月別アーカイブ: 2017年5月

Twitchユーザー、配信者の5万ドルで株式市場を遊ぶ

【出典】2017/5/30

http://gizmodo.com/twitch-users-are-playing-the-stock-market-with-50k-of-1795674617

名称未設定

ビデオゲームのストリーミングプラットフォームであるTwitchの最も一貫して面白い機能の1つは、ユーザーが一緒に仕事をしてゲームに勝つことを可能にする ” Twitch Plays “シリーズビデオです。今日、天才か愚か者であるソフトウェア開発者は、ユーザーが開発者のお金の50,000ドルを使って株式市場で勝とうとしているチャンネルStockStreamを立ち上げました。

StockStreamは、「世界初のマルチプレイヤー協力株式市場」と宣伝しています。これは、マイクとしてだけ認識されることを望んでいる男の発案です。MikeはPCゲーマーに Robinhoodというアプリを使ってリアルタイムグラフを送り、取引をすると伝えている。Robinhoodの美しさは、彼が自由に取引をすることができるということです。彼はすでに多くの取引をしているので、かなり重要です。彼の自動化されたシステムの仕組みは、Twitchユーザーが買いたいまたは売りたい株式をコメントし、5分のラウンドの終わりに投票を集計し、最も人気のある取引をします。

Mikeはこれを長期的なプロジェクトとして計画しています。彼はお金を使い果たすまで続けると主張しています。金融業界規制当局の規制では、デイトレーディングのリスクを制限するためにポートフォリオに25,000ドルの価値を維持する必要があるため、最終的には25,000ドルしか失いません。

このシステムは、株式市場が開かれている間に1日に78回の取引が可能で、PCゲーマーには、「株式市場で1日100ドルを失う日が数週間も続いた」というシミュレーションを行っていると伝えている。彼はPolygonに、彼が最初の取引日を過ごした今、プロジェクトをより良く感じていると言いました。「私は少し懐疑的だったので、すぐにお金を失うかもしれないが、それでもいいと思います。」マイケルのポートフォリオは50,055.94ドルと評価された。

StockStreamは、すべてが間違った方向にいくのを見たいと思っている荒らしにすぐに悩まされると思っていましたが、Twitch Playsの群衆はMikeのお金ですべてを正しくやっているようです。ある種の統計指向型の人が、このゲームに夢中になることを想像するのは容易です。すべてが計画に向かうと、エコノミストはいつかこの実験を無限の猿定理の株式市場の等価物と見なすかもしれない。おそらく、Mikeはお金を失うだろう。私たちを楽しませてくれてありがとう、Mike。

Snapchat、ドローン会社を買収し、空にも目をつける

【出典】2017/5/27

http://mashable.com/2017/05/27/snapchat-acquires-drone-company/

名称未設定

 

Snapchatの計画が次第に形作られてきた。今では、写真技術とドローンを合体しようとしているようだ。

というのも、SnapchatがCtrl Me Roboticsを「100万ドル以下」で買収したというのだ。これは、BuzzFeedによって金曜日に明らかにされた。Snapchatは今回の買収についてコメントを避けている。

BuzzFeedの取材では、Ctrl Me Roboticsがドローン製造会社と記載されているが、Varietyによると同社はドローン製造よりも既存のドローンにカメラを搭載させることを専門に行っている会社であるようだ。また、Varietyには今回の買収が実は昨年末になされていたと述べる。

名称未設定

今回の動きは、SnapchatがGoProのビジネス領域に侵食してきたようにも見える。GoProに比べSnapchatの方が消費者マーケットへの影響が大きいことから、これはGoProにとって大問題であると言わざるを得ない。

現時点では、Snapchatが次にどう動くかは明らかではないが、2年前にCtrl Me Robotics がInstagramに投稿した投稿にヒントが隠されているのかもしれない。その投稿には、ドローンにスマートフォンが搭載されている様子を写した写真と「ドローンからのSnapchat」というコメントが載せられていた。

