月別アーカイブ: 2015年7月

Twilio、1.3億ドルの資金調達に成功。また二つのベンチャーファンドが設立

【出典】2015/7/29

http://tech.co/funding-acquisition-ipo-twilio-radius-cylance-2015-07

Untitled

Twilioが圧倒的な資金提供を受けたことを含め、様々な企業が資金調達におけるマイルストーンを祝っている。2つの新しいベンチャー企業も設立され、その中の1つの会社はすでにあるスタートアップ企業と事業開発を行っているようだ 。

資金調達

 Tripping.com1600万ドルを調達

長期不動産レンタルの専門検索エンジンTrippingは、プラットホームを改善するために1600万ドルの調達に成功した。今回のシリーズBでは、Steadfast Venture Capitalがリードし、7 Seas Venture PartnersやEnspire Capital、Azure Capital、そして多数の個人投資者も投資した。

Twilio、圧倒的な1.3億ドルを調達

記録的な資金ラウンドを終え、Twilioの資金合計は約2.4億ドルとなった。このクラウドコミュニケーションサービスプロバイダによると、シリーズEに続く会社の企業価値は10億ドルを超えると言われる。

Radius、さらに5000万ドルを調達

Radiusのチームによると、彼らの資金はライバル会社3社の合計資金を超えているらしい。最近のラウンドは、4人の重役を採用した後に行われ、これまでの調達資金の合計は1.25億ドルにものぼる。創設者であるDarian Shirazi氏によると、この資金調達により企業価値は2倍になり、現在のところ5億ドルから10億ドルであると推察されている。

Cylance4200万ドルを調達

ベンチャーキャピタル社DFJ Growthは、人工知能を用いたセキュリティソフトを開発しているCylanceの最近のラウンドをリードした。この他にもKKRやDell Ventures、CapitalOne Ventures、TenEleven Venturesが投資を行っている。チームによると、人工知能が善悪を判断し、セキュリティを攻撃する者を排除することができるらしい。

MacroFabTechstarsから200万ドルを調達

MacroFabエレクトロニクス生産プラットホームは、安価で新しいエレクトロニクスの開発をより簡単かつ速やかに行うためにデザインされた。今日、Techstarsにリードされ200万ドルのシードラウンドが発表されたことにより、人員を増やしソフトウェアの向上および生産性を上げることに資金を使うようだ。

ベンチャーキャピタル

 Expensify、ベンチャー企業を設立

Expensify Venturesは、ビジネストラベルや支払い、そして金融の分野で初期段階のスタートアップ企業が商業化するための投資を行っている。この企業が行った最初の投資は、レシートをスキャンすることなく自動的にユーザーのアプリにアップされるPipierを運営するベンチャー企業Arete Insight Inc.(Piperとして営業する)である。Expensifyは、取引の一部としてPiperのテクノロジーをライセンス化する予定である。

Village Capital、新たなベンチャーキャピタルを開始

Venture Capitalは、Global Entrepreneurship Summitで新しいファンドVilCap Investmentsへの1320万ドルの投資を発表した。パートナーや投資家には、JeanやSteve Case、Sorenson Impact Fund、Chilton Capital Management、Kapor Center for Social Impactがいる。

アパート探しの新しいアプリOliver、ブローカーを省くことでコスト削減に

【出典】2015/7/28

http://techcrunch.com/2015/07/28/oliver-a-new-apartment-finding-app-cuts-out-the-middlemen/

Untitled

 

サンフランシスコやニューヨーク、チリコシーのような人気の都市でアパートを探す際、ブローカーという存在がいるのは周知の事実である。しかし、このブローカーが家賃を跳ね上げているという事実はどうだろうか。今回、このブローカーを省くサービスOliverが発表された。

Oliverは、ブローカーを省いたサービスを提供するアプリである。アパートを借りたい人とアパートのオーナーを直接繋げるという一見単純そうなサービスだが、これを実現させるのは意外に厄介である。当然、このサービスを使えば仲介料がかかることはなく、家賃もその分安くなる。

Oliverは、共同設立者のYossi Shemesh氏が不動産開発業者のAmir Shriki氏と夕食を取っていた時に生まれたアイディアである。

「不動産の目録は一般に公開されており、集めることができることに気づきました。我々はこのアイディアに資金をつぎ込み、開発チームと共にアパートの持ち主から直接不動産のデータを入手するシステムのプロトタイプを設計しました」とShemesh氏は述べる。「2014年8月に、このシステムが正常に作動することを理論上で確証し、インターンを雇ってデータをかき集め、サイトの基盤を作り上げました」と。

このアプリは、アパート選びからオーナーとの面接まで、あらゆることをしてくれる。ブローカーの手を借りるとその分余計なお金と時間がかかる分、このアプリはとても利便性が高い。

