月別アーカイブ: 2018年12月

『ブラックミラー:バンダースナッチ』は、テレビ業界の新たな時代の幕明け

【出典】 2018/12/28

https://mashable.com/article/black-mirror-bandersnatch-review/?utm_cid=a-seealso#WMUmVIUDqPqqPicture1

ストーリーを自分自身で選択できる双方向型のNetflixスペシャル 『ブラックミラー:バンダースナッチ』のレビュー。

奇抜で固定概念を覆す本作では、George Orwellの小説『1984年』やホラー/タイムトラベル作品、『ブレードランナー』の原作者Philip K Dick、 『The Good Place』以降で私たちが感じてきた重要な哲学など複数の作品が下敷きになっているのである。

しかし、それ以上に本作が新しいのは長い間私たちが待ち焦がれていたインタラクティブドラマを成功させたという点だ。

 

自分自身の失敗は自分自身で選択する

過去には、インタラクティブドラマが全く無かったというわけではない。Netflix が2017年から『長靴をはいたネコ』のような子供向け作品で試みたインタラクティブストーリーや10年以上前にDVDがリリースされた『ダンジョンズ&ドラゴンズ』でも提供しようとしていたことは事実である。しかし、安っぽいCGIやパッとしないプロット、ドラマへの没入感を損なうストーリー選択などの欠点が見られ、新時代の娯楽には相応しくなかったと言えるだろう。

これらの失敗は、『ファイティング・ファンタジー』や『ソーサリー』を例として挙げられるゲームブックの熱狂的なファンにとっては、不可解だろう。息を呑みながら本のページを捲ったことがある人であればインタラクティブストーリーの力がわかるはずだ。誰もが自分で選択するという行為を通して得られるスリルを感じたことがあるだろう。

やり直すことのスリルをあなたも理解できるだろう

なぜ視覚的なメディアではインタラクティブストーリーがうまくいかなかったのか?何がテレビとゲームの明暗を分けたのだろうか?

朝食のシリアルを選択する

本作品のクリエーターでもあり、ゲーム雑誌の出版会社で働いていたオタク気質のCharlie Brooker氏は、インタラクティブストーリーを上手く成立させた。 どのように成立させたか?それはそのテンポ良く進む物語、そして朝食ではどこのシリアルを食べるのか、はたまた何の音楽を聞くのかなどの現実的な選択が続くのである。(テレビゲームのように、その時は取るに足らないと思えた選択が後々に大きな影響を与える。)

主人公の青年ステファンが「きみならどうする?」のようなゲームブックをゲーム化しようとする話だ。

視聴者によって行われるキャラクターの自由を制約する選択は、登場するゲームデザイナーによってゲームキャラクターに反映されていく。主人公のステファンは作中で視聴者によって選ばれた選択によって導かれ、5つのエンディングが用意されている。

Stefanがゲーム化しようとしているのはバンダースナッチと呼ばれる宇宙に関する本だ。

音楽やManic Miner!!などのコンピューターゲーム、シリアルのFrosties!、コミックシリーズの『2000AD』 などは1980年代に流行ったものが多く使われており、イギリス人にとっては『ストレンジャー・シングス』よりもノスタルジックな気持ちに浸れるのだ。

新たな手法を駆使して、未来のテレビ業界で出来ること

双方向型の物語がどれほど未来のテレビ番組に影響を与えるかを想像してみてほしい。例えば、事件の解決があなたの選択に委ねられている犯罪ドラマであったり、あなたが3シーズン前にした選択により、あなたとあなたの親友との間で展開が全く異なっている『ゲーム・オブ・スローンズ』などである。

あなたの熱狂的なファンの為に何度も鑑賞/体験してあなたの好きなキャラクターにとって最適なエンディングが見つけることができたらどうか?そして広告主には言及するまでもないが、どれほどTV製作陣がそれを好むかを想像してみてほしい。