コカ・コーラのラベルがミュージックフェスティバルの入場リストバンドとして使用可能に

また新たなマーケティングテクニック

【出典】2017/5/26

http://www.adweek.com/creativity/coca-cola-made-detachable-bottle-labels-that-worked-as-wristbands-at-music-festivals/ 

名称未設定

コカ・コーラ社よりラベル宣伝が得意な会社はいない。今回発表されたボトルでは、剥がしたラベルを若者たちがミュージックフェスティバル等の入場リストバンドとして通用できるようだ。

McCann Bucharest氏が開発したこのリストバンドは、8通りのデザインで印刷されている。誰もがミュージックフェスティバルに入場できるのではなく、専用アプリでラベルのスキャンして入場できる人を抽選で決定するのだ。McCann氏によると、若者たちはファッションとしてリストバンドを付けたり集めたりしているという。

 https://www.youtube.com/watch?v=Z5ro5H1agck 

コカ・コーラ社は、今回ルーマニアで演奏された様々なミュージックフェスティバルとコラボした。例えば、最近ではEuropean Festival Awardsで「Best Major European Festival」にも選ばれたTransylvania’s Untold Festivalともキャンペーンでコラボしたようだ。

McCann氏は、キャンペーンのお陰でルーマニア人の10代の75%にリーチすることができ、売り上げも11%増加させたと述べる。

名称未設定

Apple、ストリーミング業界に乗り出す姿勢を示す

【出典】 2017/5/25

http://variety.com/2017/voices/columns/apple-services-streaming-1202443593/ 

名称未設定4

Appleの莫大な利益は主にiPhoneやMacのパソコン類、iPad、その他のハードウェアからであるが、最近ではその陰に隠れてコンテンツ事業が急速に伸びつつあるようだ。

何年もの間、売り上げの80%以上はAppleのハードウェア類が占めていた。iPhoneの売り上げはそのうちの3分の2を占めており、iPad と パソコン類 が他の20%を占めていた。一方で、ソフトウェアは合計で13%であった。

ソフトウェアの売り上げには、iTunesやiBook、App Store からの Apple MusicやApple Pay、Google のサーチングエンジンとコラボレーションしているSafariからの利益などがある。ソフトウェア事業は、Appleの中で最も急激に伸びており、iPhoneの売り上げが少々伸び悩む中、平均売上高は年間で20%も増加している。

名称未設定5

SOURCE: COMPANY REPORTING, JACKDAW RESEARCH ANALYSIS AND ESTIMATES *EXCLUDING PARKS & RESORTS

ソフトウェアは、今や Appleにとってとても大事なビジネスになり、2016年から2020年にかけて本格的に目標売り上げを設け、力を入れていく予定である。ソフトウェアビジネスは、Appleの様々な分野の利益に関わる重要な事業であるにもかかわらず、ブラックボックス化しており、Appleはこの泥沼から抜け出せていないようだ。

しかし、コンテンツビジネスが今後の売り上げにどのような影響を与えていくのかのを正確に予想することは可能である。 Appleは2016年にこの事業で約150億ドルの純収益を記録しているが、これはApple全事業の純収益の約7%である。

Appleのコンテンツ事業からの総収入を見ると、その数字は好成績であると言えるだろう。2017年3月までの収入は約80億ドルであることからも、コンテンツビジネスは着実に規模を広げているからである。

名称未設定6

SOURCE: COMPANY REPORTING, JACKDAW RESEARCH ANALYSIS AND ESTIMATES

その四半期の売上高は、CBSの四半期の利益の約2倍あり、それは昨年末までの21st Century Foxの収入総額と同額で、テーマパーク産業を引いたNBC Universalの収入総額を上回るほどである。この数字を上回っているのはコンテンツ業界大手のTime WarnerとDisneyぐらいだろう。AppleはそのTime Warnerとの差も急激に詰めているという具合である。

Appleのコンテンツビジネスの規模と急速な成長は、ライバル会社と一線を画していて、元々あったコンテンツであっても投資する価値はある。 「The Late Late Show」のJames CordenのシリーズなどのApple Musicで配信するための動画コンテンツの買収等、様々な努力をしているのだ。Appleがオリジナルの動画コンテンツに本気で乗り出せば、予算は簡単に増やすことができるだろう。今のところ、AppleはNetflixと競争するつもりはなく、パートナーやクライアントとして見ている。とはいっても、オリジナルコンテンツに力を入れているNetflixやAmazon、HBO、Hulu等の配信サイトにAppleが経済的に挑戦できないとは考えにくいだろう。