「ZillowやTrulia、StreetEasy、RentHop、NakeApartments等、この業界には他にも様々なプレイヤーがいますが、これらのサービスはブローカーに課金することで成り立っています。我々は、このブローカーのシステムを完全に撤廃しUberのような消費者とアパートの所有者を直接繋げようとしているのです」とShemesh氏は続けた。

このサービスは、ニューヨークで100万ドルの資金を調達した。Shemesh氏とShriki氏はこのサービスを共に立ち上げた。Shemesh氏は数年前に噂になった写真をシェアするアプリMobliの共同創設者でもある。マンハッタンで1ヶ月前に事業を立ち上げて以来、アパート入居希望者が2000人もこのサイトを訪れており、日に200件もの商談がなされているようだ。今週にはブルックリンでもこのサービスが始まり、Oliverは着々と規模を拡大させている。

「ブローカーがいなくなる日は必ずくる」とShemeshは自らの希望をこう述べた。

VidConとは何か?そして、何故10代が2万人も参加するのか?

【出典】2015/7/26

http://www.huffingtonpost.com/steve-rosenbaum/what-is-vidcon-and-why-di_b_7874492.htmlUntitled

 

カリフォルニア州アナハイムは、ディズニーランドの本拠地である。つまり、ここを訪れる人々は、ミッキーの耳を付けアメリカ流の楽しみ方を満喫している人ばかりである。

しかし、そんなアナハイムでも3日間だけ日常が一変する日がある。2万人以上の10代、それもほとんどが女の子の集団が、VidConのためにアナハイムのコンベンションセンターに集結するのだ。中には、親を引き連れている子供も見受けられる。

VidConはComicConのようなイベントであるが、スーパーヒーローを見に来るイベントというより、YouTubeスターたちと写真を撮ったりサインをお願いしたりするイベントである。

Nick Bilton氏がNew York Timesに書いたように、YouTubeスター達は大人が知っているセレブとは全く異なる。ファンはほとんどが10代で、「Smoshや、Burnie Burns、TheThirdPew、Markiplier、Ksiolajidebt、Connor Franta、Flula Borg、Superwomanといった名前のセレブ達の動向を10 代の子供達が必死になって追いかける」というものである。

2010年に設立されたVidConはThe VlogBrothersと呼ばれる動画ブログを作り上げたGreen兄弟によって立ち上げられた。しかし、Hank Green氏とJohn Green氏はこの動画ブロガーに向けた小規模なイベントを、マーケティングの一大イベントにまで拡大させた。大成功を収めた映画「きっと、星のせいじゃない。」の原作「さよならを待つふたりのために」を執筆したJohn氏も、もちろんこのセレブの一人である。しかし、VidConを設立したこの兄弟でさえも、ここまでの急成長には驚きを隠せないようだ。

それぞれのセレブに対して急増するファンの数とこうしたファン文化には、この業界に長らく身を置く人間でも、少し用心深くならざるを得ないだろう。

そこで、VidConは「Industry Track」と呼ばれる業界人を招聘するという動きに出た。

今年は、テクノロジー企業やMCN、広告、ブランド、メディア企業等から2000人もの業界人がこのイベントのために集結した。「Industry Track」にはKeynote Conversations、Round-Table Discussions、Hands On Training、Platform and Product Demonstrationsという4つの分野があり、このどれもが子供達が大騒ぎをしている所から少し離れた「業界人専用」のエリアで行われる。

Untitled

当時注目を集め2012年にDiscoveryに買収されたRevision3のコンテンツ製作スタジオ前部長のJim Louderback氏が、現在Vidconの「Industry Track」編集長を務めている。

Untitled

Louderback氏は「VidConには毎年訪れており、『Industry Track』では毎回スピーカーや司会を務めている」と述べた。

彼は、VidConが「Twitterのような既存のプラットホームや、LittlestarやVrideoのようなバーチャルリアリティのプラットホーム、さらにMeerkatやYouNow、Hangwithのような新規のストリーミングプラットホームが存在する中、オンライン動画やデジタルで提供される動画が社会にどのような影響を与えているのかを考える場である」と述べた。

Untitled

YouTubeのCEOを務めるSusan Wojcicki氏は、会場で「人から与えられるエンターテイメントの時代は終わり、現在は改革の時代です。テレビ番組が1話22分だった頃と比べると、新たな配信方法も登場しコミュニティをより活性化していると言えるでしょう」と述べた。

Untitled

YouTubeの視聴時間は年々60%上昇しており、過去最高の成長率といえる。また、アップロードされる動画数も増え続けており、毎分400時間の動画がアップロードされているようだ。さらに、昨年の3月と比較すると一日にYouTubeを視聴する人口は40%増加している。

VidConは動画の制作・配信方法が変化していることに注目しており、Wojcicki氏はこの変化を「クリエーター一人一人の尽力があったからこそ、動画の世界が一変した」とクリエーターに対し感謝の意を述べた。

