月別アーカイブ: 2016年11月

Apple、無料で子供にコードを教えることを検討

【出典】2016/11/30

http://tech.co/apple-wants-teach-kids-code-free-2016-11

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a

 

Elon Musk氏が火星を追いかけている一方で、学校のシステムにおいて別のレースが勃発している。コンピュータ科学をカリキュラムに取り入れようというのだ。

現在、市場にはコンピュータ科学における求人が他の業界の2倍である51.7万件もあると言われている。一方で、2016年に大学を卒業したコンピュータ科学を専攻している学生は42,969名である。National Girls Collaborative Projectのレポートによると、理系卒業生の女性の中で、生物学専攻の卒業生は半数以上であり、コンピュータ科学専攻は17.9%、エンジニアリング専攻は19.3%、物理学専攻は39%、数学専攻は43.1%だったようだ。

アメリカの教育システムがコンピュータ科学系の求人に見合うだけの学生を輩出できていないというのは明白である。教師が生徒の興味をコンピュータ科学にもっと向けさせることができれば、生徒が高等教育や大学教育においてその道を進む可能性は上がると考えられるだろう。

これをサポートする手段として、Appleは12日5日から11日の間にCode.orgと共同で、プログラミングに関するチュートリアル「Hour of Code」ワークショップを世界中に点在する487のAppleストアで無料開講すると発表した。これはComputer Science Education Weekを祝したイベントであるようだ。

「2013年に始まった『Hour of Code』ワークショップでは、Appleは年々参加者を増やしており、より多くの子供にコンピュータ科学について興味を持ってもらえるような方法を模索してきました」とCode.orgで創設者兼CEOを務めるHadi Partovi氏は述べる。「Appleがストアや優秀なスタッフを活用して行われてきた同プログラムは、現在までに何万人もの子供に広まっていますが、Swift Playgroundsで『Hour of Code』紹介したことによりますます子供に広まっていくと考えられます」と。

同プログラムには、女性や人種的マイノリティの人々にコードについてもっと興味を持ってもらうという、もう一つの目的がある。Code.orgによると、広告までにコンピュータ科学について学んだ生徒は専攻として選ぶ確率が10倍に跳ね上がり、黒人やヒスパニック系の人々もこの数字が7倍に跳ね上がるようだ。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a

同ワークショップは、iPadの基本的な操作ができるがコードに関しては素人の人向けに設計されている。同ワークショップでは、Swift Playgrounds™やコードを体験できるiPadの無料アプリが紹介される。Swift Playgroundsの干渉できるインターフェースを用いることで、初心者に簡単に学ぶことができるがプロの開発者が世界に通用するようなアプリの開発にも使われているプログラミング言語Swift™で色々なことに挑戦することを推奨しているのだ。

ストア内で行われるワークショップに加えて、Appleは「Hour of Code」を学校やコミュニティセンターでも広めようと様々なツールを開発している。また、アメリカでこの自分のペースで学ぶことができるプログラムApple Teacherもサポートしており、iPad上のSwift Playgroundsでコードを学ぶことができるようだ。子供が同プログラムに参加している間、親もApple.comに登録して「Hour of Code」をクリックするとコードを学ぶことができるというわけだ。

Warner Bros.、家庭に最新映画をより早く提供

【出典】2016/11/30

http://adage.com/article/digital/warner-bros-talks-cinemas-put-films-homes-sooner/306948/

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a

 

ハリウッドのメジャースタジオの一つであるWarner Bros.は、家庭で最新映画をいち早く視聴できるように映画館と激しい交渉を繰り広げているようだ。

同スタジオは、映画館でリリースされてから90日間は他での公開はしないという従来のルールを変えようとしているとTime Warnerの関連会社でCEOを務めるKevin Tsujihara氏は火曜日の投資家会議で述べた。これ以上の追加情報は開示されなかった。これが実現すれば、家庭で最新映画を有料で楽しむことができるようになるだろう。

映画館との取引に成功するか如何に関わらず、消費者にはより多くの選択肢を与えるべきだとした上で、「我々は長年放棄してきた映画館側との交渉を開始しました」とTsujihara氏は述べる。「我々はこれを形にするのに全力を注いでいます」と。

北アメリカの映画館は最新映画の独占権を失うことに関してひどく反対しており、すでに存在するNetflixのような家庭用デジタル配信サービスとも対抗している。しかし、映画業界でDVDの売り上げが落ち海賊版が出回る危険性も減った今、映画館でのリリースに関するルールは最大の論点の一つとなっているといっても過言ではないだろう。

アメリカ映画館業界で三番手のCinemark Holdings Inc.でCEOを務めるMark Zoradi氏は、今月の初めに同社がプレミアム価格で家庭でのリリースを提供することを検討していると述べた。

