月別アーカイブ: 2016年12月

ニューヨーク市の全ての地下鉄の駅にWi-Fiが完備

【出典】2016/12/31

https://www.engadget.com/2016/12/31/new-york-city-subway-wifi-complete/

Untitled

オフィシャルは全てのニューヨーク市にある地下鉄の駅に2016年末までにWi-Fiを整備することを誓い、そしてぎりぎりではあったけれどそのゴールを達成しました。Transit Wirelessのおかげで、大晦日の時点で、279あるすべての駅でインターネットを使えるようになりました。Wi-Fi導入には時間がかかりましたが(最初の駅がオンラインになったのは2011年) 、もし不満足な電波しか受け取れない携帯電話だったり、Wi-Fiがなければ使えない機器を持っていたりする場合に重要です。

完全な携帯のカバレッジはもう少し待たなければなりません。それは2017年初頭になる予定です。そしてトンネルではあまり役に立たず、駅間でオフラインになる可能性もあります。けれども、これとギガビットのWi-Fi端末の間では、ニューヨーク市でオンラインになるのはとても簡単になります。

Alibaba、3年間で72億ドルのエンタメ投資を企画

【出典】2016/12/28

http://deadline.com/2016/12/alibaba-spend-7-2b-entertainment-1201876350/

Untitled

Reutersの報告によると、Alibaba Digital Media & Entertainment GroupのCEOを務めるYu Yongfu氏はエンタメ業界にて3年間で72億ドルを投資するつもりらしい。

同Eコマース大手会社は10月に重要なエンタメ財産をAlibaba Digital Media & Entertainment Groupにて総合した。同社のビジネスはYouku Tudou、UCWeb、Alibaba Pictures、Alibaba Music、Alibaba Gaming、Alibaba Literature、そしてAlibaba Digital Entertainmentを含む。

同時に、同社は15億ドルのファンドをデジタルメディアとエンタメ業界に投資するために立ち上げる可能性もあると発表した。Reutersによると、これは72億ドルのファンドと別のファンドであるかどうかは不明だそうです。今月、Alibaba Pictures Groupは「完全にビジネスモデルをアップグレードした」ことによってこれから「Goldman-Sachsのような組織」に変身することも発表した。

同時に、Yu氏は同社の従業員に目標は「トラディショナルなプロダクション会社になることではない、未来は光り輝いているが、現実はそんなに甘くはない」ということも述べた。

中国市場の収縮予測についてYu氏はこう述べた:

「3年間の成長に続いて、国内の映画とテレビ業界はフェーズアウトとアップグレードのサイクルに入った。これから多くのプロダクション会社はおそらく廃業するだろう。これはまさにテレビ業界と映画業界の投機家にとってのチャレンジであり、起業家にとってのチャンスでもある。現在、マーケットは投機家よりも鼻っ柱の強いプロダクション会社を必要としている。我々のより大きく強力なビジネスを築くために全力を尽くさなければならない。」

短い間で、Alibaba Picturesは中国では大手なプレイヤーになり、世界中に広まりつつある。

先週、同社は3.6億ドルを中国国内プロダクションと配布会社Bona Filmに投資した。11月に、同社はHehe Pictures Corporationにも投資した。同社はネット上の映画チケット購入プラットホームTao Piaopiaoも所有しており、「Mission: Impossible – Rogue Nation」、「Teenage Mutant Ninja Turtles 2」、そして「Star Trek Beyond」を含むParamountのいくつかの作品にも投資しました。

また、10月に同社は中国と世界中の視聴者向けの映画を作るためにSteven Spielberg氏のAmblin Partnersに資本参加もした。その他にも、「Harry Potter」をプロデュースしたDavid Heyman氏と手を組んで、「Warriors」という人気小説に基づいた映画にも手がけています。

AppleがどうやってMacのヘビーユーザーを遠ざけたか

【出典】2016/12/26

https://www.bloomberg.com/news/articles/2016-12-20/how-apple-alienated-mac-loyalists

Untitled

頑固なファンにとっては、Appleのマッキントッシュは時に時代遅れと感じます。

Macのアップグレードは、以前はよく行われていましたが、これまでのところはほとんどありません。MacProはAppleの看板商品ですが、2013年から変わっていません。お手頃で使い心地のいいMacMiniの最後のアップグレードは2014年でした。そして新しいマシンが登場するとき、熱烈なファンたちは、怒りはしないものの、しらける結果になることがあります。

10月、500日以上アップデートをしなかったApple社は新しい同じようなデザインでより大きなスピーカーがついたMacBook Proを発表しました。このラップトップはテクノロジー系のメディアからは大方いいレビューを集めましたが、クリエイティブなタイプの主要な顧客からは他社製品よりも劣っているという理由で不評がきました。

Apple内部の仕事をしている人たちのインタビューで、Macは昔あった人気に比べ次第に人気が落ちていると明かしました。Macのチームは昔Jony Iveと会社のソフトウェアチームの指示のもと有名だった工業デザイングループの権力をなくしたと言います。彼らはまたシニアマネジャーの正しい指示の欠如、Macハードウェアを扱う主要な人の脱退、技術的課題が新しいパソコンを発表するのを遅らせた原因だと明かしました。

MacはAppleの全体の収益の10%を占めていますが、会社はプロのデザイナーや他のビジネスの顧客を失う余裕はありません。結局、彼らは1990年代校半のAppleの復活に貢献しました。辛辣な評論家で音楽とビデオのウェブサイトの創設者Peter Kirnは「これは最もクリエイティブなユーザーがこの最先端マシンで何をするかの現実的なビジョンが無い会社である」と批評しました。

もしより多くのMacユーザーが切り替わると、Appleのエコシステムはやりにくくなり、その結果、より高価値なiPhoneやiPadなどの製品を手放すようになります。