Google Ventures、会員制トラベルサイトSecret Escapesの6000万ドルにのぼる投資に協力

【出典】2015/7/26

http://techcrunch.com/2015/07/26/google-ventures-joins-60m-round-for-members-only-travel-site-secret-escapes/

Untitled

イギリス発祥の会員制トラベルサイトSecret Escapesは、今回の投資ラウンドで6000万ドルの資金調達に成功した。今回の投資では、Index VenturesやOctopus Investments等既存の投資企業の中に、新興投資企業としてGoogle Venturesが名乗りを上げた。

このスタートアップ企業は、2012年の資金調達ラウンドで800万ドルを獲得したことから、イギリス国内にとどまらずアメリカやドイツ、北欧諸国にまで規模を拡大しようとしていた。ここ数年は、オンライントラベルサイトのライバルやイベント会社等を吸収合併することに専念していたようだ。

今回の投資で得た資金とグローバル化を図ろうとする企業の経営方針から考えても、Secret Escapesが今後もこのような小規模な獲得を続けていくことはほぼ確実である。IBTのレポートによると、Secret Escapesは2011年に発足してから200万夜分の部屋の予約に成功しており、現在1900万以上の会員がいるらしい。

Google Venturesがヨーロッパ発祥のスタートアップ企業に投資するのは、ロンドンにオフィスが設置された昨年の7月から数えて今回が4度目である。今のところ、投資してきた企業4社ともがイギリスの企業であるが、今後ヨーロッパ全体のスタートアップ企業への投資額が増えることが予想される。

Google Venturesがヨーロッパ企業に投資を行った残りの3社は、音楽ライセンスプラットホームのKobalt、個人向けに本を出版するLost My Name、そしてメールを使ったマーケティングテクノロジーを開発するビジネスYieldfyである。また、Google Venturesは過去にオックスフォード大学発祥のハイテクビジネスOxford Science Innovation Fundにも投資を行っている。

Jet.com、Amazonより安いインターネットショッピングの提供を開始

【出典】2015/7/26

http://mashable.com/2015/07/26/jet-amazon/Untitled

 

Jet.comはついに新サービスを発表し、壮絶な規模の価格競争も間近に迫っている。

ベンチャーキャピタルが期待を込めて投資を行ってきたJet.comは、3ヶ月の試用期間を終え、運営初日で100万ドルの売り上げを達成した。

同社は創設者のスターパワーや新しい価格設定ソフトウェア、そしてAmazonをあっと言わせる戦略で、顧客がいない段階で2.2億ドルという投資家資金で先例を見ない金額の調達に成功した。

年会費50ドルでインターネット上最安値を保証するJetは、買い物をsmart cartに入れれば入れるほど割引が大きくなるアルゴリズムを用いている。

さらに、”Jet anywhere”オプションを使うユーザーは、Jetに関係なく他のサイトでも割引が使えるようになるのだ。

そして決定的な点は、Jetで買い物すればAmazon.comとの値段を比べいくら節約しているか目で見て分かるというところである。

Untitled

金曜日のMashableとのインタビューにて、CEO兼創設者のMarc Lore氏はAmazonを倒すことをたとえ話として捨て去ったことを明らかにした。Jetは商人と顧客の間で価格を設定するのに対し、Amazonはサプライチェーンを持つ小売業者であることから、2社の企業モデルが違いすぎて比較できないと述べたのだ。

「我々はJetを競争者としては考えていません」とLore氏は述べた。「他の小売業者が効率的に競争できる環境を整えるサイトであると認識しています」と。

それは事実かもしれないが、JetがAmazonと競い合うこともまた避けられない事実である。同社の予測によって、ベンチャーキャピタルによって補われた損失を取り戻すためにも、今後5年で200億ドル分もの商品を販売しなければならないからだ。

その値はAmazonの去年の売り上げである890億ドルにはほど遠いが、この目標を達成するためにもAmazonから顧客を奪わなければならないとアナリストは述べる。

しかし、Jetはそうは考えていないようだ:電子商取引を利用する新規顧客が富裕層に限られていた時代とは違い、より幅広い層が利用できるようになったからだ。インターネットショッピングが便利で使いやすいといっても、ほとんどのアメリカ人はまだ実店舗で買い物をしている。実際、電子商取引はまだ小売業界の10%未満にしか至っていないのだ。

他の会社は顧客に課金することで便利さと早さを追求しようと考えているが、Jetはオンラインショッピングをあまり利用してこなかった顧客をターゲットとしている。

「より良いサービスに高い金額を支払うことをいとわない人もいるでしょうが、ほとんどの人はお金を節約したいと考えています」とLore氏は述べる。「それで、顧客の購買欲と節約欲の両方を満たすシステムを考案したのです」と。

