タグ別アーカイブ: Airbnb

次のウーバーやAirbnbを生み出すには?消費者の行動を変化させることだ。

【出典】12/10/2018

https://techcrunch.com/2018/12/12/changing-consumer-behavior-is-the-key-to-unlocking-billion-dollar-businesses/

2012年夏、筆者は一般人が自分の車で出迎え行きたい場所まで送ってくれる新しいサービスを知った。私はすぐにLyftというアプリをダウンロードした。

私が働いていたAirbnbのオフィスで周りにこのアプリの話をすると、「そんなアプリ絶対使わない」と言う人がほとんどだった。私が彼らに理由を尋ねると「知らない人の車に乗車しるなんて心地よくないからだ」と答える。そして私が「自分の家を知らない人に貸し出すことはできるのになぜ車はダメなのか?」と聞くと「車と家は訳が違う」と返された。

私はこの事実に驚愕した。Airbnbで働いている冒険好きで自身の家を他人に貸し出すことを気にしない人々が「知らない人の車に乗る」という行動に対して拒否感を感じているのだ。そしてこのLyftアプリが登場した時、私は「絶対大ヒットする」と確信した。Picture1

インターネットにより人々の行動は変化する

生活にパラダイムシフトが起きるような商品・サービスが誕生した時、人々の行動は変化する。インターネットがまだ出来たばかりの頃、人々は「絶対にクレジットカード情報をネットに載せない」と言っていた。しかし人々の行動変化によりアマゾンなどのeコマースが成長したのだ。

ソーシャルネットワークサービスが出てきた始めの頃、マイスペースがあった。その時代、人々は絶対に自分の本名や写真をネットにあげないと言っていたのに、この行動を変えるのに1〜2年しかかからなかった。そしてシェアリングエコノミーが到来した。人々は絶対に赤の他人の家に泊まらない、車には乗らないと言っていたのに。企業は我々の行動を変えることができるのだ。Picture1

消費者に対し価値ある体験を提供すること

人々の行動を変化させるサービス・商品全てが成功するとは限らない。限られた熱狂的なユーザーに愛されるかもしれないが、大きな成功に繋がるとは限らない。

2009年、人々のクレジットカードのトランスアクションが、リアルタイムでフィードされるBlippyというサービスが誕生した。クレジットカードを使い人々がどんなものを購入するのかがわかるサービスで、明らかに人々の行動を変化させるサービスだった。しかしサービスとして消費者に価値を提供することができず、サービスはすぐに終了となった。

行動変化を起こす商品・サービスは、オンラインでのインタラクションを増やしたり現実世界でのアクティビティが増えるなど、さらに良いものを生み出すことができる。Airbnbは「他人の家にステイする」という行動変化を生んだ。しかしそれ以上にライバルのホテルが太刀打ちできない新たな経験を生み出した。

1)安い

2)オーセンティック

3)ユニーク

行動変化により新たな商品体験が生まれたのだ。このような新たな商品体験は、「他人の家にステイする」という今まで心地よくないと感じていた行動よりも優れた体験だったのだ。

革新的な商品は人々に目に見える価値を提供することで成功する。行動変化を生み出すだけでは成功しない。そして消費者に与える「価値」は人々が最初商品に対して感じた疑惑を一掃するほどのインパクトがなければならない。このハードルを消費者が超えることができれば、彼らを虜にし、消費者自らが商品の素晴らしさを広めるだろう。Picture1

このような商品・サービスの大きなメリットは競合がいない新マーケットを作り上げることができることだ。たとえ似たようなビジネスを行なっているイノベーティブな競合がいたとしても、市場シェアは大きい。

しかし大体の場合既存マーケットで戦うことになるだろうが、行動変化を起こすサービスは既存の市場そのものを変えてしまう。Eコマースはもともと小売市場の一部に過ぎなかった、ソーシャルメディア広告もオンライン広告の一部に過ぎなかった。そしてイノベーティブな企業たちは既存市場のシェアを徐々に伸ばしていき過去とは全く異なる市場を形成するのだ。Picture1

行動変化は新たなサービス体験と経済を作り出す。

行動変化が起きることにより消費者は偏見なく新たな体験を受け入れることができる。これは企業にとって非常に有利だ。ウーバーやLyftはレーティング制度を導入したことによりドライバー&乗客の関係性が一変した。タクシーの運転手と乗客はお互い態度が悪かったが、レーティングによりウーバーやLyftはそれを一変した。

アマゾンはリアル店舗というコストをなくすことで小売業を変化させた。商品価格も下げることができ、販売側は売り上げを上げることだけにフォーカスすることができる。結果ビジネスモデルが大きく変わり、他企業もこのモデルを追随するようになった。既存のビジネスモデルを変えることにより、古参企業は参入が難しくなったのだ。