人々は現在、より多くの選択肢を持っています。マイクロソフトは以前Macのロイヤルカスタマーにバグが多く雑な作りだとバカにされていたが、Appleが先駆けて作ったiPadのような機能を持ったタブレットタイプのWindows10を発表しました。MicrosoftのSurfaceコンピューターはApple様式の質があり、Macの顧客を対象にしたクリエイティブな評価の良いペイントプログラムを搭載している。好機を察知し、MicrosoftはMacBook Proを「失敗作」と呼び、多くの人がSurfaceのパソコンに切り替えるよう訴えかけました。

Appleの広報担当者はコメントを拒否しました。しかし、マッキントッシュは今でも一番重要な製品の一つで他の機器に遅れをとっていないと会社は言いました。

4年前のAppleの一年に一度の開発者会議で、マーケティング主任のPhil Schillerはコンピューターを会社の主要な製品の中心に置くと約束しました。「誰もAppleがやるように会社員をすぐに見直すことはできない」とSchiller氏は述べました。「我々はエンジニアチームをとても誇りに思っています。そして彼らの素早い仕事のおかげで、あなたに必要な製品をすぐに手に入ることができるのです。」2年後、会社はマッキントッシュの30周年を祝いました。この豪華なイベントはカリフォルニアの本社AppleのCupertinoでOneRepublicをゲストに呼んだものでした。会社はMacの歴史を祝うウェブサイトもつくりました。

公平のために言うと、Appleは主要なMac用のチップを作っているIntelに依存しています。他のパソコン業界のように、Appleの進化と製品サイクルはIntelが新しいチップをいつ作るのか(このプロセスはどんどん難しくなっています)に制限されることがあります。

ラップトップを目立たせるのも最近どんどん難しくなってきています。しかし、Appleはその戦いを避けようとしたとき、その戦いは短くなりました。会社はMacBook Proのために長持ちするバッテリーを作ることに挑戦しています。Appleのエンジニアたちは多くのマシンで見られるような一般的な四方形のものではなく大容量のバッテリーパックをラップトップの中に使いたいと思っています。このデザインはバッテリーの寿命を伸ばします。

今年のMacBook Proのデビューの予定に向けている中、この状況に詳しい人によると新しいバッテリーは主要なテストに落ちたそうです。重要なホリデーシーズンを逃して発表を遅くするのではなく、Appleは昔のままのデザインを採用することにしました。変化は他のチームのエンジニアを使わなければ終わらなかったといいます。新しいパソコンは今までの流れを変えるようなバッテリーの寿命とバッテリー残量の間違った表示をするソフトウェアのバグはありませんでした。Appleはそれ故右上にあったバッテリー残量のメーターを外しました。

Macの全盛期は、人々はIveのチームからより多くの注目を浴びることを期待しながら新しいモデル作りに励みました。週に一回、彼のチームの人たちはMacのエンジニアとミーティングを行い、現在進行形のプロジェクトについて意見を交わしました。Macのエンジニアは評価を聞くために、模型をIveのスタジオに持ってきたが、彼の補佐役はMac研究所を訪れ初期のコンセプトのものを見ていた。この状況に詳しい人によると、このような訪問もiPhoneやiPadなどのより高価値の製品作りに集中し始めてから減っていき、この変化は昨年のデザインチームの上司たちの異動からより顕著になりました。

同社がiPhoneの順位を決めている他のサインとして、AppleはMacのオペレーティングシステムにこれ以上頼らなくなりソフトウェアエンジニア部門を再構築しました。今ではたった一つのチームで、iOSを一番に置くことで、iPhoneやiPadにより多くの力を注いでいます。

これはMacをもっとiPhoneのように作るためのギアチェンジです。Appleは 75%のAppleの収益を占めるiPhoneやiPadを売る際の薄さや最小限のポート機能に重点を置いています。より標準的なUSB-Cポートにすぐ変わりましたが、初期の12インチのMacBookの見本はiPhoneのライトニングコネクターを使いました。金でできたMacBook Proも予定されたが、それはMacのような大きな製品では色がきれいにならないので却下されました。

近年、Appleのマネージャーは二つ以上の競合するアイディアを浮かび上がらせるようにして、デザイナーとエンジニアが常に一つ以上のコンセプトに取り組んでいる状態にしています。かつて、マネージャーたちが風変わりなビジョンを打ち出しました。エンジニアたちは現在、「たくさんのアイディアをだしてそのうちの一つでも採用されますように」と思っているのだと、この件に詳しい人が話しました。

最初の12インチのMacBookを開発していたとき、Appleは2つの主要なプロトタイプをテストしました。一つは内部でステルス戦闘機と呼ばれていて軽いものでした。2つ目はステルス爆弾と呼ばれるやや野心さにかけるデザインで重量がおもいものでした。軽いモデルのものが普及しましたが、エンジニアが競合する2つのコンセプトを開発してテストすることで、全ての電子機器を一緒にしまうアルミニウム板に詰める方法を見つけ出す時間が短縮されました。結局は2014年に出荷予定だったラップトップを数ヶ月遅れで2015年に出荷始めました。

2016年のMacBookのアップデートでは、Appleエンジニアーは指紋認証のTouch IDと2つ目のUSB-Cを取り付けたかった。(それはヘビーユーザーにうれしいものです) 標準的なスピードアップに加えて、ローズゴールドの色が追加されました。

内部の騒動に鐘が鳴らされました。数十人というMacのハードウェア部門で働いていたエンジニアやマネージャーがこの一年半でAppleの違うチームや他の会社に去ってしまいました。iPhoneやiPadの世界の中でMacのハードウェアの未来が不透明だということで辞めた人や、Appleの労働環境が嫌で辞めた人もいます。