Jan Dawson氏は、消費者向け技術市場の顧問会社であるJackdaw Researchの創設者兼チーフアナリストである。

旅行先で個人情報を保護するための新たな方法にも情報漏洩のリスクは存在する

【出典】2017/5/25

https://www.wired.com/2017/05/clever-new-way-protect-data-border-also-add-risk/名称未設定

アメリカを筆頭に、数ヶ月前から国境を越える際のセキュリティチェックが厳しくなってきている。これには、スマートフォンやノートパソコンも該当する。個人情報の保護には何通りかの方法があるが、最近では1Passwordというパスワード管理アプリが開発されている。このアプリを使うとデータを保護してくれるが、同時にリスクもあることを知っていなければならない。

1Passwordの新たな機能Travel Modeでは、旅行前に機微データをパスワードマネージャーから消し、目的地で元に戻してくれる。旅行中に安全なパスワードを作り、一定期間使わないデータを消してくれるのだ。他者から個人情報を隠す効果的な方法であると言える。

「要するには、特定のデータを持ち歩きしない方法です」とAgileBitsで製品セキュリティオフィサーを務めるJeffrey Goldberg氏は述べる。

このTravel Modeは、毎月使用料を支払うユーザーだけしか利用できず、昔一度だけつかえるライセンスキーを購入しDropboxのような第三者を通してパスワードマネージャーを同期しているユーザーは使うことができない。Travel Modeのセットアップは、旅行専用のデータ保管場所を構築するため、少し時間がかかるようだ。

この設定を使うと対応できる場面が増えるが、魔法のようにプライバシー問題を解決してくれるわけではない。まず、利用期間中はいくつものアカウントのアクセスが禁じられる。つまり、それを国境で使っていると、国境警備隊、特にパスワード管理に精通していない人間の注意を引く可能性があるのだ。

「検閲中に個人情報が漏れないようあらゆる手段で隠していると、かえって怪しまれるということもあるかもしれません」とGoldberg氏は述べる。「我々は、国境警備隊とは透明性を持って全面的に協力しようとしています。このテクノロジーは、国境を守る人々に無礼をはたらくためのツールでは決してないのです」と。

また、Travel Modeのセットアップには、使用しているデバイスの中身と疑いの目を引くものを考えなければならない。例えば、データ保管場所には少数のパスワードしか登録されていないのに、それに比べてスマートフォンに複数のアプリが入っていればパスワードを消したということが明らかである。もし、このテクノロジーに精通している人が国境警備隊にいたら、1PasswordにログインしてTravel Modeの解除とデータ保管場所からのデータの回復を1Passwordユーザーに指示することもできるだろう。

「デバイスの中身を隠すというのは、際どい解決策であると言えるでしょう。何せ、誰も司法妨害や連邦職員に噓をついたと疑いをかけられたくないからです」とElectric Frontier Foundationで弁護士を務めるSophia Cope氏は述べる。「だからこそ、1Passwordがデータを隠しているのではなく、削除しているのは法律の観点からしてもとても重要なことなのです」と。

全くデータが保護されていないというのも考えものだが、データが少なすぎても、何かを隠しているのではないかと疑いの目を引いてしまうのは仕方のないことだろう。「様々な面で、国境を越えようとしている者にとって、全くやらなくてもやりすぎても問題になってしまいます」とCope氏は述べる。「そこまでして保護しなければならないデータなのか、それともそこまで重要機密事項ではないのか、個人でどのデータが大事かを決めなければなりません」と。

こういった懸念は、空想上の絵空事ではない。実際、先週イギリスのロンドンにあるヒースロー空港で、国境警備隊によって止められたイギリスの活動家がパソコンのデータ開示命令を無視したことにより、英国テロリズム法によって告発された。