予期せぬ結果を予想しておくこと

あなたのサービスが多くの人々から愛され人々の行動に変化をもたらした場合、様々な予期せぬ事が起きるだろう。無視することは簡単だ。しかし無視した結果、どんな影響が及ぼすか昨今のソーシャルメディア企業を見ればわかるだろう。

一般的に起こり得る問題は規制だ。規制とは現代社会をバランスよく保つために存在する。企業が新たな行動変化を社会にもたらした場合、その規制から外れた価値をもたらしてしまうのが普通だ。Airbnbやウーバーが良い例だろう。民泊法や雇用法を新たに考える必要があった。

このような規制は絶対に無視してはならない。規制は意味があるから存在するからだ。企業は規制を作る者と共同で新しいポリシーを作り、政府はイノベーションに対し柔軟に対応しなければならない。お互いがウィンウィンな関係であるべきだ。

次に来るのは?

消費者の日々の生活の中で大きい支出が何か考えてみるべきだ。住宅・通勤・衣類などたくさんあるはずだ。現在電動スクーターが大きな行動変化を起こそうとしている。今現在、電動スクーターで通勤など絶対にしないと言っている人がいるかもしれない。しかしテクノロジーが進化し市場が成熟化すれば話は変わるだろう。もしあなたがイノベーティブなアイデアを持っており、他の人が絶対に使わないと言ったとしたら?彼らの言っている事が正しいかしっかり考えてみよう。

Airbnb社がARをより身近に?

【出典】12/11/2017
http://mashable.com/2017/12/11/airbnb-virtual-augmented-reality/?utm_source=feedly&utm_medium=webfeeds#tgwfhumpxPqt

Picture21

Airbnb社はいつかVR技術があなたの休暇プランのサポートをしてくれると考えているAirbnb社のCEOBrian Chesky氏はMashable誌に「Aibnbはゲストを夢中にさせたいと願っている。ただ宿泊先を見つけるだけではなく、目的地やその場所での経験などもゲストに繋げたい」と語った。2016年11月、同社は”Trips”という機能をスタートした。この機能は部屋の予約に加え、旅行者休暇をアプリ上で計画することができる。

同社が人々の旅行予約会社として行った次のステップがARVRを旅行体験に統合することだ。同社は近日中にユーザー向けに宿泊部屋の3Dスキャンを提供すると発表している。同社はそしてさらに、目的地を探索し旅行プランをしやすくするVRプラットフォームを提供するかもしれないと述べている。旅行中、同社はAR機能を使って同時通訳を行ったり、ユーザーの周りにある様々な物の歴史や情報を表示するなど実現したいと考えている。

しかしAirbnbはこのようなプランを実現することは可能なのか?

答えはまだはっきりしない。同社の発表内では「実験中」、「ツールの開発中」など曖昧でプレスリリースにも具体的な計画、リリース予定日などは掲載されていない。

ARアプリやVRプラットフォームなどは、しばし野心的で高望みしたゴール設定から始まることが多い。Facebook社がソーシャルVRプラットフォーム、”Spaces”4月にリリースした際、「世界中の人々のコミュニティや近しい人々との繋がり方が変革する」とソーシャルVR部門長Rachel Franklinは語った。しかし体験者たちは懐疑的で、同社のOculusヘッドセットも成功と言えるほどの売れ行きではない。

これは、同社のVRに対しての野望が必然的に同じ運命にあると言っているわけではない。「ソーシャル」という言葉を目標にしてしまうと、新しい世代がこの言葉を常に新しく再定義化・再解釈をしてしまうが、旅行者が共有する不満(言語の壁、迷子、信頼できるホストの発見)などはARVRで問題解決ができるだろう。果たしてこのような問題に対しAirbnbのプラットフォームが効率的なのか、そして解決策が他と比べイノベーティブなのかはまだ分からない。

ミレニアル世代が支持するブランド2017年トップ10: 小売ブランドが驚きのランクイン

YouGov社 ブランド指数の最新調査からわかる、古くからあるブランドにとってのグッドニュース
【出典】2017/9/27
http://www.adweek.com/brand-marketing/this-list-of-2017s-top-10-millennial-brands-has-myriad-retail-rich-surprises/

Picture1

よく耳にするミレニアル世代に対する批評は「彼らは気まぐれで気が変わりやすく、他の世代と比べて若者文化に執着している」。しかしYouGov社が7月に発表したお気に入りのブランド指数が、何らかの示唆をしているのであれば、もはや新しくはない小売業者やブランドは、 本日発表された最新調査の中に、希望の光を見るだろう。

当然のことながら、 ブランド支持率83.5%のFacebookと75.8%のNetflixは、 過去12ヶ月間「好きなブランドリスト」のトップである。トップ5を埋める、他の3つのブランドはなんだろうか? 他ならぬ、アメリカ南部の食料品店H-E-B、Walmart、Vectoria’s Seacretだ。

