MTV News、若い世代をターゲットにするために動画にシフト

【出典】2017/6/28

http://variety.com/2017/music/news/mtv-news-1202481377/

名称未設定

Varietyは、MTV Newsがより若い世代向けの短編コンテンツを制作する方向にシフトしようとしていると報じた。

この動きが起こったのは、Chris McCarthy氏がMTVの社長に就任してから7ヶ月後のことである。これにより、同社のフォーマットは長いジャーナリズムから短編の動画コンテンツにシフトしていくようだ。

MTVは、Writers Guild of America EastがMTV Newsスタッフの代理となることに同意した。今回の同意の一環として、MTV Newsは数人のスタッフやフリーランスのクリエイターと袂を別つ結果となった。

今回のこうした動きは、WGA EastがMTV Newsの社員の代理として契約を結ぶ道を模索しているとMTVに伝えた2月より前に、始動していた。MTVはこれを受け、WGA Eastにニュース部門を再構築する計画をすでに指導していると伝え、袂を別つスタッフの契約解除からWGA Eastが担当した。

MTV Newsは、2015年の終わりからウェブサイトGrantlandで働く実績を持つ記者や編集者を採用し、4,000字から6,000字程度の記事の多く制作してきたが、こうした長いフォーマットのコンテンツに焦点を当てる戦略がこれまでの指針だった。

それを裏付けるかのように、過去Grantlandで編集者を務め直近ではMTV Newsでは編集長だったDan Fierman氏が、今年の4月にMTV Newsを去っている。

情報に詳しい人によると、2015年以来、MTV Newsのデジタルコンテンツに対する閲覧回数は減少傾向だったようだ。というのも、Omnitureによると、MTV News上のコンテンツにおける平均ユニーク視聴回数は、2014年10月から2017年6月の期間より2016年10月から2017年6月の期間かの方が64%減少しているというのだ。視聴時間も59%減少しており、動画視聴回数も97%減少している。

一方Comscoreによると、MTV.comのエンゲージメント時間は2016年11月の3.6分から2017年2月の4分と増加傾向にあるようだ。この数字はニュース以外も含めてMTV.comのコンテンツ全てを計測している。

MTVは、ViacomのCEOを務めるBob Bakish氏によってケーブルテレビの中で「最高の」ブランドと認定された6ブランドの一つである。McCarthy氏は、VH1やLogoといったチャンネルを社長として立て直してきた。こうした立て直しを図るために、「Sweet/Vicious」や「Mary and Jane」、さらにはフェイスブックのオリジナルシリーズとして復活しているが「Loosely Exactly Nicole」といった視聴率の低い脚本のある番組が打ち切りとなり、「Promposal」や「My Super Sweet 16」、「Fear Factor」といった脚本のない番組に方向性をシフトさせた。

Nielsenの調査によると、18歳から34歳という平均年齢層の6月の視聴者数が昨年の6月と比べて3%増加したようだ。これは、2011年以来の快挙であるらしい。「Promposal」や「My Super Sweet 16」といった番組は、明らかに18歳から24歳の女性に焦点を当てており、その他の番組からもネットワーク全体が若い世代をターゲットにしようとしているのが明白である。