タグ別アーカイブ: ads

Libertyによる、耳にしつこく残るジングルは消費者のブランドの認知度を高める;「四回ブランド名を復唱する手法を真似してくれても構わない」

【出典】2019/4/9

https://www.thedrum.com/news/2019/04/09/libertys-jingle-climbs-the-audio-logo-index-it-doesn-t-hurt-mention-the-brand-fourPicture1

「リバティー、リバティー…リバティー」というLiberty Mutual社のCMの最後に流れるメロディーは、マーケットに登場してから1年足らずで、Veritonicの年間オーディオロゴ・インデックスのトップに急上昇した。これは、そのジングルのシンプルさと耳から離れない中毒性のおかげである。

 

Veritonicは、米国および英国の1,600人以上の消費者を調査し、サウンドロゴによって、どう消費者のブランドリコール、エンゲージメント、およびブランドの認知度のレベルが異なる事を立証した。

 

米国では、LibertyのジングルはNationwideに続きに2番目に高い識別評価を得た。それは市場全体で6番目に効果的であると言われている。

 

Farmers InsuranceはNationwide、Old Spice、Intel、O’Reilly Auto Partsに続いて英国の世論調査のランキングの上位になった。また、ハリボー、マクドナルドとハインツビーンズはトップであった。

 

Veritonicは、レポートの中でLibertyのコンポジションを賞賛した。また、分析プラットフォームによると、より高いレベルのリコールとはるかに高いレベルのブランド識別をもたらす戦術であるとのこと。Libertyの新しいジングルにより、ブランドのオーディオロゴの評価は、インデックスが査定したほぼすべての測定基準で飛躍的に向上した。また、ブランドのリコールランクは7パーセントポイント増加した。

 

Libertyにとってこの成功は偶然もたらされたものではなかった。昨年CMOのEmily Fink氏が、保険ブランドのジングルを作り直すことにしたとき、彼女は12個以上のポテンシャルの高いメロディを作った。

 

「リコール、プレイバック、記憶性、好感度、そしてLibertyとの適合性を理解するための定量的研究において、私たちは消費者のことを第一に考えた。」と彼女は語った。

 

それは明確なものであった。ブランドの新たなジングルを、しつこく、耳に残るような音にし、また単なるキャンペーンではなく、Liberty Mutual社全体に結びつくようなものにしたということである。

Picture1

Elias Art Music Houseによるおなじみのジングルは、各広告の最後に少なくとも4回ブランド名を復唱しているが、この方法はテストした中で最もよく機能したオーディオロゴである。

 

Fink氏は、その「シンプルさと中毒性」が成功への鍵であると考える。CMOによると、CMに登場する新しいマスコットであるLimu EmuとDougも高評価、このユーモア溢れるパッケージは、Libertyのブランド認知度向上に貢献している。

 

「もちろん、あなたのブランドのジングルで四回ブランド名を復唱する方法をつかっても構わない。私たちは、その方法が効果的なマーケティングツールであるというだけでなく、世界中の人々がどのようにしてジングルを受け入れているかを知れることが嬉しい。」とFink氏は語る。この事について最近Harry Connick, Jr.氏もToday Show内でコメントした。

 

「私たちはLimuとDougと共に来年、他のCMにこの手法が使われる事を楽しみにしている」

AudiのBMWやT-MobileによるMetroのサウンドロゴは、ブランドの認知のためのジングルとしては最悪な物であった。今年の初めに自社のオーディオスティングを広く宣伝したMastercard社も、ブランドリコールスコアが26%という認知度が低い結果となった。しかし、VeritonicはMastercardのオーディオスティングはまだ新しい物であるため、このような結果になったとしている。

「女性の日」のためにBudweiserは1950年代の3広告をアップデート

【出典】 2019/03/08

https://www.adweek.com/creativity/for-womens-day-budweiser-revived-and-reimagined-three-of-its-ads-from-the-1950s/Picture1