つまり、Jetはウォルマートのような低価格であるというブランドイメージを顧客に持たせる戦略をとっている。多勢の消費者をターゲットにするために、ベンチャーキャピタルからの調達資金から1億ドルほどを確保していたようだ。キャンペーンには、テレビシリーズ「Silicon Valley」のスターKumail Nanjianiを起用したPR映像やビルボード広告、テレビ広告が含まれている。

トップへの長い道のり

アナリストによると、電子商取引の業界に入ること自体はさほど難しいことではないらしい。数万のベンチャー企業が存在しており、様々な特徴で絞られたターゲット層のニーズに答えるための会社がたくさんあるからだ。

しかし、10億ドル規模の価値がある会社の場合、競争者は限られてくる。現在業界トップに輝くAmazonの次にAlibaba(噂によればJetをサポートしている)、eBay、楽天、そして実店舗のインターネットショップしかないのが実態だ。

一位を目指すには、時間とお金が必要である。挑戦する企業の中は、資金を早く使い切ってパートナーを増やし、マーケティングに全力を尽くして必死にトップを目指すのが相場であると考える企業も多く存在する。

Jetの軌道は気が弱い人に向いていないだろう。

実際、ForresterのアナリストSucharita Mulpuru-Kodali氏によると、Jetのアプローチは企業家にしないほうがいいと忠告されてもおかしくないものばかりであるようだ。

「以前にAmazonと争った企業は跡形もなくなっており、Jetはこれらの企業と同じようにあまりやるべきではないことばかりしている」とMulpuru-Kodali氏は述べた。

「最大のライバルであるAmazonは、競争者を全滅させている。非常に厳しい状態であるといえる」と。

しかし、彼女は業界で経験を積んだLore氏がこれに対抗できる可能性もあるとも述べた。

「Lore氏は業界で経験を積んできたため、競争相手とどのような戦いになるかを十分に理解している」と。

Untitled

オフェンス

Lore氏は価格競争に慣れていて、新しい競争者に対してAmazonがどれだけの脅威であるかを理解している。

Lore氏は、過去Diapers.comを設立したことでも知られるベテランの企業家である。彼は電子商取引会社Quidsiが経営しながら、Diapers.comやsoap.com、wag.com等、数々の成功を収めてきた 。しかし、AmazonがAmazon Momという類似サイトを開発した直後、これらの赤ちゃんグッズを提供していたサイトは全滅した。

Lore氏は2011年にこれらのサイトをAmazonに5.5億ドルで売却し、次の2年半をAmazonの元で働いた。

はっきりした敵意が見受けられるわけではないが、Jetの価格は少なくともAmazonへの固執していることは明らかである。サイトは二つの価格を同時に見ることができ、Amazonの商品価格からの割引率を強調しているのだ。前述の通り、スマートカートにある商品が増えれば増えるほど、割引率は高くなる。

一方、インターネットで見られる価格の違いは混乱になりやすい。例えば、今週ウォール・ストリート・ジャーナルが購入した22個の商品の内、12個はJetがウォルマートやJ.C. Penny Co.、Nordstromのような店から購入した後、購入価格の2倍の損失を出しながらも顧客に売っていたことが分かった。

これらの難点は、Jetがベンダーと協力することで解決できるだろう。しかし、サンタクララ大学ビジネススクール小売管理学会に所属するKirthi Kalyanam氏は、Jetの持つ会員モデルがこういった損失を賄えるか疑問を隠せないようだ。

「 Costcoは同じようなビジネスモデルを持っているが、Costcoの売りはその整然さにある。販売商品をきちんと把握した上で、独自のサプライチェーンを所有しているのだ」とKalyanam氏は述べた。

Jetは設立して日が浅いので、答えを出すにはまだ早い。しかし、Jetが生き残れれば、Amazonが業界の単独首位に立つのは難しくなるだろう。

「業界で生き残り続けるだけで、Amazonの脅威となるだろう」とMulpuru-Kodali氏は締めくくった。

科学技術のトレンド:エンジェル投資家によるバブルが再びシリコンバレーで起きている

【出典】2015/7/24

http://www.huffingtonpost.com/sramana-mitra/tech-trends-to-watch-from_b_7865042.html

Untitled

 

技術産業は、エネルギー産業と並んで今日のアメリカにおいて最も活発化している分野である。特に技術分野の若く野心的な起業家が、”nerd-celebrities”の時代へと社会を突き動かしたようだ。New YorkerのMarc Andreessen氏の最新レポートは、この現象について分析しており、技術産業が世間一般の空想世界を捉え、ハリウッド映画がこれに熱狂できる要素を加えていると記述している。

このような背景から着目すべき傾向はいくつか存在する。

第二次シリコンバレーゴールドラッシュ:

ドットコムバブルの間に、一度ゴールドラッシュは起きたことがある。若く野望に満ちた世界中の起業家がシリコンバレーに流れ込み、一攫千金を目指した。今日、同様の現象が産業レベルで起きているため、範囲がシリコンバレーに限られていない。技術分野の起業家が今再び動き出しており、銀行は戦々恐々としている。私はこの流れを肯定的に捉えている。多くの若者がプログラミングを学び、エンジニアリングやコンピューターサイエンスを学習し、起業を志す。たとえ一攫千金に値しなくとも、彼らにとって将来的に価値のあるスキルを身につけることができるのだ。

ユニコーンバブル:

億万長者の評価は上々である。特にとんでもない企業価値で莫大な資金を得ているベンチャー企業が、トレンドになっているのだ。全てのユニコーン企業が収益を上げているわけではない。このバブルによって起業家はより合理的になり、より洗練されるだろう。

エンジェル投資バブル:

最近の投資は、Google、フェイスブック、Twitter、LinkedInのような成功を夢見ている若い技術分野の専門家に向けて行われている。エンジェル投資家達は、次の成功の芽を見定めようとしているのだ。2013年には、7万もの会社がエンジェル投資家によって投資を受けた。これは必ずしも良いニュースではない。ベンチャーキャピタルを調達できる企業の数は、年間を通して1000社ほどであるからだ。

ブートストラップの台頭:

これが最も良い知らせであるといえよう。会社設立にかかる費用が劇的に抑えられるようになったのだ。ビジネスを成功させる難解なノウハウが、より簡潔になってきている。これにより、腕の立つ起業家が育つ環境が整えられている。この流れの中で設立されたユニコーン投資家達は、かつてないほどの成功を期待しているのだ。

堅実な会社の台頭:

市場がバブルで盛り上がる一方で、興味深い現象が起きている。堅実な会社が安定的に莫大な利益を上げ、良い製品を開発し、会社としての堅実な基盤を築いているのだ。その多くは、莫大な利益をあげることを目標にしているわけではないのにも関わらず、着々と利益をあげている。特に顕著なのが、IMOである。企業価値は砂上の楼閣の可能性もあるのにもかかわらず、収益構造には耐久性があるようにも思える。

ベンチャーキャピタルのコモディティ化:

多くの投資資金が、あてもなく彷徨っている。多くの資金を持っていると証明されているベンチャー企業に交渉が集中するのは当然のことである。だからこそ、ブートストラップが台頭し、資金の獲得が後回しになるのだ。ベンチャーキャピタルをより効率的に活用することが必要とされている。

起業家のグローバル化と民主化:

シリコンバレーとは実際地理的な区分であるが、この区分は考え方によっては変化する。シリコンバレーは国境を越え、多くの国々にその概念を広めている。少なくとも、イスラエルからバンガロールへのサンティアゴに20から50の小型シリコンバレーが誕生している。大半は初期のエコシステムであり、本格的なシリコンバレースタイルのハブに成長するには数十年かかるだろう。将来が楽しみである。

人工知能への危惧と期待:

テクノロジーの中でも、機械学習やロボット工学、大規模なオートメーションが注目を集めている。起業家はこれらのテクノロジーに期待し、ユニコーン投資家から資金を獲得して会社を設立しようとしている。また、ベンチャーキャピタルもテクノロジーに投資する傾向にある。しかし、何かの間違いでフランケンシュタインが誕生することにはならないだろうか。また、オートメーションに伴う大量の失業者の発生はどのように対処するのだろうか。問題は山積みであるといえよう。

社会不平等の到来:

21世紀はスーパースターの時代だ。教育の中でも特に技術に関する教育がなければ、社会の大部分で大きく後れをとることになる。このギャップを埋めるには、何をすればよいのだろうか。起業家精神の民主化が根本的な解決方法であるが、事態は大規模で深刻であるようだ。

人間味の消失:

テクノロジーは、コミュニケーションやコラボレーション、クラウド・ベースの生産性ツールを通して世界を縮小させた。しかし、フェイスブックや Twitterといった時間を浪費する莫大な機会をも産み出した。人は、笑顔で接したり談笑したりスマートフォンに触れずに食事を取るといった、面と向かってコミュニケーションをとる能力を失いつつある。これは数値として見ることができないが、相当な損失であることには違いない。

以上が私の考えである。もちろん他にも特筆すべきことはたくさんある。議論し、より考えを深めることが望ましいだろう。

薬物検査、Eスポーツにも登場

【出典】2015/7/24
http://www.nytimes.com/2015/07/24/technology/drug-testing-is-coming-to-e-gaming.html

Untitled

ドーピングは、スポーツ界の有名人の何人かを闇へと追いやってきた。しかしこの度、Friesen氏や彼のチームメイト、他のプロゲームプレイヤー達が大会において集中力を高める為に薬物を使用した事を自慢した事により、ビデオゲームでも薬物使用を規制するようになった。