Picture1

調査方法

YouGov社は、世界中の32の市場・何千ものブランドを対象に、ブランドの健康状態を図る16種類の調査を行っている。

今年のランキングは、重要な2つの考え方 おいて、去年のレポートとの違いがある。「ミレニアル世代」と「一般大衆である18才以上のアダルト世代」を分けて見ていることである 。また、YouGov社は、広告に対する認知、友人や家族からのポジティブな口コミ 、ニュース、バズ(ミレニアル世代がブランド、良い・悪い、報酬の有無などを耳にした、すべてのことを指している)を、明確に区別した。

YouGovのCEO、Ted Marzilliは、これらの用語を “内輪の中での言葉”と呼んでいる。「ブランドやメディアエージェンシーは、ペイドメディアによる露出か、アーンドメディアによる露出、どちらが効果的かを考える傾向があります。」と彼は説明した。 「広告には費用がかかる 、それに対して、WOMは人々がアンバサダーとなり、あなたのブランドについて人々に話しているので、そこに対する費用はかからない。 」

口コミ測定は、ペイドメディア・アーンドメディアに関して、より精度の高い情報を求めるクライアントからの要望があり、5年前にYouGov社の調査測定に追加された。

「口コミは、間違った理由(4月に起こったユナイテッド航空での、 飛行機から乗客を引きずり出された事件など)で、時々「ブランドのランクが上がる」ため、興味深い測定基準になり得る」とMarzilli氏は説明する。

今年の口コミ測定は 、良い理由によってトップ10に入ったブランドの、ポジティブな 口コミを見ている。悪い内容は含まれていない 。

ミレニアル世代が支持する2017年のトップ10のブランドの特徴:「生活促進、価値重視」

このリストのブランドの半数は、ソフトウェアサービスと小売の間のギャップを埋めているFacebook、Netflix、YouTube、Snapchat、Amazonなどのテック系の会社である。

「私がそのデータを解釈するに、トップ10に入るブランドは、生活により余裕を与える、または、生活をよりよくするブランドだということだ。」とMarzilli氏は話す。「口コミが生まれ、それらのブランドがミレニアル世代の間で高い評価を受けているだとすれば、そのブランドは彼らの生活の中で重要なニーズを満たしているのである 。また、そういったブランドは人生を楽にしたり、つながりを促進したり、物事を購入したり、何かをシェアすることができるということだ。」

Netflixは、 「生活を裕福にするためにインターネットを活用している」ブランドの最良の例だ、とMarzilli氏は続けた。「いかにミレニアル世代、一般大衆を、彼らの生活へとリードし、コンテンツの消費をさせるか、ということが、必要不可欠のことになってくる」

しかし、ウォルマートとH-E-Bが実証するように、「価値」も重要な検討事項だ。 「ウォルマートは、15年または20年前の世代と同じような期待をしていないミレニアル世代の間で、再びクールなブランドになってきているかもしれない。」とMarzilli氏は述べている。 「価格は彼らの生活の重要な部分を占めることもあるだろう。 Amazonもそこに価値を置くかもかもしれない」

H-E-Bは特に驚きのランクインであり、業界内での議論のトピックとなった。Marzilli氏は 「他のすべてのブランドは、グローバル規模ではないにせよ、広い範囲で拠点を持つブランドだが、H-E-Bはアメリカ南部のローカライズされたブランドだ」と話した。

「我々は、ブランドに関して何かしらのポジティブなことを耳にし、口コミに参加したミレニアル世代 に焦点を当てているので、口コミ測定方法を ブランドのエリア拠点よって、原則的に調整している」と同氏は説明する。 「H-E-Bのエリア範囲外の人々は、おそらく肯定的でも否定的なニュースも聞いていないので、これらの消費者は調査対象に含まれていない。H-E-Bは本来なら全国的なブランドではないため リストの外れ値ではあるが、 口コミを聞いたミレニアル世代の間で、H-E-Bは素晴らしい仕事をしていることを示している」

H-E-Bが何を正しく行っているのか、Marzilli氏は躊躇いながら憶測をする。「われわれのデータはすべての疑問に答えるわけではないが、何が起こっているのかを示している」と彼は語った。 「商品の選択、広告に関する何かしらのこと、コミュニティ内で行っていることが、特にミレニアル世代によく響いているのだろう。」

2017年vs 2016年: 若いブランドが受ける報い

これはYouGov社が、ポジティブな口コミに注視しながらミレニアル世代に焦点を当て、ブランド価値研究結果を発表した最初の年であることを示している。しかしYouGov社は以前からデータを追っていたので、2016リストがどんなものだったのかという推定、そして2017のリストとの変化をよりよく比較することができた。

Picture1

見てわかる通り、Facebookは両方のリストで1位を維持したが、ここ数ヶ月間に報道された否定的な報道があるにかかわらず、7.1%ポイント上昇したことである。

「このデータは12ヶ月のスコアに基づいている」とMarzilli氏は警告した。ロシアの代理店に米国の選挙に干渉するための広告をすることを可能にした Facebookがどの程度責任を持っているかについての調査結果により、「私は、先月のFacebookのポジティブな口コミには陰りが見えてきているのでは、と考えている。」と話した。