Budweiserは1950年代に発表された女性を専業主婦として見立てた3つの広告を再発行している。だが、そのオリジナルの宣伝と共により啓蒙的なメッセージ付きの新たな広告も発表した。

例として、上の宣伝では夫のニーズに応えられるかが不安な妻に向けの1956年らしいメッセージから、周りから大切にされ、自分がベストだと思う人生を生きるのを推奨するメッセージへと変化している。ビール自体の持つ役割も男性を喜ばせるものから、女性の楽しみの象徴を表すものへと変化を遂げた。

現在のBudweiserの宣伝の趣旨は幾重にも重なっている。Budweiserは近年マーケターにとって大切になってきたInternational Women’s Dayを意識している上、広告業界において女性のイメージ上昇に対し働きかける#SeeHerのプロモーションも行っている。

だが、Budweiserは自身のブランドの過去を消し去りたい訳でも、男性をバカにしようともしている訳ではない。マーケティングの副部長であるMonica Rustgi氏は「このプロジェクトは時代がどの様な変化を遂げ、ビールの背景にあるメッセージ(担当するマーケティングやエージェンシーは女性が過半数を占める)がどの様な進化をしたかについてである。」と述べる。

「Budweiserは過去のアイコニックな出来事も適切な形で未来へ生かすことができる。」とRustgi氏はAdweekに述べる。「今回のプロジェクトで示している通り、私達は今まで通ってきた道に誇りを持っている上、これからの広告業界をより良くする一員としての役割に対してもとてもワクワクしている。」と述べる。

Rustgi氏が個人的に気に入っているInternational Women’s Dayの広告は妻が電話を修理している夫のためにビールをいれてあげる1958年の広告の改訂版である。新しいバージョンでは、夫婦が新しい家の引っ越し作業の合間に取っている休憩シーンを描いている。元の広告のトンカチは健在だが、新たなコンテクストで使われている。

「この広告を作るのは楽しかった。」とRustgi氏は述べる。「元の広告はステレオタイプ路線をいってしまっていた。私たちのイニシアチブは男性もポジティブな描き方をすることでもある。」

改訂版の広告はBudweiserのエイ―ジェンシーであるVaynerMediaと、3人の女性イラストレーターによって制作された。

「個人的にも、責任者としても、このキャンペーンが世に出回るのがとても楽しみです。」とRustgi氏は述べる。

#SeeHerとのパートナーシップはBudweiserrの広告が男性・女性共にポジティブな描かれ方をされているかを判断され続ける運動である。#SeeHerによると、女性がポジティブな描かれ方をされている広告は全体の61%しかなく、その事実を踏まえた上でその数値が大幅に上がる様BudweiserはコミットしているとRusgi氏は述べる。

下記には改訂版と、比較用の拡大されたオリジナルの広告である。Picture1Picture1Picture1Picture1

 

今知っておくべき最もクリエイティブなブランドのアイデアトップ5

https://adage.com/article/special-report-creativity-top-5/top-5-creative-brand-ideas/316725/

あなたが今知っておく必要がある最も革新的なブランドのアイデアトップ5を紹介したい。(各ブランドの動画は出典の記事から視聴可能。)

5.シャッターストック:「ポップ・アートオスカーポスター」

アカデミー賞に間に合うように、シャッターストックはオスカーにノミネートされた映画に触発されたバージョンのポップ・アートを発表した。その中でも、「ROMA ローマ」を取り上げたコミック、ウォーホルを彷彿とさせる「ボヘミアンラプソディ」、そしてロイ・リキテンスタインに触発された「女王陛下のお気に入り」の作品は見事である。Picture1

4.クイックブック:「『Backing You』オスカー広告」TBWA / Chiat / Day L.A.