Cinemarkは映画館でのリリース日と家庭でのリリース日を同日にする気はないようだが、Zoradi氏はアナリストからの電話に対し「プレミアム動画オンデマンドにどのような可能性があり、スタジオと映画館の両者にとって利益となるビジネスモデルがあるか、スタジオパートナーの方々と協議中です」と述べた。

21st Century FoxでCEOを務めるJames Murdoch氏は、現在のルールを「おかしい」と言明し、リリースに対するルールを変えなければならないと述べたことで、National Association of Theatre Ownersからの非難の的となっている。

声明で、団体はMurdoch氏が「利己的な」コメントによってFoxの信頼を「傷つけないよう気をつける」必要がある述べている。NATOのスポークスマンはTsujihara氏の火曜日の発言についてのコメントを控えている。

Napsterの共同設立者であるSean Parker氏もまた、家庭用ストリーミングサービスから最新映画を映画館でリリースされる日と同日中に有料で配信しようと試みている。

Tsujihara氏は映画業界でデジタルでのセールスが上がるにつれ、DVDの売り上げは落ち続けるだろうと述べる。

Netflix、スマートフォンとタブレット端末からオフラインで視聴できるようにダウンロード機能をローンチ

【出典】2016/11/30

http://variety.com/2016/digital/news/netflix-downloads-offline-viewing-tv-movies-1201930059/

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a

 

Netflixは、ユーザー待望の機能をついにローンチした。ユーザーは選択したテレビ番組や映画をApple端末やAndroid端末でダウンロードし、インターネットに繋がっていない時も視聴できるようなシステムを構築した。

同社の最新モバイルアプリには、コンテンツの詳細ページに「ダウンロード」ボタンがある。まだ全コンテンツにこのボタンが表示されるわけではないが、新バージョンのアプリではメニューでどのコンテンツがダウンロード可能かわかるようになっている。

Netflixは、将来的にこの機能が使えるコンテンツを増やすとしている。「Orange Is the New Black」や「Narcos」、「House of Cards」、「Stranger Things」、「Unbreakable Kimmy Schmidt」、「Master of None」、「The Crown」といったオリジナルシリーズは、水曜日からダウンロード可能となるようだ。他にもオフラインで視聴可能になるコンテンツには、「Breaking Bad」や「Supernatural」、「The Office」、「The Flash」、「The 100」といったテレビ番組や「Minions」と「Kung Fu Panda 3」、「Home」といったアニメ映画がある。

この機能が利用できないコンテンツには、Netflixでリブートされている「Gilmore Girls」や「Fuller House」を初め、Marvelシリーズの「Daredevil」や「Luke Cage」、「Jessica Jones」、さらに、Disney映画の「Jungle Book」や「Zootopia」、「Lilo & Stitch」が含まれる。

「多くの会員がNetflixを家で楽しんでいる一方、飛行機やその他の場所でのNetflixのコンテンツを楽しみたいという声は、多く寄せられていました」とNetflixの商品開発部門で主任を務めるEddy Wu氏は自身のブログにてこう記した。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a

Amazon Prime VideoはiOSやAndroidアプリからオフラインで視聴できるサービスを1年以上も続けている企業や、YouTube RedやStarzのモバイルアプリのようにオフラインでもアクセスできるようダウンロードサービスを提供している企業もあるようだ。

Netflixの新たなダウンロード機能は、Android端末とiOS端末で利用可能であり、コンテンツをダウンロードするにはiOS 8.0以降かAndroid 4.4.2以降のOS環境である必要がある。既存の設定ではWi-Fi環境でないとダウンロードできないようになっているが、この設定は変更可能であるようだ。

Netflixのエグゼクティブは、オフラインでも視聴できるようにするためのダウンロード機能の可能性を言及していたが、最初はインフラの整った国でのみローンチする予定である。

DirecTV Nowのすべて

【出典】2016/11/30

http://www.theverge.com/2016/11/30/13788934/directv-now-att-internet-tv-service-questions-pricing-channels%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a

AT&Tは、今週の初めDirecTV Nowというインターネットテレビストリーミングサービスをローンチした。スマートフォンやタブレット端末、リビングルームのストリーミングサービス、PCといったプラットフォームで利用可能な無料トライアルは、本日から登録できるようだ。衛星テレビ受信用アンテナやケーブルボックスは必要ない。DirecTV Nowを利用し始めてまだ1日しか経っていなおらず、このプラットフォーム自体も完璧とは言い難いが、様々な可能性を見出すことができるのではないかというのが私の第一印象である。

DirecTV Nowでは、4種類のチャンネルバンドルが提供されているが、AT&Tがローンチに力を注いでいるのは100チャンネル以上のパッケージを月額35ドルで提供するという期間限定のプロモーションである。このチャンスを逃すと、60ドルと値上がりしてしまうようだ。AT&Tはこの期間中に申し込んだ人はDirecTV Nowから脱退しない限り同じ値段で同サービスを受けることができるようだ。これは従来のケーブルテレビの価格帯と比較してもかなりお買い得だろう。さらに、これに毎月5ドルを追加するだけでHBOも視聴できるようになるというのだ。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a