2013年にAppleは明るい白いLEDライトつきの黒い円柱のMac Proを開発し、発表しました。それはパワフルなデスクトップ機器でラインナップ全体に後光がさしました。このMac Proは数年ぶりにアメリカ国内で組み立てられたコンピューターでした。政治家から国内で製造雇用を作るという圧力のもと、Appleは政治家からの支持を得ようとしました。この決断は生産上の頭痛の種を引き起こしました。

Mac Proの光沢のある外観とクロム合金の角はAppleが独自の生産ツールを作り、そのマシンが動くように組み立てることができるように人々を訓練したことを意味しています。これは生産を遅らせ、需要を満たすだけのコンピューター生産を制限しました。

3年後、Mac Proは他のライバル機器に遅れをとっているチップとコネクターでアップグレードするために精を出していました。以前の挑戦のおかげでAppleのエンジニアの中には安価で野心的に製品を作ることから生産をアジアに戻す可能性を示唆したと関係者が伝えました。

このような政治的環境は今より厳しくなります。トランプのキャンペーン中、ドナルドトランプは、彼の公約が国内の雇用を増やすことだったので、Appleが製品を海外に工場を作ってやっていることを叩きました。

それでも、AppleはMacを諦めてはいません。最近の会社のQ&Aセッションでは従業員がMacのデスクトップコンピューターが戦略的に必要であり続けるか聞きました。「私たちはロードマップの中に素晴らしいデスクトップがあります。誰もこのことを心配しないでください。」とCEOのTim Cookは言ったとBloombergニュースの議事録に出ていました。

最新のMacBook Proにはキーボートに内蔵された細いタッチスクリーン「タッチバー」があり、ユーザーはアプリのショートカットにすぐアクセスできたり、システム設定を変えたり、絵文字を選択することができます。このラップトップはTouch IDもあり、オンラインショッピングのスピードをあげたり、簡単なジェスチャーを容易にするトラックパッドもあります。Appleのデザイナーは別売りのデスクトップパソコン用の指紋認証とタッチバーがついたキーボードを検討しています。AppleはMacBook Proの機能がどれほど優れているかに基づいて、これをリリースするかを決めます。

Macファンは2017年の急進的な新しいデザインを心待ちにするべきではありません。むしろ同社は控えめなアップデートを行います。USB-CポートとAdvanced Micro Devices会社のiMac用のグラフィックプロセッサーと12インチのMacBookとMacBookPro用の処理能力のマイナーな変化です。怒りを伝えましょう!

NetflixとAmazonの昔の番組を再始動させるアプローチの違い

【出典】2016/12/24

http://www.theverge.com/2016/12/24/14037980/amazon-netflix-spinoff-the-grand-tour-white-rabbit-project

Untitled

ここ数ヶ月でアマゾンとNetflixの両方が自分のコンテンツを作成するための勝利を治められる、簡単なアプローチを見つけたように思えます。 愛された、オタクっぽいリアリティショーを見つけてオリジナルキャストと契約し新しい名の下に再編された「The Grand Tour」と「The White Rabbit Project」は「Top Gear」と「Mithbusters」のキャストを迎え、最初に素晴らしいコンセプトを再構築しました。

「The White Rabbit Project」(原題)は現在Netflixでストリーミングされていて、「The Grand Tour」(原題)はアマゾンで金曜日に新しいエピソードを公開し、どちらも興味深い実験のシリーズです。両社はちょうど終わりを迎える人気の高いショーを選び、それを再ブランド化することで今までの視聴者を呼び込むという戦略をとりました。もっと楽観的に言えば、両社はスターが番組にもたらした魅力を認識して、既存のコンセプトに新たな息を吹き込むことに決めました。どちらもおそらく事実です。

2015年の「Top Gear」からのJeremy Clarksonの解任後、彼と彼の仲間であるRichard HammondとJames Mayはアマゾンと「The Grand Tour」の3年契約にサインしました。一方、Discoveryチャンネルの「Mithbusters」は今年始めにリアリティ番組としてのコンセプトの再構築のために「Mythbusters: The Search」に変わりました。(2015年にTory BelleciとKari ByronとGrant Imaharaはあまり歓迎もされず二代目ホストになりました) そして、今年の夏の初め、「The White Rabbit Project」はNetflixのオリジナルの番組として契約をしました。

この2つの番組の何が面白いかというと、会社が2つの異なる方向で賞賛される一つのキャストをどのように受け入れたかということです。「Top Gear」のファンは「The Grand Tour」の中でClarksonの滑らかな旅行ビデオ、HammondとMayがたくさんの車をテストしているときにめちゃくちゃにする様子、トラック周りのレース、そしてお互いをバカにし合う様子など多くのことを見つけることができます。Hammondは最近The Vergeに「私たちが過去にしたことに対して多くの思い入れがあるのに、なぜそれらを取り除いてしまうでしょうか」と話しました。

Hammondは似たようなところは番組内容を超えていると付け加えました。多くのクルーは3人組をアマゾンでもついていきました。「実際にカメラオペレーターとサウンドは15年間彼らとやってきました。彼らが世界で一番です。」映画のスタイルと製作の継続性はそのキャストの見た目と魅力を損なうこと無く維持することができます。

一方、「The White Rabbit Project」は元の番組を定義した神話を試してみるという考えから離れています。代わりにImahara、Belleci、とByronhaは脱獄、第二次世界大戦の武器、強盗など様々な6つのトピックをランク付けして比較します。いくつかのエピソードでは大きな機材を使ったり、実験をしたり、「The White Rabbit Project」の構造があり「Mythbusters」からとはかけ離れています。

しかし、2つの番組ともオリジナルと同じキャストで行われるためキャスト同士のケミストリーがよく見やすい番組となっています。Clarkson、Hammond、Mayはいまだに口論していますが、Imahara、Belleci、Byronはお互いに楽しんでいるように見えます。私はKariがToryを夕食のときマインドコントロールしているのに笑いをこらえることができませんでした。それはKariがTory自身をめちゃくちゃにするから面白かっただけではありません。(実際にとても面白かったですが。)彼らの食事中のリアクションと動きがそのシーンを面白くさせたのです。