オスカーの放送から賞賛されるべきプロダクション関連者がカットされてしまっている、という近年の論争に対して、QuickbooksとTBWA / Chiat / Dayは、そのような才能のある人たちにスポットを当てる新しい広告で応えた。典型的な映画の制作クルーの約85%を占めている、自営業者や中小企業のオーナーに対するメッセージである。Picture1

  1. チェリオス:「家族みんなで(It’s All in the Family)」72andSunny New York

チェリオスは、ネクサスのジョニー・ケリー監督による72andSunnyの魅力的なアニメーションキャンペーンで、家族の多様性を祝福した。”Right on Tracks”には、養子縁組である家族、独身の両親、同性愛​​者の両親、混血の家族などを含む複数の家族が登場する。オーディエンスは、歌詞字幕の上で弾むチェリオをたどることによって、それぞれのビデオでカラオケスタイルで一緒に歌うことができる。Picture1

2.フォックスネットワークスグループラテンアメリカ:「性別中立字幕」Astillero Buenos Aires

フォックス・ネットワークは、#MeToo時代のラテンアメリカでの懸念の高まり−スペイン語が性差別主義であること−に対処した。スペイン語では、特定の単語が性別で分類されており、男性のものが主に優先される。しかし、「Pose」の番組放送時に、フォックスは標準の文法規則を覆し、性別に中立な新しいバージョンの言葉を紹介した。たとえば、友人グループを説明するために「amigos」という単語の男性バージョンを使用する代わりに、「amigues」という字幕をあて、「all」という男性バージョンの「todos」は「todes」とした。

Picture1

1.イケア:「大きなお風呂場のおもちゃSmakrypMother London

イケアは、プラスチック製のおもちゃの船Smakrypを、ロンドンのテムズ川に浮かぶ実際の乗り物にした。しかし、それは楽しむだけのためではない。ボートが、川の汚染された水からゴミを取り除くのだ。Mother Londonからのこのアイデアは、イケアのGreenwich店のオープンのプロモーションのためである。これは、これまでの中で最も「持続可能な」内容であると主張した。一般の人々は遠隔操作で船のコントロール権を獲得するために集められ、回収されたゴミの一部はGreenwich店の彫刻にアップサイクルされる。Picture1

 

キャデラック、ベライゾン、マリオットなど、いくつかのオスカーの広告

https://adage.com/article/media/a-ads-airing-oscars/316724/

アカデミー賞を取り巻く様々なドラマ− ホストがいないテレビ放送や、ショーを短縮しようとする試みの失敗を含む− があるにもかかわらず、広告は依然として堅調に推移している。

今週の初めにディズニーABC TVグループは、オスカー中のコマーシャルの枠が売り切れたことを認めた。ABCは、日曜日の夜の放送のわずか4日前に売り切れを発表したが、内部の人間は2週間前にはすでにクローズしていたという。これは近年のペースと一致している。

今年の放送の30秒広告は昨年と同様で、広告主には約220万ドルの費用がかかる。

視聴率が低下しても、オスカーのライブ配信での比較的大規模なオーディエンスは広告主にとって魅力的なままである。昨年の番組は平均で2,750万人、14.9世帯による視聴で、2017年の授賞式と比較して19%減少した。

広告主は、アンハイザー・ブッシュ・インベブ(バドワイザー)、キャデラック、グーグル、ヘネシー、IBM、マリオット、マクドナルド、マイクロソフト、ロレックス、サムスン、ベライソン、ウォルマートである。

日曜日の夜に放映されるコマーシャルのいくつを紹介する。

キンダー・ジョイ

2018年にアカデミー賞の広告デビューを果たした後、フェレロのキンダー・ジョイはオスカーに戻ってきた。小さなおもちゃが付いてくるココア、クリーム、ウエハースを紹介している。今年の30秒スポットは、両親と充実した時間を過ごし、キンダー・ジョイを楽しんでいる子供たちの楽しそうな顔にフォーカスしたようだ。このスポットは、ニューヨークの広告代理店パブリシスが制作した。

キャデラック

ゼネラルモーターズの高級ブランドは、日曜日の放送中に4分の広告を放映するだろう。その際に、SUVポートフォリオを特色とする「Rise」と呼ばれる新しいキャンペーンをローンチする。この広告購入には、チャイルディッシュ・ガンビーノの「Me and Your Mama」にセットされた4つの新しい広告が含まれている。これでアカデミー賞のスポンサーをするのは、6年連続の取り組みとなる。

