シュガーラッシュが物語の鍵となる役をeBayに無償提供

【出典】 2018/11/21

https://adage.com/article/cmo-strategy/wreck-ralph-ebay-starring-role/315748/Picture1

映画の主人公であるラルフとその親友ヴァネロペだけがシュガーラッシュの最新作となる『シュガーラッシュ:オンライン』の中心人物ではない。

ネットオークションサイトであるeBayも物語の重要な鍵を握っている。同社によるとこの二社の統合には金銭的なやり取りは発生していないが、現在、統合による恩恵を享受していると述べる。「マーケターにとってこの現象は偉大と呼べるだろう」とサンノゼに本社を構えるeBayのCMOであるSuzy Deering氏は語る。

映画において、eBayは重要な役割を果たしている。

なぜなら、登場人物が日常生活を取り戻すために必要なアイテムを入手するためにはeBayを使う必要があるからだ。

ディズニー映画では、eBayのキャラクターをeBoyと名付けて紹介している。彼は定期的にラルフとヴァネロペに入札金額の不足に伴う購入キャンセルまでに現金を支払う時間がどれくらい残っているかを伝える役割を果たしている。

Picture1

一方で、eBayの強力なライバルであるアマゾンは、映画の中のインターネット世界ではぼんやりとしか映っていない。Deering氏はディズニー社が今年の初めにeBayに映画の協力を求めてきたと述べる。この2つのブランドは11月の映画公開に先駆けて、第三四半期にマーケティングキャンペーンやと商品の販売を共同で行っている。

ディズニー社がeBay内に広告を出してもらうことにより恩恵を受けている。

例えば、eBayは30秒間のTVCMで映画における同社の役割の重要性を披露している。それは映画の話題性を呼び、さらに映画専用の商品サイトを設けている。同社はイギリスにおいて、eBayは同作品とコラボした野外広告を実施している。

映画に関連するマーケティング出資額についての発言を控えたDeering氏は、この統合はeBayの社会的注目を持続するのに役立ち、それは近頃、同社が行っている”It’s Happening”のマーケティングキャンペーンの要素となっている。

また、eBayの代理店である72andSunnyはキャンペーンのサポートをしている。

eBayは以前、いくつかの映画のスポンサーとして費用を出資しているが、『ブラックパンサー』や『Oceans 8』を含む多くの映画では費用は支払われていない。

毎年恒例、年末商戦のはじまりかつ最大の山場となるブラックフライデーやサイバーマンデーに対して、シュガーラッシュの関連事業がどれくらいの盛り上がりをみせるかは予測不可能である。

ツイッターユーザーはeBayの働きに感謝を示しているように思われる。Picture1