Motortrendが雑誌からデジタルコンテンツに移行した結果、売上が倍増

【出典】 2014/08/27

http://www.huffingtonpost.com/bryan-elliott/how-magazines-are-shiftin_b_5722890.html

2014-08-27-ScreenShot20140827at7.30.20AM-thumb

 

Ed Loh氏は、米国で最も知られている男性誌の一つ、Motortrend Magazineの編集長だ。しかし彼は今や雑誌ではなくYouTubeチャンネルMotortrendのプロデューサーと紹介した方が正しい。雑誌からネットへの移行は彼が求めたことではなく、読者が求めた結果だと彼は話す。

二年ほど前にLoh氏とMototrend誌は、Youtubeでオリジナルコンテンツを提供し始めた。Toyota CamryやHonda Accordがその頃最も売れていた大衆車だったため、そのような身近な車種を中心にコンテンツを作った。大失敗に終わった。

Loh氏は、戦略を考え直すべく、Youtube動画の分析を行った。その結果、読者が求めているのは見た目が派手でわくわくするものだということに気付いた。男性が肌の露出が多いグラビアを好むと同様にファンが欲していたのは、クルマも大衆車ではなく、ランボルギーニー、フェラーリ、ポルシェ、やBMWがサーキットでドラッグレースしている動画であった。

あっという間にチャンネル登録者が数百万人にのぼり、オリジナル番組の制作が開始した。Youtubeの人気に伴い、会社の舵もぐっと紙面からオンラインに移ることになった。オンラインの人気が全く衰えを見せないのだ。

今は複数のスポンサーを付けて、複数のオリジナル番組の開発・制作を手掛けている。

是非MotortrendをYoutubeでチェックして欲しい。コミュニティーの作り方、そしてシェアされるかっこいいコンテンツがどんなものなのか分かって貰えると思う。