HBOの追加サービスがなくても、DirecTV Nowには多くの人気チャンネルが含まれており、「The Walking Dead」や「Empire」、「The Voice」、「Grey’s Anatomy」といった番組が最安値で視聴できるようになる。しかし、欠点もある。例えば、同サービスにはCBSが含まれておらず、「The Big Bang Theory」や「NCIS」、「60 Minutes」といった毎週放送される番組を視聴することができない。Showtimeも含まれておらず、NFL Sunday TicketチャンネルやRedZoneチャンネルは提供されないようだ。また、ABCやFOX、NBCといったブロードキャスティングネットワークの生放送番組についても、地元のテレビ局で生放送される以外視聴する方法はない。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a

さらに、DirecTV NowにはDVRの機能は全く搭載されていない。もし生放送の番組を見逃すと、他のオンデマンドサービスで配信されるのを期待する他ないのだ。AT&Tの同サービスの競合であるSonyのPlayStation Vueは、28日間番組を保存できる機能が搭載されている。これに対し、AT&Tは同サービスにDVR機能がないことを欠点だと認識しており、2017年中にもDVR機能を搭載させるようだ。

それでは、実際にケーブルテレビをDirecTV Nowに置き換える生活とはどういったものになるのだろう。私は火曜日丸一日かけてこれを試してみた。この期間中は35ドルで提供されている同サービスは、番組が多くスクロールして一番下まで行くのにも時間がかかる。幸い、お気に入りのチャンネルを別のリストに登録することができるので、毎回この膨大なチャンネルから選ぶ必要はない。私はApple TVで試していたが、インターフェースは思いの外早くスムーズだが、実際に操作方法を覚えるまで30分くらいは要する。スワイプするようなジェスチャーで操作するのだが、この操作方法は少し奇妙な感覚になる。また、左右にスワイプすると一つずつチャンネルを変えることができるが、お気に入りのチャンネルだけではなく全てのチャンネルが含まれているため、あまり使い勝手がよくない。Sling TVがローンチされた時と感覚は似ているかもしれない。そこまで使い物にならない訳ではないが、改善の余地は大いにある、といった具合である。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a

個別のネットワークを選ぶと、縦軸で番組スケジュールが表示されるが、ここから番組を選ぶというのはあまり意味がないだろう。というのも、概要がほんの少し載っているだけで、他の情報はほとんど載っていないからだ。どこでも視聴できるサービスとしては、DVR機能がないのならお気に入りの番組が始まる直前にプッシュ通知で知らせてくれるという機能があってもいいものだが、それもないようだ。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a

現在のインターフェースは、混乱することなく操作することができ、上記に挙げた以外はそこまで目立ったエラーもない。フルスクリーン高画質でテレビ番組や映画を見ることができ、オンデマンドのメニューもわかりやすい。お気に入り番組をトラッキングするための視聴リストもあるが、次のエピソードが放送される時に特に通知があるわけでもないので、視聴する時間は自分でしっかり管理しなければならない。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a

チャンネルのローディング時間は、驚くほど速い。遅くても1秒か2秒程度でローディングが完了する。しかも1080pという高画質をこの速さでローディングするのだ。しかし、AT&Tがどのビットレートでストリーミングサービスを提供しているのかは定かではない。時々動画が圧縮されているという印象を受けるし、チャンネルの中には他よりも著しく速いものも存在するようだ。

同サービスは、テレビのように公に一時停止機能をサポートしているわけではないが、多くのチャンネルでこの機能を使うことができた。AT&Tのスポークスパーソンは、5秒から10秒程度の短い一時停止なら許可していると公表している。これ以上の一時停止をしようとしても、画面が勝手に再生されるような仕組みになっている。多くの動画オンデマンドのコンテンツは一時停止機能や巻き戻し、早送りといった機能を使うことができるが、これが制限されている場合もあるようだ。

動画オンデマンドについて、AT&TはDirecTV Nowの「巻き戻し」機能やオンデマンド番組といったシステムを改善中であり、Sling TVやPlayStation Vueより快適なサービスが受けられるようになるかを判断するにはまだ早いだろう。Netflixのようなカテゴリもあり、ほとんど誰も見ないだろうがオリジナルコンテンツも配信しようとしているようだ。もちろん、Taylor Swiftの番組を除いてだが。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a

もしソファーに座って生放送番組を見たいと考えているのであれば、同サービスを使うことを考えてもいい、というのが結論である。Comcastや他のケーブルネットワークよりも確実に値段を抑えることができるかについては、一概には言い切れないだろう。ケーブルネットワークとインターネットをセットで契約している家庭も多くいるので、ケーブルネットワークを解約して同サービスに加入することで支出を抑えることができるかどうかがわからないからだ。しかし、単純に35ドルというのは安いだろう。たいていの人であれば、現在の期間限定サービスに飛びつくだろう。もし100チャンネルを35ドルで提供してくれる同サービスに加入してしまうと、他のサービスが高く感じてしまうかもしれない。

