フェイスブック、Messengerプラットフォームにおいてブランドとデベロッパーに向けて二つのリソースを提供開始

おすすめ機能とデベロッパーのディレクトリー

【出典】2017/6/29

http://www.adweek.com/digital/facebook-messenger-platform-feature-recommendations-directory-platform-development-providers/

名称未設定

フェイスブックは、Messengerプラットフォームを利用するデベロッパーとブランドを盛り上げるような発表を、木曜日に行った。

まず、同ソーシャルネットワークは、ボットが自らを改善するために使用していたおすすめ機能をローンチしたと発表した。フェイスブックはブログで以下のようにコメントしている:

このおすすめ機能は、デベロッパーに明確で行動に移しやすいフィードバックをシェアできるようにするために特化されたチェックリストです。この新たなリソースは、ボットがどのプラットフォームツールを使っているかを提示し、エコシステム内で観測された最も素晴らしい手段に基づいて追加ツールや追加機能を進めてくれるのです。一度ある一定以上の人がボットを使うと、おすすめリストをメールで通知してくれるようになります。

核となる機能 — 体験自体や体験に予想を設定することに必要不可欠なツール

追加機能 — ボットの性能を拡張させることのできるツール

名称未設定

フェイスブックはまた、Messenger上で何かを開発した経験を持つデベロッパー同士を繋げるために、デベロッパーディレクトリーのリリースも発表した。

このデベロッパーディレクトリーは、Messenger上で何かを開発した経験を持つ人々を繋げるリソースです。こうしたデベロッパーは一対一のメッセージから自動メッセージまでサービスやソリューションを提供します。このディレクトリーを活用すれば、世界中のデベロッパーとMessenger上で協業することができ、多くのビジネスを成功に導くことができます。我々は、今後もディレクトリーの性能を向上させていきます。リストアップされて要るデベロッパーは全員、人々とビジネスの間で繰り広げられるMessenger Platformのポリシーに準じた会話を経験しています。

名称未設定