番最初にこの種の雑誌定期購読サービスを始めたのではない。事実アップルには「マグスター」や 「Scribd」などといったライバルたちが存在する。「Scribd」は書類のホスティングサービスを始めた事をきっかけに、ニューヨーク・タイムズ紙とパートナー契約を結び、月額13ドルでオンラインニュース記事のサブスクリプションサービスを開始した。

2019予測:来年の映画、テレビ、音楽業界はどうなるだろうか

【出典】12/12/18
https://variety.com/2018/biz/features/variety-film-tv-music-predictions-2019-1203087313/Picture1

メディアの大規模な合併からハリウッド著名人によって発表された反セクシャルハラスメント運動、「タイムズ・アップ」が発足するなど、2018年は紆余曲折のある年となった。CBSのCEOであったレズリー・ムーンズ氏は先日、セクシャルハラスメントの疑いで退陣を余儀無くされた。AT&Tのタイム・ワーナー買収に先立ち、ディズニーはフォックスを買収し、最新作「ブラック・パンサー」は新たに興行収入記録を塗り替えた。これらの起きた事を考慮すると、2019年はますます混乱した一年になりそうだ。ここで我々は、新年開始と同時に起きることが予想される10個のトピックを集めた。

アップルのソニーピクチャーズ買収の可能性

シリコンバレーの大企業たちは、ネットフリックスとアマゾンが提供するストリーミングサービスに対抗すべく、ハリウッドの専門技術を使い始めるだろう。アップルがソニーピクチャーズを買収することで、映画「スパイダーマン」の制作権だけでなく、「メン・イン・ブラック」、「ブレイキング・バッド」、「ジュマンジ」などの映画にアクセスできる権利を持つことになるだろう。これによりアップルがさらに躍進することは確かだ。そしてスタジオを購入することは、企業価値1兆ドルもあるアップルにとっては誤算程度に過ぎないだろう。

ロバート・ダウニー・Jr.氏、ついにアイアンマンに別れを告げるだろう

ダウニー氏が今まで主演した10作にも及ぶマーベル映画の中で、彼は「アベンジャーズ」の一員として需要な役割を果たしてきた。しかしそんなスーパーヒーローでさえ、世界を救うことに疲れてしまうことだってあるのだ。来年の夏公開予定の 「アベンジャーズ」では、彼のキャリアを復活させたフランチャイズへ別れを告げ、俳優として第二の道を歩む予定だ。ダウニー氏の引退により、映画「ブラックパンサー」で主演を演じた、チャドウィック・ボーズマン氏が現時点で事実上、世界で最も重要なスーパーヒーローのメンバーになったことは確かだ。

従来のテレビコマーシャルが終わりを告げるかもしれない

NBCユニバーサルとフォックスは、従来のテレビコマーシャルを変える新たな方法を試みている。若い世代の多くがストリーミング配信に慣れており、彼らが広告を目にする機会は減っている。もしこのような現状が続けば、今後スポンサーの名前付きテレビコマーシャルを見ることは確実に減って行くだろう。

   ウェブメディア企業は合併により「デジタル・メディアの危機」を乗り越えるだろう ウェブメディア企業である「BuzzFeed」、「Vice Media」、「Vox Media」、「Refinery29」、「Awesomeness」、「Mitu」にとって厳しい日々が続いている。これらの企業では、ネットの広告収入が減ることが予想され、近くに大規模なリストラが行われる予定だ。今年の11月には、ニュース・スタートアップ会社である「マイク」が、「Bustle Digital Group」に買収され、編集チームほぼ全員のリストラが行われた。BuzzFeedのCEOであるジョナ・ペレッティ氏は、フェイスブックやグーグルからより多くの広告報酬を得るべく、最近のニューヨーク・タイムズのインタビューでM&Aに従事することを語った。 

戦いが再び始まる:各スタジオは大規模な戦いに備えるだろう

ディズニーがフォックスを買収すると発表した後、劇場公開日の数週間以内に映画をオンデマンドでリースする契約が各主要スタジオで交渉された。これにより、映画を配信する劇場の利益カットが見込まれている。ワーナー・ブラザーズとユニバーサルは、映画を早期にオンデマンドで配信する事を発表する予定だが、これには映画館のオーナーたちからの非難が予想されている。 

大手タレント・エージェンシーの新たな動きが生じるだろう

アメリカの大手タレント・エージェンシーである「CAA」の代理店の所有権構造に対する不満はこれからますます高まっていくだろう。今年すでにアメリカの投資ファンドである「TPG」がCAA株式の全て、または一部をジョン・マローン氏の「リバティー・メディア」に売却することに対し、各所で議論が起こった。その他大手タレント・エージェンシーの「WME」と「IMG」では親会社である「エンデバー」の経営方針に合わせるため、内部管理の改新が予想されている。

