アマゾンが車のトランクに商品を配達開始

【出典】2018/4/24
https://www.theverge.com/2018/4/24/17261744/amazon-package-delivery-car-trunk-gm-volvo

Picture1

2016年、アマゾン社はアマゾンプライムのメンバーの家のドアを自動的に解除し商品の配達を行うサービスを開始した。どうやら同様のサービスを車でもスタートするらしい。

配達担当者がオーダー主に車のトランクに商品を配達できるサービスを発表した。自宅のドアを解除して配達する場合、スマートロックとクラウドベースの監視カメラが必要となったが、今回は大手自動車企業のGM社とボルボ社と正式にパトナーシップ契約を結び開始する。全米37都市でこのサービスは提供される。

デリバリー・テクノロジー部門バイスプレジデントのPeter Larsen氏は「家の中への配達サービスは非常に良い反応だった。そして我々の計画の中には常に家以外に配達できる方法はないかと考えていた」と語る。同社は車への配達をカリフォルニア州とワシントン州で試験的に過去6ヶ月運用していた。同サービスのプロモーションビデオでは、ドアベルの音で赤ん坊が起きるのを防ぐためにトランク配達を行う女性や、子供のバースデープレゼントをバレずに配達するために車への配達を行なった女性などが登場する。

 このサービスはアマゾン・プライムメンバーのみ、そしてGM車またはボルボ車で201年以降に生産された車両のみに同サービスが適応される。アマゾン車は他のブランド車でも同サービスを拡大予定とアナウンスしている。

アマゾン社はGM社とボルボ社と2年間の契約を結んでおり、関係者の話によると、この2年はトライアル期間であり、両サイドから金銭は生まれない。このデリバリーサービスを使用する場合、アマゾンが提供するアプリに車体の登録が必要だ。車両は配達先住所から一定の圏内にいる必要があるが、自宅・会社・駐車場・路駐であろうとどこにでも配達可能だ。

もし車への配達が突然不可となった場合(急遽車を使用しなければいけなくなったり、荷物が入らない場合など)はアプリから簡単にブロックすることが可能だ。ブロックした場合、バックアップとして登録されている住所に商品は配達される仕組みとなっている。

アマゾンの配達員は車のGPSロケーション・ナンバープレートの番号・車の写真にアクセス可能でその情報を元に車を特定する。全てのセキュリティ情報はアマゾン社と車両会社間で扱われ、車は決められた時間・場所・人がいる時にしか開錠しないシステムになっている。

このサービスの問題点は車両がクラウドサービスの電波状況が悪い場所にいる場合があること、そして配達先が変わる可能性があることだ。試験サービスを行なっている時、アマゾン社は配達開始6時間前まで車両の場所が特定できなかったこともあったと関係者は語る。

車両メーカーは前から車への配達を計画しており、2016年にボルボ社は車への配達をスウェーデンのスタートアップ企業Urb-itとストッックホルムで開始した。アマゾン社も2015年にパイロットプログラムとしてアウディと行なった実績はあるが、長く続かなかった。

アマゾン社が今回GMとボルボを選んだ理由は両者ともコネクテッッドカー技術に力を入れているからだ。GMが提供している車内サービスOnStarはハンズフリー通話・ナビ・緊急サービスを行うサブスクリプションサービスで、シェビー・ビュイック・キャデラック・GMCが対応しており、アマゾンのサービスも利用可能だ。ボルボもVolvo On Callと呼ばれる似たサービスを展開しており、ロードサイドアシスタンス・車両の遠隔での解錠・施錠が可能だ。このようなハイテク機能がアマゾンのサービスを可能とさせた。

Picture1

あるセキュリティ研究者によると、アマゾンのクラウドカメラは自宅のWi-Fiが届く範囲であれば、どのパソコンからでも動作を停止することができると発表されてから、疑心暗鬼になっているユーザーもいるかもしれない。自宅内への配達と違い、配達状況を記録するカメラもないが、アマゾン側は安全と述べている。