しかし、このようなブランドの下降とシェリングエコノミー全体の両方について、言及したいことがある。

「テクノロジーの多くは、人々を助けるポジティブなものがあるだけでなく、誤用される可能性もある」とMarzilli氏は述べる。 Facebookはプライバシー、プライバシー設定についてのディスカッションの中で、5年、6年の間、議論を進めてきた。このデータは、ミレニアル世代の平均的な人たちにとって、彼らの生活の中ではプラス要因であることを示唆している。完璧とはいえないが、ポジティブな点がネガティブな点を大幅に上回っているかもしれない。」

さらに、Uber、Instagram、Airbnbのようなブランドは、Vectoria’s SeacretやMonster、YouTube などのブランドの存在によって、ランクインすることができなかった。シェアリングエコノミーのブランドは、小売業者や製品のような、より伝統的なブランドにその地位を奪われてきているのだろうか?

Marzilli氏はこのトップ10のリストは、YouGov社がレビューした1500ブランドのすべてはないと警告した。たとえば、Uberは今年20位だ。Marzilli氏は、「1500のブランドがある中で、20位というのは非常に素晴らしい。」と付け加えた。 「Uberが後退したのではなく、他のブランドが追い越した、ということだ。」

最も認知度が向上したブランド

Picture1

認知度向上リストに掲載されているブランドの半数は、1位を獲得したLane Bryantのような、昔ながらの小売業者だ。 5位はPayless、7位はForever 21となっている。Royal Caribbean CruisesとGEは、一般的に若年層向けのブランドとして認識されていない。

Marzilli氏は、「平均的なブランドについては、1年以上にわたり、約1千回のインタビューを行った」と述べた。 「2016年と2017年における抽出値の誤差は2〜2.5%であるため、誤差範囲を超える値の変化は、 ブランドの著しい成長を統計的に示している。 」

小売大手に対して、Marzilli氏は ミレニアル世代から共感を得られる要素として「お金の価値」を、再び指摘した。Payless、Forever 21、Cheap Ticketsが頭に浮かぶ。 「Cheap Ticketsに関して、私の推測は、ブランディングはそのサービスが何を提供しているかを伝えていて、価格はミレニアル世代が重点をおいているものだと思う。」とMarzilli氏は述べる。 「それは、生活に余裕を与え 、人々が見たい番組やコンテンツを手に入れやすくする。」

一方、「Beats by Dre、Tesla、またその他のテクノロジー系のブランドは、環境改善に貢献することで、生活をより良くするブランドだと認識されることができる。」Marzilli氏は、この点を強調した 。 「持続可能性と環境問題への意識は、ミレニアル世代からの共感を得られるという価値がある。また彼らは、ミドルエイジかそれ以上の人々より、平均して地球に長く生きていくのだ」 と彼は述べている。「彼らは地球を保護しようとする事に、長期的な視点を持っているかもしれない。」

一方、ロイヤルカリビアンは、驚くことにマネーキャンプの価値に陥る可能性がある。

「クルーズ船は、昔から高齢者を対象にしたものだと考えられている−それは、楽に各国に旅行ができるから−。しかしそれは、同じようにミレニアル世代にアピールできる特徴となり得る。」 とMarzilli氏は話した。「それはすべてのミレニアル世代が対象になるということを意味するわけではないが、 確実に一部は対象になる。利便性か価格か? ミレニアル世代にはこれらの2つの組み合わせに共感している」

ブランドのための大きな持ち帰り

最大のテーマは、利便性とお金の価値を重視したブランドを中心に展開していることだ。ミレニアル世代の注目を集めるには、新しい子供になる必要はない。

「ミレニアル世代はマーケットの残りの部分に何らかの影響を与えている。私たちは若者指向で、若者に執着した文化だ」とMarzilli氏は言う。 「ブランドにとって、彼らの共感を得られるものは何かを理解することは重要である。」

しかし、単にミレニアル世代の短期的なニーズについて考えるのではなく、長期的にも考えてみてほしい。 Marzilli氏がテスラのケースについて言及したように、どれだけ長くこの世代が 生きるかによって、環境への影響が一つの関心ごとになるかもしれない 。

「今日、 資源的制約があり金銭的な価値に重点を置いてはいても、それは、彼らはこの先裕福にならない、ということではない。 」とMarzilli氏は述べた。 「より高級でハイエンド志向の人に成長するかもしれない。これには、二つの考え方が重要になってくる。 すぐに得られる好機と、市場の購買意思決定への影響力だ。また、これらの若者は年を取ってより裕福になるだろう。ブランドは、彼らがブランドから離れていかないように、彼らを魅了し続けることを考えたい。」