ネットフリックスのサブスクリプション料金値上げが反発を生むだろう

ネットフリックスはサブスクリプション率が一時的低下した事を受け、2017年の第4四半期の最後に会員費を引き上げた。2019年の後半にも、ネットフリックスは債務を通して得たコンテンツの支払いをすべく、米国などのより成熟した市場で値上げを行う予定だ。理由はともあれ、この値上げは多くの怒りと反発を生じるだろう。しかし、ウォールストリートによると、現在ネットフリックスはサブスクリプション費を安全に引き上げられる立場にいるという。実際ネットフリックスで一番人気のプランは月額10.99ドルであり、ライバル社、「フールー」の月額11.99ドルプラン(広告なし)よりも安い。ネットフリックスのプロダクトオフィサーであるグレッグ・ピーターズ氏は、「我々のサービスが顧客の期待に応え続けている限り、価格を少しでも上げる権利がある」と語った。

 ストリーミング配信サービス競争がさらに加速するだろう

ディズニーとAT&Tによる、「ワーナーメディア」が新たに、ネットフリックス、アマゾン、フールー、「ESPN +」と競合することによりストリーミングサービスに関する戦いはさらに加速する見込みだ。また「Sling」や「Direct TV Now」などといった有料ケーブルテレビ企業の参入も予想されている。競争に伴い、消費者の購買意欲を沸かせる広告が増えることだろう。

ダンス X ブランドフィルム:効率よく消費者とつながる近道

http://www.adweek.com/brand-marketing/dance-takes-center-stage-in-long-form-brand-films-in-a-move-to-delight-and-entertain-viewers/

Picture2

2月初旬、アパレルブランド、ラグ&ボーンがケイト・マーラ&アンセル・エルゴートをフィーチャーした5分間のショートフィルムを制作した。俳優の二人に演技をさせる代わりに同社は彼らをダンサーとして起用。そのリリースから数週間後、アップルは新製品ホームポッドをプロモーションするためダンスビデオをリリース。イギリスのシンガーソングライターFKAツイッグスを主演、監督はスパイク・ジョーンズだ。そして4月にはアーティストのソランジュがユニクロと一緒に同社のスポーツウェアを使ったパフォーマンスビデオを公開した。

これらは最近のクリエイティブトレンドの一部の例にすぎない。ダンスや振り付けを取り入れた長尺ビデオが、消費者とブランドをエンゲージさせるツールになりつつある。

デジタルエージェンシーのMoving Image & Content創設者のQuynh Mai氏は「現代ダンスはストーリーテリングの新しい方法の1つで観客をエンゲージし続けることができる。音楽と動きに観客は惹きつけられ、6秒のオンライン広告よりもっと長い間広告を見ることができる」と語る。ラグ&ボーンとアップルのビデオはどちらも4分〜5分だ。

ブランド側は消費者の広告に注目する時間が少なくなっていることと、6秒広告が台頭し始めていることに対し危惧している。短尺な広告が受け入れられる場合もあるが、いくつかのブランドはこのような短い広告では、ミレニアル世代が求めるブランドとの深いコネクションを作り上げることは難しいと考えている。ブランド側はダンスを使ったアート作品を作り上げることでミレニアル世代から注目を集めようとしている。

人間レベルでの深いコネクションを求めているー特にテック企業であるアップルはこのような長尺なダンスビデオを作りたがる傾向にあるとアナリストは分析している。テクノロジーは生活を豊かにしてくれたが一方で人間同士の繋がりなど人間らしさが失われるリスクがある。テクノロジーが進歩するにつれ、ブランドはより“人間らしさ”を求めるだろう。

そしてダンスはユニバーサルなツールであり、ブランドはダンスビデオを通して誰とでも繋がることができる。アップルのホームポッド向けのビデオでは、疲れ切った様子のFKAツイッグスが古めかしいアパートに帰宅する。多くの観客が共感するオープニングだ。そしてFKAツイッグスがSiriに彼女の好きそうな曲を流してとお願いするーここからストーリーは幕を開け、FKAツイッグスは音楽の世界に入り踊り出す。彼女の言葉がいらない表現力はきっと世界中の観客とコネクトできるはずだ。

Picture3

Ordahl氏は「もしあなたのブランドが世界的に有名で、ダンスビデオをアメリカやヨーロッパで制作したとしても、アジアや他の地域でも通用するはずだ。しかし言語を使用したビデオの場合、翻訳や文脈、文化がうまく伝わるかなど懸念点がある。ダンスはユニバーサルで普遍的であり幅広い年齢層に受け入れられる」。

ファッションブランドにとってダンスビデオは、ファッション広告で今まで使われた写真とは異なった表現を可能にする。ラグ&ボーンのダンスショートフィルム「Why Can’t We Get Along」まさしくその良い例だ。同社のCEO兼クリエイティブ・ディレクターのMarcus Wainwright氏は今までと違ったビックリするようなマーケティング方法はないかと模索していた。「このビデオの目的は一つのコンテンツとして成り立っていること。通常のファッションコンテンツは服に重点が置かれており、それ以外特に重要ではないと考えられがちだった」と彼は述べる。