これを踏まえて、Electronic Sports League(過去最も成功したビデオゲームリーグの1つ)は、8月に始まるトーナメントにおける薬物の使用について規制を設けると発表した。E.S.L.は、プレイヤーの為に2つの国際的な政府機関と共同で反ドーピングガイドラインと検査プログラムを作成するようだ。

この発表は、プロゲームが広く知られ、Eスポーツが娯楽の主流になってきたという兆候である。Newzoo(ゲームの調査会社)からの推計によると、1億1300万人を超える全世界のEスポーツファンによって、今年度の世界的なEスポーツ事業の全体の収入は2億5000万ドルを突破すると予想されている。

 Untitled

しかし、プレイヤーに賭ける賞金は7100万ドルにも及んでいることから、新しい誘惑を生んでいるとも言えるだろう。

「我々は、すべての大会参加者のために公平な場をつくり、スポーツの健全性を維持したい」と、E.S.L.の専門のゲーム副社長であるJames Lampkin氏は述べた。

E.S.L.は、長い間ドーピングに対して一般的に禁止していたが、その規制はどの薬が許可されていないかについて指定されておらず、そこまで取り締まりが厳しくなかった。Cloud9というチームのSemphisという名でプレイしていたFriesen氏が、今月初めのインタビューで、E.S.L.トーナメントのCounter-StrikeというシューティングゲームにてAdderallを使ったとコメントし、この事態が一変した。

YouTubeにアップされたインタビューで、Friesen氏はチームメイトも注意欠陥多動性障害のある人に処方される、集中力を高めるためによく処方されるのと同じ薬を使っていたと述べた。

「みんな、Adderallを使っていた」と、Friesen氏が現在は所属していないチームについて語った。「他にも多くの人が使っている」と。

インタビューで、26歳のFriesen氏が敗北の連続から勝ち上がるためにAdderallを使用したと述べたのだ。

「少しでも助けになる」と、Friesen氏が地元のブリティッシュコロンビア州アボッツフォード市から電話でコメントした。

しかし、この薬物が本当に役に立つかは一概には言えない。Eスポーツの試合は、トレーディングルームのようなところでプレイヤーがチームメイトにどこに行くか誰を攻撃するかの指示を飛ばしながらコントローラーとスクリーンに集中しなければならない。この薬物は、シューティングにおける集中力を引き上げてくれるかもしれないが、指示を聞くことは服用していない時よりも難しくなるとFriesen氏は自らの体験を語った。

「Adderallを飲んで、一瞬に技術が向上されるわけではない」とFriesen氏は述べた。

Cloud9のオーナーであるJack Etienne氏は、「Kory氏のCloud9についての声明に賛成することはできない。治療のために処方された場合を除き、Adderallの使用を許可していない。イベント主催者が薬物テストを提供するのであれば、チームは問題なくこれを受ける」とコメントした。

新しいアンチドーピング運動として、E.S.L.はNational Anti-Doping Agency of Germanyと協力し、新しいポリシーを作成している。リーグは、World Anti-Doping Agencyとポリシーの施行についてミーティングを行う予定だ。

Eスポーツプレイヤーの薬物テストには、独特の難点がある。従来のスポーツは、アスリート集めて同じ場所でライブイベントに参加するのに対し、Eスポーツの予選はネット上で行われ、選手は国内と国外でバラバラであるからだ。ルームメイト以外、予選の前に薬物の使用を確認できる人はいないだろう。

Lampkin氏は、E.S.L.がアンチドーピング協会と共に薬物テストがどうしたら可能になるかを検討していると述べた 。形態が、インターネットで行われる試合から本人が集まるライブ試合になる必要があるかもしれない。

「これは業界に多大な影響を与えるだろう」と彼は述べた。

従来のスポーツとEスポーツには、運動能力向上薬の使用を規制するのに、正当性を保つという同じ理由がある。Major League Baseballのような従来のスポーツリーグの場合、運動能力向上薬を服用することにより公平さが疑問視されるのだ。例えば、近代の野球選手は薬物を服用してホームランの記録を更新したとしても、これには何の意味もなくなるのだ。

その点、Eスポーツリーグとそのサポーターは、Eスポーツを主流の娯楽の一つとして公認してほしいと考えている。アンチドーピング協会と協力すれば、従来のスポーツリーグと行動を同じくする計画に一歩前進できるというわけだ。

「Eスポーツが広がれば広がるほど、より管理機関によって公認される。薬物が問題になるのも、時間の問題だったのだ」とプロのチームOpTic GamingのオーナーHector Rodriguez氏は述べた。「本当のスポーツとして公認されるのは大歓迎だ。これこそ成長の証である」と。

競争性のゲームは数十年前から存在したが、最近本格的なビジネスとして登場するようになった。ゲームソフト開発会社Blizzard EntertainmentやRiot Games、Valve、E.S.L.、Major League Gamingのような自立したリーグは、数万人を引きつけるライブイベントに多くの投資をしてきた。