Netflixがインタラクティブストーリーをテレビ番組のメインストリームにできればすぐに、選択の冒険は無限大になるだろう。

2018年、ブランドの失敗ベスト10

【出展】12/24/2018

https://adage.com/article/cmo-strategy/10-biggest-brand-fails-2018/315982/

Picture1上記写真:ドルチェ&ガッパーナ インスタグラムから

トンマナがあっていない広告、人種差別的ツイートやタグライン-多くのブランドはいまだにマーケティングのシンプルなルール、「人々を怒らせてはいけない」をマスターしていない。本記事では、今年マーケティング担当者が、広告・商品・公式コメント・内部のオペレーションで起こしてしまった最も大きな間違いを紹介する。

 

H&Mのパーカー

Picture1

その小売店は、黒人の子供が「ジャングルで最もかっこいい猿」という文字が書かれたパーカーを着ている広告をポストした。多くの人々がH&Mを人種差別だと批判し、その子供のモデルのための反対運動と安全に対する人々の懸念から、お店は一時閉店することになった。

Revolveの体型批判Picture1

「デブは美しくない。それはただの言いわけ(being fat is not beautiful, it’s an excuse)」という文字が書かれたスウェットも炎上した。LPAというブランドとレナ・ダナムを含むセレブリティ達とのコラボレーションのこのアイテムは、ロサンゼルスをベースにしている小売店Revolveのみで売られたが、すぐさま販売は中止された。

アマゾン

その小売大手のサイトは、36時間のプライムデーの開始わずか数分でアクセス障害が発生。それでも、その休日には1億を超える製品が販売された。Picture1

ヴィクトリアズ シークレット

CMOのエド・ラゼック氏VOGUE誌に対して、トランスジェンダーとプラスサイズのモデルはヴィクトリアズシークレットのランウェイ・ショーでランウェイをするべきではないと語った。その直後すぐに、CEOのジャン・シンガーの電撃辞任を発表した。

スナップチャットのデザイン変更

新しいプラットフォームのデザイン変更が非常に悪かったため、ユーザーはその変更を元に戻すよう声を上げた。 同社は、その悲劇によりユーザーの2%を失ったと語った。 カイリー・ジェンナーでさえそのアプリを使わなくなった。

ハイネケンのキャッチフレーズ

ハイネケンは、ライト・ビールを販売するために「”sometimes lighter is better”=軽い(色が明るいの意味もあり)方がより良い場合がある」と宣伝し始めた。 多くの人がそのTVCMを「人種差別主義的」と批判し、チャンス・ザ・ラッパーと彼の700万人を超えるTwitterのフォロワーが起訴した。ハイネケンはそれについて「ミスを起こした」と認めた。

Picture1

マスターカードの食事配給

消費者は、国際連合世界食糧計画が発表した、「ブランドアンバサダーであるリオネル・メッシとネイマールが得点したゴールごとに10,000の食事を配給する」というはあまりにも奇妙であると批判した。また人々は、マスターカードは、単に食事を配るべきだと述べた。 キャンペーンは取り消しになった。

マリオットの中国批判、そしてデータハック

マリオットは、顧客調査の対象国として「チベット、香港、マカオ、台湾」を挙げたとき、彼らは中国政府を怒らせてしまった。中国がその4つの国すべての主権を主張しているからである。中国当局はマリオットの中国のウェブサイトとアプリを1週間閉鎖した。 さらに、マリオットは史上最大とも言えるデータハックを経験し、スターウッドの施設で5億人の消費者に影響を及ぼしました。それにより現在、集団訴訟に直面している。

ドルチェ&ガッパーナの人種差別主義的広告

イタリアの食べ物を食べるのに苦労している中国人女性を描いた一連の広告は、消費者のボイコットと人種差別の非難(初めてではない)によって猛攻撃された。ドルチェ&ガッパーナは上海のファッションショーをキャンセルした。

Facebookの100万回以上のミステイク

ソーシャルメディアの巨人であるFacebookは今年、1つだけミステイクの名前を付けるには多すぎるミスを犯した。そのため、Ad Ageはこの件に関して別のリストを作成している。

