Peach、オークション型の通信販売アプリ

【出典】11/13/2014
http://techcrunch.com/2014/11/13/peachapp/

30

既に数億の販売サイトとアプリが存在しているように思えるが、その中でもカリフォルニア州のバークレーで創設されたPeach Appは、オンラインの衝動買いに焦点を当てたアプリにイノベーションをもたらせようとしている。ディスカウントされたアイテムを売るだけである代わりに、Peachは顧客に、高級ブランドの女性の洋服やアクセサリーに価格の値付けをさせるという。この企画の焦点は、ユーザーに対して商品の値付けをするかどうか判断する猶予が9分しか与えられないということだ。

スタートアップは、投資会社のIDG Partnersからの支持投票を既に得ていて、昨月基本基金として50万ドルの投資をした。ベンチャーキャピタルファームのポートフォリオは、仮想通貨CoinbaseとオープンソースペイメントネットワークのRippleと同様、中国の巨大なインターネットBaiduとTencentを含む。

このアプリは招待制を取っていた。-昨月、ベータ起動と5000人のユーザーを獲得してから、全てのユーザーに対して利用可能になっている。

共同創設者であるJeff ZhangはPeachアプリの形態は、同チームによって開発をされているオークションサイトであるsellegit.comからインスパイアされていると話す。入札者が支払いに意欲的な最大値と最安値を落とす、Sellegitは最大値からオークションがスタートする。そのようなことから、Peachアプリは他社のフラッシュセールスサイトとアプリの代わりにeBayをライバルとして見ているのである。
「私達が他にはない新しい取り組みを行っているので、他社を競争相手の存在を認識していない。しかし、私達の顧客はeBayオークションと比較した上でPeachオークションをより好んでいることが調査結果として出ている。なぜならこちらは9分という短い時間で終わるからである。これは、フルタイムで働くホワイトカラーの女性にとって、とても大きな意味を持つ。彼女達はeBayオークションを何日もチェックする時間はないのである」とZhang氏はそう断言する。

他社のフラッシュ販売サービスのように、Peachアプリは、素早く未販売の商品を棚卸し、一掃するためのチャンネルを販売者に与える。それにより、高級商品のディスカウントを可能としている。ここ最近、業務取引のためのコミッションを請求することによって利益化を図っている。Peachは、オークションが盛んになると見込まれるサンクスギビングにむけて調整段階をしているところだ。