もちろん値段が全てであるわけではない。DirecTV NowにはCBSチャンネルが必要だろう。CBSだけアンテナから受信する従来のサービスを受けるというのでは、意味を成さないからだ。また、DirecTV NowにはSunday TicketチャンネルやDVR機能が必要だろう。しかし、こうした欠点はあるものの、無料トライアル期間中に同サービスを試してみてはいかがだろうか。

共通の疑問

DirecTV Nowをどうしたらストリーミングできるようになるのか?

衛生テレビ受信用アンテナやDirecTVボックスをテレビに繋ぐといった作業は全く必要ない。代わりに、DirecTV Nowは、インターネット接続と以下のガジェットもしくはウェブブラウザがあれば使うことができるようだ:

Amazon Fire TV and Fire TV Stick

Android smartphones and tablets

Apple TV

Chromecast (Android at launch, iOS in 2017)

Google Cast on supported Vizio and LeEco televisions

Google Chrome

Internet Explorer

iPad

iPhone

Safari

Rokuはこのリストに載っていないが、AT&TはDirecTV Nowを2017年中には人気ストリーミングサービスの仲間入りを果たそうとしているようだ。

いくつの端末から同時にストリーミングすることができるのか?

2つの端末から同時にストリーミングすることができるようだ。DirecTV Nowを家族全員で使おうとしている家庭にとっては、あまりいいニュースではないだろう。もし一人がスマートフォンかタブレット端末、ノートパソコンでストリーミングしているとすると、あと一人しか自分の端末でストリーミングすることができないからだ。

ABCやFOX、NBCの生放送番組を視聴することができるのか?

PlayStation Vueのように、ユーザーの居住地域によるだろう。もしネットワークがテレビ局を運営しているとしであれば、もちろん視聴することができるが、定形外者が運営している地域だと生放送では視聴することはで傷、一日後のオンデマンドでの視聴となってしまう。また、PlayStation Vueとは異なり、居住地域によって値段が変わるわけではないようだ。加入する前に調べる必要があるだろう。

11月30日15時に追加された情報:NBCのローカル局に向けて、残念な制限がかけられてしまった。AT&Tのウェブサイトによると、NBCローカルフィードは「ストリーミングデバイスやApple TV」では視聴できないようだ。つまり、ウェブブラウザからしか視聴することができず、これはあまりいいニュースとは言えないだろう。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a

フットボールや地元のスポーツチャンネルは視聴できるのか?

DirecTV Nowでは、NFL Sunday TicketチャンネルやRedZoneチャンネルは視聴することができない。もし試合がDirecTV Nowでストリーミングできるチャンネルで放送されているのであれば、視聴することもできるだろう。NFLはVerizonとのモバイル端末専属ストリーミング契約があるため、いかなるNFLの試合もDirecTV Nowを介してモバイル端末からは視聴することができない。テレビやノートパソコンでは視聴可能である。

どの地元スポーツネットワークが視聴可能かは、地域によって変わってくる。例えば、ニューヨークではYES NetworkがDirecTV Nowで視聴可能であり、AT&Tはその他の地域でも以下のチャンネルは提供されているという:

Comcast SportsNet: ベイエリア、カリフォルニア、シカゴ、中部大西洋の州、ニューイングランド

Fox Sports: アメリカ南東部

FSN Arizona, シンシナティ、デトロイト、フロリダ、中西部、北部、オハイオ、サンディエゴ、南部、南西部、西部

解像度やフレームレートは?

DirecTV Nowストリーミングはテレビ画面で1080pまで高画質で視聴できるようだ。家庭の安定したWi-Fi環境では、特に不具合もなくその高画質を維持することができる。しかし、これはほとんど誰も同サービスを利用していない火曜日に試した時の状況であり、実際にサービスを開始してユーザーが殺到した時にどうなるかはまだ定かではない。

モバイル端末では、動画の画質に「良い」と「より良い」という二つのオプションがある。AT&Tのスポークスパーソンによると、「より良い」のオプションはHDの画質であるようだ。「良い」は480pのDVD画質相当だろうと考えられる。

The Vergeとのインタビューで、AT&T EntertainmentでCEOを務めるJohn Stankey氏はDirecTV Nowの未来には4Kを検討していることを明かした。

フレームレートは、60fpsであり、スポーツファンからみればいいニュースだろう。

DirecTV Nowは5.1サラウンドサウンドをサポートしているのか?

現在、5.1オーディオアウトプットはApple TVとAmazon Fire TVにて利用可能である。

DirecTV Nowのアカウント情報から、TV Everywhereアプリ(HBO GoやWatchESPN、Disney等)にサインインできるのか?