ネットフリックスは映画館を殺していない

【出典】12/21/2018

https://variety.com/2018/film/news/streaming-netflix-movie-theaters-1203090899/Picture1

映画館チェーンにとってネットフリックスが脅威ではないことが、EYのリサーチでわかった。映画館に頻繁に通う人々はストリーミングサービスも他の人より多く消費していることがわかった。映画館チェーンは過去数年、ストリーミングサービスの台頭により来場者数が減少していると考えられていたが、どうやらそうではないようだ。

映画館とストリーミングサービス、この二つは敵対ではなく共存が可能ということだ。リサーチ結果によると、過去12ヶ月の間、映画館に9回以上足を運んでいるリサーチ対象者は映画館に年1〜2回しか行かない人たちよりも、より多くのストリーミングサービスを消費していることがわかった。映画館に9回以上足を運ぶ人たちは週平均11時間ストリーミングサービスを利用し、映画館に1〜2回しか行かない人は週平均7時間だった。

2500人を対象とした今回のリサーチでは、そのうち80%が過去1年以内に映画館で最低1本観たと回答。そしてこのリサーチの依頼者はNational Association of Theatre Owners(全米映画館オーナー協会=NATO)であり、ネットフリックスなどストリーミングサービスを敵対視してきた組織だ。

「リサーチで明らかになったことは、映画館とストリーミングは対立する関係ではないことだ。動画コンテンツを好きな人はどのプラットフォームであれ、視聴するのだ」とNATOのメディア&リサーチディレクター、Phil Contrino氏は語る。

事実、映画館に行かない人はストリーミングサービスを使って動画をあまり観ないこともわかった。過去1年の間に1回も映画館に行っていない人はストリーミングサービスを全く使っていなかったことがわかった。1年間に1回も映画館に行ったことのない人のうちわずか18%が週平均8時間以上ストリーミングサービスを利用していた。

年代別に見ると13〜17歳のグループは1年間平均7.3本の映画を映画館で視聴、週9.2時間ストリーミング視聴をしている。(これは他の年齢グループと比べ最も高い)18〜37歳は平均6本で週8.6時間ストリーミング視聴をしていた。

しかしアメリカ人の娯楽費が無限にあるとは限らない。多くの人々がストリーミングサービスにサブスクライブすることにより、他の娯楽費を削ることになる。今回のデータによるとコストの削減先はケーブルTVだ。2018年は3300万人の人々がケーブルTVを解約したとのこと。ストリーミング台頭の影響がもっと出ているのはケーブルTVなどのホームメディアなのだ。

来年注目すべき6つのソーシャルメディアに関するトレンド

【出典】12/21/2018

https://www.adweek.com/digital/6-social-media-trends-to-keep-your-eye-on-heading-into-the-new-year/Picture1

2019年のソーシャルメディアトレンド

ソーシャル・コマースの台頭

PWCのリサーチによるとアジア発展途上国でのソーシャルコマースが非常に成長しており2019年には世界中でソーシャルコマースが急激に成長するのではないかと考えられている。

ソーシャルメディアユーザーにもっとプライバシーを

GDPR(EU一般データ保護規則)が施行されたことによりネット上でのプライバシーに対する意識が高まった年となった。フェイスブックとケンブリッジ・アナリティカによるスキャンダルやGoogle+のバグによるデータ流出などが相次いで発生。テック業界もついにユーザーのプライバシーに関し無視できる状況ではなくなってきた。2019年以降はソーシャルメディアプラットフォームはユーザーがしっかりプライバシーをコントロールできるよう対応しなければならなくなるだろう。

さらに利用されるAI

2019年はAIがさらに利用されるようになるだろう。フェイスブックメッセンジャーではチャットボットがすでに導入されており大きなヒットとなった。AIを導入することによりカスタマーサポートにかかる人件費を削減、同時にセールスアップとエンゲージメントを高めることができる。AIの導入は今後激増し、ソーシャルメディアの多方面でAIが使われることになるだろう。

