タグ別アーカイブ: amazon studios

興行収入が伸び悩むアマゾンスタジオ、エグゼクティブは解決に励む

【出典】6/26/2019

https://www.hollywoodreporter.com/news/amazon-studios-film-division-tumult-string-box-office-flops-1220968

image40

ジェニファー・サルク氏の事業改善策をよそに、アマゾンスタジオの映画制作部は未だヒット作を出せずにいる。

業界ベテランでありアマゾンスタジオのマーケティング・配給チーフのボブ・バーニー氏の退職、またスタジオ制作映画『Late Night』の収益低迷などから、2017年後半以降に映画館で公開された映画10作品の収入に同スタジオがもがいている様子がわかる。テレビ業界の熟達者だが映画ビジネスの経験が少ないサルケ氏が2018年前半にアマゾンスタジオのヘッドに就任以降、最初の作品である『Late Night』は、6月頭に公開されるも興収が1100万ドルにも届いておらず、期待に反する結果となっている。ミンディ・カリングが脚本を担当、エマ・トンプソンと主演を務めるこのコメディ映画は、今年のサンダンス映画祭にて、サルク氏が歴代最高額の1300万ドルで米国配給権を獲得した。

ハリウッドでは、映画の興行収入が伸びない場合マーケティングが非難されることが慣習化している。しかし、あるソースによると、実のところはサルク氏が製作ヘッドのTed Hope氏とJulie Rapaport氏をアマゾンスタジオ映画部のヘッドに昇格させる数ヶ月前からBerney氏は席を外されていたそうだ。Matt Newman氏を加え、映画部のヘッドとなる3人は映画部前チーフでサルケ氏就任後スタジオを去ったJason Ropell氏の席を埋めることとなる。

サルケ氏と3人のヘッドは、2019年サンダンス国際映画祭で歴代最高額の4700万ドルで映画5作品の買収契約を締結した。その契約によって、8月公開の『Brittany Runs a Marathon』とドキュメンタリー映画『One Child Nation』の海外配給権を1400万ドルで取得した。『Late Night』の契約内容は全米公開であったが、結果ハイリスクなものとなった。

大人向けインディー映画の全米公開は、特に夏の期間は厳しいものとなるだろう。アマゾンは、過去にオスカーノミニーの『マンチェスター・バイ・ザ・シー』や『ビッグ・シック』で成功を飾るも、収入の伸びはゆっくりであった。また、この2作は他社が配給を担当した。

内部の者によると、アマゾンは『Late Night』のマーケティングに3500万ドルを費やしたという。6月の全米公開作品としては比較的少なめであり、公開前の映画の認知度の低さにも関わらずスタジオ上層部はマーケティング予算の追加を行わなかった。

バーニー氏とサルク氏の間にイザコザがあった訳ではないようだ。「衝突はなかったが、2人は業界内でも全く違うエリアからスタジオに参加した。バーニー氏はインディー、サルク氏は企業的。2人は決して親しくなることはなかった。」と、あるソースは話す。

アマゾンはコメントを拒否、バーニー氏とは連絡がつかなかったが、同氏の友人によると、4年契約の期限が切れ自らスタジオを去る決断をしたという。

スタジオ役員の再編成は現在進行中であり、時間のかかる作業だとアマゾン内のソースは言う。また、映画は映画館での公開終了後も、アマゾンプライムという次の舞台が待っている。それでもやはり、バーニー氏がスタジオを離れた翌日、同社では悲観的なムードが漂っていたそうだ。

サルク氏が大々的な公開戦略の転向を検討する中、アマゾンは既にバーニー氏の後任を探し始めている。アワードシーズンが近づく今、多数の公開予定作品を抱える同スタジオの最優先は、後任を見つけることだ。サルク氏はサンダンス映画祭後、数作品は限定公開のみの予定り、また劇場公開をしない作品もあると発表した。ジェイソン・ブラムとニコール・キッドマンのBlossom Films製作作品や、カンヌ国際映画祭で獲得されたジョセフ・ゴードン・レヴィットの「7500」などは、劇場公開の予定がない。

その反面、『Late Night』のように、近日公開のシャイア・ラブーフ主演映画『Honey Boy』は劇場公開予定である。『Honey Boy』もサンダンスでアマゾンが獲得した作品だ。9月公開予定のアダム・ドライバーとアネット・ベニング出演のスリラー映画『The Report』も同様。『The Report』は限定の映画館でのみ数週間公開され、その後アマゾンプライムで配信される。『Brittany Runs a Marathon』は8月23日に劇場公開予定だ。