1PasswordのTravel Modeは問題を全て解決したわけではないが、この世にこうしたツールが増えれば、情報保護についてより真剣に考えるようになるだろう。「旅行者が自分のWhatsAppのパスワードがデータ保管庫に入っていないと言うのは簡単でしょうが、相手が疑い深い国境警備隊であればパスワードの開示を強制される場合もあるのです」とCope氏は述べる。「国境警備隊にそういったことが可能かどうかは法律として議論される余地がありますが、旅行者側も自分の取る行動がどのようなリスクを招くか知る義務があると言えるでしょう」と。

フライトアテンダントがあなたの名前を覚えてくれるようになり、仮想現実があなたのフライトをより快適に

【出典】 2017/5/25

http://mashable.com/2017/05/25/air-new-zealand-hololens/

名称未設定

飛行機を利用するとき、航空会社はすでに利用者の多くの情報を持っている。

だからこそ、仮想現実(AR)によってあらかじめフライトアテンダントがあなたの好きな飲み物や気分がわかるということも可能になるかもしれない。実際、近い将来、ニュージーランド航空がマイクロソフトのHoloLens ARヘッドセットを使ってこれを実現しようとしている。

HoloLensからあなたの食事に関しての情報、いつ飲み物を飲み終わったか、前回のフライトがいつだったか、目的地はどこなのか、会員のランク、あなたの気分に合った音楽などの情報が閲覧できるシステムになっているのだ。

このプロジェクトは航空会社とDimension Dataと共同で開発され、今はまだ試用段階だが、将来的に新たなAR経験にとして確立していくこととなるだろう。

名称未設定3

ニュージーランド航空が最先端の技術を導入するのはこれが初めてではない。2015年には、世界で初めてバイオメトリックカメラを使ったチェックインを取り入れており、パスポート写真から旅行客の個人情報を確認することができるシステムを採用している。

しかし、フライトアテンダントが大きなHoloLens ARゴーグルをつけて空中でタップする動きをしていたら、旅行客が警戒することはないのだろうか、という懸念点も残っている。

また、会員のランクや食事、飲み物といった情報は、お酒や飲み物をあまり頼まないエコノミー利用客に対してはあまり必要な情報ではない気もする。

Amazonが多くのマーケットを独占するなか、ファッションにも事業拡大

【出典】2017/5/24

https://www.theverge.com/2017/5/24/15685250/amazon-fashion-conquer-dwyane-wade-store

名称未設定

 

先週、AmazonはChicago BullsのシューティングガードDwyane Wadeに自身のブティックを任せることを発表。 「 自分のオンラインストアで@amazonfashion に自分のスタイルを発信していきたい 」とInstagram の920万人のフォロワーに向けて Wadeは語った。 WadeのAmazon ストアでは、彼がコラボレーションしたミッション・アクティブウェア、スタンス・ソックス、タイ・バー・アクセサリー、そして彼自身のスニーカー・ラインWay of Wadeというブランドを扱う。一見新しいシステムに見えないが、有名人のブランドだけでオンラインストアを開設するのは今までにないことだ。そして、Amazon Fashionはとってもとってもスマートだと言えるだろう。

ファッション業界は、Amazonが今一番力を入れたい業界で「オンラインはファッションを買うのに最適な場所だ」としている。しかし、小売業の専門家やファッション業界に詳しい方で、Amazonのファッション業界参入に疑問を抱いている人は少なくない。Amazonにはおしゃれというイメージが少なく、買いたいと思わせるほどの魅力を感じさせないとしている。 Business of Fashionのリッチー・シーゲル氏は、「オンラインでは、高級なブランドの商品がディスカウントされている限り、ブランドの魅力まで売ることはできない。 靴下やトレーナーのような実用的なアイテムはAmazonのトップセラーになるかもしれないが、1000ドルのドレスやバッグを販売するために必要な夢を一緒に売ることができるのか疑問だ」と語る。

