コンテンツターゲットを利用した顧客との繋がり方

【出典】2017/6/27

https://tech.co/targeting-content-consumers-mobile-2017-06

名称未設定

 

ソーシャルメディアやスマートフォン、ビッグデータ解析の進歩によってオンラインリテールの業界が変わり始めている。これからの企業は、日々変わりゆくテクノロジーの変化に適応できる顧客とそうでなはい顧客両方を考えていかなければならない。しかし、どの変化に対し適応する必要があるか特定することは難しくなってきていると言えるだろう。

一方で、これらの進歩は企業がより効率的かつクリエイティブに顧客とのコネクションを高めることも可能となったという見方もできる。そして、企業をより大きく成長させ、ブランドメッセージを高めることができるようになったのだ。近年起きたいくつかの変化は、新たなテクノロジーを使う事により、企業と顧客が繋がりお互いの関係が強くなったと言えるだろう。

 コンテンツターゲットの普及

現在、企業にとって一番有利ツールは、ビッグデータとその分析情報だ。Google Analyticsやフェイスブック広告等、ある特定の人口に向け、様々な広告コンテンツを発信できるようになり、企業はその特定の人口に対し、最も効果的なコンテンツを作ることができるようになった。郊外に住む母親向けのメッセージから、テクノロジーに敏感なミレニアム世代向けまで、それぞれにあったメッセージを発信できるようになったのだ。ターゲティング広告のおかげで、企業は誰にどんなメッセージを発信したいか、より正確に判断できるようになった。

コンテンツターゲットのような分析は、企業が抱える既存顧客と潜在顧客のユニークなインサイトを提供してくれるようになり、企業のビジネスに最も対象とされた人々に、アピールすることができるようになった。

名称未設定

重要なツールとしてのモバイル端末

企業が徐々にスマホ向けサイトやアプリ作成等、スマホ市場に力を入れているが、一番重要なことは顧客とのコネクションであり、特に消費者市場におけるミレニアル世代が占める割合が徐々に高まりつつある中、彼らが重要となってきている。

企業は、広告に対する考え方を変え、どのように顧客にリーチし正しい場所に広告出稿すべきか柔軟に対応することが必要になってきたと言えるだろう。

スマホは、企業が消費者に対し常にアクセスすることを可能にするだけでなく、繋がることもできるようになった。例えば、Apple Walletはスターバックスのアプリを持っているユーザーに対し、現在どれだけの残高がスターバックスのアカウントにあるか、店に近づいた時にアラートする機能を持つ。これはすなわち、スマホ内の広告であり、購入意欲を高めるモチベーションとなるのだ。

 消費者は「即時的な」満足を求める

消費者が常に企業にアクセスできるようになった事により、一方で消費者はすぐに企業に対し瞬間的に満足を求めるようになるという副作用も生まれてしまった。これは、苦情に対する企業の対応から、商品の迅速な郵送まで、様々な形で現れている。Amazonがこの分野に関しリードしており、同日配送やスーパーにある商品の時間指定配送、食事のデリバリー、即時ピックアップといったことを可能にしてきた。

 中小企業の方が、より良いチャンスを持つ

これらの変化から出てくるもう一つの副作用は、小企業が大会社と一緒に同じ土俵で競争に参加できるようになったということだ。通常の営業活動をネット上に移す事によって、ほとんどの一般費用を省くことにより、これが可能になった。Etsy等のオンラインショッピングサイトは、小さなビジネスの経営者をより幅広い市場にアクセスさせ、手頃な広告費で商売することを可能にした典型的な例である。

テクノロジーの進歩とソーシャルメディアのおかげで、小さなビジネスが一夜にして成功を収めるケースが増えてきた。Bitter Lace Beatyという化粧品会社は、プリズムみたいに虹色に発色するハイライトを開発したが、今まで数千人しか聞いたことがなかったこの小さな企業がインターネットでこのハイライトが人気になった瞬間オーダーが殺到し、生産が間に合うまで販売を中止するほどの大盛況となった。

ソーシャルメディアにおけるトレンドの変化やビジネスオーナー向けの新たなツールの開発により、 オンライン小売業はより利便性と満足感を顧客に与える事ができるようになったと言えるだろう。