アマゾンスタジオによる自社製作作品の実績にはムラがある。スタジオ初の自主配給絵作品は、ウディ・アレン監督の高予算映画『Wonder Wheel』であった。アレン氏との契約は、当時のスタジオヘッドであり、セクハラ問題で解雇されたロイ・プリンス氏によって行われ、同作の国内興行収入は2017年末にたった140万ドルで終わった。その他の自社制作作品も同様の結果で、『Peterloo』は152,000ドル、『Beautiful Boy』は760万ドルに終わった。

ウォール・ストリート誌のアナリストによると、アマゾンプライムのコンテンツ製作にかける費用は非常に少ないそうだ。それよりも重要なのはコンテンツ製作によりアマゾンと映画製作者やタレントとの関係を築くことである。フィナンシャルサービスのWedbush SecuritiesのMichael Pachter氏は、「興行収入は重要でない。アマゾンプライムの登録者は、映画を見るためでなく、配送料無料のために加入しているのだから。」と話す。

今日までに、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』がアマゾンの最大興行収入作品であり、国内収入は4760万ドル。続いて『ビッグ・シック』が国内収入4290万ドルで2位。過去に自習配給された10作品では、『レイト・ナイト』が1070万ドルで1位、『Beautiful Boy』が760万ドル、『Cold War』が460万ドル、『Life Itself』が410万ドル、『You Were Never Rreally Here』が250万ドルとなっている。

アマゾンスタジオのヘッド就任以前、バーニー氏は多数の企業での経験を経たのち、メル・ギブソン監督作品『パッション』の配給により業界に名を馳せた。その後、ワーナー・ブラザースが運営するインディー映画配給会社のPicturehouseのヘッドに就き、続いてFilmDistrict社に移った。

アマゾンはアジアで拡大し、ますますローカルな存在に

【出典】11/28/2017
http://variety.com/2017/digital/asia/amazon-goes-big-and-local-in-as       ia-1202625286/

Picture33

アジア太平洋におけるAmazon プライム・ビデオのコンテンツの責任者であるJames Farrell氏は、シンガポールのAsiaTVフォーラムでの個別取材で、アジアにおいてAmazonがどのように学び、リードしているのかをVarietyに伝えた。

アジアにおけるAmazonのコンテンツ戦略は何か?複数の戦略があるのか?

ライセンスのあるコンテンツとオリジナルコンテンツのバランスをとる必要がある。ユーザーがサイトを訪れる時、人気のあるシリーズ物や大作映画など、彼らが既に知っているものを見ることを期待している。それをベースラインとしてスタートする。それから、差別化されたオリジナルのコンテンツを追加し、これまでにはなかったビデオプラットホームとして、サイトに訪れる理由を人々に与えるのだ。その理由こそが、我々のオリジナル作品である。既によく知られ期待されているもののベストを組み合わせ、さらに新しく差別化されているものを組み合わせるのだ。

戦略は国によって異なるのか?日本では、ローカルコンテンツが興行収入で優位に立っているが、シンガポールではハリウッドが王様だ。日本とインドは非常にローカルな市場なので、コンテンツの70%以上がローカル物である。またおそらく、その割合はさらに高くなるだろう。私たちは最も大作の新作であるボリウッド映画(インド映画)やアメリカの映画を揃えている。

アマゾンは権利の取得をするスタッフだけでなく、各地域にローカルコンテンツの開発スタッフを抱えているのか?

もし誰かがバラエティのシリーズとコメディアンの権利を手に入れて「いいアイデアが思い浮かんだ」と言うならば、他の誰かにその話を譲ることはない。しかしほとんどの場合、彼らは別々の人で、異なるスキルセットである。

オリジナル作品は、単にコンテンツ売買や既存の素晴らしい番組の再視聴を期待することではない。複数のシーズンや登場人物、または二時間の映画を10時間のシリーズ物にすることについて、綿密に計画する必要がある。これまでのところ、私たちは、Yash RajやExcel Entertainmentのような、顧客が何世代にもわたって望んでいるものについて優れたアイディアを持っている企業と一緒に働いてきたことは幸運である。Excelは、インドで最初のオリジナルコンテンツである『Inside Edge』のライセンスパートナーであり、プロデューサーである。彼らはそれを人気にする方法を知っていた。このパートナー契約が、複数のシーズン物の展開フォーマットにおいて、番組の魅力をより高めるための国際的なガイドラインである。これは、素晴らしいコラボレーションだ。

日本とインドに対するオリジナルコンテンツを重要視することは、Amazonが小売のインフラを持っているからなのか、もしくはローカルコンテンツの需要が最も高い市場であるからなのか?