「The Grand Tour」もこのようなシーンが大量にありました。有名なのはHammondがイタリアのロードツアー中に彼が出演者たちに迷惑をかけたので、ファンに囲まれて立ち往生させられたシーンです。それは各メンバーの相互競争力を養うシーンで、とても面白い結果を見ることができるシーンでした。

最終的に、似たようなケミストリーを持ち合わせているホストであれば確実で、どちらの番組もそのおかげでうまくいきます。「The Grand Tour」は「Top Gear」と同じキャストでそのまま良いところを持ってきていて、「The White Rabbit Project」は「Mythbusters」のマッドサイエンスを取り入れた違うフォーマット、という両者とも違うアプローチ方法ですが、共通していることが1つあります。各プロダクションの現場責任者が視聴者の中心的な魅力は俳優間の関係であることを理解しています。それが「Top Gear」がアメリカ側ともめた理由、BBC2番組の新しいキャストが視聴者とうまく繋がらなかった理由です。それはまた、キャストが未知の人たちなので、「Mythbusters 2.0」に不安が残った理由でもあります。

他のリアリティー番組のように、このような番組はキャストと視聴者の個人的なつながりによって生死があり、アマゾンとNetflicksは親しみのあるキャストで、親しみのない形式の番組をすることで成功しました。このような理由から、「The Grand Tour」と「The White Rabbit Project」は、昔魅了したファンだけではなく、初めてこれらを観る新世代のファンも楽しませています。

どのようにしてスナップチャットが2016年を完全に支配したか

【出典】2016/12/22

http://mashable.com/2016/12/22/snapchat-in-2016/

Untitled

スナップチャットは全てのソーシャルメディア全体と同じく、今年最大の年を迎え、再び同じようになることはありません。

アプリ自体の重大な変更から、新しい広告のプラットフォームになり、スペクタルになり、企業の再ブランド(hello, Snap!) 、そして地平線上のIPOにいたるまで、2016年を振り返るとEvan Spiegelが世界に今後のSnapから何を期待するかについて少しのヒントとともに推測させ世界に見せつけた年になったのは明らかです。

スナップチャットは成長した

スナップチャットは2016 年にプラットフォームとしていくつかの重大な成長を遂げたが、ティーンと若者世代に好まれる中毒性のある自撮りシェアとしての原点を遥かに超えました。これが最初の成長でした。スナップチャットの視聴者はアプリの5年の歴史の中で35歳以上のユーザーが増え始め、文字通り成熟し始めました。オバマのホワイトハウスがスナップチャットのオフィシャルアカウントを年始に開設しました。そして、ウォールストリートジャーナル紙はアメリカの新聞紙の中で最初にSnapchat Discoverに参加し、そうです、スナップチャットは親世代用ともなったのです。

アプリの主な機能は成長を早めました。同社は、一時的なものから離れた最大のロールバックであるMemoriesを導入し、アプリ外で取った写真を取り入れシェアすることができるようになりました。一対一のメッセージは見直されました。グループメッセージがついに実現しました。

統計と表面上の価値で、スナップチャットは人気が高く伸びているソーシャルアプリの典型的な繰り返しのように見えます。しかし、このパターンはスナップチャットが世界に向けて望んでいるものの実質的な背後の変化を明らかにしています。

スナップチャットはより広いユーザーを取り入れる準備ができていると堂々と伝えています。

ソーシャルネットワークではなく、メッセージアプリではない、スナップチャットはソーシャルメディアの世界のユニークな部分を占めてきました。他の企業が近況報告(facebook)や、リアルタイムシェア(Twitter)に力を置いている一方、スナップチャットは信頼性を他のどれよりも大事にしています。

Memoriesやグループメッセージのような新機能はこれらから少し後退しますが、よりよい保存、共有機能を付け加えることは一時期計画的に遠ざけてもまた伝統的な機能に取り返すことができるので、会社は、よりもっと多くのユーザーを抱える準備ができていると豪語します。

広告が現実世界に

スナップチャットのユーザー側が成熟するにつれて広告が新たなレベルに達したことは偶然ではありません。

同社は、待望のAPI(アプリケーションプログラミングインターフェイス)を導入し、ブランド側が関心の高いユーザーターゲッティングを行って広告を購入、展開することを容易にしました。そして、同社はターゲットをしぼった広告でユーザーにサービスを提供するための他の方法に取り組んでいるかもしれません。

DelmondoのCEO、Nick Ciceroはソーシャルビデオ分析のプラットフォームで「スナップチャットはFacebookやTwitterのようなプラットフォームの中からとてつもない早さで収益化をし、最高の成果をあげた」と話しました。

言うまでもないが、スナップチャットへの収益はすごく大きなものでした。このアプリは2016年広告収入だけで3億6,669万ドル生み出し、eMarketerの見積もりによれば、2017年には約10億ドルもの収益を目指す予定です。

たった15ヶ月前の2014年10月に最初の広告をだしたと考えると悪い数字ではありません。

スペクタクルの中のスペクタクル

そのような数字があれば、スナップチャットがハードウェアビジネスに参入することを考えているのではないかと思うのも無理はありません。しかしEvan Spiegelというマーケティングを知り尽くした人を過小評価するかもしれません。

Untitled

同社は、長らく噂されていた、会社がカメラつきの眼鏡、Spectaclesを作っているというのを今年始めに世界にサプライズで公表した。このニュースは同社の新しい企業モニカ「Snap Inc.」に同行して、新しく再モデル化されたスナプチャットは「カメラ会社」だとSpiegelから困惑の評価が寄せられました。