できるようだ。AT&TはほとんどのユーザーがDirecTV Nowアプリを利用するようになると考えているが、下記のサービスへは同じアカウント情報でサインインできるようだ:

HBO Go

Max Go

ABC

ESPN

Disney, Disney Jr, Disney XD

チャンネルリストの全容を見ることは可能か?

可能である。DirecTV Nowで現在提供されているチャンネルは以下である。PlayStation VueやSling TVと比較したいのであれば、CNETがこの比較表を提供しているようだ。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a

今年のブラックフライデーとサイバーマンデーのオンラインセールス、記録を更新

【出典】2016/11/30

http://mashable.com/2016/11/29/online-shopping-2016-thanksgiving-black-friday-cyber-monday-total/

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a

 

2016年の感謝祭に向けてのオンラインセールスは、また記録を塗り替えたようだ。

Adobe Digital Insights(ADI)は、ホリデーシーズンのオンラインセールスをトラッキングすることに全力を注いでいる。「Turkey 5」と呼ばれる感謝祭の木曜日からサイバーマンデーの月曜日までの5日間は、消費者が一年で最もショッピングをする日である。我々は、システムによって集計されたデータを見るだけで良い。

感謝祭当日(木曜日)

全ては感謝祭から始まる。多くのオンラインの販売側が特別セールを早めに始める中、消費者は昨年の感謝祭と比べて11.5%多い19.3億ドルを費したようだ。

モバイル端末からサイトを訪れる割合が最も多い中(モバイル端末:デスクトップ=57:43)、購入にまで至ったのはデスクトップからの方が多かったようだ(モバイル端末:デスクトップ=40:60)。

モバイル端末のデータを細かく見ていくと、スマートフォンからサイトを訪れた割合が47%であり、スマートフォンで購入に至った割合が27%を占めているようだ。一方、タブレット端末からのサイト訪問率は11%であり、購入に至ったのは13%という結果となった。

ブラックフライデー(金曜日)

2016年、ブラックフライデーはデジタル化した。感謝祭当日にオンラインセールスで記録を更新したことを受け、金曜日のセールスも昨年から11.3%増の30.5億ドルという推定値を更新し、21.6%増の33.4億ドルという結果を得た。

特筆すべきは、モバイル端末からのオンラインセールスが初めて10億ドルを超えたという点だろう。モバイル端末から費やされた金額は、昨年比33%増の12億ドルであり、当日のセールスの36%を占める結果となった。

モバイル端末にとってとても大きな一日となり、デスクトップからのアクセスは推定値よりも10%低かったのにもかかわらず、デスクトップもセールス全体の64%を占めた(モバイル端末からのアクセスは推定値の45%を10%上回り、55%となった)。

モバイル端末のカテゴリでは、スマートフォンからのアクセスが45%あり、セールスは全体の24%を占めた。タブレット端末は昨年とほぼ変わらず、昨年の10%という数値から11%とゆるやかな増加傾向を見せた。

感謝祭(木曜日)から日曜日までのオンラインショッピングに関するスナップショット:

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a

上図の上二つの数値は、11月の初めから現在(11月30日)までの累計である。

サイバーマンデー(月曜日)

ブラックフライデーの推定値を超えてきた今、オンラインセールスで毎年最大値をたたき出しているサイバーマンデーはどうだったのだろうか?

昨年の数値は超えてきたが、そこまで期待を大きく裏切ることはなかったようだ。サイバーマンデーのオンラインセールス合計は34.5億ドルであり、ブラックフライデーをほんの少し上回る程度の数値だった。昨年比は12.1%増であり、ブラックフライデーのような21.6%増というような結果には至らなかった。

サイバーマンデーの買い物客では、デスクトップの使用がモバイル端末の使用を超えた。デスクトップからのアクセスは53%であり、デスクトップからの商品購入は69%にも及んだ。一方、モバイル端末からのアクセスは44%であり、モバイル端末からの購入は31%という結果に終わった。

モバイル端末の詳細では、スマートフォンからのアクセスが38%、スマートフォンからの購入が22%である一方、タブレット端末からのアクセスが9%、タブレット端末からの購入が9%という結果であった。

総合すると、今年の感謝祭の週末とサイバーマンデーにおいてオンラインショッピングで費やされた額は128億ドルに及んだ。この数字は、2015年の110億ドルから見ると15.2%増である。

これが今年の結果である。オンラインショッピングが成長してきているのは明白である。この結果を受けて、販売側も実店舗よりもオンラインに焦点を当てていかなければならないのかもしれない。

マーケターがアメリカの大統領選のショックから学べること

【出典】2016/11/22

http://www.adweek.com/news/advertising-branding/what-marketers-can-learn-america-s-election-shock-174778

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a

 