Picture4

しかしダンスが流行りだからといってダンスビデオを制作するのも問題だ。クリエイティブエージェンシーのDroga5 Londonのチーフ・クリエイティブオフィサーのDavid Kolbusz氏は「ダンスというフォーマットは無駄に使われすぎている。そしてほとんどは独創的なアイデアの代わりにダンスというフォーマットが安易に使われているのだ。“素晴らしい振付師を雇う”ことが、“新進気鋭の現代芸術家に作品を作らせる”ことと同じくらい怠惰的なアイデアだ。」と語る。

同エージェンシーはアーティスト、ソランジュと組み「Metatronia」という作品を作り上げた。この作品はユニクロのスポーツラインの広告の役割も果たしている。Kolbusz氏は、ダンスが良いアイデアと良い方法で使われれば、人々をインスパイアする作品を作ることができると語った。そして「洋服の広告で一番最高なものは、人々がその服を着てカッコよく見える広告だ」と付け加えた。

Picture5

アップル:ゴールドマンサックスと提携して新たなクレジットカードを提供か

https://www.theverge.com/2018/5/10/17339632/apple-goldman-sachs-credit-card-report

Picture3

アップル社は投資銀行のゴールドマン・サックスと提携しクレジット・カードを発表するかもしれないとウォール・ストリート・ジャーナルが報じた。現在提携しているバークレイズとの契約を終了し、アップルペイブランドを使った新しい金融サービスを2019年にスタート予定だ。ゴールドマン・サックスはアップルカスタマー向けにローン決済も準備していると同紙は報じている。

ゴールドマン・サックスがFinalというクレジットカードスタートアップを買収して数ヶ月後の出来事によることから、業界では同社がクレジットカード業界に本格参入するのではないかと噂されている。過去にゴールドマン・サックスはアメリカン・エクスプレスと提携してプラチナカードサービスを提供していたが、一般消費者に向けたビジネス拡大は初めてである。アップルとしてはアップルペイをさらに普及したい思惑があるのだが、クレジットカードとどのように連携されるか、そしてカード保持者にはどのような特典が付随するかはまだ未定だ。

 

アップル:ビデオサブスクリプションをAppleTVに追加予定か

https://www.engadget.com/2018/05/09/apple-video-subscription-tv-app/

Picture1

アップル社は、アマゾン社と似たようなサブスクリプションサービスを始めるかもしれない。ブルームバーグの報道によると、アップルは自社のApple TVアプリを通してビデオサブスクリプションサービスを始めるかもしれないのだ。似たようなサービスは現在、アマゾン・プライムビデオが行なっており、HBOやStarz、Showtimeなどのサブスクリプションを追加することができる。

現在Apple TVのアプリでは、様々なコンテンツを色々なアプリやチャンネルから集めキュレートしているだけで、動画サービスへの加入は直接できなかった。今回このような変更が加わることで、ユーザーは自分がサブスクライブしている動画サービスに直接Apple TVのアプリから視聴することができる。

アップルのテレビ事業は同社の趣味のような感覚で様々な実験を行なってきた。オリジナル動画コンテンツ製作に関してはネットフリックスやフールーに先を越されている。2016年に登場したTVアプリも、様々なコンテンツと既存のチャンネルからキュレートしただけだ。そして今回のサブスクリプションサービスは2019年に登場するとブルームバーグは報じた。

アップル社、「Galactica/ギャラクティカ」のクリエーターにTVドラマ発注

【出典】12/15/2017
https://www.theverge.com/2017/12/15/16781180/apple-space-drama-ronald-moore-battlestar-galactica-creator

Picture25

アップル社はテレビシリーズ「Galactica/ギャラクティカ」のクリエーター、ロナルド・D・ムーア氏に宇宙を舞台にしたドラマの発注をしたことをDeadline紙が報じた。ムーア氏は現在脚本を執筆中、Matt Wolpert氏とBen Nedivi (ファーゴ)がエグゼクティブ・プロデューサーとして参加予定だ。ムーア氏は「冷戦時代の宇宙開発競争がもし終わっていなかったら?」をテーマに現在脚本を執筆中だと同紙は報じている。アップルがTVドラマを発注したのは今回で3度目、先月同社はスティーブン・スピルバーグのオムニバス・ドラマ「世にも不思議なアメージング・ストーリー」を発注、他にもジェニファー・アニストンとリース・ウィザースプーンが出演予定の朝の情報番組を舞台にしたドラマも発注済みだ。

ムーア氏は「Galactica/ギャラクティカ」以外に「スタートレック:ディープ・スペース・ナイン」や「新スタートレック」も手掛けており、ファンは新しい宇宙ドラマを待望しているだろう。彼は他のジャンルも手掛けており、Syfy社の「ヘリックス」やStarz社の「アウトランダー」も手掛けている。

2018年、アップル社はオリジナルコンテンツに10億ドルに投資予定でプレミアムネットワークのHBOやストリーミングサービスのネットフリックスやHuluに勝負を挑むことになる。ネットフリックスは2018年にオリジナルコンテンツに80億ドル投資予定、Huluは25億ドル投資予定と報じられている。アップル社は今まで、「Carpool Karaoke」や「Planet of Apps」などリアリティショーをメインに制作を行っていた。同社はドラマシリーズのリリース予定日はまだ発表していない。