それだけでは不思議ではないが、小さな擬人化された自動販売機が年始に現れ供給がある限りの眼鏡をその自動販売機(Snapbots!) から買えるという、スナップチャットが新しい眼鏡を売ることに決めたやり方もあります。(一部のテック作家はこの戦略でおかしくなった)

そしてスナップチャットは他のタイプのハードウェアに目を向けているという噂が残っているが、Spectaclesは本当にたったそれ一つだけを意味していて、目をつむって気持ちをスナップチャットだけに集中しています。

「Spectaclesはただのプラットフォームにより多くのコンテントを所得するためのメカニズムにすぎません。PeriscopeやFacebook Liveを使ったFacebookやTwitterが提供しているライブストリーミングと変わりはありません」と、Forresterのシニア分析者、Jessica Liuは話しています。

先をみる

スナップチャットは2017年に得られる全ての視線を必要とします。

だから、2017年何を私たちは期待しましょうか?公開されているスナップ写真を一つ。同社は2017年の第1四半期の株式公開を目指しているとされていて、それは近年のテック系IPOの中で最大のものです。

そのことがこれまで以上に注目を集めているスナップチャットにプレッシャーを与えています。スポットライトの中で、テクノロジー業界はこの会社がFacebookと同じくらいのレベルの数十億ドル規模の評価になるのか見ています。

さらに興味深いのは、スナップチャットがそこに行くために必要なステップです。もし2016年に広告が積極的に追求され、一度も考えてなかった機能を見た場合、2017年にはその戦略が倍増する見込みがあります。

「彼らが株を公開した瞬間、彼らはウォールス街の株主の慈悲に満ちるだろう」とLiuは話しています。「彼らはユーザーの成長と収益の成長を証明する外部からのプレッシャーを全て受けるでしょう」

もしそれがおこってしまったら?

「全ての賭けはオフになります」

ロケーションに応じたマーケティングが2017年にどのように進化するのか

【出典】2016/12/21

http://www.adweek.com/news/advertising-branding/5-ways-location-based-marketing-will-evolve-2017-175204

Untitled

ロケーションベースの広告やマーケティング技術の大きな成長と改良は2016年に多く見られました。位置情報の進化により、マーケティング担当者は現在リアルタイムの情報に基づいて、ターゲットの消費者がどこに行くか、効果的にどうデジタルの広告がその人を店に行かせるかを測り、またその店での購入履歴と広告量を繋げ合わせて消費者の行動を変えるのに活用しています。

位置情報は大きな産業です。それは携帯機器に執着している消費者にたくさんのデータと洞察力を与え、幅広いビジネスから重大な決定に至らせることを可能にします。

しかし位置情報はまだ始まったばかりなので、マーケティング担当者は今後の進化を期待するべきです。これは2017年の位置情報の5つの予測です。

  1. 位置情報の会社が合併します。

位置情報が独自のものになると、必ず合併が行われます。このように爆発的な業界には多くの競合企業があるとき、業界やセクターはこれを避けることができません。これは自分人身が携帯の初期段階のときQuattro Wireless(Appleが買収)にいたときAdMob(グーグルが買収)とMillenial Media(AOLが買収)という競合企業と戦っていたが、多くの企業は消えたり小さな変化だけをしていたことを思い出させます。

今後は、いくつかの位置情報企業が消えていく一方で、位置情報企業が共同で事業を進めていくのを見ていくでしょう。結局はたった一握りの人だけがチームを組めてあとの企業は完全に機能しなくなります。勝ち抜く企業にはどんな共通点があるのでしょうか。ユニークな設定、差別化されたプログラム、そして長期的なビジネスをつくって行くための透明感のあるビジネスでなければなりません。

そのことは2つ目の予想となります。

  1. 依頼者は透明性をよりほしがります。

依頼者側には位置情報の透明性に関する話がたくさんありますが、 押しが強くなると、多くのエージェンシーやマーケティング担当者は今現在、他の方法を探します。

2017年、クライアントは位置情報提供者からより多くの透明性を要求するでしょう。彼らはどのようにしてデータが集められているか、検証されているか、消費者の役割を理解したいと思っています。一部の利用者からしかアクセスできなかったものの解放を余儀なくされ、透明性はマーケティング担当者の彼らが作業しているデータの正確さと精密さをより的確に判断するのに役立ちます。プログラム化された広告購入に移行していない企業は呼び出されます。

  1. 発行者は彼らの価値を証明するために現実世界の帰属に頼ります。

過去20年間、デジタル広告測定の分析者は(ウェブトラフィック、eコマース転換、データ収集)などのデジタルの結果に重点を置いていました。しかしAmazonの世界に住んでいるのにも関わらず、92%のコマースは未だに物理的な従来的な方法で行われていているので、デジタルの影響力を測るのに十分とは言えません。

新しいアトリビューション製品を使用することで、発行者は彼らの価値をデジタル広告によって消費者を実際に店に行かせたかの成功率を測ることにより、オフラインで証明することができます。

発行者とプラットフォームの混乱が2017年に起こり、広告パートナーとデジタル広告インベントリがどのようにして従来の店に人々を運ばせるかを広告パートナーに証明するために現実的なき属ツールが使われます。これは、マーケティング担当者が結果を測定し消費者が彼らの物理的な世界でどこの時間を過ごすかについて学ぶ新しい方法を開くでしょう。

  1. 位置情報はチェックボックス戦略よりも大きくなるでしょう

マーケティング担当者は位置情報を真剣にとらえないとビジネスに影響のある多くの機会を失います。データはそこから得た洞察力とビジネスの決定と同じくらい大事です。

2017年にはマーケティング担当者は「ボックスをチェックする」だけでは不十分であると気づくでしょう。頭のいいブランドや会社は良質なデータをスマートで、実用的な消費者洞察とビジネス戦略に変えます。これらの主要なブランドは、独自のロケーションデータの所有権と専門知識を増やしたいと考えています。