ベライゾン

ベライゾンは日曜日のアカデミー賞の間に、2つのスペイン語のスポットを含む6つのコマーシャルを放映する。伝統的なセレブリティのスポークスマンを起用する代わりに、ベライゾンは実際のカスタマーのリアルなストーリーを特集する。字幕がないオスカーの間に、スペイン語でコマーシャルを放送するのは今回が初めてである。

マリオット

マリオットはオスカーを活用し、さらに効率化された新しい特典プログラム、Bonvoyを紹介する。マリオットのコマーシャルは個別に放映さされる。オスカーのテレビ放送に戻る前に、ホテルチェーンの30秒のプロモーションがあり、次にBonvoyの60秒の広告がある。マリオットはそのスポットのために、オブザーバトリー・マーケティング社と一緒に働き、パブリシスグループのマリオットワンメディアはメディア業務を担当した。

バドワイザー

バドワイザーはもともと、第53回スーパーボウルでシャーリーズ・セロン主演のスポットを放映するつもりだったが、それをホールドしオスカーで60秒の広告を流すことに決めた。同社のコアブランドのマーケティング担当バイスプレジデントであるリカルド・マーカス氏は、オスカーのオーディエンスは「よりプレミアなブランドを探している可能性が高い」ため、オスカーの放送が適していた、と述べている。VaynerMediaによるコマーシャルは、その限定版ビールであるバドワイザー・リザーブ・コッパー・ラガーを宣伝する。Picture1

ヘネシー

ヘネシーにとって、初めてのオスカー広告である。「7つの世界(7 Worlds)」と名付けられたこのスポットは、リドリー・スコットによって監督され、ヘネシーX.Oコニャックを宣伝する。ビデオはX.Oの7つの香りを強調し、オスカー像に似たような巨大な黄金像を映像に織り交ぜ、オスカーに敬意を払っている。

 

 

2019年のスーパーボウルの広告はいくら?

https://ftw.usatoday.com/2019/02/2019-super-bowl-commercial-cost

スーパーボウルは、テレビの周りで人々が集まり興奮し…コマーシャルを見る、唯一のスポーツイベントである。今年の最も大きなテレビイベントであるということは、広告主が多くの視聴者にリーチするために信じられないほどの金額を支払っても構わないことを意味し、2019年のスーパーボウルのスポットのコストは新しい記録を打ち出した。

CNBCによると、第53回スーパーボウルの30秒間の広告の価格は525万ドルだ。

AdAgeの報告によると、アンハイザー・ブッシュ・インベブは2019年のゲーム期間中に大規模なスプラッシュを起こしており、彼らが展開するさまざまなブランドの広告が合計8つとなっている。スーパーボウル広告の費用は、ほぼ毎年増加しており、2013年以来100万ドル以上も増加している。

30秒の広告が、1995年の第29回スーパーボウルで初めて100万ドルの壁を越え、2000年には200万ドルを突破した。

今年のスーパボウルCMで政治的メッセージが避けられた理由

【出典】2019/02/03

https://www.adweek.com/digital/why-super-bowl-ads-mostly-dodged-political-messages-this-year/Picture1

2017Budweiserは自社が移民によって起業されたことを思い出させる広告や国境壁へ向かった移民家族の旅を描いた84 Lumberによる感動的な90CMであるにしろ、ドナルド・トランプ大統領の選挙をきっかけに多くの企業が政治的な広告を2017年に放映した。Picture1

2年後、多くの企業は批判されやすい政治的意味のこもった広告から撤退し、代わりにユーモアのあるもうすでに実証済みの戦術、広い顧客層に支持されるポジティブなメッセージが伝わる広告が好まれた。

ブランドコンサルティング会社Landorのサンフランシスコ事務所の代表取締役Christopher Lehannよると多くの企業は男性に向けた昔ながらの広告戦略や一般的に肯定的にとらえられやすいブランドメッセージを組み合わせたものに落ち着いているという。