最後に、新しいランキングと古いランキングのブランドの健全な組み合わせも、心に留めて欲しい 。 「新しいブランドだけではない。既存のブランドでさえも、人々の生活に価値を付加し続けるためには、新しいやり方を考えなければならない」と結論づけた。

AirBnb社ライブミュージック事業に本格進出か

http://variety.com/2017/digital/news/airbnb-music-events-living-room-concerts-1202605344/

Picture1

AirBnB社は音楽ビジネス進出に向け、新たな賭けに出ようとしている。宿泊・民宿施設を貸し出すウェブサイトAirBnB社は同社のサービスを「音楽体験とコンサートを探すための最高のプラットフォーム」に変えることができる人材を現在募集中だ。この情報は同社が出稿している音楽事業の人材募集ページで確認できる。どうやら同社は世界中にいるホストのリビングルームをコンサート会場として使用したいようだ。

同社はホテル宿泊の代わりとして、ホストが持つ空室のアパートやスペアルームを旅行者に貸し出す事業を行うことで知られている。そしてさらなる大きな野望を持つ同社は昨年、『Trips』と呼ばれる新たなサービスを開始した。このサービスは旅行者が宿泊先を予約できるだけではなく様々なアクティビティ(ガイド付きの市内観光・ガーデニングのレッスン・陶芸のクラスなど)を予約することができる。

音楽というジャンルはこの『Trips』のサービスの一環として最初はスタートした。この3月同社が新たに『音楽体験』というサービスを開始した頃からすでに、この事業に関して大きなプランを抱いていたのかもしれない。

「音楽は人と人を繋げる素晴らしい方法だ」と同社のCEOであるBrian Cheskyは述べた。そして同氏はさらに、「我々は音楽体験を提供することで、人々が質の高い、夢中になれるような音楽イベントに参加できることになる。小規模のライブパフォーマンス、特別なライブイベント、アングラなミュージックセッションなどを通してローカルアーティストやパフォーマーと出会うことができる」と語った。

同社はこのような音楽体験サービスを、ロンドン、ロサンゼルス、サンフランシスコ、バルセロナ、東京など13都市で最初に開始した。開始当時のサービス名は「リビングルーム・コンサート」と呼ばれ、AirBnbに登録されているホストの家で小規模のライブコンサートが開催された。そして現在はこのサービスをさらに拡大展開する予定で、音楽事業の人材募集の業務内容欄には「リビングルーム・コンサートのグロバール展開業務」と記載されている。

同社は「リビングルーム・コンサート」のサービスをリチャード・ブランソン氏の投資先でもあるSofar Sounds社(音楽イベント系スタートアップ)との協同で開始していた。しかしこのパートナーシップはすでに終了している。今後AirBnb社は同社の持つホストや音楽業界関係者に直接介入しながら運営していくようだ。

音楽業界も今後関わっていく証拠として、ナッシュビルのアーティストCharlie Worsham氏は彼の最新アルバムのプロモーションのためAirBnbリビングルームコンサートを11月末にロンドンで開催する予定だ。

AirBnb社及びSofar Sounds社は我々の問い合わせに対しコメントを控えた。

 

 

Airbnb、投資ラウンドで10億ドルを調達

【出典】2017/3/9

https://www.nytimes.com/2017/03/09/technology/airbnb-1-billion-funding.html

Untitled

Airbnbは、この加速度的に成長するビジネスに対する追加資金10億ドルの調達に成功した。

同社は今週の木曜日に極秘の資料を公開したが、それによると300億ドルの価値を持つビジネスで昨年夏から資金を調達し始めていたようだ。今回公表された資料には、具体的な投資家の名前は見当たらなかった。

調査会社CB Insightsによると、2008年に創業した民泊仲介サービスAirbnbは、ここ数年で保障された融資10億ドルを含む30億ドルの資金調達に成功し、アメリカでUberの次に価値のある民間会社へと成長したようだ。

CNBCは、以前にAirbnbが投資ラウンドを終了したと報告したが、Airbnbのスポークスマンはこれに関してのコメントを控えている。

今回の投資ラウンド完了のニュースは、Snapchatで有名なSnapが新規株式公開を行なった後に明らかとなった。Snapchatは株式を公開する前に最も価値のある民間会社の一つへと成長したが、この一連の出来事は他のテクノロジー企業が今年中に株式を公開するかという一つの疑問を我々に投げかけている。

Airbnbは、新規株式公開をするかもしれない企業として長年噂されてきた。ベンチャーキャピタルによって支えられている他のテクノロジースタートアップ企業と異なり、Airbnbは運営に投資家から調達した資金を全額投じているわけではない。同社は経営状況を明らかにしてはいないが、匿名からの情報によると黒字であるらしい。

Airbnbでチーフエグゼクティグを務めるBrian Chesky氏は11月のインタビューで、新規株式公開を全く検討していないわけではないが、近々それを行うことも検討していないと述べている。