  1. みんな携帯にシフトするでしょう (そしてもっと位置情報に)

位置情報は移動し、Andressen HorowitzのBenedict Evansは「携帯は世界を食べている」と言いました。

消費者の携帯への移行は非常に現実的であり、マーケティング担当者は競争の激しいエリアで販売を広げるために最適化する必要があります。しかし、多くのマーケティング担当者は、モバイルへの急速な加速がビジネスにどのような影響を与えているか、まだ心配をしていません。

見逃しているかもしれない重大なポイントは、「携帯のおかげで、マーケティング担当者は消費者がリアルタイムでどこに行ったかを知ることができる。場所は現実世界のクッキーであり、企業は携帯の位置情報を使って消費者をターゲットにして成果を測定し、毎日のデータ分析で常にキャンペーンを新しく最適化することができます。」

企業は位置データの力を無視することはできなくなり、位置情報を採用するのが遅れた会社は競合企業によって苦しめられることになります。

マーケティング担当者は、「次の大きなこと」というアイディアに魅了され、しばしばビジネスを変えることのできる重要なツールを間違って見落としていることを突き止めています。

位置情報はそれの領域の一つです。それは新しくてビジネスが成長していくのを変え、可能なものです。ですから、新しい年に入るとマーケティング担当者は自分自身に「袖を巻き上げ新しいことを学ぶ準備ができているか、そう出なければあなたのビジネスを変える最大の機会を逃すのか?」と問いかけなければいけません。

ディズニー、スナップチャット向けにTVシリーズを製作中

【出典】2016/12/21

https://www.engadget.com/2016/12/21/disney-is-making-mini-tv-series-for-snapchat/

Untitled

スナップチャット(もし技術者になりたいのならスナップ会社)は今後のIPOの準備を進めており、会社はどんどんその範囲を大きくしています。一時的なメッセージアプリではもうなくなり、スナップチャットは記事やビデオのコンテンツ用のプラットフォームになり始めています。最近では本来のテレビのようなコンテンツでもありNBCとの契約で、The Voiceのようなショーをアプリ内で放映をしました。メディアのライブラリーは伸びていて、今や新しいパートナーが争うように増えています。ロイター通信によると、ディズニーのテレビ担当はスナップチャット向けのテレビシリーズを、The Bachelorのリキャップシリーズから始めると言います。

ロイター通信によれば、「Watch Party: The Bachelor」というタイトルのスナップチャットシリーズは新シーズンの翌日、2017年1月3日から公開予定です。バラエティ紙によると、各エピソードは3~5分で、公開してから24時間視聴可能になるようです。

これが2つの会社の初めてのコラボではありません。ディズニーの子会社ABCは以前、このアプリと協力し、今年2月に行われたアカデミー賞の放送の裏をライブストーリーで流しました。しかし、スナップチャット用のオリジナルのコンテンツを作っていこうという契約はスナップチャットユーザーがもっとアプリを使うことになり、広告収益をうむことができます。

ソフトウェア提供の拡大に加えて、スナップチャットは会社初のハードウェア商品、Spectaclesと呼ばれる$130のビデオレコーディングサングラスを発表しました。若者向けの会社が将来の拡大の為に大きな計画を持っていることは明らかで、数十億ドル規模の価値は業界分析者からも大きな期待を寄せられています。

人工知能により、偽の画像やビデオを作るのがもっと簡単に

【出典】2016/12/20

http://www.theverge.com/2016/12/20/14022958/ai-image-manipulation-creation-fakes-audio-video

Untitled

Smile Vectorはどんな有名人の顔も笑顔にすることができるというボットです。それはウェブが顔写真を削り、深い学習能力のあるNeutral networkを使って顔の表情を付け足します。結果は完璧ではありませんが、全て自動的に作られ、それは人工知能を使って新しい偽の画像、音声、ビデオを作る世界が開けられたことで次に何がくるのかというヒントとなります。ワード文書を編集するのと同じくらい画像をフォトショップで加工するのが簡単になることを想像してみてください。私たちは自分の目を信じることができるのでしょうか。

Smile VectorのクリエーターであるTom Whiteは「これは確かに大きな一歩を進めた」とThe Vergeに話した。「私たちの画像を扱うだけではなく、社会への普及です」White氏は彼がこのボットを作ったのは「挑発する」ためであり、人々に人工知能で何が起きているかを見せるためだと話しています。「多くの人は、機械学習がこんなことをできるなんて知らなかったと思う」とビクトリア大学デザイン学校でCreative Codingを教えるWhite氏は話す。「インスタグラムのフィルターのように”もっと笑う”、”笑いを減らす”といったように全ての人が使えるようになることを想像してみてください」

Smile Vectorは氷山の一角です。マルチメディア操作で行われている全ての作業を人工知能に包括的に置き換えるのは難しいですが、単なる2Dの画像から3Dの顔モデルを作ったり、人間の人形を使ってビデオのターゲットの表情を追うことや、写真のライトや影を変えることや、音の無い映像からサウンドエフェクトを作り出したり、ディベートのライブ配信中のトランプをはげにしたり、昔の映像から「フレンズ」のJoeyを「復活」させたりするなどといった例があります。個々でも、これらの例は興味深いので、まとめるとより多くのものになります。

ワイオミング大学のコンピューターサイエンスの准教授のJeff Cluneは「この分野は衝撃的な早さで進歩している」と言います。「びっくりする例が毎月メールボックスにやってくる」Clune自身の仕事は画像操作ではなく、全てのジャンルを生成することです。ワイオミングにある彼のチームは2015年から物体認識で訓練された中立ネットワークを適応させることに取り組んでいます。2005年に人間の脳に関する研究にインスパイアされ、彼らは特定の画像に直面したときに反応する神経細胞を特定し、この刺激を最大限にする画像を作るようにネットワークに教えました。

