BAFTAロサンゼルス、ニューカマープログラムを諸外国向けに展開

https://variety.com/2018/film/global/bafta-los-angeles-newcomer-program-expanded-1202882103/Picture1

BAFTAロサンゼルスは、イギリス以外の国々からハリウッドにやってくる国際的なタレントを抱えるために、ニューカマープログラムを拡大しているところだ。このプログラムでは、キャリアを広げるためにロサンゼルスに移ってくるエンターテインメントのプロフェッショナルと、その分野の他の人達とを繋げている。

今日発表された文書には、英国映画テレビ芸術アカデミーは、イギリスに加え、オーストラリア、ポーランド、南アフリカ、イスラエル、韓国、フランス、トルコ、香港からの55名の参加者を援助するつもりであると書かれていた。2007年に開始された本プログラムは、キャリア形成のサポートや、ビジネス向け交流会、ロサンゼルスに移った人々とのマッチング、キュレートされた教育プログラム、BAFTAの説明会とインサイトシリーズを含む能力開発イベントのスケジュールへのアクセスなどを提供する。

この展開は、BAFTAロサンゼルスの使命を一歩先へと進め、異文化交流を促進しグローバルな関係を強化することになる。

「BAFTAがグローバルに援助を広げていく中、ロサンゼルスでイギリス人タレントを支援し成功してきて10年が経ち、現在ニューカマープログラムが国際タレントにまでその範囲を広げることに、私たちは胸を躍らせている。」と、新人(ニュータレント)委員会の会長であるSandro Monetti氏とPeter Morris氏は文書の中で語った。

今年選出された55名の参加者は、俳優19名、監督15名、プロデューサー9名、映画脚本家3名、アートディレクター2名、エグゼクティブ2名、作曲家2名、撮影監督1名、プロダクションデザイナー1名、エージェント1名、広報係1名で構成されている。彼らは3つのグループに分けられ、参加者はそれぞれプログラムの1,2,3年目に各グループに所属する。