「歴史的にスーパーボウルのCMは主に若い男性に焦点を当てられている。例えば、車、可愛い女性、友達とビールを飲んだりなどだ」とLehmannは言った。「数年前は、目立とうとする企業もあり、政治的影響を受けた広告や信念について語り、社会的目的を持ったブランドを見かけることがあった。ただ、今年の傾向をみるとその中間に戻ったようにみえる。」

今年のスーパーボウルのCMでは政治に関して触れたコンテンツがなかったわけではない。例として、Huluではドラマ『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』の第3シーズンの宣伝のためにロナルド・レーガンの再選広告『Morning in America』を模したものを作成した。Washington Postは殺害された記者たちに敬意を示し、報道の自由の重要性を宣伝した。Picture1

Lehmann によると全体的にみて今年のCMでは企業は批判されやすい問題に触れないように避けているとのこと。

政治コンサルタント会社Purple Strategiesの共同創設者Steve McMahonによると多くの企業は人種差別を抗議するために選手たちの国歌斉唱中の起立拒否し、保守的な議員そしてトランプ大統領さえ抗議運動に反対しているより政治的な場所となったスーパーボウルで宣伝すること自体リスクを負っていると述べた。

「今年の印象深かった広告のなかに視聴者を笑わせようとしていたものがあったのがその理由の一つかもしれない。」とPurple StrategiesマネージングパートナーJohn Gattiは言った。

「人はもうすでに適度に不安定な基盤に集まることを好み、その不安定な状況下で笑ったりすることを好む。ユーモアというのは一般受けがよく、非常によく使われている戦力で、また効果的でもある。」企業が大規模なスーパーボウルという舞台を政治的メッセージを伝えるために使用したくないのか示唆するデータがある。

コンサルタントグループGordon1月に発表した米国成人1000人を対象とした全国調査では米国の成人の45%近くが自分とは異なった政治的意見をもった企業との取引をやめると答え、70%以上の米国成人は会社が自分の意見と一致しない政治的立場をとった場合会社に対して何らかの措置をとると答えた。

企業は政治的目的を持ったメッセージを避けているわけではない。例として、女性の社会進出のメッセージを伝えたSerena WilliamsをフューチャーしたBumbleの広告、仲間意識を強調したコカ・コーラやグーグルの広告がある。これらのメッセージは批判される可能性が低く、ブランド価値を上げることができる。

Picture1

とはいえ、政治的メッセージを持った広告が今後のスーパーボウルで放送される可能性はもちろんあるだろう。多くの点でスーパーボウルはアメリカが自分自身についてどう思うか、そしてブランドがブランド自身についてどう思うかのバロメーターであるのだ。

ハースト・マガジン、ブランデッドコンテンツ部門に初のクリエイティブディレクターを指名

出版社のブランドコンテンツは、出版社ビジネスにおいて非常に大きく成長している部分だ

https://wwd.com/business-news/media/hearst-magazines-creative-director-branded-content-studio-1202992240/Picture1

米出版大手のハーストマガジンが先ごろ、同社のブランデッドコンテンツスタジオである「HearstMade」のクリエイティブディレクターにニコラス・ニューベック氏を指名した。Hearst Madeは同社の成長部門であり、2018年のブランデッドコンテツからの収入は前年に比べて40%成長したという。

米出版大手のハーストマガジンは、彼らが同社のブランデッドコンテンツスタジオの最初のクリエイティブディレクターを指名した。広告主と、そのビジネスをさらに拡大しようとしているためだ。ニコラス・ニューベック氏は、自社のデジタルメディア部門のクリエイティブディレクターとして約4年間を費やした後、自社ブランドのコンテンツスタジオであるHearstMadeで新しい役割を担うようになり、そこで編集コンテンツに注力してきた。ハーパーズバザー、コスモポリタン、エスクァイア、グッドハウスキーピングなどを含むハーストの全雑誌にわたる編集経験は、ブランド広告を読者のためのコンテンツに統合することを目的とした時に、良い方向に働いた。