名称未設定

名称未設定

日常に必要な洋服(Amazonが得意)とファッションを売る(Amazonが苦手とする)ことの違いは感情だ。例えば、洋服は実用的な問題解決(「私は靴下が必要」)であるが、ファッションは主観的な自己表現(「私はこの面接で好印象を持たれたい」)なのだ。Wadeは、長年のキャリアの中でファンとの感情的な繋がりを築いてきた。また、本人も男性としてスタイリッシュなイメージで定評がある。店舗のトップページには、Amazonが注目していることも示されている。また、とても見やすく整理されていて、写真がたくさんあり分かりやすく、製品ラインナップも統一されている。結局のところ、Amazonがこの二つのファッションの違いを解決するかもしれない。

ファッション業界へのチャレンジがうまくいけば、Amazonは大きな利益を得るだろう。Slice Intelligenceの首席アナリスト、ケン・カサール氏は、「Amazonのファッション業界への関心は高く、投資金はアメリカの売上高の3000億ドルほどにも登る。The Vergeによれば、アパレルは米国最大の小売業種の1つであると指摘している。 コンサルティング会社A.T. Kearneyの小売部門の首席であるManik Aryapadi氏は 「ファッション商品は、通常、非常に収益性の高いカテゴリーである。」と補足した。 KeyBanc Capitalのアナリスト、Ed Yruma氏は、2017年のアパレル販売による利益の増加により、Amazonの1株当たり25セント値上がりすると予測している。

AmazonのCEO Jeff Bezosは、新しい市場を拡大 する上で長い戦いになることは恐れていない。同社はマルチブランドのレディースウェアのe-tailer Shopbopを買収して以来、少なくても2006年からファッション業界進出を夢見てきた。それ以降、2012年にCostume Instituteの展示会を開催し、2015年にニューヨーク・ファッション・ウィーク:メンズを立ち上げ、ファッション業界の注目度の高いイベントに順調に取り組んできた。 今後の、Amazonのインドと東京でのファッションウィーク の2つの国際ファッションウィークを後押ししている。

しかし、2017年はAmazon Fashionがついに開始する年だ。アマゾンは今年に入ると、7つのプライベートブランドをひっそりとオープンさせ、主にメンズはアクセサリー、レディースはドレスとハンドバッグを取り扱っている。 4月には、独自のランジェリーラインを追加し、お手頃な価格を実現させた。最近では、Alexa対応のEcho商品で、写真を撮り、その写真のスタイルのフィードバックがもらえるというサービスも発表した。その裏では、同社は自動衣料品工場、海運会社(別名:ドラゴンボート)、実店舗への出資など多方面でも力を入れている。

Amazonから洋服を購入したいと答えている顧客は増加傾向にあるようだ。2016年には、Amazonはアメリカの18〜34歳を対象にした調査で、Amazonがオンラインストアの中で最もアパレル系商品で利用者が多く 、Nordstromの市場シェアを二倍以上も上回る形となった。 Cowen&Co.の2016年10月の調査では 、アマゾンプライムは、便利でサービスもしっかりしていて、レビューの評価が高いので、サイト上でアパレルを購入する際に一番使うと答えた人が多かったそうだ。またCowenの別の調査では、Amazonがアパレル商品の取り扱いを始めた時は6.6%だったが、2017年には8.2%、2021年には16.2%の伸びを見せ、TJ Maxx とMacy’sを抑えて年間アパレル売上は620億ドルにも及ぶと見られている。 「Amazonは、他のブランドの衣料品で最大の小売業に成長することが出来るだろう。」とCassarは語る。「おそらく2017年には実際に達成するだろう」と述べている。しかし、Amazonがこれまで実現させてきた衣料品での成功がファッション業界に通用するかは疑わしい。 「Amazonは買い物客との感情的なつながりを確立して、ファッションブランドそのものになることはできないと思う。」と指摘している。