「私は、機が熟すタイミングでAirbnbの株式を公開したいと考えていますが、直近にそういった必要はないと考えています」とChesky氏は述べる。

Airbnbは、現在190カ国で3000万件ものリストがあり、支払いや所有地管理、レストラン予約等、新たなビジネスにも乗り出そうとしているようだ。

今年に入り、Airbnbは2件の買収を認めた。1つは支払いの折半をより簡単に行うことができるようにするスタートアップ企業Tiltであり、もう一つは別荘管理を行う会社Luxury Retreatsである。また、同社はレストラン予約アプリResyにも投資を行なっていると発表している。

American Hotel & Lodging Associationが1月に行なった役員会議によると、ホテル業界は議会や州検事を使ってAirbnbのような企業を業界から締め出そうと躍起になっているようだ。

同機関には70ものホテルとホスピタリティ産業系の企業が加盟しているが、これについてのコメントを控えている。

Airbnb、アメリカの主要アパートオーナーにより提訴

【出典】2017/2/18

https://www.engadget.com/2017/02/18/airbnb-sued-by-major-us-landlord/

Untitled

増え続けるAirbnbに対する訴訟にとって、甚大な被害を及ぼしかねないニュースが飛び込んできた。The Wall Street Jornalによると、Apart Investment & Management Co.(AIMCO)が「テナントの賃貸契約の違反を助長している」とAirbnbを提訴したというのだ。Denverに拠点を置くAIMCOは、全国に5万軒以上のアパートを所有し管理している。不動産リサーチ会社Green Street Advisorsは、Airbnbが大手の家主によって訴えられたのはこれが初めてであるとWSJに話す。他のマンションオーナーは、Airbnbが彼らと協力することを拒否した場合、その訴えに続くことになるかもしれない。

原告は短期レンタルが賃貸契約に違反しており、Airbnbはテナントがその規則を破るのを助長していると述べる。また、一時的に借りる習慣は、他のテナントにとって不安定な条件を作りだし、収入や資産の損失や妨害を被ったとも主張している。

AIMCOのチーフエグゼクティブTerry Considine氏は、これに対し文書にて以下のような声明を発表している:

「我々は、Airbnbが意図的に賃貸契約に違反することを積極的に促し利益を不当に上げていることを受け入れることはできません。居住者とその家族のおかれた無礼で安全でないという状況をまったく無視していると言えるでしょう」と。

昨年、同社は収入をカットすることによって、家主へのサービスを改善させたが、それは明らかに不十分であったようだ。我々は、AIMCOは氷山の一角にすぎないと睨んでいる。アパートのオーナーは、不特定額の損害賠償を求めており、Airbnbがウェブサイト上にその物件を掲載することを裁判所が禁止するよう求めている。

民泊仲介のAirbnb、旅行者に寝る場所以上のものを提供したいという考え Airbnb、ユーザーの旅行の計画をサポートするためにスペインの現地ガイドツアー仲介のTrip4Realを買収

【出典】2016/9/19

https://www.engadget.com/2016/09/19/airbnb-buys-trip4real-activity-planning-service/

untitled

Airbnbは、休暇中のレンタルサービス以上のものになるために試験的な一歩を踏み出している。同社は利用者たちに旅全体を計画することに対しての野望を示してきた。今日その同社は提携していた観光に特化したバルセロナのベンチャー企業Trip4Realを買収した。それは旅行者たちが選択した都市でさらにおおくのやることを提供するというAirbnbの野望を支える行動であると言えるだろう。Trip4Realのビジネスは世界中の都市でのアクティビティを提供することを基盤に設立された。その会社のスローガンの「地元民のように街を体験しよう」は、Airbnbが今押し出しているメッセージと同じのようにも聞こえる。

すでにAirbnbと提携を結んでいるTrip4Realは、世界中の様々な都市で「地元民によって作られた何千もの」経験を、旅行者たちが踏みならされた道から何かを見つけるのを支えるための方法を提供しており、これはAirbnbがユーザーたちに提供したがっていたものだ。今年の初めに新しいデザインのアプリが公開された時、最高経営責任者のBrian Chesky氏は会社は大量生産の「車で通り過ぎるだけの観光」を避けるために地元民からの地域の情報を取り入れたいと思っていたと述べた。

ここ一年近く、Airbnbはユーザーにただ街の部屋やマンションなどを予約させるだけでなく、旅全体の計画をするためにそのような情報を使いたいということを示してきた。去年の10月、Airbnbは都市を選ぶとAirbnbに食事・交通・そしてその地域を案内してくれるローカルのホストとセットで宿泊の予約をしてもらえるサービスJourneysのテストを始めた。そしてつい先月、Airbnb Tripsという様々な場所のローカルの情報に基づいたガイドブックとして使えるアプリがAndroid用に公開された。そのアプリはわずか数日で取り下げられた。

