イベント分析:E3 2015の勝者は?

【出典】2015/6/17

http://mashable.com/2015/06/17/e3-2015/Untitled

 

ロサンゼルスで行われたE3。誰が勝者だったのか。

この勝者を決めるという分析が一般的なようであるが、E3がヒット作品を発表するのに最高な年1回の祭典であることを考慮すると当然なのかもしれない。様々なメディアのニュースがそれぞれ独自の記事を書き、E3の前の記者会見ではできるだけ活気づけるよう考慮されている。

実際には全社勝ったとも言えるし、全社負けたとも言えるだろう。過去最高のE3であっても、つまらない瞬間は必ず訪れるものであるし、拍手の裏には批判はつきものである。このことを念頭に置いた上で、今年の出展者の様子をご覧いただこう。

Bethesda Softworks

出版社史上初めて、Bethesda Softworksは独自の記者会見を開催した。大きなイベントの前夜にハリウッドのドルビー・シアターを予約していた。この大胆とも思える行動は、しかし はっきりとした意図からきたものらしい。

1時間も続いた展示の目玉とも言えるDoomやFallout、Dishonoredが紹介され、新たなコミュニティを作り上げる案(Bethesda.net)やユーザーがコンテンツを制作することができる機能(the Doom Snapmaps 機能)等も発表された。

これらの商品を紹介するイベントをE3の従来の記者会見の前日に当たる日曜日に行うことを随分前から決めていたため、注目を浴びるのが難しい記者会見日を外すことで、何時間もスポットライトを独占し良い結果を見せた。

成績:B+

マイクロソフト/Xbox

Xbox Oneが公開されてからというもの、マイクロソフトは近年E3にて苦い経験を強いられ続けてきた。初期のゲーム機の機能性においてはゲーマーの間で不満の声が上がっており、その批評をもとに改善されたはずの方針はさらに油を注いだからだ。Xboxのゲーム解像度やパフォーマンスに対する批評は続き、マイクロソフトはいつの間にか2番手に置かれていた。これはハードウェアに置ける前世代に圧倒的な存在感を示したXbox 360と比較すると大きな打撃である。

しかしE3 2015の開催が近づく中、Xboxには転機が訪れているようだ。Xbox 360のゲームがXbox Oneでも使用できるようになることが、ショーの目玉となることは間違いないだろう。それに加え、Game Previewの先行アクセスと圧倒的な存在感を出しているMinecraft/HoloLensデモンストレーションもある。

今回発表されるゲームは結果からくる産物といえるだろう。HaloとGears of Warは良い反響を呼んでいたり、ReCoreはMega ManのクリエイターとMetroid Primeの主要開発者が制作する新たな世界を紹介したり、さらにはRare Replay等のファンサ—ビスは世界中のファンに向けて開発されたりしているからだ。唯一の欠点は、Call of Dutyが一般公開されていないことである。

最終的に今回のE3 2015でマイクロソフトに大きな勝利をもたらしたのはWindows 10だろう。このハードウェア会社にとって最もエキサイティングな発表は、Xbox One製品の全てが Windows 10と同じOSを基幹にしているということである。

成績:A-

Electronic Arts

Electronic ArtsはE3でどのように商品を発表するのか深く考える必要がある。反響の良いMass Effect とスターウォーズ:バトルフロントが他の芳ばしくないラインアップを挟む形で発表された。Mirror’s Edge Catalystは期待できそうに見えたが、残りの発表はすべてEA Sports、EA Mobileそして高価ではあるが家庭で楽しめる商品(Plants Vs. Zombies: Garden Warfare 2)を中心に行われた。

その結果、例年通り記者会見の中間部分は、あまり役に立たないものとなった。これらの発表はE3のユーザーにあまり向いていないのだ。今年のElectronic Artsの会見は失敗というわけではないが、モバイルやスポーツ、そして家庭で楽しめる商品といった三つのプレゼンテーションに分け、E3ではなく他の場で発表する方が良かったのかもしれない。

成績:C-

Ubisoft

UbisoftもElectronic Artsと同じく、大ヒットに一歩及ばないゲームを会見の場で発表するという失態を見せた。しかし、Ubisoftには主流の人気ゲームシリーズ(Assasin’s Creed、Tom Clancy、Far Cry等)があり、さらに社内に大きなスタジオも存在するため、Electronic Artsほど酷いにはならなかった。

フランス発のこの出版社は、E3での公開において常に「問題児」のような姿勢で挑んでいる。Ubisoftの記者会見に対しては、不敬の言葉やきつめの冗談が度々聞かれる。過去にはヌードや現実に基づく激しい暴力のシーン等が紹介されたこともある。 独特な特徴によって毎年E3で目立っている。

E3 2015では、例年通り見た目がシャープなラインアップが公開された。あっと言わせる新しいゲーム(South Park: The Fractured But Whole)を始めとし、予想されたゲーム(Assassin’s、Just Dance, The Division and Rainbow Six)、今では必須になりつつある「新しいIP!」の宣伝、陰に隠れた小規模のもの(ゲームの拡張機能等)、そしてさらに大規模な発表(Ghost Recon: Wildlands)と続けた。

