アメリカの音楽/動画ストリーミングサービスでの消費額は260億ドル

【出典】2019/7/15

https://variety.com/2019/music/news/consumer-spending-subscription-services-2019-1203267997/

image40

Consumer Technology Association(CTA)の予測では、2019年のサブスクリプション型サービスでの消費額は260億ドルにものぼるという。2018年には204億ドルであった消費額は急激に増加しており、予測から大きく外れなければ2017年の約2倍の金額が今年消費された計算になる。Apple MusicとSpotifyの持続的な成長の影響により米国内の音楽ストリーミングサービスの収益は84億ドルに達する勢いを見せている。前年比で33%の成長である。

ビデオストリーミングサービスでも勝らずとも劣らぬ前年比25%の伸びを果たしており、収益は177億を突破。CTAはライブTVストリーミングサービスの台頭を高く評価している。

image41

最新の予測で、2020年には音楽とビデオを合わせた収益額は323億ドルに達すると言われている。ここまで音楽とビデオに着目してきたがビデオゲームも看過できないだろう。2019年にはビデオゲームのみで390億ドルが米国内で売り上げられている。2020年には420億ドルに達する見込みだ。

米国内の傾向として今年の家電と消サービスを合わせた収益額は4,010億ドルであり、前年より2.2%の成長を見せている。

当然ながら全ての領域が均一に伸びているはずもなく、ソフトウェア領域は前年比で14%の増加だがハードウェア領域は0.3%の減少に転じる予測が立てられている。Appleのような企業がソフトウェア領域に特化している理由が見えてくるだろう。