メルセデス・ベンツ、IGTVプラットフォームを利用してブランド短編映画をリリース

【出典】8/22/2018

https://www.alistdaily.com/lifestyle/mercedes-benz-first-driver-igtv/

Picture1

メルセデスベンツはInstagramの新しいIGTVプラットフォームのための初めてのスポットを制作した。『Bertha BenzThe First Driver』という白黒の短編映画だ。

そのブランデッドコンテンツは2分以上の尺で、メルセデス・ベンツの共同設立者であり車の発明者のカール・ベンツと、妻であるベルタ・ベンツ氏の物語が語られている。カールが1888年に最初の自動車を発明したとき、彼の妻、ベルタはそれが動くかを証明するためにドイツを横断し、60マイル走行したと言う話も含まれている。

「これは、我々がずっと抱いていたプロジェクトの1つだった。ベンツの誕生の物語を何度も語ってきたが、その物語をより力強く伝えるためのビデオを制作しているか、ということをいつか本当に確信したかった。」と、メルセデス・ベンツUSAのマーケティング・サービスとデジタル・カスタマ・エクスペリエンスのゼネラル・マネージャであるマーク・アイクマン氏はAListに対してこう話した。

もともと国際女性デーに合わせて考えられていた短編映画『The First Driver』は、今週のペブル・ビーチ・コンクール・デ・エレガンスに先立って放映された。

「今週はメルセデス・ベンツの130周年記念を祝うストーリーを発表し、またクラシックカーのコンテンツを発表する週でもあり、本当に不思議な週だった」とアイクマン氏は付け加えた。この短編映画『The First Driver 』は白黒で撮影され、無声映画を連想させるピアノのスコア以外のサウンドはない。ビデオは、車が壊れるかもしれないと言う不安をベルタがどのように克服し、夫の発明を最後まで信じ続けたかが描かれている。

「私たちは、今ビデオをアップロードする場所として最も新しい、IGTV上の最新の垂直型ビデオフォーマットの最新チャンネルと、我々が語るオーセンティックなストーリーとの組み合わせを気に入っている。」とアイクマン氏は語った。 「1888年に女性が運転するのを見るのは、おそらく今の時代に空飛ぶ車を見ることに近いと思う」と付け加えた。

IGTVは6月に、クリエイターを目立たせるためのショート・フォーム・ビデオ・コンテンツのプラットフォームとしてローンチした。FacebookとInstagramの長年のベータテスターとして、メルセデス ベンツは新しいフォーマットを試してみたいと強く思っていたが、従来のビデオ広告のようにはならないこともわかっていた。

アイクマン氏は、「これはエンターテインメントプラットフォームであり、新商品発売時の広告プラットフォームではないため、ストーリーテリングに感じることができるコンテンツについて考える必要があった。我が社は、この垂直型ビデオを利用すること自体は初めてではない。我々は、長きに渡りその広告フォーマットを使用してきた。今日の世界において、モバイルの重要性を認識しているためだ。」と述べた。

「若い消費者がエンターテインメントのためにデジタルコンテンツやビデオに注目するにつれて、マーケティング担当者にとってストーリーテリングがこれまで以上に重要だ。」とアイクマン氏は語る。「このプラットフォーム上で、自分たちの場所を確立しなければならない。」と彼は強調した。

「私はストーリーテリングが重要だと信じている。」とアイクマン氏は語った。 「大事なことは、会社が自社のブランドの製品、伝統、そして使命を伝えるストーリーと実際に消費者に結びつけるものとの間のバランスを探すことである。ブランドとして、私たちはオーディエンスとの感情的なつながりを増強しようとしている。そしてそれを、私たちのアイデンティティーを語るオーセンティックでパワフルな物語を使って達成するのだ。」と述べた。

IGTVに加えて、『The First Driver 』は、従来の(水平)ビデオフォーマットであるYouTubeとFacebookでも視聴可能だ。