今年の初め、Chesky氏はさらにAirbnbでの体験を「家以上」にするであろう大きな発表を昨年11月に示唆しており、確実にこの会社が今年の後半に次の展開のAirbnbについて何か発表することがあると考えられてきた。そしてTrip4Realを買収したことで、新しい体験に何を提供してくれるのかが明らかになったのだ。

Airbnbは買収にあたり、同社はこんなコメントを発表した。「我々はTrip4RealをAirbnbの家族の一員として喜んで迎え入れます。Gloria Molins氏(Trip4Realの創設者兼経営最高責任者)とそのチームは、ローカルで本物の旅という違う種類の体験を提供するという我々と同じビジョンを持っています。彼らの体験と専門知識は、人々の旅の仕方を変えるための現在の努力に対しての素晴らしい助けとなるでしょう」と。

州、Airbnbと張り合うことができないためサービスに課税しようと動き出す

【出典】2016/7/28

http://mashable.com/2016/07/28/airbnb-taxes-new-jersey/

untitled

ほとんどの都市や州がAirbnbを排除しようと努力してきたが、それが叶わずAirbnbを受け入れざるをえなかった。現在、このホームシェアリングサイトは定着しており、いくつかの州では少なくともそこからお金を取ろうという動きがあるようだ。

ニュージャージー州はAirbnbに課税しようとしている最新の例だが、ホテルやモーテルはこの課税や手数料の対象にはならない。同州は、7%の消費税と5%の短期滞在貸付金を「短期間場所を貸し出す市場(いわゆるAirbnb)」で長期的に課税しようとしているのだ。

これは、近隣のニューヨーク州がAirbnbの短期レンタルを禁止しようとしたことを考えると、現実的なアプローチである。

ニュージャージー州と同様に、マサチューセッツ州は5.7%の消費税をAirbnbに課税しようとしている。この計画は、当初マサチューセッツ州の州知事からの支持を得ていた。Charlie Baker氏は、彼の財政保守的信頼を維持するためにこれをサポートしたと考えられる。

ハワイ州では、知事がそれを承認せずにAirbnbに課税するための動きを止めた。

全体としては、都市や州はAirbnbが流行であることを受け入れておらず、ホームシェアリング企業として共存するための最良の方法を見つけるという方向ではなく、Airbnbを排除しようという動きの方が活発化している。

もし普遍的にお金を作り出すことができれば、この動きは緩和されるだろう。つまり、ホストに代わってAirbnbから強制的に税金を集めることができれば、普遍的にお金を作り出すことは可能なのである。

これまでのところ、むしろ州よりも都市の方が会社に課税するのに成功している。世界的にAirbnbが適用されている200余りの都市で、何種類かの税が設けられているようだ。

Airbnbは法案の下でビジネスを築き上げているようだ。

「我々は、税の公平な取り分を支払うためにコミュニティを容易にする取り組みを行い、これを実現するためにマサチューセッツ州とニュージャージー州の議員との協力を惜しまないつもりです」とAirbnbのスポークスマンであるChristopher Nulty氏は声明で述べる。

Airbnbは6月に、2014年以来の都市からの税金用に8500万ドルを集めたと発表した。

「利益を伸ばすために誰もが一生懸命動いている時、Airbnbは街の経済効果を強化するのに貴重なパートナーにたりえます。我々は、都市が旅行業界から税収を得ることができるようにするために、世界中の都市と共にあるスタンスでいます」と企業は記している。

Airbnbは、より良い税法に変更するために「定期的に自分が住む家を貸す人」をホテルではなくむしろ会社として成立させるつもりだ。

さらに、同社は税金を通じて地域社会への貢献を公言する一方で、税収は築き上げられる関係から捻出されるようだ。

サンフランシスコはAirbnbに税金を課した最初の都市の一つであり、それ以来サンフランシスコとAirbnbは法律の下で公に裁判を行なってきた。例えば、今年6月にAirbnbは都市に登録されていないホストを見つけたサンフランシスコを条例に法り起訴した。

シカゴも、Airbnbから徴収した税収入をホームレス支援のために使用しており、Airbnbが都市の安価な家賃を下げるという批判に対する対策とする方針を示した。

Airbnb、航空券検索サービスVamoを買収し、サービスを停止させる

【出典】2015/9/11

http://techcrunch.com/2015/09/11/airbnb-acquires-multi-city-trip-planning-service-vamo-will-shut-down-product/

Untitled

Airbnbは航空券検索サービスVamoを買収し、一旦サービスを停止させた。

AirbnbはVamoを利用しない可能性もあるが、今回の買収は、Vamo側にとっては非常に意味のあるものだとCEOのAri Steinberg氏は述べる。 Airbnbは、ただの住宅の貸出予約サービスではない。旅行ビジネス全体の質を変えるほどの力を持っている。そしてもちろん、Steinberg氏のチームにとってAirbnbのような企業は非常に魅力的であり、より多くのリソースを活かすことができる会社であるといえよう。