「私にとってこの仕事の大部分は、引き続きブランドと密接に協力し、作成したコンテンツにブランドの声を反映させることだ」と、ニューベック氏は述べた。「長年にわたり、私たちは読者が共感するものを学んだ。それが、私たちがHearstMadeで創造するものの原動力となっている。」

彼はさらに、編集とブランドのコンテンツチームは、「コピーとストーリーの観点だけでなく、視覚の観点からも一緒に考えたいときに最もよく機能する」と付け加えた。HearstMadeが行っていることの多くは、ビデオ制作とソーシャルメディアであり、これは今年も続けられる。

コンテンツ責任者のケイト・ルイス氏とマーケティング担当のトップ兼出版ディレクターのマイケル・クリントン氏にレポートを提出することになるニューベック氏は、スタジオの仕事に飛び込んでいる。仕事にはたくさんのプロジェクトがあるが、彼はパートナーのために「もっと野心的なプロジェクト」を推進したいと考えている。

ニューベック氏は、昨年末にかけてHearstMadeの編集責任者に任命されたブレット・ヒル氏と直接仕事をする予定だ。ブレットもまたルイスとクリントンにレポーする。彼女は、人気のあるハーストのタイトルであるHGTVマガジンの編集長から内部採用された。

HearstMadeは出版社ビジネスの中で成長しており、かなり大きい部分を占める。昨年、ブランドコンテンツからの収益は40%増加し、2018年には2017年の200件を超える、300件以上のカスタムキャンペーンが実施された。最近のいくつかのプロジェクトには、ハーパーズバザーがタイアップをした、リッツ・カールトンの一連のビデオが含まれる。他にも、モデルのMia Kandをメインに据えたTumiのもう1つのビデオとストーリー、また同様のSeventeenとタイアップを行ったコンバースのプロジェクトなどがある。これらの作品はオンラインで「パートナーシップ」としてマークされているが、広告コンテンツとそうでないコンテンツを区別されることはほとんどない。現在の進行中のプロジェクトには、OlayとBurt’s Beesとのタイアップなどがある。

スポンサードコンテンツは果たして効果的なのか?

【出典】12/5/2018

https://adage.com/article/opinion/paid-endorsements-sell-product/315807/?utm_source=Opinion&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed:+AdvertisingAge/OpinionPicture1

インフルエンサーマーケティングが果たして本当に効果的なのか?マーケティング業界内では、インフルエンサーマーケティングを支持する者もいれば、逆に消費者はスポンサードコンテンツに惑わされず効果がないと考える者もいる。

 

後者は間違いだと筆者は感じている。

なぜならば、ミレニアル世代はSNSにスポンサードだろうがオーガニックだろうが気にせずコンテンツを共有、そしてしっかりとエンゲージしているからだ。

 

ではオーガニックとスポンサード投稿ではどのくらい効果が違うか、#sponsoredがついた投稿約15000万件を6ヶ月に渡り1)フェイスブック、2)ツイッター、3)インスタグラム、そして4)YouTubeの4プラットフォームで分析した。そしてそのようなポストを行なっている投稿者を12ヶ月に渡って調査、最終的にインフルエンサー(一般ユーザーではない)が投稿した814000ポストを分析、そのうち7%(59000ポスト)がスポンサードだった。

 

今回の調査で分かったことは「インフルエンサーマーケティングは有効」ということだ。

 

インスタグラムは4つのプラットフォーム中で一番エンゲージメント率が高い。平均エンゲージメント率は25%。YouTube7.7%で次に高く、ツイッターは一番低い0.41%だった。

 

果たしてスポーサードコンテンツはエンゲージメント率に違いは出るのか?オーガニック・スポンサードであろうとインスタグラム上で結果は変わらなかった。一方YouTubeではスポンサードコンテンツの方がエンゲージメント率が高いことが明らかになった。(おそらくYouTubeのスポンサードコンテンツはある程度高予算を使えるからだろう)そしてスポンサード、オーガニック問わずコールトゥアクションまたはタグされたURLに対してのコンバージョン率はお互いさほど変わらなかった。