それらの2つの国は、アマゾンが素晴らしい小売サービスを提供している国々である。Amazonプライムに参加しているお客様にとって、ビデオ番組を視聴しようとAmazonを訪れ、抱き合わせでショッピングのオファーがあるのは、非常に素晴らしいことである。おそらく逆もある。ショッピングをするためにAmazonに訪れ、『Inside Edge』を通して、アマゾンが素晴らしいコンテンツを持っていることを発見するのである。これらの国々はローカルコンテンツが重要である。アメリカのコンテンツの人気が高い他の国では、そこまでコンテンツはローカル物ではない。

グローバル戦略はどのくらいアジア事業へ情報を提供しているのか?アジアの特色はどのぐらい本社に伝えられているのか?

アメリカでアマゾンのオリジナル作品を制作したり、アメリカからグローバル作品を購入したりすると、それは日本、インド、その他の地域にも配信される。私たちは、それらがどのようになっていくかを注視する。もしそれらが非常に上手く行けば、ロサンゼルスにその情報を送る。そしてラテンアメリカやヨーロッパのような国での配信に目を向ける。これは非常に良い結果に終わることが多い。

Amazonの番組を、NetflixやHBOの番組と差別化しているものはあるか?

それらの会社には、特定のジャンルや一つの流行作を生み出すものはいない。次の『ロード オブ ザ リング』はAmazonで配信される予定だ。

個々の番組で使用する重要な定性的データは何か?最初は赤字をもたらすかもしれないが、番組が長期的な将来を持っていると説得できるようなデータは何か?

従来のテレビ番組放送の時代から、『Breaking Bad』 や『Community』のように、シーズン1はそこまで素晴らしくはなかったが、視聴者がクリエティブを信じそれに夢中になった、と言うようなたくさんの好例がある。我々はそれにもしっかり向き合っている。我々がその番組が大好きであればシーズン1で人気が出なかったのは、単に公正な判断をされなかっただけだと信じ、シーズン2はより良くすることを約束したケースもある。

予期しない市場で上手くいった例はあるか?

日本の例では、『The Bachelor』だ。誰もが我々に「やらないほうがいい」と言った。バラエティ、ドラマ、アニメは日本で上手くいくが、大規模なデート・リアリティ番組に関しては、今まで取り組んだことがなかった。しかし、我々はこの巨大な空白の領域に気づいたのである。この領域は誰もいなかったので、最大かつ最高のデート番組を作り、人々がどう反応するかを見たのだ。シーズン1は予想外に成功した。アマゾンがインドでのサービスを開始した時、18のコンテンツを約束した。

Netflixは最初1つで、その後5つに拡大した。そこまで大きい数にした狙いはなんなのか?

我々は、Bollywood, Tamil, Telugu、Marathiに映画の著作権に関して    優れたライセンスパートナーと、子供向け番組のパートナーを抱えていた。例えば、 Green Goldの『Chhota Bheem』である。なので、我々は結託していた。我々は、ワーナーやパラマウントなど、アメリカの優れたコンテンツを持っている企業と取引をしている。しかし、アメリカや他の市場で何か本当に上手くいっているかを見てほしい。それは、本当にハイエンドなドラマシリーズなのである。私たちのインドにおけるコンテンツのセクションには大きな空白があった。ローカルテレビには何もなかったのだ。そこで、単にそれを作って経過を観察し、第二弾が配信されるまで2年間待つことはできないと、我々は考えたのだ。

18番組を制作すると言うことを念頭に置いて始めなかった。100の意見を募集しそれを50件まで選び、脚本や制作陣と一緒に18件に絞ったのだ。

 インドでは、ほとんどの消費が、6,700万人(8月時点)の加入者を抱え、無料と有料のコンテンツを持っているHotstarから離れている。今、Jioが大々的に参画してきている。これらの大衆市場プラットフォームとAmazonはどのように競合しているのか?

皆がそれぞれ独自の物を持っている。Hotstarは、広告をサポートすることで非常に上手く行っている。Jioはモバイルデバイスとの相性がいい。アマゾンでは、価格は999ルピー(役$15.50)で、素晴らしい配信サービスに加え広告なしで最新映画、昔の映画やオリジナルシリーズを視聴することができる。

 この分野におけるAmazonの中国への戦略は?