マイクロインフルエンサーの増加

インフルエンサーを使ったマーケティングテクニックは新しいことではないが、2019年以降は1000人〜90000万人程度のフォロワーを持つマイクロインフルエンサーが重要になるだろう。彼らはセレブリティでもないがいくつかのリサーチによると、マイクロインフルエンサーは通常のセレブと比べ60%以上エンゲージメント率が高く、コンバージョン率も22.2%高い。彼らはコストが安いだけでなく効果的なのだ。

映画チケットがついに$50へ:世界の映画チケット値段事情

【出典】12/21/2018

https://variety.com/2018/film/news/movie-ticket-prices-around-the-world-1203094187/Picture1

ロンドンが世界で最も物価の高い都市の一つということは一般常だが、ロンドンの中心地レスター・スクウェアに新しくオープンした映画館オデオンの映画チケットがあまりにも高すぎると話題になっている。

1年以上のリノベーションの末新しく生まれ変わった同映画館はドルビーシネマテクノロジーなど新しい技術を導入、チケット価格はなんと40ポンドだ。(日本円5613円)

その見返りとして、観客はスクリーンが見やすい良い場所のテーブル付きリクライニングチェアに座ることができる。もちろん飲み物・スナックは別料金だ。

ネット上ではあまりの高価格に「最低」「頭がおかしい」など炎上しているが、同社は「観る映画、時間帯、座席の場所により価格も変わり、一番安くて10ポンド(1400円)からだ」と同社の価格設定を擁護している。

バラエティ紙の調べによると、映画館のチケットで最も高いのはダントツのロンドンで、その次がニューヨークだ。下記の価格はチケット代のみで2D上映(北京とメキシコシティ以外)、飲み物・スナックは含まれない。

ロンドン
40ポンド(日本円5613円):オデオン・レスター・スクウェア(ドルビーシネマ・リクライニングチェア&テーブル付き)

ニューヨーク
26.5ドル(2926円):AMCリンカーン・スクウェア(ドルビーシネマ・リクライニングチェア付き)

ロサンゼルス
21.99ドル(2430円):AMCセンチュリー・シティ(ドルビーシネマ・リクライニングチェア付き)

ドバイ
75ディルハム(2255円):リールシネマズ・ドバイ・マリナ・モール(ドルビーシネマ・リクライニングチェア付き)

東京
1800円:TOHOシネマズ六本木ヒルズ

パリ
15フラン(1677円):): Pathé Beaugrenelle(ドルビーシネマ)

北京
75元(1200円):ステラーインターナショナル・シネプレックス(4D)

ローマ
8.5ユーロ(1070円):シネマ・アンドロメダ(ドルビーアトモス)

メキシコシティ
181ペソ(1005円):シネポリス・フォーラム・ブエナビスタ(4D)

ワーナー・ブラザース:ティーンエージャー向けゲームを使い同社の映画を効果的にPR

【出典】12/21/2018

https://variety.com/2018/film/news/roblox-warner-bros-movie-crossover-1203094353/Picture1

ワーナー・ブラザース映画「アクアマン」公開にあたり、同社のPR部門はティーンエージャーに大人気のゲーム「ロブロックス(Roblox)」を使ったPRキャンペーンを行った。このゲームはレゴのようなブロックを使いプレーヤー自身でゲームを作成することのできるマインクラフトのようなゲームだ。

すでに8000万人以上の月間アクティブユーザーがおり、今年初めからワーナー・ブラザース社はこのゲームを使い同社の映画の宣伝を行なっている。今年3月、同社は若い映画ファンにアプローチするため「レディ・プレイヤー・ワン」の宣伝向けキャンペーンを実施した。

ロブロックス社とタイアップしたこのキャンペーンは同映画のプロットに合わせたゲーム内イベントで、ロブロックスで遊ぶプレーヤーは3つの異なるゲームで3種類の秘密の鍵を探しだすミッションを与えられる。3つの鍵を見つけたプレーヤーはある隠しステージをアンロックすることができMega Corpと呼ばれる敵を倒すことになる。