2015年に、このネットワークはこのような画像を作りました。

Untitled

2016年にはこのような画像を作りました。

Untitled

これらの画像を作るために、中立ネットワークは似たような写真のデータベースで訓練されました。その後、それはアリ、アカアシシギや火山の写真を覚え、それらはコマンドで自分のバージョンのものを作り出せるようになりました。「火山の画像をみせてください」という指示以外いらなくなりました。現時点でのこの二つの障害は画像の解像度で(256×256以上の画像がない)ネットワークを訓練してラベルの張られている画像を探すことです。「私たちの現在の限界はモデルの能力ではなく解像度の高い画像のデータセットです」とCluneは語ります。「どれくらいで現実的なfull HDの画像を作り出せるのか?多くの人が考えることで、数年はかかるだろうが数十年はかからない」

これらのテクニックが完成すればすぐに広がります。いい例は中立ネットワークを使ってある画像の特性を別の画像に適用する「Style Transfer」として知られる方法です。これに関する大事な論文が2015年9月に発表され、2016年1月にはその論文をもとに作られたオープンソースのウェブアプリが発表されました。6月にはロシアのスタートアップがこの論文を基にPrismaという誰でも様々なアートスタイルを携帯の画像に適用し様々なソーシャルメディアでシェアできる携帯アプリを作りました。このアプリは爆発的人気を得て、11月にはFacebookが彼らのバージョンのものを公開し、途中でいくつかの新しい機能を追加しました。最先端の研究から一年以内で商品化をするというこのような機能の適応力の早さを表しています。

Clune氏は将来人工知能を使った画像生成はクリエイティブな業界で有能になると考えています。家具デザイナーはこれを「直感的なポンプ」として使え、生成ネットワークに椅子のデータベースを加えデザイナーが完成させることのできる独自の別の形のものを作ることができるようにすると彼は話しています。他の使用用途はユーザーが文字通り実際にリアルタイムで指示できるビデオゲームを作ったり、バーチャルリアリティなどのコンテンツを作ったりすることです。ドラゴンが欲しいですか?聞いてください。もっと大きくて腕が銃になっていて明るい紫の毛をしたドラゴンが欲しいですか?それもできます。研究者は既にこのタイプのインターフェイスの先駆者に手を付け始めています。下の画像で、右︎にある画像は左のキャプションに基づいて作成されたものです。

Untitled

他の明白に恩恵を受ける人は偽者たちです。下のビデオを見てください。これはFace2Faceと呼ばれる本質的に人を人形に替え、彼らの表情を自分の表情にすることができるプログラムのデモビデオです。研究者はトランプとオバマの動画を使ってデモビデオを作成しました。そして、Adobeが最近発表した人の音声エディターのプロトタイプソフトウェアを使えば人間の音声を編集できるようになります。(同社は映画の中のボイスオーバーや台詞を直すのに使えると言っています)ですので、あなたは政治家や有名人に言ってほしいことをビデオで作ることができます。あなたの動画を適度に人気なFacebookページに投稿し、それがインターネットを通して広がるのを見ることができます。

これらのツールが社会を真実が減り自由にするとはいっていません。結局、写真修正はまた暗室に戻ってきて、メディアは偽物の画像を本物の画像だと報道して騙されています。北朝鮮の「ミサイル発射」の写真から、オサマビンラディンの「死体」の写真までイギリスのタブロイド紙に載りました。そして同じことがビデオでも行われました。例えば 2015年の計画された親族スキャンダルはセンセーショナルで嘘の主張をサポートするように編集されていました。

しかしながら、私たちはより多くの人がデジタルツールを使ってこれらができるようになったということを否定することはできません。人工知能ができて(時間が十分あって)人間ができないということはありませんが、一旦全ての人がワード文書を編集するように画像編集ができたら、全く影響はないと過剰に楽観的にはなれないでしょう。人工知能による嘘やごまかしを見つけるのは難しくありません(ぼやけは一番よくあるもので解像度が低いものや単に”偽物に見える”ものなど)が、これらはどんどん改善すると研究者は言っています。

現実的な嘘の激増は陰謀理論家への恩恵となり、今のジャーナリズムへの信頼の低下になると懸念されています。一旦人々が偽の画像が流通していると知ると、他の画像も偽物なのではと疑い、信じたくなるかもしれません。(2012年のハリケーンサンディーの写真を見てください、それらは偽物ではないと証明されたものもあるが偽物も含んでいる。) そしてもし新しいソフトウェアがビデオや音声の編集を画像と同じくらい簡単にできるようになったら、”信頼できる”証拠も蝕まれてしまいます。

この分野に関わる人工知能の研究者は、今後のメディア環境を既に経験しています。「私は現在現実のめまぐるしい世界に存在しています。」とClune氏は言います。「人々は私に本物の画像を送ってきますが、私はそれが偽物に見えないか疑いを持ちます。そして彼らが偽物の画像を送ってきても、画像の質がいいので本物だと考えてしまいます。ますます私は本物と偽物の違いが分からなくなってきます。自分自身を教育するかは自分次第です。」

テクノロジーの拡散速度の加速

【出典】2016/12/19

https://techcrunch.com/2016/12/18/technology-dispersion-is-accelerating/

Untitled

模倣者(コピーキャット)は実は絶滅危惧種だ。米国で新たに登場するデジタルサービスとそれが他の市場にコピーされる時間のギャップは毎月のように縮小している。この傾向は、グローバルビジネスに大きな影響を及ぼし、投資やイノベーション戦略を再考させている。