中国は注視し続けるべき市場である。TencentやiQIYI、Youku Tudouのような大成功を収めたローカルサービスがある。Netflix, Warner, HBO, Disneyはその市場で、いくつかの取引を発表した。

 それらは西洋のコンテンツを中国にライセンスを給与する契約である。Amazonの戦略も同じか?

我々はまだそれについてまだ決定していない。中国に対しては、忍耐強く対話を続けなければならない。

中国のコンテンツを制作する予定は?

私は韓国とオーストラリアのコンテンツで同じことをした。誰かが中国語のオリジナルのシリーズに関する良いアイデアを持っているのであれば、それは素晴らしいことだ。

中国に配給を持っていなくても、実行可能だろうか?

それはシリーズによるだろう。“香港や台湾のコンテンツを制作することに関しては、”そのローカル市場や他の市場のポテンシャルを考えなければならず、決定プロセスは他の番組と非常に似ている。もし韓国の番組を制作するとすれば、それが韓国でどうなるかと言う問題だけではなくなる。コストと市場のポテンシャルの両方を考える必要がある。

 アジアにおけるオリジナルコンテンツの競争が価格を押し上げているのか?

これまでのところ、日本、インド、韓国のパートナーとの間で悪いことは起きていない。就労開始後11時間目に部屋に入ってきて、「他の誰かがもっと良い給料をオファーしてきたので、もっと給料を払って」と言ってきた人は誰もいない。そこに限られた人材のループがあることはわかっている。しかし、まだそのような価格交渉は受けてない。

世界規模でアプリ利用費増加に導く定額制ビデオサービス

http://variety.com/2017/digital/news/svod-global-app-revenue-1202596616/

Picture1

世界中のモバイルユーザーたちは四半期ごとにアプリへの利用費を増加する傾向である。アプリ収益の増加の大きな要因の一つはNetflixやHBOのような定額制のビデオサービスだ。これは、App Annie社というアプリ分析専門会社 が、第3四半期の市場指標レポートに掲載した新しいデータである。

このレポートによると、世界中のiOSとAndroidアプリによる収益が2017年の第3四半期に170億ドルに達した。この数値は前年比28%成長であり、App Annie社が同じ四半期に統計した アプリダウンロード数の8%成長率をはるかに上回る。つまり、アプリをダウンロードしているだけではなく、より多くのお金を費やしていると言うことだ。

収益増加の大部分を占めるのはエンターテイメント分野のアプリで、iOSで売上高30%増、AndroidとGoogle Payで45%増だ。「iOSでは、Tencent Videoはエンターテインメント部門で、2017年の第3四半期に、これまでの四半期の中で最も高いシェア率の変化 を見せた。その後にYoukuとStarzが続いた。Google Playでは、HBO Nowが一番大きいシェア率の変化があり 、NetflixとStarzがその後に続いた。」と、App Annie社の業界分析マネーシャーMatt Miller氏がブログで言及している。

Starzは、自社のオリジナルコンテンツ「Outlander」が人気を博し、 主人公Claireの最新のタイムトラベルの冒険を見るために、多くの人がアプリを登録したと考えられる 。しかし、Appleにおける中国のTencentやYoukuの増加は興味深い。Appleは最近、中国で様々なトラブルに見舞われている。 例えば、中国でiPhoneの売り上げがここ数ヶ月下落し続けたり、Apple Watchのワイヤレス通信が厳しく取り締まられたり、というような事だ。

しかし、TencentとYoukuの収益増加は、中国の消費者が今後も購読料を支払う意欲が高いと言うことを示す。これは、Googleには得られない収益である。Googleは2010年に中国市場から去った以来、中国の消費者にアプリやコンテンツを売ることができないのだ。

 

Amazon Studiosが自社で映画配給も手がけることに

【出典】2017年9月27日
https://techcrunch.com/2017/09/27/amazon-studios-will-now-handle-its-own-theatrical-distribution-too/?ncid=rss

Picture1

Amazon Studiosは競合であるNetflixと比べて、異なる方法で映画を獲得し公開しており、最も重要な違いとしては映画の大部分を自社の映像配信サービスで視聴可能にするより前に劇場で公開する点である。Amazon Studiosは、これまで数多くの独立した第三者配給会社と協力してきたが、12月からはマーケティングキャンペーンを含む映画の劇場配給業務を引き継ぐ予定だ。