ゲーム内でそのボスを最初に倒したプレーヤー1名のみゲーム内で1つしかない使用キャラクター向けの帽子を得ることができる。Picture1

キャンペーン結果は想像以上だった。

同キャンペーンは総計4720万ゲームプレイ時間、700以上の関連YouTubeビデオ、1620万ツイート、そして同映画の予告編は1620万ビューを記録した。

同映画のオーディエンスは子供達やティーンエージャーから人気も高かったことから同キャンペーンはうまくマッチしておりワーナー・ブラザースはこの結果に満足、パートナーシップを継続となった。

同社は「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」リリース前のハロウィーンの時期にキャンペーンを行なった。ゲーム内に映画で登場する魔法学校ホグワーツを再現、例年よりゲーム内のエンゲージメントが5倍上がった。Picture1

12月に公開された「アクアマン」向けキャンペーンでは映画内に登場する水中世界アトランティスを再現、映画にインスパイアされたアバターが登場した。Picture1

ナイキの自動靴ひも調整機能がついたバスケスニーカーが2019年に$350で登

【出典】12/20/2018

https://www.engadget.com/2018/12/20/nike-self-lacing-basketball/Picture1

「バック・トゥ・ザ・フューチャーPart2」で主人公のマーティ・マクフライが履いていたような自動で靴ひもを調節するバスケットボール・シューズが2019年に登場する。ナイキは自動靴ひも調節機能がついたバスケットボールシューズを$350で販売することを発表した。2016年に同社は$720で調節機能がついたスニーカー(写真上部)を販売したが、その時よりさらに軽く、安価ではき心地の良いバージョンがリリースされる。Picture1

今年の9月にジョーダン33が販売されたが、そのスニーカーには足をすぐフィッティングできるファストフィットテクノロジーが採用されている。 この技術は、アスリートの足元を素早くフィッティングできるように開発されたシステムで、靴ひもの結びなおすプロセスを大幅に減らす工夫が施されている。前足部のストラップを引っ張ることでスニーカー内部のケーブルを締め、かかとから足首まで360度固定ができる。来年販売されるスニーカーではこのテクノロジーを自動で行えるのではないかと推測されている。同社は商品に新技術を次々と取り入れており、2019年には今までで最もエアソールが分厚い「the 720」がリリースされる予定だ。

2018年に良い行いをしたブランド5社

【出典】12/19/2018

https://www.adweek.com/brand-marketing/5-brands-that-actually-did-some-good-in-2018/Picture1

多くのグローバル企業は利益を生み出すだけではなく何かしらの社会的貢献に取り組んでいる。世界にポジティブな変化を起こそうとすることで、それがトレンドとなり他企業も追随することとなる。2018年、世界に素晴らしい変化をもたらした企業を紹介する。

スターバックスがプラスチック・ストロー廃止

プラスチック・ストローはサイズが小さいことから海へ流れ出やすく、海洋汚染の原因となっている。以前ネットではウミガメの鼻にストローが刺さった衝撃な動画がアップされてからこの問題が大きく取り上げられるようになった。毎年444億本のストローが捨てられている中、スターバックスはプラスチック・ストローの使用をスタバ2万8000店舗で2020年までに停止予定。10億本のプラスチックストローを削減予定だ。

ベライゾン:再生可能エネルギーをサポート

通信会社ベライゾンはハワイ電力と提携し2045年までにハワイで使用する電力を100%再生可能エネルギーでまかなえるよう取り組むと発表した。この取り組みによりハワイの経済・環境は間違いなく良い方向へ変わるだろう。

CVS:写真加工したコスメ関連のプロモ商材を禁止

多くの美容商品はプロモーションで使用されるポスターなどに出演しているモデルはフォトショップで加工されている。シワ、ほうれい線、シミなどはモデルの写真から取り除かれることにより、一般女性の自身へのボディイメージを傷つける恐れがあるのだ。ドラッグストアのCVSはフォトショップされたプロモ素材を使用する美容メーカーの商品取り扱いを昨年から停止、業界に衝撃を与えた。フォトショップされたプロモ素材を取り除くことにより、CVSに訪れる女性客が自身のボディイメージが傷つかないよう配慮した結果だ。