インドは、技術の拡散がいかに加速しているかの良い例だ。たとえば、1994年の米国でのAmazonの開始と、インドにおける同等のサービスFlipkartの開始の間には13年以上の年月が横たわっていた。それが2013年には、DoorDashがシリーズAの資金調達をアナウンスしてわずか3ヶ月後には、インドで類似サービスであるSwiggyがローンチした。

ビジネスモデルの拡散のこうした急速な加速には、3つの主要な要因がある:

地域ごとの例外があるにもかかわらず、人間のニーズはしばしば普遍的なので、技術は世界中に適用される。

インターネットは新しい技術の動向についての情報の配布を簡単にした ― TechCrunchは起業家たちから広くアクセスが可能だ。

モバイルデバイスの急速な普及が、グローバル展開のための強力なプラットフォームである。

成長著しい市場に参入している企業にとって、この傾向の意味は明らかだ:チャンスは大きいが、早急に行動する必要がある。

スタートアップがこの課題を解決するために役立つ5つの要素がある。

まず大規模な市場に焦点を当てること。これにより、規模を迅速に拡大する機会が提供される。大市場のリーダーは世界的な成功を収める可能性が高まる。

国際化のために慎重かつ再現可能なモデルを開発する。

グローバルな勝者となるべく資本を調達し、ある市場で概念実証から国際的な展開に迅速に移行する。

国際化に伴う特定の課題を克服するのに役立つ投資家とのパートナーシップ。

国際的な考え方を身に着けた才能を雇用する。

成長著しい市場の起業家にとっては、明らかなことだが、他の場所で見られている実績のあるビジネスモデルを立ち上げることはこれまでは利点の多い戦略だったが、そのゲームはほぼ終了している。世界中のハイテクプレーヤーがこれまで以上に大きくなって迅速に成長する中で、クリティカルスケールを達成するための時間が不足している。

しかし、それはローカル起業の機会がないということではない。グローバルモデルは、最終的にはローカルの好みや文脈の限界に突き当るので、そのようなローカルな「堀の中」こそが地元のスタートアップが勝負できる場所なのだ。

ローカルな堀は、その成り立ちから自然に、地域的、政治的、文化的、あるいは経済的な影響を受けたものになり得る。しかし、彼らは1つの共通点を持っている:差別化を可能にするのだ。例えば、中国の壁はBaiduGoogleに抵抗することを可能にした。また、言語と文化の壁により、アフリカのShowMaxなどのローカルコンテンツプロバイダはNetflixと競合することが可能になった。

さらに、国内市場の起業家は、地元の問題を解決して強力なビジネスを構築することが可能だ。これらの地元の問題は、シリコンバレーの中心で働いている人たちが拾うことのできない機会を表しており、したがって収穫の対象として熟しているのだ。

テクノロジー拡散の加速のペースは、世界的なスタートアップエコシステムの大きな変化を引き起こしている。この結果、将来的には「模倣」サービスの数は減っていくが、新興成長市場では、スタートアップに大きなチャンスをもたらす独自のイノベーションの波を期待することができるのだ。

ディズニー、世界の興行収入で70億ドルを突破した初めてのスタジオに

【出典】2016/12/19

http://variety.com/2016/film/news/rogue-one-star-wars-disney-box-office-finding-dory-1201945288/

Untitled

ディズニーが業界記録を打ち破りました。ディズニーは世界中の年間興行収入が70億ドルを超えた初めての会社となり、新しいベンチマークとなりました。。それは「スターウォーズ」のスピンオフ映画、三つのアニメ映画の成功、そして二つのマーベル映画から成されたものです。これらのブロックバスターのリストはディズニーが、他の主要スタジオと比べてどれだけ激しい競争相手になったかを示す兆候でもあります。

このニュースは先週末に公開された「ローグワン:スターウォーズストーリー」のすぐ後に入ってきました。この宇宙大戦の前日譚は世界中で約3億ドル稼ぎ、冬休みの間にチケットの売り上げを支配するだろうと予想されています。ユニバーサルは2015年に「ワイルドスピード7」、「ミニオンズ」、「ジュラッシックワールド」などのブロックバスター映画のおかげで68億9000ドルを年間で稼ぎ記録を作りました。

今年始め、ディズニーは国内で20億ドル、国外で30億ドル、全世界で50億ドルを一番早く稼いだスタジオとなりました。

ディズニーはこの成功を遠く離れた銀河への期間以上のものにしています。三つのスタジオの映画、「ファインディングドリー」、「キャプテンアメリカ:シビルウォー」、「ズートピア」は世界で興行収入10億ドル出し、「ジャングルブック」も9億6600万ドルもの収入を得ました。また「モアナ」と「ドクターストレンジ」もヒットしました。全てのディズニー映画が人気を得た訳ではありません。「ビッグフレンドリージャイアント」と「アリスインワンダーランド2」は観客の熱量と見合うことがありませんでした。

「この歴史的成功は全ての映画スタジオがそれぞれのベストを出し切ったから可能となりました。国籍、性別、年齢関係なく観客と共鳴するあらゆる種類の素晴らしい物語を伝えています。」とウォルトディズニーの会長Alan Hornが声明発表しました。「これらの作品はそれぞれ誰かのためではではなく全ての作品が誰かのためなのです。」

ディズニーの最高責任者のBob Igerの指導のもと、同社は欲張りになりました。同社はマーベル、ピクサー、ルーカスフィルムを買収するために150億ドル以上の資金調達をしました。この投資は価値のあるものだと考えられています。ディズニーにはルーク・スカイウォーカー、ダースベイダー、バズライトイヤー、キャプテンアメリカ、アイアンマン、インクレディブルズなどの象徴的なキャラクターを使う権利を得ています。

これらの様々な業績の中で、ディズニーは国外、国内、世界中の興行収入トップ10のうちの5つをしめています。4つの最高収入のリリースはすべてディズニー映画です。