フェイスブック上のニュースフィードからは、広告業界が驚きと絶望に渦巻いていると伝わってくる。期待を裏切られ、皆衝撃を受けているようだ。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a

今回のアメリカ大統領選でHillary Clinton候補が選ばれる可能性は、低く見積もっても70%、99%という人もいたくらいだったのだ。今回の間違え方が訓話になるのは、世論調査員だけではなくマーケターもだろう。

今回最も誤算だったのが、集めたデータを解析するアルゴリズムが愛や憎しみ、怒り、楽しみ、孤独といった人の感情を理解できていなかったことにある。

人間を構成するとも言われている感情は、Amazonの購入履歴やオンライン行動から測ることができるものではなく、今回の大統領選のデータチャートには加味されていなかった。同じ国でも、地域が変わればオンライン行動の傾向は変わるのだ。

西海岸や東海岸に住んでいる人々と中部に住む人々の生活は全く異なる。つまり、中部に住む人々が何を考えているのかを知るには、オンライン統計上のデータだけでなく、実際にそこに住む人々に焦点を当てたやり方で理解しなければならなかったのだ。

広告業界は、最も素晴らしい業界の一つであり、想像力豊かで風変わりな人々が現状を打破しようとする業界である。さらに、同業界は今日何よりも必要とされている楽天主義に満ち溢れている。

今回の大統領選も楽天的に考え、この社会の緊張感を学ぶ機会だと考えてみよう。以下が今回の大統領選から学ぶことができるマーケターがどのように現状とは異なるようにできるかに関する4つのアイディアである。

– まず「消費者」という単語を使わないことが挙げられる。これはブランドからのメッセージや情報をただ待っている思慮のない人が存在することを示唆しており、人々を軽蔑していると思われても仕方ないだろう。この世界で、何も考えずに単純に消費する人間など存在しない。毎日様々な選択をして生活しており、複雑な生活を送っているのだ。彼らをデータではなく実際の人間としてみなすことでマーケティングがさらに改善されるだろう。

– 次に、「汚れる」ことだ。東西海岸にも住んだことがあるが、人生の大半を中部で過ごしてきた者について「フライトで飛び越えるだけの州」というのは、冗談として済ますにはとても危険である。我々の最大の挑戦は、最近のフェイスブックの革命でもクライアントが社内のマーケティングチームにお金を注ぎ込んでいることでもない。実際に何かしようとしているターゲットと繋がることができないことである。個人レベルで深くその人々を理解していない限り、そういった人々を動かすことはできないからだ。彼らが単純に興味を持つだけでなく愛して止まなくなるような企画やアイディアを出さなければならないというのは、困難を極める。

– さらに、エコーチェンパー(エコー効果を作り出す空間)から出なければならないだろう。SNSのフィードに挙げられる情報の羅列を読むのは心地よいだろう。少なくとも、業界人でこう考えている人は少なくない。我々は群れを作る動物であり、群れで一緒に行動することを好む傾向にある。簡単に言うと、こうした快適な空間から人々を追い出さなければならないのだ。西海岸や東海岸から出て異なる都市で調査を重ね、同じバックグラウンドを持たない人々と食事をとることで、マーケティングを改善することができる。これはとても価値あることで、可能な限りこうすると良いだろう。

– 最後に、有料メディアにお金をあまりかけないことが挙げられる。この業界において、不足している状態が革命を生み出す。予算が少ないと、人々が愛するものを作り上げるのに頭をひねるだろう。有料メディアの活用を減らすことで、「ターゲットを買う」といった行為をしなくなり、より深く感情のニュアンスを理解し、実際の人々と繋がろうと必死になるからだ。

データに依存するのは、失敗する可能性を減らし、決めたことをある程度保証してくれるので、快適であると言える。しかし、これは参考資料であり、これにより事象を決定づけることはできない。実際の人々と話し合い、情報を集め知識にしていくことが必要である。Donald Trump次期大統領は世の中の期待を裏切り、大統領選に勝利してしまった。我々マーケターが今回の大統領選から学べることは大きいだろう。

データの裏には不完全で感情で物事を決めてしまう人間がいると言うことを忘れてはならない。データに依存し過ぎてしまうと、今回のように完全に間違った結果になってしまうこともあるのだ。

この記事の著者Liz Ross氏は、ミネアポリスの広告代理店PeriscopeでCEOを務める。

Game Awards、視聴者を15億人追加

【出典】2016/11/25

http://www.polygon.com/2016/11/25/13685508/the-game-awards-just-found-an-extra-1-5b-viewers

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a

 

第3回Game Awardsは来月ロサンゼルスで開催されるが、このセレモニーは15億人を含めた視聴者にライブストリーミング配信されるようだ。

ビデオゲーム界のアカデミー賞とも言うべきこのGame Awardsは、2016年に発表された数々のビデオゲームの中から最も素晴らしかったものを決めるセレモニーだ。毎年、TwitchやYoutube、ゲームのコンソール等様々なプラットフォームからストリーミング配信されている。