CoverGirl: 動物実験廃止へ

コスメ商品の開発は動物実験が関わることがある。昨今は動物愛護の観点から徐々に減ってはいるが、 動物実験を中止した美容メーカーの多くは中小企業なのが現状だ。そんな中大手であるCoverGirlはいかなる動物実験を取りやめると発表した。CoverGirlの取り組みにより、他の大手美容メーカーもやめていくかもしれない。

元UTAエージェント、マイク・イソラ氏が短編コンテンツサービスFictoをローンチ

 

【出典】12/19/2018

https://deadline.com/2018/12/ficto-mike-esola-short-form-content-maker-launched-1202522870/Picture1

元UTAエージェント率いるFiction Riot社は短編コンテンツを配信するサブスクリプションプラットフォーム「Ficto」をローンチした。モバイル機器からの視聴をメインとしており、現在20シリーズが製作中、一般消費者には来年リリースとなる。現在Fiction Riot社はコンテンツ・クリエーターと様々なシリーズを開発中だ。

現在制作中の3作はこれから公開される長編映画が元だ。「Can You Keep A Secret」、「Hush, Hush,」、そしてジャッキー・チェンとジョン・セナが出演する「Project Extraction」だ。映画リリース前から、このような短編をリリースすることによりファンベースの構築、上映前にバズを作り出すことができる。そして長編映画のプロモーショナル目的だけでなく、コンテンツクリエーターと共同でオリジナルな短編コンテンツ制作も今後は目指している。

各シリーズは約30分、各5〜7分の3〜5エピソードに分けられる。デジタル&モバイルネイティブなユーザーに向けた短い時間でも見やすいコンテンツとなる。

そして「Ficto」はストリーミングサービスで最初にブロックチェーン技術を使用しロイヤリティを支払うプラットフォームになる。クリエーターは自分のコンテンツのビュー数に応じてロイヤリティが直接支払われる。ブロックチェーンにより支払い経由が明確になるため、クリエーターに支払うロイヤリティが公平、タイムリーになる。

「テレビがもともと手元で視聴するために開発されていたら、現在の我々の視聴習慣はまったく違うものになっていただろう。同様にFictoは完全にモバイル向けに設計されている。縦型視聴やモバイル機能を使ったビデオコンテンツで、ユーザーに新たな体験を与えるだろう。」とFiction RiotのCEO/共同設立者のマイク・イソラ氏は語る。

360度視聴、AR、ライブストリーミングなどもプラットフォーム上で可能でクリエーター側にはモバイル機能を動画に利用できるツールを提供する。

マイクロソフト:次世代Xboxのコードネームはアナコンダ

【出典】12/18/2018

https://www.theverge.com/2018/12/18/18146095/microsoft-xbox-anaconda-lockhart-codenames-next-generationPicture1

次世代Xbox2020年にリリースされるかもしれない。そしてマイクロソフトは2種類のコンソールを準備中だと報道された。コードネーム:アナコンダと呼ばれるこのコンソールはプロセッサー&グラフィックが大幅に向上、ローディング時間を軽減するためSSDが搭載されるかもしれない。そしてコードネーム:ロックハートと呼ばれるもう一つのコンソールはアナコンダの安価版で機能がダウングレードされる。両コンソールともXbox360及びXboxOneタイトルと互換性があり過去のゲームもプレイも可能だ。

これらが次世代のXboxだが、それとは別にディスクを入れるスロットのないクラウドゲーム専用のXbox One2019年にリリースすると言われている。他にもディスクをデジタル版にコンバートするサービスを予定している。

これらは全て同社がフォーカスを当てているクラウドゲーム・サービスの一環だ。現在このサービスのトライアルを一般に公開しており、実現すればXboxのゲームがPC・スマホ・タブレット・コンソールでプレイ可能となる。