Aryapadiは、ファッションを売って成功するために、Amazonが必要とする3つの大きなポイントを指摘した。 「まず、Amazonはデザイン/クリエイティブな才能がある者を雇い、他と同じにならないよう、彼らに自由でユニークな発想を出してもらう必要がある。」としている。さらに、消費者(特にミレニアム世代)は特別でユニークな商品を求めている。第二に、Amazonは異なる価格帯で商品を売る必要があると強調した。「Amazonの価格は常にその時の価値によって変動するが、高級なブランドラインのものは高くても欲しいと思わせるためにあまり価格は変動させてはいけない。」最後に、Aryapadiは、オンライン小売業者はそのサイト以外でより深く消費者を引き込む必要があると主張している。 「実店舗があるブランドは、その店が消費者との感情的なつながりや、ブランドのテーマを体感してもらう場所となる」と説明する。ニューヨークやパリのような流行都市に店舗を開くということは、 「Amazonがファッション業界で信頼性を築く手助けをしてくれるだろう」と示唆している。

Dwyane Wadeのショップの中のブランドの1つであるMissionの創設者兼CEOであるJosh Shaw氏は、このプロジェクトはAmazonのファッション業界進出には必要で力をいれるべきところだとしている。「 Amazonの 印象は変わるだろう。 Amazon Fashionは、1年前から評判は良く手応えがあった。あれこれとやかく言われることは何もない。Amazon が思いつくことは全て上手くいくのだ。」とShaw氏は話す。 

Netflix、ユーザーの予定に合わせて番組を探す

【出典】 2017/5/24

http://mashable.com/2017/05/24/netflix-user-data/

名称未設定1

 

どんな時でも、Netflixは人を楽しませてくれる。

2017年に入り、暇な時間にNetflixを見て過ごすことが当たり前の世の中になっているが、最近になってNetflixは、時間帯によって配信しているコンテンツを変えていると発表した。

Netflixは、22カ国のユーザーを6ヶ月間調査し、どんな番組がどの時間に多く見られているのか調査した。例えば、コメディーは朝と夜に視聴される傾向が強い、といったことである。

「今までは、人の生活がテレビ中心に動いていましたが、今後はそれが逆になってくるでしょう」とNetflixでオリジナルコンテンツ担当副部長を務めるCindy Holland氏は述べる。「我々はユーザーが好きな番組をいつでも視聴できるような環境を整えており、だからこそ彼らがスケジュールに縛られていない時間帯に何をしているのかを世界中にいる数百万人規模で調査することはとても興味深いと考えています」と。

この調査が行われたのは、アルゼンチンやオーストラリア、ブラジル、カナダ、コロンビア、ドイツ、スペイン、フランス、イギリス、インド、イタリア、日本、韓国、メキシコ、マレーシア、オランダ、ニュージーランド、フィリピン、ポーランド、ポルトガル、シンガポール、アメリカといった国である。

一日の始まりは笑いから

Netflix の調べによると、一日の中で朝に最も多く「Fuller House」や「Unbreakable Kimmy Schmidt」、「The Office」、「Friends」のようなコメディー番組を視聴する人は34%もいたようだ。

名称未設定2

ドラマを守る

昼間のドラマも人気が高く世界で47%も視聴されている。夕方にもドラマは人気があるのだが、ゆっくりしたい夜の時間になってくるとコメディーの方が人気であるようだ。つまり、9時から11時くらいに激しいドラマを見て(一つ前の時間帯に比べると27%も人気だった)、寝る前にいい夢を見るためにコメディーを見るという人が多いらしい。

眠れない時には、ドキュメンタリーを楽しむのもいい。夜中の12時から朝の6時までは見る人が多く人気であるようだ。

眠れない時に何か学ぶというのはいいことなのだろう。

グーグルは「ラストクリック」を無くそうとする

【出典】2017/5/23

http://adage.com/article/digital/google-moves-kill-click-attribution-sf-event/309129/

名称未設定

 

買い物客が買う直前のクリックに拘り過ぎるマーケターをグーグルは教え直そうとしてます。「ラストクリック」に対してテレビやビデオ、来店、サーチなどの前持った広告キャンペーンの影響をグーグルは語ってくれました。

YouTubeコマーシャルの直後に販売店の営業時間、ルート案内や商品の目録などの情報をグーグルは表せれるそうです。それらによると去年のテストは約一万人をWendy’sで四角形のハンバーガー、もしくはナゲットを頼ませる事に成功しました。

火曜日に、サンフランシスコで開かれた「Google Marketing Next」で共に会社の広告計画、分析学や「DoubleClick Platform」の発表がされました。

あばよラストクリック?