今年は、フェイスブックやVR等様々な手段でセレモニーが配信されるが、最も大きな変化は中国でも配信されるようになったことだろう。

中国のマルチメディア企業Tencentは、QQやWeChatといった様々なメッセージアプリのプラットフォームを活用して、中国版のライブ動画を中国国内に幅広く配信しようと計画している。セレモニーは中国語に翻訳され、グローバルライブ配信中に受賞者を発表するTencent News Appを活用することで、中国の視聴者がFans Choice Awardsで投票することもできるようになるそうだ。

Tencentとセレモニーの責任者Geoff Keighley氏のパートナーシップ契約によって、中国ではこれまで直接介入することが困難だったゲーム市場に参加することができるようになる。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a

中国でビデオゲームコンソールが禁止という法律が完全になくなったのは、ほんの昨年の夏である。現在コンピュータゲームやモバイルゲームが中国のゲーム業界で最も人気の高いものになっているのは、このせいかもしれない。

「今最も大きなゲーム市場は、中国です」とKeighley氏は述べる。「欧米のゲームやコンソールは最近リリースが始まったばかりですが、PCゲームとモバイルゲームにおいてはすでに巨大な規模へと成長しているのです」と。

中国では、従来のメディアがゲーム業界に及ぼす影響というのは、ほんのわずかである。Keighley氏のYouTubeショーやTiwtter、フェイスブックは、中国ではアクセスすることができないのだ。

だからこそ、今回の動きは大きな可能性だけでなく、多くの未だ解決していない問題をも孕んでいるのである。

「私には、中国のオーディエンスの性質は正直なところわかりません」とKeighley氏は述べる。「中国では、PCゲーム市場やeスポーツが大きいことは理解しています。TencentがTencent NewsサイトやQQ.comのような彼らのポータルを活用することで、我々を正しい方向に導いてくれることを期待しています」と。

彼は続けて「中国でも、セレモニーやどんなゲームが紹介されるかに関する関心はあると考えています」と述べる。

こういった関心は、ゲーム業界という枠を超えて存在するようだ。Keighley氏はTencentが他の欧米のこういったセレモニーを中国でテスト配信することに意欲的であると述べる。

「これは試験的なものですが、People’s Choice AwardsやVictoria’s Secret Fashion Showといったショーはすでに中国で配信したことがあるようです」と。

また、Keighley氏とTencentの関係は12月1日に開催されるGame Awardsに留まらないようだ。Keighley氏は1月に中国を訪れる予定であり、Tencentのローカルビデオゲームショーに参加し、プレゼンターを務める可能性もあるようだ。

「中国のゲーム業界は私もまだ充分に把握できていません」とKeighley氏は述べる。

「『World of Warcraft』の開発会社であるBlizzardが中国で大きいことは理解しています。また、中国用に『Call of Duty』があることも、2Kが『NBA Online』をリリースしています。しかし、ゲーム業界で何が成功しているかを充分に理解できているとは言えません」と。

Amazon、Ticketmasterをアメリカ全土に拡大

もしサービスが悪くないとしたら、Amazonを通してチケットを購入するか?

【出典】2016/11/23

http://arstechnica.com/business/2016/11/amazon-plans-to-expand-tickets-service-outside-the-uk-soon/

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a

 

イギリスに住んでいるのなら、2015年までAmazon Ticketsにアクセスできるだろう。同サービスは、「The Lion King」や「Wicked」のようなミュージカルショーからBlink-182やDakeのようなミュージックアーティストのコンサートまで様々なチケットを購入することができ、Ticketmasterに似ている。Amazonは現在、このサービスを拡大しようとしている。同社求人サイトで、ワシントン州シアトルでのAmazon Ticketsにおける求人募集が多く見られるようになったからだ。

「ロンドンのWest Endでデビューしてから、イギリス中にこのサービスを拡大しようとしています」と求人サイトの求人情報の一つには記されている。「Amazonビジネスを成長させる上で、我々は常に新たな業界と新たな土地への拡大を検討しているのです」と。

他のAmazon Ticketsに関する求人情報は、Amazonがショーやコンサートの様々なチケットを提供するだけでなく、「ショーの前や公演中、ショー後も含めたライブエンターテイメント全体を崩壊させる」と記載されている。ほとんどの求人情報によると、チケット購入はこれまであまり整理されてこなったという。原因として、値段が高すぎることや自分の好きなアーティストのコンサートが自分の町であることを知らなかったこと等が挙げられる。Amazonがこうした問題をどう解決していくのかは定かではないが、TicketmastersやStubHubs、SeatGeeksといったサービスとは異なる、チケット購入を改善できるようなサービスを世界中で展開したいと考えているのは明白である。