今年のUbisoftのE3 2015での展示は、滑らかでスタイリッシュだったが、期待通りであったともいえる。

成績:B

ソニー/プレイステーション

マイクロソフトの批評を聞き「プレイステーション4はXbox Oneではない」という大胆な発言を残して以来、ソニーはE3でリーダー的な存在となっている。しかし今回のXbox Oneの成功によりマイロソフトは二社を平等な立場に引き戻した上、ソニーに大きなプレッシャーを与えたようだ。

その勝負は、勝敗を決めるのが難しい結果となった。一方ではソニーが凄まじい発表を行い、2016年に公開されるThe Last Guardianの予告を始め、全く予測のつかなかった待望のファイナルファンタジーVIIのリメイクバージョン、さらに驚きのShenmue III キックスターターの発表、その他期待できそうな作品数々(No Man’s Sky、Horizon: Zero Dawn、Dream、 新しいDestinyのコンテンツ)が紹介された。

しかし、これらの情報は公開予定日やゲームの詳しい内容が含まれておらず、あやふやな気持ちになったと言わざるを得ないだろう。思わず見とれてしまうような予告編をたくさん見たものの、それの支えとなるような詳しい情報がなかったのだ。

しかしソニーは限定版を持つゲームにおいては圧倒的に有利であった。その例としてCall of Dutyのゲームが挙げられる。今年はXboxではなくプレイステーションに限定版ならではの追加コンテンツが与えられるのだという。それに伴い、今年公開された二つのスターウォーズゲーム(Disney Infinity 3.0とStar Wars: Battlefront)もプレイステーションを対象に限定版コンテンツを与えるらしい。さらにDestinyのソニーへの限定版戦略は続くという。

ソニーにとって、この限定版という概念は多くのソーシャルゲーマーを魅了し続けることにもってこいの戦略である。マイクロソフトでも起きたように、その支持はゲーム出版社の意向に左右されやすいが、これらのゲーム出版社がプレイステーションを支持することに決めたことによってこの先注目されることは確かだろう。

成績:B-

任天堂

任天堂のゲーム業界での立ち位置はとても不可思議である。スーパーマリオシリーズは常に批評家たちから叩かれているものの、世界中に多くの情熱的ファンが存在する。マイクロソフトやソニーが誇るブロックバスター並みの規模ではないが、任天堂はしっかりと安定した立場にある。マイクロソフトやソニーのハードウェアと共に、任天堂のゲーム機器を持ち合わせている人は多いことだろう。

2015年公開予定のゲームで期待されるのが、スターフォックス・ゼロとゼルダの伝説:トライフォース3銃士の2作である。公開日が決定しているスーパーマリオ・メーカー(9月11日)にも人々は期待の色を見せている。さらに、Activisionの次なる作品Skylandersに任天堂のキャラクターが登場するという予想外な連携も発表された。

残念ながら、任天堂もいくつか発表し損ねてしまったものもある。待望のメトロイドゲームが3DSのマルチプレイヤー・シューティングゲームMetroid Prime: Federation Forceとして発表されたことがこの最たる例である。また、新しい3Dマリオゲームは発表されなかったものの、マリオテニスとマリオ&ルイージ:Paper Jamでそれを補うらしい。

今回の展示には、任天堂らしい大作がなかった。それがスターフォクスであるという意見もあるが、Wii Uのまともなゼルダゲームは未だ公開されず、スーパーマリオやメトロイドのゲームが最後に公開されてからもう二年が経ち、今年のE3に任天堂の人気キャラクターが登場することはなかったことを踏まえると、大作がなかったと言わざるを得ないだろう。

しかし、実際はゲーム業界で任天堂は安定した企業であり、批判するファンもいれば応援しているファンだっているが、それでも最後は任天堂の動向を気にしている。それを踏まえた上で、今年の発表での反省点に取り組むべきであろう。

成績:C+

Square Enix

Square Enixは序盤から苦しい立ち位置にいた。同社初のE3記者会見が展示会場の正式な開始時間に近い火曜日に行われたのだ。 Bethesda Softworksが月曜日に注目を集めた後、Square Enixはしんがりを務めることとなった。

結果からいうと、Square Enixはそれを見事にこなしてみせた。 アメリカとヨーロッパ、そして日本とそれぞれのチームが協力してとてもエキサイティングなゲームのラインアップを発表したのだ。その中で例年通り最も会場を沸かせたのが長い間求められていたキングダムハーツIIIだろう。

しかし、それだけが会場を沸かせた訳ではない。HitmanやJust Cause 3、Rise of the Tomb Raider、Deus Ex: Mankind Dividedも全て良い反響を呼んだ。さらにStar Ocean: Integrity and Faithlessnessや、Bayonetta Studio Platinum Gamesによる熱狂的なファンを持つNier(!!)の最新版もファンを魅了した。

コミュニケーションの不具合ややや準備不足な点も見えた上、ファイナルファンタジーVIIリメイク版に関する情報が少なかったが、Square Enixは初めての会見を無事に終える事ができたといえよう。

成績:A-