 

コンテンツがスポンサードまたはオーガニック関わらず同じ結果をもたらすことがわかったが、もしインフルエンサーのフォロワーがフェイクであったり、ネガティブなコメントをする傾向のあるフォロワーだった場合、結果はネガティブとなる。よってインフルエンサーマーケティングを行う場合は彼らをフォローしているオーディエンスをしっかり理解し彼らにあったサービス・商品を選ぶことが重要だ。Picture1

マーケターが気になった今月の出来事

【出典】2018/11/28

https://adage.com/article/cmo-strategy/burger-kings-dog-bone-biz/315755/

犬対象の宅配サービス開始

おそらく、チェーン展開しているすべての飲食店は自社かサードパーティ利用して宅配サービスを実施しているだろう。そこで、バーガーキングは他社との差別化を図る新たな方法を思いついた。Picture1

ワッパーにも匹敵するDogpper(ドッグパー)は、同社によると、直火焼きの味がする骨の形をした犬向けのおやつだ。

ワッパーを購入すると、犬のおやつとして無料でDogpperがもらえる。このサービスはバーガーキングの実店舗ではなく、オンライン宅配サービスでワッパーをオーダーした場合のみ適用される。

気の毒なサイバーマンデー

ブラックフライデーを超えて過熱するバーゲンの傾向は、今年も多くの小売店が数え切れないほどの商材を提供することにより続く結果となった。

しかし、いくつかの企業のセールは当初計画していた戦略とは異なり、代わりに技術的なトラブルが生じる結果となった。J. Crew とShutterflyの両社は顧客に対してサイバーマンデーにおける不具合を謝罪し、セールを火曜日まで延長するお詫びの文書を送った。

「お待たせして申し訳有りません。私たちは一部のお客様が今週末に当社のサイトで現在も続く技術上のトラブルに直面されたことを存じ上げています」とJ. Crewから文書が送られ、先日、同社のCEOとCMOが辞職した。

サイバーマンデーにおいて老舗企業がオンライン通信販売サイトの正常運転に苦戦しているように、過去数年、多くの技術的トラブルが見受けられる。

しかし、専門家は、このようなweb上のトラブルは現在のテクノロジーに精通した環境の中、容認できるものではなくなってきていると述べる。

「このホリデーシーズンの悲劇はwebサイトが落ちることだ」とForrester ResearchのアナリストのBrigitte Majewskiは語る。「2018年において、それは許され難いことである」これは痛い。

ダンキンがSaquon Barkley選手をCM起用Picture1

ダンキン・ドーナツはすでにニューヨークジャイアンツの公式コーヒーとして認定されている。

今、ダンキンは若手選手であるSaquon Barkley選手との契約を獲得し、1800以上の店舗を構えるニューヨークの地下鉄圏内を彼の広告で埋め尽くした。

先日同社がリニューアルしたエスプレッソのプロモーションをジャイアンツのユニフォームを着たBarkley選手が行う映像で、1年間のキャンペーンの実施が始まった。

Barkley選手は過去にダンキンのキャンペーンとして抜擢されたジャイアンツの選手のOdell Beckham Jr.やニューイングランド・ペイトリオッツのスターRob Gronkowskiの足跡をたどることになる。

これを買いますか?Picture1

タコベルはファッション通販サイトTipsy Elvesとの共同開発で製作した、ホットソースのパッケージから着想を得た着ぐるみと同社をイメージした不恰好なスウェットを販売している。

2018年のベスト・アウトドア広告トップ12

https://www.adweek.com/creativity/the-12-best-outdoor-ad-campaigns-of-the-year/

カンヌライオンズ国際クリエイティビティフェスティバルの金賞、審査員特別賞を見逃すな

Picture1

広告黄金期、『アウトドア』というカテゴリーは屋外広告を意味した。もちろん今年カンヌライオンズで優秀作品に選ばれたものの中には工夫された看板広告もちらほら見えたが、ほとんどの金賞作品は通行人の目に止まるユニークなものであった。