Twitchのような動画ストリーミングサービスは、数万人に向けて試合を配信することが、プレイヤーとファンがふれあう機会を作るのに不可欠であると考えている。

特にエナジードリンクメーカーは、カフェインと砂糖が入った飲み物がプレイを上達させると、戦略的にゲーマーに商品をPRしている。

Major League GamingのスポークスマンBruce Dugan氏によると、協会のポリシーは運動能力向上薬の使用を許さないとしている。しかし、リーグが一切プレイヤーの薬物テストを行っていないというのもまた事実である。

「これらの話題で注目を集める今、2016年のシーズンがますます注目される」と彼は締めくくった。

インターネットがどのようにスポーツ観戦の文化を進化させたか

【出典】2015/7/23

http://tech.co/internet-technology-revolutionized-sports-watching-habits-2015-07Untitled

 

スポーツファンにとって、ケーブルテレビを解約するという行為は自殺行為であると感じる人も多いかもしれない。しかし、最新の試合内容や結果を入手するのに、半永久的にラジオを聴き続けて残りの人生を生きることが果たして本当に望ましいだろうか。高いケーブルテレビ料払うことなく好きなスポーツを観戦できる方法があるとすればどうだろう。多少の工夫が必要ではあるものの、これさえあれば最新の野球やホッケー、アメフト、バスケットボール、サッカー、ゴルフなど様々なスポーツを無料で楽しむことができるのである。

基本から始める

まず最初のステップとして、良質なテレビアンテナを準備する必要がある。大体のスポーツは主要ネットワーク局が無料で放送している。もちろんESPNやその他の放映権の高い試合をケーブルテレビへの登録なしに楽しむことはできない。しかし月額のケーブルテレビ料金を支払うことなく自分の好きなスポーツを視聴したいのなら必要なステップである。最新のテレビアンテナは非常に高性能であり、1950年代のものとは比べものにならない。実際、HDによって当時のケーブルテレビ以上に鮮明でクリアな映像で楽しむことができる。さらに、これらのアンテナが安く手に入ることを考えると、見たい試合をケーブルテレビの月額料よりも安く視聴することができるのだ。

ローカルチャンネルをチェックする

スポーツの試合は、多くのチャンネルから無料でインターネット配信されている。その多くはメジャーな試合よりもそれほど人気のない試合である。もちろんヤンキース対レッドソックスの試合がインターネット配信されることはないかもしれないが、マイナーではあるものの好ゲームだった試合の多くは配信されている。時間をかけてオンラインでお気に入りの試合を探しださなければならないが、ケーブルテレビに頼らないことを念頭におけば素晴らしい方法であるといえよう。

インターネットテレビを手に入れる

有料ではあるが、インターネットテレビも検討してもらいたい。もちろん利用料を支払わなければならないが、ケーブルテレビの月額料と比べれば格安である。他のどの方法よりも多くの試合を視聴することができるようになるだろう。なにせ月額料さえ支払えば、ローカルな試合を含めた世界中のスポーツ視聴を楽しむことができるのだ。例えば、スペイン出身ならば最新のサッカーの試合結果を知りたいものだろう。AYM Sports, TYC Sports, beIN Sports等のストリーミングサービスに加入すれば、これらの試合が見放題である。beINのようなチャンネルが、ケーブルテレビでは不可能な低コストのスポーツ視聴を可能にしているのだ。インターネットテレビは世界中のスポーツを視聴でき、ケーブルテレビ以上に快適なスポース観戦の環境を提供してくれるといえよう。

完璧な組み合わせ

ケーブルテレビを解約さえすれば、テレビにかかる費用を節約でき、また見たいと思う試合をインターネットで探しだすようになるだろう。iPadやスマートテレビ、ゲーム機等様々なデバイスを通して視聴できる試合数の多さにも驚かされるだろう。また、ボタン一つでサインアップし、スポーツの試合を視聴することができるようになるのだ。これらの3つの試みを組み合わせることで、ローカルを含めた世界中の試合を快適に視聴することができるようになるのである 。

AT&T、Direc TVの買収が動画業界を変えると明言

【出典】2015/7/23
http://deadline.com/2015/07/att-directv-deal-q2-earnings-1201484138/

Untitled

485億ドルでの買収が「いつでも」連邦当局に承認されるべきである、とAT&TのCFOを務めるJohn Stephens氏は、今日の第2四半期所得についての 電話会議でアナリストにこう述べた。そして、取引が「我々を変えるだけでなく、業界全体を変えること」に、同社は「これまで以上に自信がある」と続けた。

しかし 、取引が完了するまでDirecTVの計画について多くは言わないようにと警告したところを見ると、DirecTV に対するより多くの情報を待ち望んでいる人々はもう少し待つ必要があるようだ。

連邦からの承認を得るためにブロードバンドへの追加投資が行われた今でも、AT&Tが「我々が十分な復帰をすることができると確信している」と、CFOはコメントを残した。 1年につき25億ドルを「相乗効果によって節約できる」というAT&Tの約束を彼は繰り返し述べた。

