今Facebookより価値がある中国のインターネット大手、Tencent社について知るべき5項目

【出典】11/28/2017
https://gizmodo.com/5-things-to-know-about-tencent-the-chinese-internet-gi-1820767339

Picture31

大抵のアメリカ人はまだTencent社に詳しくないが、この中国のデジタルメディアと通信業の大手は素早くインターネット上で最大のプレーヤーの1つになった。同社の時価総額は5,300億ドルになり、Facebook越えとなり世界で5番目に大きい企業となった。

 Tencent社の始まり

1998年創立、Tencent社の始まりはOICQメッセンジャーだ。その後同じチャットアプリのICQによる法的措置を逃れるため、QQに改名した。QQの成長にもかかわらず同社は1998年から3年連続赤字だった。2000年代半ばに他の領域に手を広げ始める。その中には検索エンジンのSosoを含め、ゲームCrossFireとDungeon Fighter Onlineなどもあった。2011年から、WeChatのリリースとRiot Gamesの買収で、事業が軌道に乗り始めた。

 

中国のソーシャルメディアを牛耳る

中国で、Tencent社は最大のソーシャルメディアとメッセージアプリを保有する。例えばQQ, WeChatとQzoneだ。それに自社のデジタルアシスタントさえも所有し、その名はXiaoweiで、AlexaやFacebookのMのように、天気予報や交通に関しての質問に答えることができる。中国でTencentのアプリとウェブサービスは無限であり、TenPayなどのモバイル決済システムから、Weiyunのクラウドストレージサービス、そしてTencent Picturesという新しい映画スタジオも存在する。

 

ゲームとアメリカ進出

アメリカでは同社が手がける製品はゲームが多いだろう。同社は幾つものゲーム会社を所有している、例えばライオット・ゲーム社(リーグ・オブ・レジェンド)、Supercell社(クラッシュ・オブ・クラン)、Epic Games(ギアーズ・オブ・ウォー)、アクティビジョン・ブリザード社(オーバーウォッチ、ディスティニーなど)。そしてスナップチャット社の株13%を購入するなど、Tencent社はより多様化し始める。さらに噂によると、同社はアングリーバードのメーカーRovio社の買収も考えている。

 

Tencentはこうして大きくなった

Tencentは大量のユーザーを抱える。今年5月、WeChatの月間ユーザーは9億3800万となった。そして中国政府は同社の成長に重大な役割を果たした。共産党の5年計画(2011-2015)で、Google、Facebookなどの企業が中国進出を阻まれ、電子商取引も規制対象となった。その結果中国で初の5兆ドル規模の企業が誕生した。

 

物事の行方

昨年Tencent社の株価は200から400香港ドルに倍増した。人々は同社がGoogle, FacebookとAlibabaなどに対抗して本格的にオンライン広告参入すると考えられている。Facebook社全体の売上高に対する広告収入の割合が97%に比べると、Tencent社の現在のオンライン広告売上高は全体の17%のみだ。GoogleとFacebook合わせ、アメリカのデジタル広告の60%を占めて、全世界の50%を超えていると考えられているが、同社の参入によりインターネット勢力が大きく変わり始める可能性がある。