スナップ社3Dゲームエンジン企業を買収

【出典】2018/3/23
https://techcrunch.com/2018/03/23/snap-reportedly-buys-its-own-3d-game-engine/

Picture10

スナップチャットの親会社であるスナップ社が2017年5月にイギリスのウェブベースの3Dゲームエンジン開発スタートアップを購入していたとビジネスインサイダー誌が報じた。PlayCanvasと呼ばれるこのスタートアップは誰もが3D環境をデザインすることができるツールを開発している。ユニティーやエピック・ゲームなどのゲームエンジンと違い、PlayCanvasはウェブブラウザ上で起動し、低性能の端末からでも起動することができる。WebGLを使い3Dモデルの作成からゲーム制作を行うことができる。

2011年にロンドンで誕生した同社はシードファンディングステージでマイクロソフト・アクセサレーターやDC Thomson Venturesなどから59万ドルを集めた。スナップ社の買収額は明らかにされていない。

スナップ社が過去に行った買収は主に消費者向けであったが、今回はデベロッパー向けだ。同社は現在ARにフォーカスしており、最近AR関連のエフェクトは外部デベロッパーも制作可能となった。今回の買収により同社はAR関連のエフェクト制作はデベロッパーネットワーク重視になるだろう。