Greenpeace Philippinesと電通の共同制作で作られた巨大な『Dead Whale( 鯨の死体)』が良い例だ。一見ではビーチの巨大な死骸に見えるが、よく見ると海の素晴らしい生命を奪っている、プラスチックのゴミ塊でできた彫刻である。

金賞を受賞した二作はおそらく、伝統的なシンプルさの追求と、屋外広告とブランドアクティベーション間の曖昧な線引きを、最もうまく調和した作品であろう。

2018年カンヌライオンズ金賞、審査員特別賞受賞作品の中で、野外制作されたものはこちら。

Greenpeace Philippines『Dead Whale(鯨の死体)』

エージェンシー:Dentsu Jayme Syfu、Etnikolor Makati、 Dentsu X Makati、IProspect Makati、Grenroom Inc.、Upprgrnd Makati、Hit Productions Makati City

国:フィリピン

https://www.youtube.com/watch?v=o6u6HJYRv-k

Picture1

Louvre Abu Dhabi美術館の『Highway Gallery(高速道路ギャラリー)』

エージェンシー:TBWA\RAAD Dubai, Hertz Radio Manila, Rama International Limited Dubai,  Abu Dhabi Media Company

国:アラブ首長国連邦

https://www.youtube.com/watch?v=scrHrh5oIkU

Picture1

HBO、『HBOサウスバイサウスウェストワールド』

エージェンシー:Giant Spoon New York, Mycotoo California, Glass Eye London

国:アメリカ合衆国

https://www.adforum.com/award-organization/6650183/showcase/2018/ad/34569346

Picture1

バーガーキング『不気味なピエロの夜(Scary Clown Night)』

エージェンシー:LOLA MullenLowe Madrid, F16 Madrid, Only 925 Madrid, Weber Shandwick London, Alison Brod Marketing and Communications New York

国:スペイン

https://www.youtube.com/watch?v=qI-IRzzoBfw

 

Picture1Picture1Picture1

全米ダウン症候群会、『C21』

エージェンシー:Saatchi & Saatchi New York, Spark Foundry New York, Jones PR Oklahoma City, MSL New York, Powell Communications

国:アメリカ合衆国

https://www.youtube.com/watch?v=adk17-ZUNP8

Picture Picture1

ディーゼル、『ニセモノを採用しよう(Go With the Fake)』

エージェンシー:Publicis New York, Publicis Italy, Rival School Pictures New York, Cosmo

国:イタリア

https://www.youtube.com/watch?v=3pqRgD5Dg4c

Picture1Picture2

国立安全評議会、『Prescribed to Death(死ぬための処方箋)』

エージェンシー:Energy BBDO, m ss ng p eces New York, PHD Chicago, Ketchum New York

国:アメリカ合衆国

https://www.youtube.com/watch?v=0jmDHoPUGKI

Picture3 Picture4

広告代理店JC Decaux、『The Route(経路)』

エージェンシー:Y&R ブラジル

国:ブラジル

https://www.youtube.com/watch?v=X_WL62UVp8EPicture5Picture6

KFC香港、『Hot & Spicy(ホット&スパイシー)』

エージェンシー:Ogilvy Hong Kong, Illusion Bangkok

国:中国

 

Picture7Picture8

Stabilo Boss ハイライターペン、『The Remarkable…(なんとも驚くべき…)』

エージェンシー:DDB Group Düsseldorf

国:ドイツ

Picture9Picture10

対象:コメディーセントラル、『The Daily Show Presents: The Donald J. Trump Presidential Twitter Library(デイリーショーが送る、ドナルドトランプ大統領のツイッターライブラリー)』

エージェンシー:23 Stories X Conde Nast

国:アメリカ合衆国

https://www.youtube.com/watch?v=dqUCJTVTYykPicturePicture1Picture2

グランプリ:マクドナルド・カナダ、『Follow the Archesアーチを追え)』

エージェンシー:Cossette, Novus Media Canada, OMD Canada

国:カナダPicture3 Picture4 Picture5