 メールキャンペーン、テレビCMそして来店人向けの宣伝はマーケターがお客様を呼ぶ道具です。あらゆる場合ではお客様が一番最後に受けた印象が勝ちです。これが「ラストクリック」による仮設です。

Google Attributionとなずけられた、お客様が商品を見つけてからどうレジまでたどり着いたか、を学ぶ製品をグーグルが開発しました。Google Attributionの目的は広告費の効率を調べることです。例えば、買い物客がもし買う直前にグーグルで商品の検索を行えば、以前に送くられたメール広告にも効果があった可能性が判断できます。

このようなmulti-touch attributionは長年使われているけれど、グーグルはGoogle Attributionで、今までよりもっと確実に、速くこのデータを読み取れるそうです。この品版は中小企業と中規模企業向けで無料です。

「タッチポイントのデータを使ってユーザーが何の確率でなにかを買うか、計算するシステムです。」とグーグルの上席会長の一人, Babak Pahlavan氏は言った。「タッチポイントのありかによって消費者が買う確率が減ったり増えたりするでしょう。」

このサービスはベータ版でしか存在しないが、グーグルは今年の間に本品を販売するそうです。

年会費が$150,000から始まる、Attribution 360と言う品も広告会社向けに発表されました。

クライエントはファーストパーティーデータと共に同じくグーグルが開発したAdWordsとDoubleClickからとれたデータをアップロードして、Google Attributionの結果が計算できます。

YouTube宣伝に位置情報の設定が加わった

 グーグルのYouTubeは近くの販売店の営業時間、ルート案内や商品の目録などの情報を宣伝内で表すことが出来ると言います。

Dischler氏にルート案内や営業時間の表示がどのようにWendy’sのお客様を増やせたのか、と聞いてみたら前記の約一万人という数はWendy’sがグーグルのデータを使って作った数字であると、そして「Wendy’sからするとこれはすごく頼もしい結果です」と答えた。

このサービスは自動車販売など電化製品の小売りというビジネス内で実行しやすいとDischler氏が言った。

In-marketの観客が検索内でデビューする

 関係のある広告を誰かに流すのに、品を検索している人間が一番相応しいという提案によってグーグルは栄えました。火曜日にグーグルはその提案を改良するために、普段「in-market」の買い物客だけに表示されない広告をマーケターに売り始めると発表しました。「in-market」の買い物客様の例を挙げると、「室内空間が広いSUV」や「一番燃費が良いSUV」などの検索を以前にされている方を示します。

何兆物の検索質問を分析して、レジに近い人間をより有効に探しだすとグーグルが言いました。

他の統計値も色々発表しました。以下の三つに一番興味を持たれました:

  • 毎日、グーグルは約半兆のデータポイントを分析します
  • 最後の30ヶ月以内に5億人が17ヶ国で来店しました。
  • グーグルのパートナーズはアメリカでの全クレジットカード取り扱いデータのお予想七割を受け取ってます。

インフォーグラフィックス:Z世代50%はYouTube無しでは生きていられない、や様々な統計値はあなたに老化を感じさせます

現在の子供、今の十代は完璧にデジタルな世界の中で育てられている

【出典】2017/5/21

http://www.adweek.com/digital/infographic-50-of-gen-z-cant-live-without-youtube-and-other-stats-that-will-make-you-feel-old/

名称未設定

 Z世代はソーシャルメディアのセレブと主流のセレブを同様に信頼する

Z世代とは大体1996年から2010年の間に産まれた方を示します、そしてこの世代は消費者としての影響が近年大きくなっている。インターネット革命を実感したミレニアムズ世代と違ってZ世代は完璧にデジタルな世界の中で育てられている、だからそのZ世代には新たなマーケットを創り上げる必要があります。

Z世代は具体的に何者か、Defy Mediaはソーシャルメディアについて様々な質問をおよそ1500人(13歳~20歳)に尋ねました。調査の結果は次の通りです。

名称未設定