Recodeの報告によると、Amazonが「Prime Tickets」と呼ばれるサービスを検討しているが、詳細は明らかになっていないようだ。Prime Ticketsは、年間99ドル/79ポンド払っているPrime会員に割引チケットを提供するかもしれない。Amazon Ticketsのアメリカ展開はAmazonにとっては難しいことである一方、割引チケットを提供するというのはさらに難題なのかもしれない。実際コンサートやショーは際限なくあるが、アメリカではTicketmasterの親会社であるLive Nationがそのほとんどを牛耳っているからだ。Live Nationでは、アーティストや会場と協力して特別サービスを提供したり、クレジットカード会社がカード保持者限定でプライオリティシーティングや特別価格を提供したりしている。これらのAmazon Ticketsの求人情報は先週更新されたものであり、ここではAmazon Ticketsがいつアメリカでデビューするかについての記載はない。

Disney、コードカッターに不満:ESPN、2016年で200万人もの視聴者を失う

【出典】2016/11/23

http://www.hollywoodreporter.com/news/disney-not-giving-thanks-cord-cutters-espn-loses-2-million-subscriptions-2016-950404

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a

DisneyでCEOを務めるBob Iger氏は、EPSNの視聴者数の減少について論争を繰り広げているが、まだ希望の光があるかもしれない。

Walt Disney Co.は、10月1日までの2016会計年度でESPNの視聴者を200万人失ったと水曜日に発表された規制当局への報告書に記した。ESPNは9000万人もの視聴者数を誇るスポーツチャンネルで、5年前には1億人の視聴者がいると報じられていた。

Iger氏は、EPSNの視聴者数の減少について1年以上前から論争を繰り広げているが、これが投資家を脅かし株価を暴落させているようだ。DisneyはESPNが足を引っ張り今年に入り18%株価を下げ98ドルまで低迷している。

ただ、これには希望の光があるかもしれない。この大量の損失は緩和されているかもしれないのだ。現在の2.2%という視聴者数の低下率は、2014年の4%や2015年の3.2%という数値からは緩和されているからだ。

Iger氏は、今月の初めに合図を出している。「将来のESPN視聴者ベースに対して、より強気な姿勢で臨みたいと思います」と彼は11月11日の第4四半期収支報告の後の電話会議でアナリストにこう述べている。彼は、消費者がより「細い」ケーブルのバンドルへと移行しつつあり、値段の高いスポーツ番組を「排除」しようとしていると考えているようだ。

現時点でIger氏は、ケーブル視聴者数の低下を受けてDisneyがどのようにESPNを支えていくかについて、概要だけ説明している。この中の一つに、消費者と直接繋がるために来年から自社ストリーミングサービスを展開すると言う案が挙げられている。彼は、これがDisneyに「ユーザーフレンドリーな新しい商品を開発するいい機会」を与えてくれると信じているようだ。

この戦略の一部に、メジャーリーグ野球(MLB)におけるテクノロジービシネスBAMTechへの10億ドルの投資が含まれている。このサービスは、スポーツ業界でもストリーミングサービスを強化すると考えられている。また、アナリスト達は今回の買収によりDisneyがESPNブランドをマルチスポーツストリーミングサービスへと進化させると考えているようだ。

TeslaによるSolarCityの買収が正式に決定

【出典】2016/11/21

https://techcrunch.com/2016/11/21/tesla-officially-acquires-solarcity/

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a

現地時間21日の朝、TeslaがSolarCityを買収することが正式に決定した。Elon Musk氏が率いる電気自動車企業と、彼の従兄弟であるLyndon Rive氏とPeter Rive氏が率いる太陽光エネルギー企業がこれで1つの企業となる。この買収がTeslaとSolarCityのシェアホルダーから承認されたのは先週のことで、最初にこの買収案が提案されたのは今年6月のことだった。

買収の正式決定に際し、Teslaは簡単なコメントを発表している:

TeslaによるSolarCity買収が今朝正式に決定し、それを皆様に発表できたことを我々は嬉しく思います。

Musk氏が今年6月にこの買収を提案して以降、彼は頻繁にSolarCity買収の重要性を主張してきたことを踏まえると、このコメントは簡潔かつ控えめなものだと言えるだろう。この2社の統合は、消費者にエネルギーの生産方法、貯蓄方法、そして消費方法のすべてを提供するというMuskの「マスタープラン」を実行するうえで欠かせない要素だった。

先日、Teslaは屋根に取り付けるソーラーパネルをローンチしている。これによってMusk氏は、この2社はTeslaブランドの「一つ屋根の下に収まる企業なのだ」ということを表したかったのだろう。Muskにとって、電力をクリーンな方法で発電することと、その電力を使用した電気自動車をつくることは、本質的には同じことなのだろう。全体の二酸化炭素排出量を減らすうえで、低コストでクリーンな発電方法を普及させることは、クリーンなクルマをつくることと同じくらい重要だ。それを踏まえれば、彼のその考えは筋の通ったものだと言えるだろう。