Steinberg 氏は「聞けば聞くほど魅力的な企業であり、AirbnbのCEOを務めるBrian氏から様々なビジョンを聞いたが、どれも共感のできるものばかりであった」と述べた。

Vamoは、ベンチャー資金調達で160万ドルを調達した。Steinberg氏曰く、複雑な旅行プランをより簡単にするという高い目標があるそうだ。旅行を計画するためには、都市間の交通や良質なホテルなど様々な要素を考慮に入れる必要があるが、調べるにつれますます複雑になり、ブラウザのタブ数が増え続け、旅行に行く前に疲れ果ててしまうという人も少なくないだろう。

Steinberg氏は、旅行の計画を容易なものにし、サポートするのが最大の目的だと述べる。

「たくさん旅行をしてきたし、旅行は大好きである。同時に、旅行について考える時間を何時間も積み重ねてきた。友人と話し、プランを練ることさえ決して簡単なことではない。だからこそ、このプロセスを容易にするサービスを開発する意義はあると考えている」と。

Steinberg氏は、7年間フェイスブックのエンジニア・ディレクターを務め、当時シアトルオフィスに滞在していた Chesky氏に出会った。2人は意見を交換し、Steinberg氏が町にいる間は定期的に連絡を取り合っていた。Vamoのアイデアは、彼のアフリカ旅行中の不満な出来事がきっかけで生まれた。

Airbnbは、夏の間1700万件もゲストとホストを繋いだという。今後も成長し続け、マイルストーンを打ち出していくためには、Airbnbに優秀な人材が必要である。自然に組み込む方法もあれば、 Steinberg氏のようなチームと一緒に取り込む方法もあるだろう。今回の買収契約の条件は、明らかにはされてはいない。

「我々が開発したサービスには、非常に満足している」と Steinberg氏は述べる。「我々は旅行についてより多くを学ぶにつれ、具体的に何かをしようとしても旅行のスタイルは十人十色であるということを痛感した。しかし、これは決して悲観すべきことではない。今以上に広範囲な事例を考え 、それぞれに対応したものを提供できるようにすることは、非常にやりがいのあることであり、興奮さえ覚えている」と。

Airbnbが200億ドルの企業評価、多額の投資金を獲る

【出典】2015/02/27

http://techcrunch.com/2015/02/27/airbnb-2/

Untitled4

 

 

 

 

 

 

 

 

Airbnb – 旅行者にプライベートスペースを貸し出し、ホテル代わりに利用させることができるプラットフォームは、情報に精通している人の話によると200億ドルまで企業評価を獲得。

 

企業は10億ドルの投資を募っており、Airbnbがアジアの投資家や未公開株式グループから約半分を既に獲得しているという。我々はその名前を全て把握することはできなかったが、そのうちの一つはFidelityである。前投資家には、TPGやT. Rowe Price、Dragoneer、Founders Fund、DST等が含まれる。

 

Airbnbは2008年にSan Franciscoで設立されたが、過去数年間成長が急速に伸びている 。

 

同社は共有経済のスタートアップ企業の代表格であり、自身の持つリソースを利用して毎日消費者にいいサービス、この場合は部屋や家を提供している。市場はAirbnbのテクノロジーによって賄われており、ホストにも投稿を作りやすく、訪問者も適当な物件がすぐ見つけられるという。

 

Airbnbは全世界190カ国34,000都市で活動しており、100万件ものリストを持つプラットフォームで毎夜3000万件が予約されている。

 

Airbnbはより急成長するために事業を拡大している。昨年のConcurとの契約や今週初めのTeutche Telekomのパートナーシップ契約の発表で、より統合された旅行市場の獲得に向けて動き出していることは明白である。

 

ネットワーク企業、特に携帯企業との契約がより多くのユーザーの獲得に繋がる一方、より統合されたマーケットはより大きなのりしろを意味している。Airbnbがネットワーク企業と契約を結ぶことで初めて、Androidデバイスでの何百万ものアプリにアクセスすることができるようになるのだ。

 

しかし、この成長も一筋縄ではいかない。Uberのように、Airbnbができたことで崩壊している企業の大反動に直面している。Airbnbの場合はホテル事業がこれにあたる。監督官は個人が所有物件を貸し出すことの合法性と税法ついての問題点を挙げている。サンフランシスコではすでに決着がついているが、ニューヨークなど他の都市では今も争っている最中である。

 

またAirbnbが宿泊した時の物件破損についても論議が起こっている。11月に企業が100万ドル保険をのホストに対して支払っているようだ。

 

現在までAirbnbは8億ドルまで価値を上げており、同社の急成長は多くの投資家が興味を示すきっかけとなっている。2014年4月、企業はTPGを利用して4億5000万ドル市場価値を上げ、100億ドルまで企業評価を上げた。10月には企業は130億ドルの企業評価をもとに5000万ドルを集めた。