第2四半期のAT&Tに起因している純利益は、昨年の同時期と比べ14.2%減少し330億1000万ドルとなったが、総収入は1.4%増の30億4000万ドルとなった。この数字は、巷で予想されていた330億4000万ドルをほんの少し下回るものだ。しかし、調整後利益は、69セント/株で、63セントの予想を上回った。

U-verse動画サービスは、2万2000人減少し597万人の顧客でこの四半期を終えた。株式市場後の取引では、AT&Tの株価は約2.5%上昇した。

Call9、救急の際にオンデマンドで医者を呼べるアプリ

【出典】2015/7/20

http://techcrunch.com/2015/07/20/call9-delivers-on-demand-doctors-in-emergency-situations/Untitled

 

遠隔医療のスタートアップ企業Call9は、救急で医者が必要な時に呼び出せるアプリのベータ版を発表した。

もし介護施設で患者が心臓発作に見舞われた時は、看護師が救急車を呼び到着するまで患者の元で待つのが常である。Call9共同設立者のTimothy Peck氏によると、救急車の到着時間は平均15分とかなり長く、その間にも生死に関わるという。

Call9は介護施設や学校、ホテルの救急用に救急車を呼ぶ代わりをしてくれる。看護師や教師、コンシェルジュがCall9を起動させると、直ちにテレビ電話でERの医師と繋がる。この医師が、状況に応じてどのように対応すればいいか説明してくれるのだ。また救急車をボタン一つで呼べる機能も備わっている。

Untitled

このCall9アプリはこのシステムの一部分に過ぎず、これに心電図の機器や超音波の機器、その場でテストが行えるような機器等、様々な機器を含んだ装置を提供している。

これらの機器によって集められたデータは、クラウドシステムで対応している医師や看護師の元に送られ、適切な対処ができるよう最善を尽くしている。また、将来的には患者の過去の容態等も知ることができるようになるかもしれない。

先週、Call9はトライアル期間を終了したが、確実な成果を残したようだ。

ハーバードで救急医療を研究するPeck氏は、ニューヨークの看護施設の電話で対応する医師であった。ある日、胃部不快感と便秘を訴える患者に対応していると、突如目の前で容態が悪化しそのまま呼吸が止まってしまった。直ちに患者のチャートを確認すると、その患者は糖尿病であることが判明したのだ。

Untitled

「救急医師だからこそ、わかることもあるのです」とPeck氏は述べる。「患者は大切な情報やそうでない情報を混ぜて医師に伝えます。その中から重要なものに集中することで、助かる命もあるのです。その時は直ちにEKGを施しました」と。

Peck氏はEKGを施しながら、この患者が心臓発作であることを認識した。

彼はアプリのボタンを押して救急車を呼び、患者の家族に緊急連絡を入れ、救急車を待っている間何が起こっているのかを詳しく説明した。

「彼は、予想通り心臓発作を起こしていました」とPeck氏は続ける。「これが腹部の痛みにのみ対応していれば彼の命はないでしょう」と。

医者でない人間が救急医療に携わるのはリスクが高いという人もいるかもしれないが、Peck氏は病院でも看護師がこのような現場に居合わせることは多いという。

「看護師は、医師の手の届かないところまで対応できますが、彼らは医療のトレーニングを医師のように受けているわけではありません」と彼は述べる。「患者を救急医療室まで運ばなければならない理由は、主にそこでしか器具が揃っていないからです」と。

Peck氏はスタンフォード大学で放射性医学の研究をしていたCelina Tenev氏やスタンフォード大学でコンピュータ科学の学士号を取得したXianoSong Mu氏共にこのスタートアップ企業を設立した。企業は4ヶ月前このアイディアだけでベンチャーキャピタルY Combinatorの傘下に入った。

Untitled

現在、ニューヨークにある3つの介護施設と3つのホテル、カリフォルニアとニューヨークにある7つの学校にてシステムを試運転している。

Peck氏はCall9のために同僚を雇い、現在では130名もの医師が待機している規模にまで成長した。

「救急医療の医師は12時間シフトで働いているが、12時間何も起こらないということもあります」とPeck氏は述べる。「Call9では、一度に10件の電話や一時間に4件の電話に対応することもあり、別のビジネスモデルを築き上げているのです」と。

Call9の機器は、看護施設や学校、ホテルによって月額で支払われている。電話があれば、診察時のテスト等は除いて患者一人につきいくらといった金額設定を取っている。

「我々は0を1にしようとしている。人生を楽にしたわけでも、病院到着時間を早めたわけでもないが、生きる確率を増やしたのだ」とMu氏は述べる。

「数年後には、救急車を呼ぶ代わりにCall9を使う社会が出来上がるだろう」とTenev氏は締めくくった。