ネットフリックス、700以上の新タイトルを2018年にリリース

【出典】2018/2/27
https://www.engadget.com/2018/02/27/netflix-700-original-titles-2018/

Picture4

今年ネットフリックス社は700以上のオリジナルTVや映画を同社のストリーミングサービスに追加予定だ。同社のCFOであるDavid Wells氏は「新コンテンツを続々と追加していく方法は成功しており、成長している。」と語った。700あるオリジナルコンテンツのうち80コンテンツは、ドイツ制作の「Dark」のようにアメリカ外で制作される予定だ。

そして同社は様々な大きな契約を成功させており、TVプロデューサーのライアン・マーフィー、ションダ・ライムズやデュプラス・ブラザースなどだ。そしてマット・リーブスがプロデュース予定のSF映画の配給権を購入、他にもコメディやアニメ作品にも力を入れている。第四半期だけで加入者数は8.3%増加、現在世界で1億1000万の有料加入者を抱えている。

オリジナルコンテンツを強化する以外にも今年から同社はマーケティングも強化予定だ。昨年から1.5倍の2000億円をマーケティング費用に宛てる。Well氏は「全ての予算はコンテンツに使うべきだと考えていたが、マーケティングは多くのコンテンツを観てもらうための掛け算になる」と語った。