配給業務を行うことは実際に映画を劇場で公開する計画には影響しない。誤解のないように言うと、Amazonは、Variety社に対し引き続き劇場公開というモデルを続けると伝えた。しかし、それはAmazon Studiosが従来のハリウッドの映画スタジオになりつつあるという事であり、人気プロジェクトの映像化や有名俳優を引き付けるという面でいくつかの利点をもたらすことができる。それらのプロジェクトが商業大手の映像配信サービスを介して独占的なデジタル配信を開始すると、最終的にはAmazon Primeのメンバーシップに恩恵がもたらされるだろう。 Amazon Studiosのマーケティングチームと配信チームは、その夢を実現させるためにIFCの役員Mark Boxerを迎えた。また、劇場版のリリースに取り組むと同時にコストを削減し、社内プロジェクトを促進する予定だ。またVariety社は、Amazon Studiosが大ヒットを遂げた「マンチェスター・バイ・ザ・シー」のように、映画祭で作品を購入するだけではなく、社内で作品の企画・開発を進めていく予定と報じた。

NetflixとAmazon、ついにアカデミー賞を受賞

【出典】2017/2/27

http://mashable.com/2017/02/27/amazon-studios-netflix-oscars-salesman-white-helmets/

Untitled

ハリウッド業界はようやくストリーミングサービスに敬意を表す気になったようだ。というのも、ついにストリーミングサービスの作品がアカデミー賞を受賞したのだ。

NetflixとAmazonは両社共史上初めてのアカデミー賞を受賞した。

Amazonがアメリカで配信していたイラン作品「The Salesman」が外国映画賞を、Netflixのドキュメンタリー作品「The White Helmets」が短編ドキュメンタリー映画賞をそれぞれ受賞したのだ。さらに、AmazonとAttractionの作品「Manchester by the Sea」がオリジナル脚本賞(Kenneth Lonergan)と主演男優賞(Casey Affleck)を受賞している。

これは、エンタメ業界でストリーミングサービスが破壊者ではなく業界の一部であると認められたことを示しており、記念すべき事柄であると言える。

こうした人気のあるストリーミングサービスプラットフォームは、メジャーな映画祭への出展や著名なタレントの起用、奇抜なオリジナル作品でのバズ作り等、成功するために数々の努力を積み重ねており、ようやく彼らの努力が報われたと言えるだろう。

昨年もNetflixが積極的に「Beasts of No Nation」のキャンペーンを行なっていたが、これはアカデミー賞のノミネートは得ることができなかった。

Netflxのドキュメンタリー部門も、常に強力であったと言えるだろう。Netflixは2014年にドキュメンタリー作品「The Square」でアカデミー賞にノミネートされており、その2年後には「What Happened, Miss Simone?」と「Winter on Fire: Ukraine’s Fight for Freedom」で長編ドキュメンタリー映画賞でノミネートを果たしている。

Amazon Studiosも、2015年にSpike Leeを監督に起用し、初の長編フィクション作品「Chi-Raq」をリリースしたが、賞レースには登場しなかった。

今年のアカデミー賞では、Amazon Studiosの「Manchester by the Sea」が作品賞を含む6部門でノミネートを果たし、アカデミー賞で初めてストリーミングサービス業界からの競合としての地位を確率させた。

AmazonもNetflixも、これでようやくこれまでの努力が報われたと言えるだろう。

さらに、アカデミー賞の最中にもAmazonは「The Salesman」でアカデミー賞史上初の出来事を起こした。

「The Salesman」により2度目のアカデミー賞受賞を果たした監督Asghar Farhadiは、トランプ大統領の大統領令を非難しこの受賞を辞退したのだ。

「今回2度目となりますが、素晴らしく価値のある受賞を光栄に思います」とイラン系アメリカ人のエンジニアAnousheh AnsariはFarhadiの受賞スピーチでこう声明を読み上げた。「今夜、会場に同席することができず、申し訳ありません。私の不在は、私の国やその他6カ国を侮辱し、アメリカへの入国を禁止しようとしている人々に対する抗議です」と。

Untitled

また、その直後、Orlando von EinsiedelとJoanna Natasegaraが、シリア民間防衛隊というボランティア救助活動グループの日々の活動を追った短編ドキュメンタリー作品「The White Helmets」でアカデミー賞を受賞している。

Untitled

この映画で撮影監督を務めたKhaled Khateebは、金曜日にアメリカへの入国を拒否されている。

Untitled

受賞スピーチでLonerganとAffleckは、AmazonとRoadside Attractionsに感謝の意を表している。